高速ネットワークと Azure 仮想マシンのディザスター リカバリー

高速ネットワークは VM へのシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) を可能にします。これにより、ネットワークのパフォーマンスが大幅に向上します。 この高パフォーマンスのパスによってデータパスからホストがバイパスされ、サポートされる VM タイプの最も要件の厳しいネットワーク ワークロードで使用した場合でも、待ち時間、ジッター、CPU 使用率が軽減されます。 次の図は、2 台の VM 間の通信を、高速ネットワークを使う場合と使わない場合とで比較したものです。

比較

Azure Site Recovery では、別の Azure リージョンにフェールオーバーされる Azure 仮想マシンで、高速ネットワークのメリットを活用できます。 この記事では、Azure Site Recovery でレプリケートされた Azure 仮想マシンに対して高速ネットワークを有効にする方法について説明します。

前提条件

開始する前に、次の事柄について理解していることを確認してください。

高速ネットワークと Windows VM

Azure Site Recovery では、ソース仮想マシンで高速ネットワークが有効になっている場合にのみ、レプリケートされた仮想マシンに対する高速ネットワークをサポートします。 ソース仮想マシンで高速ネットワークが有効になっていない場合は、ここをクリックして、Windows 仮想マシンに対して高速ネットワークを有効にする方法を確認できます。

サポートされるオペレーティング システム

Azure ギャラリーでは次のディストリビューションが既定でサポートされています。

  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter

サポートされている VM インスタンス

高速ネットワークは、2 つ以上の vCPU を持つ、コンピューティングに最適化された多くの汎用のインスタンス サイズでサポートされています。 サポートされているシリーズは、D/DSv2 と F/Fs です。

ハイパースレッディングをサポートするインスタンスでは、4 以上の vCPU を持つ VM インスタンスで高速ネットワークがサポートされています。 サポートされている系列は、D/DSv3、E/ESv3、Fsv2、Ms/Mms です。

VM インスタンスの詳細については、Windows VM のサイズに関するページを参照してください。

高速ネットワークと Linux VM

Azure Site Recovery では、ソース仮想マシンで高速ネットワークが有効になっている場合にのみ、レプリケートされた仮想マシンに対する高速ネットワークをサポートします。 ソース仮想マシンで高速ネットワークが有効になっていない場合は、ここをクリックして、Linux 仮想マシンに対して高速ネットワークを有効にする方法を確認できます。

サポートされるオペレーティング システム

Azure ギャラリーでは次のディストリビューションが既定でサポートされています。

  • Ubuntu 16.04
  • SLES 12 SP3
  • RHEL 7.4
  • CentOS 7.4
  • CoreOS Linux
  • Debian "Stretch" (バックポート カーネルを含む)
  • Oracle Linux 7.4

サポートされている VM インスタンス

高速ネットワークは、2 つ以上の vCPU を持つ、コンピューティングに最適化された多くの汎用のインスタンス サイズでサポートされています。 サポートされているシリーズは、D/DSv2 と F/Fs です。

ハイパースレッディングをサポートするインスタンスでは、4 以上の vCPU を持つ VM インスタンスで高速ネットワークがサポートされています。 サポートされている系列は、D/DSv3、E/ESv3、Fsv2、Ms/Mms です。

VM インスタンスの詳細については、「Linux 仮想マシンのサイズ」を参照してください。

レプリケートされた VM に対する高速ネットワークの有効化

Azure 仮想マシンに対してレプリケーションを有効にすると、Site Recovery によって、その仮想マシンのネットワーク インターフェイスで高速ネットワークが有効になっているかどうかが自動的に検出されます。 高速ネットワークが既に有効になっている場合、Site Recovery は、レプリケートされた仮想マシンのネットワーク インターフェイスに高速ネットワークを自動的に構成します。

高速ネットワークの状態は、レプリケートされた仮想マシンの [コンピューティングとネットワーク] 設定の [ネットワーク インターフェイス] セクションで確認できます。

高速ネットワーク設定

ソース仮想マシンで高速ネットワークを有効にした場合は、レプリケートされた仮想マシンのネットワーク インターフェイスに対する高速ネットワークを次のプロセスで有効にできます。

  1. レプリケートされた仮想マシンの [コンピューティングとネットワーク] 設定を開きます。
  2. [ネットワーク インターフェイス] セクションでネットワーク インターフェイスの名前をクリックします。
  3. [ターゲット] 列の [高速ネットワーク] のドロップダウンから [有効] を選択します。

Accelerated Networking の有効化

Site Recovery によって高速ネットワークが自動的に有効になっていない既存のレプリケートされた仮想マシンでも、上記のプロセスを実行する必要があります。

次のステップ