Hyper-V VM を Azure に移行するMigrate Hyper-V VMs to Azure

この記事では、Azure Migrate のエージェントレス移行を使用して、オンプレミスの Hyper-V VM を Azure に移行する方法について説明します。サーバー移行ツール。This article shows you how to migrate on-premises Hyper-V VMs to Azure, using agentless migration with the Azure Migrate: Server Migration tool.

Azure Migrate は、オンプレミスのアプリとワークロード、およびプライベート/パブリック クラウド VM の検出、評価、および Azure への移行を追跡するための中央ハブとなります。Azure Migrate provides a central hub to track discovery, assessment, and migration of your on-premises apps and workloads, and private/public cloud VMs, to Azure. このハブには、評価および移行のための Azure Migrate ツールのほか、サードパーティの独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) のオファリングが用意されています。The hub provides Azure Migrate tools for assessment and migration, as well as third-party independent software vendor (ISV) offerings.

このチュートリアルは、Azure Migrate の Server Assessment と Server Migration を使用して Hyper-V を評価し、Azure に移行する方法を示すシリーズの、3 番目のチュートリアルです。This tutorial is the third in a series that demonstrates how to assess and migrate Hyper-V to Azure using Azure Migrate Server Assessment and Migration. このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • Azure とオンプレミスの Hyper-V 環境を準備するPrepare Azure and your on-premises Hyper-V environment
  • ソース環境を設定し、レプリケーション アプライアンスをデプロイする。Set up the source environment, and deploy a replication appliance.
  • ターゲット環境を設定します。Set up the target environment.
  • レプリケーションを有効にします。Enable replication.
  • すべてが想定どおりに動作していることを確認するためにテスト移行を実行します。Run a test migration to make sure everything's working as expected.
  • Azure への完全な移行を実行します。Run a full migration to Azure.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを始める前に、次の準備が必要です。Before you begin this tutorial, you should:

  1. Hyper-V の移行のアーキテクチャを確認します。Review the Hyper-V migration architecture.

  2. このシリーズの最初のチュートリアルを完了して、移行用に Azure と hyper-V を設定します。Complete the first tutorial in this series to set up Azure and Hyper-V for migration. 最初のチュートリアルでは、次のことを行います。In the first tutorial, you:

  3. Hyper-V VM を評価することをお勧めします。Azure Migrate: Server Assessment を使用し、Azure への移行の前に実行します。We recommend that you try assessing Hyper-V VMs, using Azure Migrate: Server Assessment, before migrating them to Azure. これを行うには、このシリーズの 2 番目のチュートリアルを完了します。To do this, complete the second tutorial in this series. 評価を試してみることをお勧めしますが、VM を移行する前に評価を実行しなければならないわけではありません。Although we recommend that you try out an assessment, you don't have to run an assessment before you migrate VMs.

  4. ご自分の Azure アカウントに仮想マシンの共同作成者ロールが割り当てられ、以下を行うためのアクセス許可を持っていることを確認します。Make sure that your Azure account is assigned the Virtual Machine Contributor role, so that you have permissions to:

    • 選択したリソース グループ内に VM を作成する。Create a VM in the selected resource group.
    • 選択した仮想ネットワーク内に VM を作成する。Create a VM in the selected virtual network.
    • Azure マネージド ディスクに書き込む。Write to an Azure managed disk.
  5. Azure ネットワークをセットアップします。Set up an Azure network. Azure に移行すると、作成された Azure VM が移行の設定時に指定した Azure ネットワークに参加させられます。When you migrate to Azure, the created Azure VMs are joined to an Azure network you specify when you set up migration.

Azure Migrate Server Migration ツールを追加するAdd the Azure Migrate Server Migration tool

2 番目のチュートリアルに従って Hyper-V VM を評価していない場合は、次の手順に従って Azure Migrate プロジェクトを設定し、Azure Migrate Server Migration ツールをプロジェクトに追加する必要があります。If you didn't follow the second tutorial to assess Hyper-V VMs, you need to follow these instructions to set up an Azure Migrate project, and add the Azure Migrate Server Migration tool to the project.

