Azure にオンプレミス VMware VM のディザスター リカバリーを設定するSet up disaster recovery to Azure for on-premises VMware VMs

このチュートリアルでは、Windows を実行するオンプレミス VMware VM のディザスター リカバリーを Azure に設定する方法について説明します。This tutorial shows you how to set up disaster recovery to Azure for on-premises VMware VM running Windows. このチュートリアルで学習する内容は次のとおりです。In this tutorial, you learn how to:

  • Site Recovery の Recovery Services コンテナーを作成するCreate a Recovery Services vault for Site Recovery
  • ソース レプリケーション環境とターゲット レプリケーション環境を設定するSet up the source and target replication environments
  • レプリケーション ポリシーを作成するCreate a replication policy
  • VM のレプリケーションを有効にするEnable replication for a VM

これは、シリーズ 3 番目のチュートリアルです。This is the third tutorial in a series. このチュートリアルでは、前のチュートリアルで以下のタスクがすでに完了していることを前提としています。This tutorial assumes that you have already completed the tasks in the previous tutorials:

  1. Azure を準備するPrepare Azure
  2. オンプレミスの VMware を準備するPrepare on-premises VMware

開始する前に、ディザスター リカバリー シナリオのアーキテクチャを確認しておくと有用です。Before you start, it's helpful to review the architecture for disaster recovery scenario.

VMware アカウントのアクセス許可を構成するConfigure VMware account permissions

  1. vCenter レベルでロールを作成します。Create a role at the vCenter level. ロール名を Azure_Site_Recovery にします。Give the role the name Azure_Site_Recovery.
  2. Azure_Site_Recovery ロールに次のアクセス許可を割り当てます。Assign the following permissions to the Azure_Site_Recovery role.

    タスクTask ロールとアクセス許可Role/Permissions 詳細Details
    VM 検出VM discovery データ センター オブジェクト -> 子オブジェクトへのプロパゲート、ロール=読み取り専用Data Center object –> Propagate to Child Object, role=Read-only 少なくとも読み取り専用ユーザーが必要です。At least a read-only user.

    ユーザーはデータセンター レベルで割り当てられ、データセンター内のすべてのオブジェクトに対してアクセス権を持ちます。User assigned at datacenter level, and has access to all the objects in the datacenter.

    アクセスを制限するには、子オブジェクトへの伝達特権を持つアクセスなしロールを子オブジェクト (vSphere ホスト、データストア、VM、ネットワーク) に割り当てます。To restrict access, assign the No access role with the Propagate to child object, to the child objects (vSphere hosts, datastores, VMs and networks).
    完全なレプリケーション、フェールオーバー、フェールバックFull replication, failover, failback データ センター オブジェクト –> 子オブジェクトへの伝達、ロール = Azure_Site_RecoveryData Center object –> Propagate to Child Object, role=Azure_Site_Recovery

    データストア -> 空間の割り当て、データストアの参照、ファイルの低レベルの操作、ファイルの削除、仮想マシン ファイルの更新Datastore -> Allocate space, browse datastore, low-level file operations, remove file, update virtual machine files

    ネットワーク -> ネットワークの割り当てNetwork -> Network assign

    リソース -> リソース プールへの VM の割り当て、電源がオフの VM の移行、電源がオンの VM の移行Resource -> Assign VM to resource pool, migrate powered off VM, migrate powered on VM

    タスク -> タスクの作成、タスクの更新Tasks -> Create task, update task

    仮想マシン -> 構成Virtual machine -> Configuration

    仮想マシン -> 対話 -> 質問への回答、デバイス接続、CD メディアの構成、フロッピー メディアの構成、電源オフ、電源オン、VMware ツールのインストールVirtual machine -> Interact -> answer question, device connection, configure CD media, configure floppy media, power off, power on, VMware tools install

    仮想マシン -> インベントリ -> 作成、登録、登録解除Virtual machine -> Inventory -> Create, register, unregister

    仮想マシン -> プロビジョニング -> 仮想マシンのダウンロードの許可、仮想マシン ファイルのアップロードの許可Virtual machine -> Provisioning -> Allow virtual machine download, allow virtual machine files upload

    仮想マシン -> スナップショット -> スナップショットの削除Virtual machine -> Snapshots -> Remove snapshots
    ユーザーはデータセンター レベルで割り当てられ、データセンター内のすべてのオブジェクトに対してアクセス権を持ちます。User assigned at datacenter level, and has access to all the objects in the datacenter.

