アマゾン ウェブ サービス (AWS) VM を Azure に移行するMigrate Amazon Web Services (AWS) VMs to Azure

このチュートリアルでは、Azure Site Recovery を使用してアマゾン ウェブ サービス (AWS) の仮想マシン (VM) を Azure VM に移行する方法について説明します。This tutorial teaches you how to migrate Amazon Web Services (AWS) virtual machines (VMs) to Azure VMs by using Azure Site Recovery. AWS EC2 インスタンスを Azure に移行するとき、VM はオンプレミスの物理コンピューターのように扱われます。When you migrate AWS EC2 instances to Azure, the VMs are treated like physical, on-premises computers. このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。In this tutorial, you learn how to:

  • 前提条件を確認するVerify prerequisites
  • Azure リソースを準備するPrepare Azure resources
  • 移行のために AWS EC2 インスタンスを準備するPrepare AWS EC2 instances for migration
  • 構成サーバーをデプロイするDeploy a configuration server
  • VM のレプリケーションを有効にするEnable replication for VMs
  • フェールオーバーをテストして、すべて問題なく動作していることを確認するTest the failover to make sure everything's working
  • Azure へのワンタイム フェールオーバーを実行するRun a onetime failover to Azure

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

前提条件Prerequisites

  • 移行する VM で、サポートされている OS バージョンが実行されていることを確認します。Ensure that the VMs that you want to migrate are running a supported OS version. 次のバージョンがサポートされています。Supported versions include:

    • Windows Server 2016Windows Server 2016
    • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2012Windows Server 2012
    • Windows Server 2008 R2 SP1 以降の 64 ビット バージョン64-bit version of Windows Server 2008 R2 SP1 or later
    • Red Hat Enterprise Linux 6.4 から 6.10、7.1 から 7.6 (HVM 仮想化インスタンスのみ) " (RedHat PV ドライバーを実行しているインスタンスはサポートされていません)。 "Red Hat Enterprise Linux 6.4 to 6.10, 7.1 to 7.6 (HVM virtualized instances only) (Instances running RedHat PV drivers aren't supported.)
    • CentOS 6.4 から 6.10、7.1 から 7.6 (HVM 仮想化インスタンスのみ)CentOS 6.4 to 6.10, 7.1 to 7.6 (HVM virtualized instances only)
  • モビリティ サービスは、レプリケートする各 VM にインストールする必要があります。The Mobility service must be installed on each VM that you want to replicate.

    重要

    VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery が自動的にこのサービスをインストールします。Site Recovery installs this service automatically when you enable replication for the VM. 自動的にインストールする場合は、Site Recovery で VM へのアクセスに使用するアカウントを EC2 インスタンスに準備する必要があります。For automatic installation, you must prepare an account on the EC2 instances that Site Recovery will use to access the VM. ドメイン アカウントまたはローカル アカウントを使用できます。You can use a domain or local account.

    • Linux VM の場合、アカウントは、ソース Linux サーバーの root である必要があります。For Linux VMs, the account should be root on the source Linux server.

    • Windows VM の場合、ドメイン アカウントを使用していなければ、次のようにしてローカル マシンでのリモート ユーザー アクセス制御を無効にします。For Windows VMs, if you're not using a domain account, disable Remote User Access control on the local machine:

      レジストリで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System の下に DWORD のエントリ LocalAccountTokenFilterPolicy を追加し、値を 1 に設定します。In the registry, under HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System, add the DWORD entry LocalAccountTokenFilterPolicy and set the value to 1.

  • Site Recovery 構成サーバーとして使用できる別の EC2 インスタンス。A separate EC2 instance that you can use as the Site Recovery configuration server. このインスタンスは、Windows Server 2012 R2 を実行している必要があります。This instance must be running Windows Server 2012 R2.

Azure リソースを準備するPrepare Azure resources

移行した EC2 インスタンスを使用するには、Azure でいくつかのリソースを準備する必要があります。You must have a few resources ready in Azure for the migrated EC2 instances to use. たとえば、ストレージ アカウント、コンテナー、仮想ネットワークなどです。These include a storage account, a vault, and a virtual network.

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

レプリケートされたマシンのイメージは Azure Storage に保存されます。Images of replicated machines are held in Azure Storage. オンプレミスから Azure にフェールオーバーするとき、ストレージから Azure VM が作成されます。Azure VMs are created from storage when you fail over from on-premises to Azure.