2 番目のチュートリアルに従って、Azure Migrate プロジェクトが既にある場合は、次のように Azure Migrate: Server Migration ツールを追加します。If you followed the second tutorial and already have an Azure Migrate project, add the Azure Migrate: Server Migration tool as follows:

  1. Azure Migrate プロジェクトで、 [概要] をクリックします。In the Azure Migrate project, click Overview.

  2. [サーバーの検出、評価、移行] で、 [サーバーの評価と移行] をクリックします。In Discover, assess, and migration servers, click Assess and migrate servers.

  3. [移行ツール] で、 [Click here to add a migration tool when you are ready to migrate](移行する準備ができたら、ここをクリックして移行ツールを追加してください) を選択します。In Migration tools, select Click here to add a migration tool when you are ready to migrate.

    ツールの選択

  4. ツールの一覧で、次を選択します: [Azure Migrate: Server Migration] > [ツールを追加]In the tools list, select Azure Migrate: Server Migration > Add tool

    Server Migration ツール

Azure Migrate アプライアンスを設定するSet up the Azure Migrate appliance

Azure Migrate Server Migration では、軽量の Hyper-V VM アプライアンスが実行されます。Azure Migrate Server Migration runs a lightweight Hyper-V VM appliance.

  • このアプライアンスによって VM の検出が実行され、VM のメタデータとパフォーマンス データが Azure Migrate Server Migration に送信されます。The appliance performs VM discovery and sends VM metadata and performance data to Azure Migrate Server Migration.
  • アプライアンスは、Azure Migrate: Server Assessment ツールでも、Hyper-V VM を Azure に移行するために使用されます。The appliance is also used by the Azure Migrate: Server Assessment tool, to migrate Hyper-V VMs to Azure.

アプライアンスを設定するには:To set up the appliance:

  • 2 番目のチュートリアルに従って Hyper-V VM を評価した場合は、そのチュートリアルの間に既にアプライアンスを設定してあるため、繰り返す必要はありません。If you followed the second tutorial to assess Hyper-V VMs, you already set up the appliance during that tutorial, and don't need to do it again.

  • そのチュートリアルに従っていない場合は、ここでアプライアンスを設定する必要があります。If you didn't follow that tutorial, you need to set up the appliance now. このためには、次の手順に従います。To do this, you:

    • Azure portal から圧縮された Hyper-V VHD をダウンロードします。Download a compressed Hyper-V VHD from the Azure portal.
    • アプライアンスを作成し、それが Azure Migrate Server Assessment に接続できることを確認します。Create the appliance, and check that it can connect to Azure Migrate Server Assessment.
    • アプライアンスを初めて構成し、Azure Migrate プロジェクトに登録します。Configure the appliance for the first time, and register it with the Azure Migrate project.

    こちらの記事の詳細な手順に従って、アプライアンスを設定します。Follow the detailed instructions in this article to set up the appliance.

Hyper-V ホストを準備するPrepare Hyper-V hosts

  1. Azure Migrate プロジェクトの [サーバー] で、 [Azure Migrate: Server Migration] で、 [検出] をクリックします。In the Azure Migrate project > Servers, in Azure Migrate: Server Migration, click Discover.

  2. [マシンの検出] > [マシンは仮想化されていますか?] で、 [はい。Hyper-V を使用します] を選択します。In Discover machines > Are your machines virtualized?, select Yes, with Hyper-V.

  3. [ターゲット リージョン] で、マシンの移行先にする Azure リージョンを選択します。In Target region, select the Azure region to which you want to migrate the machines.

  4. [移行先のリージョンが <リージョン名> であることを確認してください] を選択します。Select Confirm that the target region for migration is region-name.

  5. [リソースの作成] をクリックします。Click Create resources. これで、Azure Site Recovery コンテナーがバックグラウンドで作成されます。This creates an Azure Site Recovery vault in the background.