    アクセスを制限するには、子オブジェクトへの伝達特権を持つアクセスなしロールを子オブジェクト (vSphere ホスト、データストア、VM、ネットワーク) に割り当てます。To restrict access, assign the No access role with the Propagate to child object, to the child objects (vSphere hosts, datastores, VMs and networks).
  3. vCenter サーバーまたは vSphere ホストにユーザーを作成します。Create a user on the vCenter server or vSphere host. ユーザーにロールを割り当てます。Assign the role to the user.

レプリケーション対象を指定するSpecify what you want to replicate

モビリティ サービスは、レプリケートする各 VM にインストールする必要があります。The Mobility service must be installed on each VM you want to replicate. VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery が自動的にこのサービスをインストールします。Site Recovery installs this service automatically when you enable replication for the VM. 自動的にインストールする場合は、Site Recovery で VM へのアクセスに使用するアカウントを準備する必要があります。For automatic installation, you need to prepare an account that Site Recovery will use to access the VM.

ドメイン アカウントまたはローカル アカウントを使用できます。You can use a domain or local account. Linux VM の場合、アカウントは、ソース Linux サーバーの root である必要があります。For Linux VMs, the account should be root on the source Linux server. Windows VM の場合、ドメイン アカウントを使用していなければ、次のようにしてローカル マシンでのリモート ユーザー アクセス制御を無効にします。For Windows VMs, if you're not using a domain account, disable Remote User Access control on the local machine:

  • レジストリで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System の下に、DWORD エントリの LocalAccountTokenFilterPolicy を追加して値 1 を指定します。In the registery, under HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System, add the DWORD entry LocalAccountTokenFilterPolicy and set the value to 1.

ソース環境をセットアップするSet up the source environment

ソース環境の設定では、Site Recovery Unified Setup をダウンロードし、構成サーバーを設定してコンテナーに登録し、VM を検出します。Setting up the source environment consists of downloading the Site Recovery Unified Setup, setting up the configuration server and registering it in the vault, and discovering VMs.

構成サーバーは、すべての Site Recovery コンポーネントをホストする単一のオンプレミス VMware VM です。The configuration server is a single on-premises VMware VM to host all of the Site Recovery components. この VM は、構成サーバー、プロセス サーバー、マスター ターゲット サーバーを実行します。This VM runs the configuration server, process server, and master target server.

  • 構成サーバーは、オンプレミスと Azure の間の通信を調整し、データのレプリケーションを管理します。The configuration server coordinates communications between on-premises and Azure, and manages data replication.
  • プロセス サーバーはレプリケーション ゲートウェイとして機能します。The process server acts as a replication gateway. レプリケーション データを受信し、そのデータをキャッシュ、圧縮、暗号化によって最適化して、Azure Storage に送信します。Receives replication data, optimizes it with caching, compression, and encryption, and sends it to Azure storage. また、プロセス サーバーは、レプリケートする VM へのモビリティ サービスのインストールや、オンプレミス VMware サーバーでの VM の自動検出も行います。The process server also installs the Mobility service on VMs you want to replicate, and performs automatic discovery of VMs on on-premises VMware servers.
  • マスター ターゲット サーバーは、Azure からのフェールバック中にレプリケーション データを処理します。The master target server handles replication data during failback from Azure.

