チュートリアル:Azure portal を使用して仮想マシン ネットワークのルーティングの問題を診断するTutorial: Diagnose a virtual machine network routing problem using the Azure portal

仮想マシン (VM) をデプロイするときに、Azure ではその VM に対して複数の既定のルートを作成します。When you deploy a virtual machine (VM), Azure creates several default routes for it. カスタム ルートを作成して、Azure の既定のルートをオーバーライドできます。You may create custom routes to override Azure's default routes. 状況によっては、カスタム ルートによって、VM が他のリソースと通信できなくなる可能性もあります。Sometimes, a custom route can result in a VM not being able to communicate with other resources. このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • VM の作成Create a VM
  • Network Watcher の次ホップ機能を使った URL への通信のテストTest communication to a URL using the next hop capability of Network Watcher
  • IP アドレスへの通信のテストTest communication to an IP address
  • ルーティングの問題の診断と解決方法の理解Diagnose a routing problem, and learn how you can resolve it

好みに応じて、Azure CLI または Azure PowerShell を使用して仮想マシン ネットワークのルーティングの問題を診断することもできます。If you prefer, you can diagnose a virtual machine network routing problem using the Azure CLI or Azure PowerShell.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure にログインするLog in to Azure

Azure Portal (https://portal.azure.com) にログインします。Log in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

VM の作成Create a VM

  1. Azure Portal の左上隅にある [+ リソースの作成] を選択します。Select + Create a resource found on the upper, left corner of the Azure portal.

  2. [Compute] を選択し、 [Windows Server 2016 Datacenter] または [Ubuntu Server 17.10 VM] を選択します。Select Compute, and then select Windows Server 2016 Datacenter or Ubuntu Server 17.10 VM.

  3. 次の情報を入力するか選択し、それ以外の設定では既定値をそのまま使用して、 [OK] を選択します。Enter, or select, the following information, accept the defaults for the remaining settings, and then select OK:

    SettingSetting Value
    NameName myVmmyVm
    ユーザー名User name 任意のユーザー名を入力します。Enter a user name of your choosing.
    パスワードPassword 任意のパスワードを入力します。Enter a password of your choosing. パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 12 characters long and meet the defined complexity requirements.
    サブスクリプションSubscription サブスクリプションを選択します。Select your subscription.
    リソース グループResource group [新規作成] を選択し、「myResourceGroupと入力します。Select Create new and enter myResourceGroup.
    LocationLocation [米国東部] を選択します。Select East US
  4. VM のサイズを選択して、 [選択] を選択します。Select a size for the VM and then select Select.

  5. [設定] で、すべての既定値をそのままにして、 [OK] を選択します。Under Settings, accept all the defaults, and select OK.

  6. [概要][作成][作成] を選択して、VM のデプロイを開始します。Under Create of the Summary, select Create to start VM deployment. VM のデプロイには数分かかります。The VM takes a few minutes to deploy. 残りの手順を続行する前に、VM がデプロイを完了するまで待ちます。Wait for the VM to finish deploying before continuing with the remaining steps.

ネットワーク通信をテストするTest network communication

Network Watcher を使ってネットワーク通信をテストするには、最初に少なくとも 1 つの Azure リージョンでネットワーク ウォッチャーを有効にして、Network Watcher の次ホップ機能を使用して通信をテストする必要があります。To test network communication with Network Watcher, you must first enable a network watcher in at least one Azure region and then use Network Watcher's next hop capability to test communication.

ネットワーク ウォッチャーを有効にするEnable network watcher

既に少なくとも 1 つのリージョンでネットワーク ウォッチャーを有効にしている場合は、この手順をスキップして、「次ホップの使用」へ進んでください。If you already have a network watcher enabled in at least one region, skip to Use next hop.

  1. ポータルで [すべてのサービス] を選択します。In the portal, select All services. [フィルター] ボックスに、「Network Watcher」と入力します。In the Filter box, enter Network Watcher. 結果に [Network Watcher] が表示されたら、それを選択します。When Network Watcher appears in the results, select it.

  2. 次の図に示すように、 [リージョン] を選択して展開し、 [米国東部] の右側の [...] を選択します。Select Regions, to expand it, and then select ... to the right of East US, as shown in the following picture:

    Network Watcher を有効にする

  3. [Network Watcher の有効化] を選択します。Select Enable Network Watcher.

次ホップの使用Use next hop

Azure では、既定の接続先へのルートを自動的に作成します。Azure automatically creates routes to default destinations. 既定のルートをオーバーライドするカスタム ルートを作成できます。You may create custom routes that override the default routes. 場合によっては、カスタム ルートが通信の失敗の原因になることがあります。Sometimes, custom routes can cause communication to fail. Network Watcher の次ホップ機能を使用して、Azure がトラフィックのルーティングに使用しているルートを特定します。Use the next hop capability of Network Watcher to determine which route Azure is using to route traffic.

  1. Azure Portal の [Network Watcher] で、 [次ホップ] を選択します。In the Azure portal, select Next hop, under Network Watcher.

  2. サブスクリプションを選択して、以下の値を入力または選択して、次の図に示すように [次ホップ] を選択します。Select your subscription, enter or select the following values, and then select Next hop, as shown in the picture that follows:

    SettingSetting Value
    リソース グループResource group myResourceGroup を選択するSelect myResourceGroup
    仮想マシンVirtual machine myVm を選択するSelect myVm
    LinuxNetwork interface myvm - お使いのネットワーク インターフェイス名は異なる場合があります。myvm - Your network interface name may be different.
    送信元 IP アドレスSource IP address 10.0.0.410.0.0.4
    宛先 IP アドレスDestination IP address 13.107.21.200 - <www.bing.com> に対するアドレスの 1 つ。13.107.21.200 - One of the addresses for <www.bing.com>.