    • Azure Migrate Server Migration を使用した移行を既に設定してある場合は、リソースが以前に設定されているため、このオプションは表示されません。If you've already set up migration with Azure Migrate Server Migration, this option won't appear since resources were set up previously.
    • このボタンのクリック後は、このプロジェクトのターゲット リージョンを変更することはできません。You can't change the target region for this project after clicking this button.
    • 後続のすべての移行は、このリージョンに対して行われます。All subsequent migrations are to this region.
  6. [Hyper-V ホスト サーバーを準備する] で、Hyper-V レプリケーション プロバイダーと登録キー ファイルをダウンロードします。In Prepare Hyper-V host servers, download the Hyper-V Replication provider, and the registration key file.

    • Azure Migrate Server Migration に Hyper-V ホストを登録するには、登録キーが必要です。The registration key is needed to register the Hyper-V host with Azure Migrate Server Migration.
    • キーは生成後 5 日間有効です。The key is valid for five days after you generate it.

    プロバイダーとキーをダウンロードする

  7. プロバイダー セットアップ ファイルと登録キー ファイルを、レプリケートする VM が実行されている各 Hyper-V ホスト (またはクラスター ノード) にコピーします。Copy the provider setup file and registration key file to each Hyper-V host (or cluster node) running VMs you want to replicate.

  8. 次の手順で説明するように、各ホストでプロバイダー セットアップ ファイルを実行します。Run the provider setup file on each host, as described in the next procedure.

  9. ホストにプロバイダーをインストールした後、 [マシンの検出][Finalize registration](登録の完了) をクリックします。After installing the provider on hosts, in Discover machines, click Finalize registration.

    登録の終了処理

検出された VM が Azure Migrate Server Migration に表示されるまでに、登録を完了してから最大で 15 分かかることがあります。It can take up to 15 minutes after finalizing registration until discovered VMs appear in Azure Migrate Server Migration. VM が検出されると、 [検出済みサーバー] の数が増えます。As VMs are discovered, the Discovered servers count rises.

検出済みサーバー

Hyper-V ホストを登録するRegister Hyper-V hosts

ダウンロードしたセットアップ ファイル (AzureSiteRecoveryProvider.exe) を、関連する各 Hyper-V ホストにインストールします。Install the downloaded setup file (AzureSiteRecoveryProvider.exe) on each relevant Hyper-V host.

  1. 各ホストまたはクラスター ノードで、プロバイダー セットアップ ファイルを実行します。Run the provider setup file on each host or cluster node.

  2. プロバイダー セットアップ ウィザードの [Microsoft Update] で、Microsoft Update を使用してプロバイダーの更新プログラムを確認するように選択します。In the Provider Setup wizard > Microsoft Update, opt in to use Microsoft Update to check for Provider updates.

  3. [インストール] では、プロバイダーとエージェントの既定のインストール先のままにして [インストール] を選択します。In Installation, accept the default installation location for the Provider and agent, and select Install.

  4. インストールした後、登録ウィザードの [資格情報コンテナー設定][参照] を選択し、 [キー ファイル] でダウンロードしたコンテナー キー ファイルを選択します。After installation, in the Registration Wizard > Vault Settings, select Browse, and in Key File, select the vault key file that you downloaded.

  5. [プロキシの設定] で、ホストで実行されているプロバイダーがインターネットに接続する方法を指定します。In Proxy Settings, specify how the provider running on the host connects to the internet.

    • アプライアンスがプロキシ サーバーの内側に配置されている場合は、プロキシ設定を指定する必要があります。If the appliance is located behind a proxy server, you need to specify proxy settings.
    • プロキシ名は、 http://ip-address または http://FQDN と指定します。Specify the proxy name as http://ip-address, or http://FQDN. HTTPS プロキシ サーバーはサポートされていません。HTTPS proxy servers aren't supported.
  6. プロバイダーが必要な URL に到達できることを確認します。Make sure that the provider can reach the required URLs.