  1. Azure portal の左側のメニューで、 [リソースの作成] > [Storage] > [ストレージ アカウント] の順に選択します。In the Azure portal, in the left menu, select Create a resource > Storage > Storage account.
  2. ストレージ アカウントの名前を入力します。Enter a name for your storage account. この一連のチュートリアルでは、awsmigrated2017 という名前を使用します。In these tutorials, we use the name awsmigrated2017. 次のような名前にする必要があります。The name must:
    • Azure 内で一意であること。Be unique in Azure
    • 3 から 24 文字であること。Be between 3 and 24 characters
    • 数字と小文字のみを含むこと。Contain only numbers and lowercase letters
  3. [デプロイ モデル][アカウントの種類][パフォーマンス][安全な転送が必須] は既定値のままにします。Leave the defaults for Deployment model, Account kind, Performance, and Secure transfer required.
  4. [レプリケーション] では、既定の [RA-GRS] を選択します。For Replication, select the default RA-GRS.
  5. このチュートリアルで使用するサブスクリプションを選択します。Select the subscription that you want to use for this tutorial.
  6. [リソース グループ] には [新規作成] を選択します。For Resource group, select Create new. この例では、リソース グループ名として migrationRG を使います。In this example, we use migrationRG for the resource group name.
  7. [場所] には [西ヨーロッパ] を選択します。For Location, select West Europe.
  8. [作成] をクリックしてストレージ アカウントを作成します。Select Create to create the storage account.

コンテナーの作成Create a vault

  1. Azure portal[すべてのサービス] を選択します。In the Azure portal, select All services. [Recovery Services コンテナー] を探して選択します。Search for and then select Recovery Services vaults.
  2. Azure Recovery Services コンテナーのページで、 [追加] を選択します。On the Azure Recovery Services vaults page, select Add.
  3. [名前] として、「myVault」と入力します。For Name, enter myVault.
  4. [サブスクリプション] で、使用するサブスクリプションを選択します。For Subscription, select the subscription that you want to use.
  5. [リソース グループ][既存のものを使用] を選択し、migrationRG を選択します。For Resource Group, select Use existing, and then select migrationRG.
  6. [場所] には [西ヨーロッパ] を選択します。For Location, select West Europe.
  7. ダッシュボードから新しいコンテナーにすばやくアクセスできるようにするには、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択します。Select Pin to dashboard to be able to quickly access the new vault from the dashboard.
  8. 完了したら [作成] を選択します。When you're done, select Create.

新しいコンテナーを表示するには、 [ダッシュボード] > [すべてのリソース] に移動します。To see the new vault, go to Dashboard > All resources. 新しいコンテナーは、メインの [Recovery Services コンテナー] ページにも表示されます。The new vault also appears on the main Recovery Services vaults page.

Azure ネットワークをセットアップSet up an Azure network

移行 (フェールオーバー) 後に作成された Azure VM は、この Azure ネットワークに参加します。When Azure VMs are created after the migration (failover), they're joined to this Azure network.

  1. Azure portal で、 [リソースの作成] > [ネットワーク] > [仮想ネットワーク] の順に選択します。In the Azure portal, select Create a resource > Networking > Virtual network.
  2. [名前] に「myMigrationNetwork」と入力します。For Name, enter myMigrationNetwork.
  3. [アドレス空間] は既定値のままにします。Leave the default value for Address space.
  4. [サブスクリプション] で、使用するサブスクリプションを選択します。For Subscription, select the subscription that you want to use.
  5. [リソース グループ][既存のものを使用] を選択し、migrationRG を選択します。For Resource group, select Use existing, and then select migrationRG.
  6. [場所] には [西ヨーロッパ] を選択します。For Location, select West Europe.
  7. [サブネット][名前][IP 範囲] は、既定値のままにします。Under Subnet, leave the default values for Name and IP range.
  8. [サービス エンドポイント] オプションは無効のままにします。Leave the Service Endpoints option disabled.
  9. 完了したら [作成] を選択します。When you're done, select Create.

インフラストラクチャの準備Prepare the infrastructure

Azure portal のコンテナー ページで、 [作業の開始] セクションから [Site Recovery] を選択し、 [インフラストラクチャの準備] を選択します。On your vault page in the Azure portal, in the Getting Started section, select Site Recovery, and then select Prepare Infrastructure. 次の手順のようにします。Complete the following steps.