    次のホップ

    数秒後、次ホップの種類が [インターネット] であり、 [ルート テーブル ID][System Route](システム ルート) であることが結果で通知されます。After a few seconds, the result informs you that the next hop type is Internet, and that the Route table ID is System Route. この結果から、接続先に対して有効なシステム ルートが存在することがわかります。This result lets you know that there is a valid system route to the destination.

  3. [接続先 IP アドレス][172.31.0.100] に変更して、もう一度 [次ホップ] を選択します。Change the Destination IP address to 172.31.0.100 and select Next hop again. 返される結果は、 [次ホップの種類][なし] であり、 [ルート テーブル ID][System Route](システム ルート) であることを示しています。The result returned informs you that None is the Next hop type, and that the Route table ID is also System Route. この結果から、送信先への有効なシステム ルートはあるものの、接続先にトラフィックをルーティングする次ホップはないことがわかります。This result lets you know that, while there is a valid system route to the destination, there is no next hop to route the traffic to the destination.

ルートの詳細の表示View details of a route

  1. さらに詳細にルーティングを分析するには、ネットワーク インターフェイスの有効なルートを確認します。To analyze routing further, review the effective routes for the network interface. ポータルの上部にある検索ボックスに、「myvm 」と入力します (選択したネットワーク インターフェイスの任意の名前です)。In the search box at the top of the portal, enter myvm (or whatever the name was of the network interface you checked). 検索結果に myvm が表示されたら、それを選択します。When myvm appears in the search results, select it.

  2. 次の図に示すように、 [サポート + トラブルシューティング][有効なルート] を選択します。Select Effective routes under SUPPORT + TROUBLESHOOTING, as shown in the following picture:

    有効なルート

    次ホップの使用」で 13.107.21.200 を使用してテストを実行したときは、他のルートにはそのアドレスが含まれていないため、アドレス プレフィックスが 0.0.0.0/0 のルートが、アドレスにトラフィックをルーティングするために使用されました。When you ran the test using 13.107.21.200 in Use next hop, the route with the address prefix 0.0.0.0/0 was used to route traffic to the address, since no other route includes the address. 既定では、他のルートのアドレス プレフィックス内で指定されていないすべてのアドレスが、インターネットにルーティングされます。By default, all addresses not specified within the address prefix of another route are routed to the internet.

    しかし、172.31.0.100 を使用してテストを実行したとき、結果から次ホップの種類がないことがわかりました。When you ran the test using 172.31.0.100 however, the result informed you that there was no next hop type. 前記の図でわかるように、172.31.0.100 アドレスを含む 172.16.0.0/12 プレフィックスへの既定のルートはあっても、 [次ホップの種類][なし] です。As you can see in the previous picture, though there is a default route to the 172.16.0.0/12 prefix, which includes the 172.31.0.100 address, the NEXT HOP TYPE is None. Azure では、172.16.0.0/12 への既定のルートを作成しますが、理由が発生しない限り次ホップの種類は指定しません。Azure creates a default route to 172.16.0.0/12, but doesn't specify a next hop type until there is a reason to. たとえば、仮想ネットワークのアドレス空間に 172.16.0.0/12 アドレス範囲を追加した場合、Azure では [次ホップの種類] をルートの [仮想ネットワーク] に変更します。If, for example, you added the 172.16.0.0/12 address range to the address space of the virtual network, Azure changes the NEXT HOP TYPE to Virtual network for the route. [次ホップの種類] として [仮想ネットワーク] にチェックマークが表示されます。A check would then show Virtual network as the NEXT HOP TYPE.

リソースのクリーンアップClean up resources

リソース グループとそれに含まれるすべてのリソースが不要になったら、それらを削除します。When no longer needed, delete the resource group and all of the resources it contains:

  1. ポータル上部の [検索] ボックスに「myResourceGroup」と入力します。Enter myResourceGroup in the Search box at the top of the portal. 検索結果に [myResourceGroup] が表示されたら、それを選択します。When you see myResourceGroup in the search results, select it.
  2. [リソース グループの削除] を選択します。Select Delete resource group.
  3. [TYPE THE RESOURCE GROUP NAME:](リソース グループ名を入力してください:) に「myResourceGroup」と入力し、 [削除] を選択します。Enter myResourceGroup for TYPE THE RESOURCE GROUP NAME: and select Delete.

次の手順Next steps

このチュートリアルでは、VM を作成し、VM からのネットワークのルーティングを診断しました。In this tutorial, you created a VM and diagnosed network routing from the VM. Azure では複数の既定のルートが作成されることを学習し、2 つの異なる送信先へのルーティングをテストしました。You learned that Azure creates several default routes and tested routing to two different destinations. 詳細については、Azure でのルーティングカスタム ルートを作成する方法に関するページを参照してください。Learn more about routing in Azure and how to create custom routes.

送信 VM 接続の場合は、Network Watcher の 接続のトラブルシューティング機能を使用して、待機時間、VM とエンドポイント間で許可/拒否されるネットワーク トラフィック、およびエンドポイントに使用されるルートも決定できます。For outbound VM connections, you can also determine the latency, allowed and denied network traffic between the VM and an endpoint, and the route used to an endpoint, using Network Watcher's connection troubleshoot capability. Network Watcher 接続監視機能を使用して、VM と、IP アドレスや URL などのエンドポイント間の通信を継時的に監視する方法について確認してください。Learn how you can monitor communication between a VM and an endpoint, such as an IP address or URL, over time using the Network Watcher connection monitor capability.