  7. [登録] で、ホストが登録された後、 [完了] をクリックします。In Registration, after the host is registered, click Finish.

Hyper-V VM をレプリケートするReplicate Hyper-V VMs

検出が完了したら、Azure への Hyper-V VM のレプリケーションを開始できます。With discovery completed, you can begin replication of Hyper-V VMs to Azure.

注意

最大 10 台のマシンをまとめてレプリケートできます。You can replicate up to 10 machines together. レプリケートするマシンがそれより多い場合は、10 台をひとまとまりとして同時にレプリケートしてください。If you need to replicate more, then replicate them simultaneously in batches of 10.

  1. Azure Migrate プロジェクトの [サーバー][Azure Migrate: Server Migration] で、 [レプリケート] をクリックします。In the Azure Migrate project > Servers, Azure Migrate: Server Migration, click Replicate.

  2. [レプリケート] の、 [ソースの設定] > [マシンは仮想化されていますか?] で、 [はい。Hyper-V を使用します] を選択します。In Replicate, > Source settings > Are your machines virtualized?, select Yes, with Hyper-V. その後、 [次へ:仮想マシン] をクリックします。Then click Next: Virtual machines.

  3. [仮想マシン] で、レプリケートしたいマシンを選択します。In Virtual machines, select the machines you want to replicate.

    • VM の評価を実行した場合は、評価結果から VM のサイズ設定とディスクの種類 (Premium または Standard) の推奨事項を適用できます。If you've run an assessment for the VMs, you can apply VM sizing and disk type (premium/standard) recommendations from the assessment results. これを行うには、 [Azure Migrate Assessment から移行設定をインポートしますか?][はい] オプションを選択します。To do this, in Import migration settings from an Azure Migrate assessment?, select the Yes option.

    • 評価を実行しなかった場合、または評価の設定を使用しない場合は、 [いいえ] オプションを選択します。If you didn't run an assessment, or you don't want to use the assessment settings, select the No options.

    • 評価の使用を選択した場合は、VM グループと評価名を選択します。If you selected to use the assessment, select the VM group, and assessment name.

      評価の選択

  4. [仮想マシン] で、必要に応じて VM を検索し、移行したい各 VM を確認します。In Virtual machines, search for VMs as needed, and check each VM you want to migrate. その後、 [次へ: ターゲット設定] をクリックします。Then, click Next: Target settings.

    VM を選択する

  5. [ターゲット設定] で、移行先のターゲット リージョン、サブスクリプション、移行後に Azure VM が配置されるリソース グループを選択します。In Target settings, select the target region to which you'll migrate, the subscription, and the resource group in which the Azure VMs will reside after migration.

  6. [レプリケーション ストレージ アカウント] で、レプリケートされたデータを Azure に格納する Azure Storage アカウントを選択します。In Replication Storage Account, select the Azure Storage account in which replicated data will be stored in Azure.

  7. [仮想ネットワーク] で、移行後に Azure VM の参加先となる Azure VNet/サブネットを選択します。Virtual Network, select the Azure VNet/subnet to which the Azure VMs will be joined after migration.

  8. [Azure ハイブリッド特典] で、In Azure Hybrid Benefit:

    • Azure ハイブリッド特典を適用しない場合は、 [いいえ] を選択します。Select No if you don't want to apply Azure Hybrid Benefit. 次に、 [次へ] をクリックします。Then, click Next.
    • アクティブなソフトウェア アシュアランスまたは Windows Server のサブスクリプションの対象となっている Windows Server マシンがあり、移行中のマシンにその特典を適用する場合は、 [はい] を選択します。Select Yes if you have Windows Server machines that are covered with active Software Assurance or Windows Server subscriptions, and you want to apply the benefit to the machines you're migrating. 続けて、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    ターゲットの設定

  9. [コンピューティング] で、VM の名前、サイズ、OS ディスクの種類、可用性セットを確認します。In Compute, review the VM name, size, OS disk type, and availability set. VM は Azure の要件に準拠している必要があります。VMs must conform with Azure requirements.