1:保護の目標1: Protection goal

[保護の目標] ページで、次の値を選択します。On the Protection Goal page, select the following values:

マシンはどこにありますか?Where are your machines located? [オンプレミス] を選択します。Select On-premises.
マシンをどこにレプリケートしますか?Where do you want to replicate your machines? [To Azure](Azure へ) を選択します。Select To Azure.
マシンは仮想化しますか?Are your machines virtualized? [非仮想化/その他] を選択します。Select Not virtualized / Other.

完了したら、 [OK] を選択して次のセクションに進みます。When you're done, select OK to move to the next section.

2.デプロイ計画を選択する2: Select deployment planning

[Have you completed deployment planning](デプロイ計画は完了していますか) でドロップダウンから [I will do it later](後で実行する) を選択し、 [OK] を選択します。In Have you completed deployment planning, select I will do it later, and then select OK.

3:ソースを準備する3: Prepare source

[ソースの準備] ページで、 [+ 構成サーバー] を選択します。On the Prepare source page, select + Configuration Server.

  1. Windows Server 2012 R2 を実行している EC2 インスタンスを使用して構成サーバーを作成し、Recovery コンテナーに登録します。Use an EC2 instance that's running Windows Server 2012 R2 to create a configuration server and register it with your recovery vault.

  2. 構成サーバーとして使用している EC2 インスタンス VM でプロキシを構成し、サービス URL にアクセスできるようにします。Configure the proxy on the EC2 instance VM you're using as the configuration server so that it can access the service URLs.

  3. Microsoft Azure Site Recovery 統合セットアップをダウンロードします。Download Microsoft Azure Site Recovery Unified Setup. ローカル コンピューターにダウンロードし、構成サーバーとして使用している VM にコピーすることができます。You can download it to your local machine and then copy it to the VM you're using as the configuration server.

  4. [ダウンロード] ボタンを選択して、コンテナーの登録キーをダウンロードします。Select the Download button to download the vault registration key. ダウンロードしたファイルを、構成サーバーとして使用している VM にコピーします。Copy the downloaded file to the VM you're using as the configuration server.

  5. VM で、Microsoft Azure Site Recovery 統合セットアップのダウンロードしたインストーラーを右クリックし、 [管理者として実行] を選択します。On the VM, right-click the installer you downloaded for Microsoft Azure Site Recovery Unified Setup, and then select Run as administrator.

    1. [Before you Begin](開始する前に) で、 [Install the configuration server and process server](構成サーバーとプロセス サーバーをインストールする) を選択して [次へ] を選択します。Under Before You Begin, select Install the configuration server and process server, and then select Next.
    2. [Third-Party Software License](サードパーティ製ソフトウェア ライセンス) で、 [I Accept the third party license agreement](サード パーティの使用許諾契約書に同意する) を選択し、 [次へ] を選択します。In Third-Party Software License, select I accept the third-party license agreement, and then select Next.
    3. [Registration](登録)[Browse](参照) を選択し、コンテナーの登録キー ファイルが格納されている場所に移動します。In Registration, select Browse, and then go to where you put the vault registration key file. [次へ] を選択します。Select Next.
    4. [Internet Settings](インターネット設定) で、 [Connect to Azure Site Recovery without a proxy server](プロキシ サーバーを使用せずに Azure Site Recovery に接続する) を選択し、 [次へ] を選択します。In Internet Settings, select Connect to Azure Site Recovery without a proxy server, and then select Next.
    5. [前提条件の確認] ページで複数の項目について確認が実行されます。The Prerequisites Check page runs checks for several items. 完了したら、 [次へ] を選択します。When it's finished, select Next.
    6. [MySQL Configuration](MySQL の構成) に必要なパスワードを入力し、 [次へ] をクリックします。In MySQL Configuration, provide the required passwords, and then select Next.
    7. [環境の詳細] ページで [いいえ] を選択します。In Environment Details, select No. VMware マシンを保護する必要はありません。You don't need to protect VMware machines. 次に、 [次へ] を選択します。Then, select Next.
    8. [インストール場所] で、既定値のまま [次へ] を選択します。In Install Location, select Next to accept the default.
    9. [Network Selection](ネットワークの選択) で、既定値のまま [次へ] を選択します。In Network Selection, select Next to accept the default.
    10. [サマリー][インストール] を選択します。In Summary, select Install.
    11. [インストールの進行状況] にインストール プロセスの進行状況に関する情報が表示されます。Installation Progress shows you information about the installation process. 完了したら、 [完了] を選択します。When it's finished, select Finish. ウィンドウに再起動に関するメッセージが表示されます。A window displays a message about a reboot. [OK] を選択します。Select OK. その後、構成サーバーの接続パスフレーズに関するメッセージがウィンドウに表示されます。Next, a window displays a message about the configuration server connection passphrase. パスフレーズをクリップボードにコピーし、安全な場所に保存します。Copy the passphrase to your clipboard and save it somewhere safe.
  6. VM 上で cspsconfigtool.exe を実行して、構成サーバーに 1 つ以上の管理アカウントを作成します。On the VM, run cspsconfigtool.exe to create one or more management accounts on the configuration server. 管理アカウントに、移行する EC2 インスタンス上の管理者アクセス許可を持たせるようにします。Make sure that the management accounts have administrator permissions on the EC2 instances that you want to migrate.