    • VM サイズ: 評価の推奨事項を使用している場合は、[VM サイズ] ドロップダウンに推奨サイズが表示されます。VM size: If you're using assessment recommendations, the VM size dropdown will contain the recommended size. それ以外の場合は、Azure Migrate によって、Azure サブスクリプション内の最も近いサイズが選択されます。Otherwise Azure Migrate picks a size based on the closest match in the Azure subscription. または、 [Azure VM サイズ] でサイズを手動で選択します。Alternatively, pick a manual size in Azure VM size.
    • OS ディスク:VM の OS (ブート) ディスクを指定します。OS disk: Specify the OS (boot) disk for the VM. OS ディスクは、オペレーティング システムのブートローダーとインストーラーがあるディスクです。The OS disk is the disk that has the operating system bootloader and installer.
    • 可用性セット:移行後に VM を Azure 可用性セットに配置する必要がある場合は、セットを指定します。Availability set: If the VM should be in an Azure availability set after migration, specify the set. このセットは、移行用に指定するターゲット リソース グループ内に存在する必要があります。The set must be in the target resource group you specify for the migration.

    VM コンピューティングの設定

  10. [ディスク] で、VM ディスクを Azure にレプリケートするかどうかを指定し、Azure でのディスクの種類 (Standard SSD か HDD、または Premium マネージド ディスク) を選択します。In Disks, specify whether the VM disks should be replicated to Azure, and select the disk type (standard SSD/HDD or premium-managed disks) in Azure. 続けて、 [次へ] をクリックします。Then click Next.

    • レプリケーションからディスクを除外できます。You can exclude disks from replication.
    • ディスクは除外すると、移行後に Azure VM 上に存在しなくなります。If you exclude disks, won't be present on the Azure VM after migration.

    ディスク

  11. [レプリケーションの確認と開始] で、設定を確認し、 [レプリケート] をクリックして、サーバーの初期レプリケーションを開始します。In Review and start replication, review the settings, and click Replicate to start the initial replication for the servers.

注意

レプリケーションを開始する前であれば、 [管理] > [マシンのレプリケート] でレプリケーションの設定をいつでも更新できます。You can update replication settings any time before replication starts, in Manage > Replicating machines. レプリケーションの開始後は、設定を変更することができません。Settings can't be changed after replication starts.

初回のプロビジョニングProvisioning for the first time

これが Azure Migrate プロジェクトでレプリケートしている最初の VM である場合は、Azure Migrate: Server Migration によって、プロジェクトと同じリソース グループにこれらのリソースが自動的にプロビジョニングされます。If this is the first VM you're replicating in the Azure Migrate project, Azure Migrate: Server Migration automatically provisions these resources in same resource group as the project.

  • サービス バス: Azure Migrate: Server Migration では、Service Bus を使用して、レプリケーション オーケストレーション メッセージをアプライアンスに送信します。Service bus: Azure Migrate: Server Migration uses the Service Bus to send replication orchestration messages to the appliance.
  • ゲートウェイ ストレージ アカウント: Azure Migrate: Server Migration では、ゲートウェイ ストレージ アカウントを使用して、レプリケートされる VM に関する状態情報を格納します。Gateway storage account: Azure Migrate: Server Migration uses the gateway storage account to store state information about the VMs being replicated.
  • ログ ストレージ アカウント: Azure Migrate アプライアンスでは、VM のレプリケーション ログをログ ストレージ アカウントにアップロードします。Log storage account: The Azure Migrate appliance uploads replication logs for VMs to a log storage account. Azure Migrate により、レプリケーション情報がレプリカ マネージド ディスクに適用されます。Azure Migrate applies the replication information to the replica-managed disks.
  • キー コンテナー: Azure Migrate アプライアンスでは、キー コンテナーを使用して、サービス バスの接続文字列と、レプリケーションで使用されるストレージ アカウントのアクセス キーを管理します。Key vault: The Azure Migrate appliance uses the key vault to manage connection strings for the service bus, and access keys for the storage accounts used in replication. Hyper-V VM の評価と移行を行うための Azure の準備を行ったときに、キー コンテナーがストレージ アカウントにアクセスするために必要なアクセス許可を設定したはずです。You should have set up the permissions that the key vault needs to access the storage account when you prepared Azure for Hyper-V VM assessment and migration.

追跡して監視するTrack and monitor

  • [レプリケート] をクリックすると、レプリケーションの開始ジョブが開始されます。When you click Replicate a Start Replication job begins.
  • レプリケーションの開始ジョブが正常に終了すると、マシンで Azure への初期レプリケーションが開始されます。When the Start Replication job finishes successfully, the machines begin their initial replication to Azure.
  • 初期レプリケーションが完了すると、差分レプリケーションが開始されます。After initial replication finishes, delta replication begins. オンプレミスのディスクに対する増分変更は、Azure に定期的にレプリケートされます。Incremental changes to on-premises disks are periodically replicated to Azure.

ジョブの状態は、ポータルの通知で追跡できます。You can track job status in the portal notifications.

レプリケーションの状態を監視するには、サーバーをレプリケートしています をクリックします (Azure Migrate: Server Migration 内)。You can monitor replication status by clicking on Replicating servers in Azure Migrate: Server Migration. レプリケーションの監視Monitor replication

テスト移行を実行するRun a test migration

差分レプリケーションが開始されるとき、Azure への完全な移行を実行する前に、VM のテスト移行を実行できます。When delta replication begins, you can run a test migration for the VMs, before running a full migration to Azure. 各マシンで少なくとも 1 回は、移行前にこれを実行することを強くお勧めします。We highly recommend that you do this at least once for each machine, before you migrate it.

  • テスト移行を実行すると、移行が想定どおりに動作することが確認されます。オンプレミスのマシンに影響はなく、稼働状態が維持され、レプリケーションが続行されます。Running a test migration checks that migration will work as expected, without impacting the on-premises machines, which remain operational, and continue replicating.
  • テスト移行では、レプリケートされたデータを使用して Azure VM を作成することによって、移行がシミュレートされます (通常は、自分の Azure サブスクリプション内の非運用 Azure VNet に移行されます)。Test migration simulates the migration by creating an Azure VM using replicated data (usually migrating to a non-production Azure VNet in your Azure subscription).
  • レプリケートされたテスト Azure VM を使用して、移行を検証し、アプリのテストを実行して、完全な移行前に問題に対処することができます。You can use the replicated test Azure VM to validate the migration, perform app testing, and address any issues before full migration.

テスト移行を実行するには、次のようにします。Do a test migration as follows:

  1. [移行の目標] > [サーバー] > [Azure Migrate: Server Migration] で、 [移行されたサーバーをテストします] をクリックします。In Migration goals > Servers > Azure Migrate: Server Migration, click Test migrated servers.

    移行されたサーバーのテスト

  2. テストする VM を右クリックし、 [テスト移行] をクリックします。Right-click the VM to test, and click Test migrate.

    テスト移行

  3. [テスト移行] で、移行後に Azure VM が配置される Azure 仮想ネットワークを選択します。In Test Migration, select the Azure virtual network in which the Azure VM will be located after the migration. 非運用環境の仮想ネットワークを使用することをお勧めします。We recommend you use a non-production virtual network.

  4. テスト移行ジョブが開始されます。The Test migration job starts. ポータルの通知でジョブを監視します。Monitor the job in the portal notifications.

  5. 移行の完了後、Azure portal の [仮想マシン] で、移行された Azure VM を確認します。After the migration finishes, view the migrated Azure VM in Virtual Machines in the Azure portal. マシン名には、サフィックス -Test が含まれています。The machine name has a suffix -Test.