構成サーバーの設定が完了したら、ポータルに戻り、作成したサーバーを [構成サーバー] で選択します。When you're done setting up the configuration server, go back to the portal and select the server that you created for Configuration Server. [OK] を選択して、「3:ターゲットを準備する」に進みます。Select OK to go to 3: Prepare target.

4:ターゲットを準備する4: Prepare target

このセクションでは、このチュートリアルの「Azure リソースの準備」で作成したリソースに関する情報を入力します。In this section, you enter information about the resources that you created in Prepare Azure resources earlier in this tutorial.

  1. [サブスクリプション] で「Azure の準備」チュートリアルに使用した Azure サブスクリプションを選択します。In Subscription, select the Azure subscription that you used for the Prepare Azure tutorial.
  2. デプロイ モデルとして [Resource Manager] を選択します。Select Resource Manager as the deployment model.
  3. Site Recovery によって、互換性のある Azure ストレージ アカウントとネットワークが 1 つ以上あるかどうかが確認されます。Site Recovery verifies that you have one or more compatible Azure storage account and network. これらは、このチュートリアルの「Azure リソースの準備」で作成したリソースである必要があります。These should be the resources that you created in Prepare Azure resources earlier in this tutorial.
  4. 終了したら、 [OK] を選択します。When you're done, select OK.

5:レプリケーションの設定を準備する5: Prepare replication settings

レプリケーションを有効にする前に、レプリケーション ポリシーを作成する必要があります。Before you can enable replication, you must create a replication policy.

  1. [Replicate and Associate](レプリケートと関連付け) を選択します。Select Replicate and Associate.
  2. [名前] に「myReplicationPolicy」と入力します。In Name, enter myReplicationPolicy.
  3. その他の設定は既定のままにして、 [OK] を選択してポリシーを作成します。Leave the rest of the default settings, and then select OK to create the policy. この新しいポリシーは自動的に構成サーバーに関連付けられます。The new policy is automatically associated with the configuration server.

5 つのセクションがすべて完了したら、 [インフラストラクチャの準備][OK] を選択します。When you're finished with all five sections under Prepare Infrastructure, select OK.

レプリケーションを有効にするEnable replication

移行する各 VM のレプリケーションを有効にします。Enable replication for each VM that you want to migrate. レプリケーションを有効にすると、Site Recovery がモビリティ サービスを自動的にインストールします。When replication is enabled, Site Recovery automatically installs the Mobility service.

  1. Azure ポータルにアクセスします。Go to the Azure portal.

  2. コンテナーのページの [作業の開始][Site Recovery] を選択します。On the page for your vault, under Getting Started, select Site Recovery.

  3. [オンプレミスのマシンと Azure VM の場合][手順 1:アプリケーションのレプリケート] を選択します。Under For on-premises machines and Azure VMs, select Step 1: Replicate application. ウィザードのページで次の情報を設定します。Complete the wizard pages with the following information. 各ページが終わったら [OK] を選択します。Select OK on each page when you're done:

    • 1:ソースの構成1: Configure source

      ソース:Source: [オンプレミス] を選択します。Select On Premises.
      ソースの場所:Source location: 構成サーバー EC2 インスタンスの名前を入力します。Enter the name of your configuration server EC2 instance.
      マシンの種類:Machine type: [物理マシン] を選択します。Select Physical machines.
      プロセス サーバー:Process server: ドロップダウン一覧から構成サーバーを選択します。Select the configuration server from the drop-down list.
    • 2.ターゲットを構成する2: Configure target

      ターゲット:Target: 既定値のままにします。Leave the default.
      サブスクリプション:Subscription: 使用しているサブスクリプションを選択します。Select the subscription that you have been using.
      フェールオーバー後のリソース グループ:Post-failover resource group: Azure リソースの準備」で作成したリソース グループを使用します。Use the resource group you created in Prepare Azure resources.
      フェールオーバー後のデプロイ モデル:Post-failover deployment model: [リソース マネージャー] を選択します。Select Resource Manager.
      ストレージ アカウント:Storage account: Azure リソースの準備」で作成したストレージ アカウントを選択します。Select the storage account that you created in Prepare Azure resources.
      Azure ネットワーク:Azure network: [選択したマシン用に今すぐ構成します] を選択します。Select Configure now for selected machines.
      フェールオーバー後の Azure ネットワーク:Post-failover Azure network: Azure リソースの準備」で作成したネットワークを選択します。Choose the network you created in Prepare Azure resources.
      サブネット:Subnet: ドロップダウン リストで [既定値] を選択します。Select the default in the drop-down list.
    • 3:物理マシンを選択する3: Select physical machines

      [物理マシン] を選択し、移行する EC2 インスタンスの [名前][IP アドレス][OS の種類] の値を入力します。Select Physical machine, and then enter the values for Name, IP Address, and OS Type of the EC2 instance that you want to migrate. [OK] を選択します。Select OK.

    • 4:プロパティを構成する4: Configure properties

      構成サーバーに作成したアカウントを選択し、 [OK] をクリックします。Select the account that you created on the configuration server, and then select OK.

    • 5:レプリケーションの設定を構成する5: Configure replication settings

      ドロップダウン リストで選択したレプリケーション ポリシーが myReplicationPolicy であることを確認し、 [OK] を選択します。Make sure that the replication policy selected in the drop-down list is myReplicationPolicy, and then select OK.

  4. ウィザードが完了したら、 [レプリケーションを有効にする] を選択します。When the wizard is finished, select Enable replication.

保護の有効化ジョブの進行状況を追跡するには、 [監視およびレポート] > [ジョブ] > [Site Recovery ジョブ] に移動します。To track the progress of the Enable Protection job, go to Monitoring and reports > Jobs > Site Recovery Jobs. 保護の最終処理ジョブが実行されると、マシンはフェールオーバーできる状態になります。After the Finalize Protection job runs, the machine is ready for failover.

VM のレプリケーションを有効にすると、変更が反映されてポータルに表示されるまで 15 分以上かかる場合があります。When you enable replication for a VM, changes can take 15 minutes or longer to take effect and appear in the portal.

テスト フェールオーバーの実行Run a test failover

テスト フェールオーバーを実行すると、次のイベントが発生します。When you run a test failover, the following events occur:

  • フェールオーバーを実行するために必要なすべての条件が満たされていることを確認する前提条件チェックが実行されます。A prerequisites check runs to make sure that all the conditions required for failover are in place.
  • Azure VM を作成できるように、フェールオーバーによってデータが処理されます。Failover processes the data so that an Azure VM can be created. 最新の復旧ポイントを選択した場合は、データから復旧ポイントが作成されます。If you select the latest recovery point, a recovery point is created from the data.
  • 前の手順で処理されたデータを使用して、Azure VM が作成されます。An Azure VM is created by using the data processed in the preceding step.

ポータルでテスト フェールオーバーを実行します。In the portal, run the test failover:

  1. コンテナーのページで、 [保護されたアイテム] > [レプリケートされたアイテム] に移動します。On the page for your vault, go to Protected items > Replicated Items. VM を選択し、 [テスト フェールオーバー] を選択します。Select the VM, and then select Test Failover.

  2. フェールオーバーで使用する復旧ポイントを選択します。Select a recovery point to use for the failover:

    • 最後に処理があった時点:Site Recovery によって処理された最新の復旧ポイントに VM をフェールオーバーします。Latest processed: Fails over the VM to the latest recovery point that was processed by Site Recovery. タイム スタンプが表示されます。The time stamp is shown. このオプションを使用すると、データの処理に時間がかからないため、目標復旧時間 (RTO) が低くなります。With this option, no time is spent processing data, so it provides a low recovery time objective (RTO).
    • 最新のアプリ整合性:このオプションでは、すべての VM が最新のアプリ整合性の復旧ポイントにフェールオーバーされます。Latest app-consistent: This option fails over all VMs to the latest app-consistent recovery point. タイム スタンプが表示されます。The time stamp is shown.
    • カスタム:任意の復旧ポイントを選択します。Custom: Select any recovery point.
  3. [テスト フェールオーバー] で、フェールオーバー後に Azure VM が接続するターゲット Azure ネットワークを選択します。In Test Failover, select the target Azure network to which Azure VMs will be connected after failover occurs. Azure リソースの準備」で作成したネットワークを選択します。This should be the network you created in Prepare Azure resources.