  6. テストが完了したら、 [マシンのレプリケート] で Azure VM を右クリックし、 [テスト移行をクリーンアップ] をクリックします。After the test is done, right-click the Azure VM in Replicating machines, and click Clean up test migration.

    移行のクリーンアップ

VM の移行Migrate VMs

テスト移行が想定どおりに動作することを確認したら、オンプレミスのマシンを移行できます。After you've verified that the test migration works as expected, you can migrate the on-premises machines.

  1. Azure Migrate プロジェクトの [サーバー] > [Azure Migrate: Server Migration] で、 [サーバーをレプリケートしています] をクリックします。In the Azure Migrate project > Servers > Azure Migrate: Server Migration, click Replicating servers.

    サーバーをレプリケートしています

  2. [マシンのレプリケート] で VM を右クリックし、 [移行] を選択します。In Replicating machines, right-click the VM > Migrate.

  3. [移行] > [仮想マシンをシャットダウンし、データ損失のない計画された移行を実行しますか] で、 [はい] > [OK] の順に選択します。In Migrate > Shut down virtual machines and perform a planned migration with no data loss, select Yes > OK.

    • 既定では、Azure Migrate によってオンプレミスの VM がシャットダウンされ、前回のレプリケーションが発生した後に発生したすべての VM の変更を同期するためにオンデマンド レプリケーションが実行されます。By default Azure Migrate shuts down the on-premises VM, and runs an on-demand replication to synchronize any VM changes that occurred since the last replication occurred. こうすることで、データ損失がなくなります。This ensures no data loss.
    • VM をシャットダウンしたくない場合は、 [いいえ] を選択しますIf you don't want to shut down the VM, select No
  4. VM に対して移行ジョブが開始されます。A migration job starts for the VM. Azure 通知でジョブを追跡します。Track the job in Azure notifications.

  5. ジョブが完了したら、 [仮想マシン] ページで VM を表示して管理できます。After the job finishes, you can view and manage the VM from the Virtual Machines page.

移行を完了するComplete the migration

  1. 移行が完了したら、VM を右クリックして、 [移行を停止する] を選択します。After the migration is done, right-click the VM > Stop migration. 次の処理が実行されます。This does the following:
    • オンプレミス マシンのレプリケーションを停止します。Stops replication for the on-premises machine.
    • Azure Migrate: Server Migration の [サーバーをレプリケートしています] のカウントからマシンを削除します。Server Migration に関するエラーのトラブルシューティングに役立つ情報を提供しています。Removes the machine from the Replicating servers count in Azure Migrate: Server Migration.
    • VM のレプリケーション状態情報をクリーンアップします。Cleans up replication state information for the VM.
  2. Azure VM の Windows または Linux エージェントを、移行されたマシンにインストールします。Install the Azure VM Windows or Linux agent on the migrated machines.
  3. データベース接続文字列、および Web サーバー構成の更新など、移行後のアプリの微調整を実行します。Perform any post-migration app tweaks, such as updating database connection strings, and web server configurations.
  4. Azure で現在実行されている移行後のアプリケーション上で、最終的なアプリケーションと移行の受け入れのテストを実行します。Perform final application and migration acceptance testing on the migrated application now running in Azure.
  5. 移行された Azure VM インスタンスにトラフィックを切り替えます。Cut over traffic to the migrated Azure VM instance.
  6. ローカル VM インベントリからオンプレミスの VM を削除します。Remove the on-premises VMs from your local VM inventory.
  7. ローカル バックアップからオンプレミスの VM を削除します。Remove the on-premises VMs from local backups.
  8. Azure VM の新しい場所と IP アドレスを示すように内部ドキュメントを更新します。Update any internal documentation to show the new location and IP address of the Azure VMs.

移行後のベスト プラクティスPost-migration best practices

次のステップNext steps

Azure クラウド導入フレームワークでのクラウド移行の工程を調査します。Investigate the cloud migration journey in the Azure Cloud Adoption Framework.