  4. [OK] を選択すると、フェールオーバーが開始されます。Select OK to begin the failover. 進行状況を追跡するには、VM を選択して、そのプロパティを表示します。To track progress, select the VM to view its properties. または、コンテナーのページで [テスト フェールオーバー] ジョブを選択します。Or you can select the Test Failover job on the page for your vault. そのためには、 [監視およびレポート] > [ジョブ] > [Site Recovery ジョブ] を選択します。To do this, select Monitoring and reports > Jobs > Site Recovery jobs.

  5. フェールオーバーが完了すると、レプリカの Azure VM が Azure portal に表示されます。When the failover finishes, the replica Azure VM appears in the Azure portal. VM を表示するには、 [仮想マシン] を選択します。To view the VM, select Virtual Machines. VM が適切なサイズであること、適切なネットワークに接続されていること、および実行されていることを確認します。Ensure that the VM is the appropriate size, that it's connected to the right network, and that it's running.

  6. これで、Azure 内のレプリケートされた VM に接続できるはずです。You should now be able to connect to the replicated VM in Azure.

  7. テスト フェールオーバー中に作成された VM を削除するには、復旧計画で [テスト フェールオーバーのクリーンアップ] を選択します。To delete Azure VMs that were created during the test failover, select Cleanup test failover in the recovery plan. [メモ] を使用して、テスト フェールオーバーに関連する観察結果をすべて記録し、保存します。In Notes, record and save any observations associated with the test failover.

一部のシナリオでは、フェールオーバーに追加の処理が必要です。In some scenarios, failover requires additional processing. 処理が完了するまでに 8 ~ 10 分かかります。Processing takes 8 to 10 minutes to finish.

Azure への移行Migrate to Azure

EC2 インスタンスで実際のフェールオーバーを実行して Azure VM に移行します。Run an actual failover for the EC2 instances to migrate them to Azure VMs:

  1. [保護されたアイテム] > [レプリケートされたアイテム] で、AWS インスタンスを選択し、 [フェールオーバー] を選択します。In Protected items > Replicated items, select the AWS instances, and then select Failover.

  2. [フェールオーバー] で、フェールオーバーする復旧ポイントを選択します。In Failover, select a Recovery Point to failover to. 最新の復旧ポイントを選択し、フェールオーバーを開始します。Select the latest recovery point, and start the failover. フェールオーバーの進行状況は [ジョブ] ページで確認できます。You can follow the failover progress on the Jobs page.

  3. [レプリケートされたアイテム] に VM が表示されることを確認します。Ensure that the VM appears in Replicated items.

  4. 各 VM を右クリックし、 [移行の完了] を選択します。Right-click each VM, and then select Complete Migration. 次の処理が実行されます。This does the following:

    • これによって、移行プロセスが終了し、AWS VM のレプリケーションが停止して、その VM での Site Recovery の課金が停止します。This finishes the migration process, stops replication for the AWS VM, and stops Site Recovery billing for the VM.

    • この手順でレプリケーション データがクリーンアップされます。This step cleans up the replication data. 移行した VM は削除されません。It doesn't delete the migrated VMs.

      移行の完了

警告

進行中のフェールオーバーを取り消さないでくださいDon't cancel a failover that is in progress. フェールオーバーが開始される前に、VM のレプリケーションが停止されます。Before failover is started, VM replication is stopped. 進行中のフェールオーバーをキャンセルすると、フェールオーバーは停止しますが、VM が再びレプリケートされることはありません。If you cancel a failover that is in progress, failover stops, but the VM won't replicate again.

次の手順Next steps

この記事では、AWS EC2 インスタンスを Azure VM に移行する方法について説明しました。In this article, you learned how to migrate AWS EC2 instances to Azure VMs. Azure VM の詳細については、Windows VM のチュートリアルを参照してください。To learn more about Azure VMs, continue to the tutorials for Windows VMs.