構成サーバーの VM は、次の要件を満たす高可用性 VMware VM である必要があります。The configuration server VM should be a highly available VMware VM that meets the following requirements:

要件Requirement 詳細Details
CPU コアの数Number of CPU cores 88
RAMRAM 12 GB12 GB
ディスクの数Number of disks 3-OS ディスク、プロセス サーバーのキャッシュ ディスク、リテンション ドライブ (フェールバック用)3 - OS disk, process server cache disk, retention drive (for failback)
ディスクの空き領域 (プロセス サーバー キャッシュ)Disk free space (process server cache) 600 GB600 GB
ディスクの空き領域 (リテンション ディスク)Disk free space (retention disk) 600 GB600 GB
オペレーティング システムのバージョンOperating system version Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
オペレーティング システムのロケールOperating system locale 英語 (en-us)English (en-us)
VMware vSphere PowerCLI のバージョンVMware vSphere PowerCLI version PowerCLI 6.0PowerCLI 6.0
Windows Server の役割Windows Server roles Active Directory Domain Services、インターネット インフォメーション サービス、Hyper-V のロールは有効にしないでください。Don't enable these roles: Active Directory Domain Services, Internet Information Services, Hyper-V
NIC の種類NIC type VMXNET3VMXNET3
IP アドレスの種類IP address type 静的Static
ポートPorts 443 (コントロール チャネルのオーケストレーション)443 (Control channel orchestration)
9443 (データ転送)9443 (Data transport)

構成サーバーの VM で、システム クロックがタイム サーバーと同期されていることを確認します。On the configuration server VM, make sure that the system clock is synchronized with a Time Server. 時刻の同期は 15 分以内に行う必要があります。Time must be synchronized to within 15 minutes. 時刻の差が 15 分よりも大きい場合、セットアップが失敗します。If the time difference is greater than 15 minutes, setup fails.

構成サーバーの VM が次の URL にアクセスできることを確認します。Make sure the configuration server VM can access these URLs:

  • .accesscontrol.windows.net.accesscontrol.windows.net. アクセス制御と ID 管理に使用。Used for access control and identity management.
  • .backup.windowsazure.comレプリケーション データの転送と調整に使用。.backup.windowsazure.com. Used for replication data transfer and coordination.
  • .blob.core.windows.net.blob.core.windows.net. レプリケートされたデータを格納するストレージ アカウントへのアクセスに使用。Used for access to the storage account that stores replicated data.
  • .hypervrecoverymanager.windowsazure.comレプリケーション管理操作と調整に使用。.hypervrecoverymanager.windowsazure.com. Used for replication management operations and coordination.
  • time.nist.gov and time.windows.comシステム時刻とグローバル時刻間の時刻同期の確認に使用。time.nist.gov and time.windows.com. Used to check time synchronization between system and global time.

Azure Government クラウドの URL:URLs for the Azure Government cloud:

  • .ugv.hypervrecoverymanager.windowsazure.us.ugv.hypervrecoverymanager.windowsazure.us
  • .ugv.backup.windowsazure.us.ugv.backup.windowsazure.us
  • .ugi.hypervrecoverymanager.windowsazure.us.ugi.hypervrecoverymanager.windowsazure.us
  • .ugi.backup.windowsazure.us.ugi.backup.windowsazure.us

IP アドレス ベースのファイアウォール規則で、Azure データ センターの IP 範囲との通信と、ポート 443 (HTTPS) および 9443 (データ レプリケーション) との通信が許可されている必要があります。Any IP address-based firewall rules should allow communication to Azure Datacenter IP Ranges, and ports 443 (HTTPS) and 9443 (data replication). ご利用のサブスクリプションの Azure リージョンと米国西部の IP アドレス範囲が許可されるようにしてください (アクセス制御と ID 管理に使用されます)。Be sure to allow IP address ranges for the Azure region of your subscription, and for West US (used for Access Control and Identity Management).

Site Recovery Unified Setup をダウンロードするDownload the Site Recovery Unified Setup

  1. Azure Portal を開いて [すべてのリソース] をクリックします。Open the Azure portal and click on All resources.
  2. ContosoVMVault という名前の Recovery Service コンテナーをクリックします。Click on the Recovery Service vault named ContosoVMVault.
  3. [Site Recovery] > [インフラストラクチャの準備] > [保護の目標] の順にクリックします。Click Site Recovery > Prepare Infrastructure > Protection goal.
  4. マシンが配置されている場所に [オンプレミス]、マシンをレプリケートする場所に [To Azure](Azure に) を選択し、[Yes, with VMware vSphere Hypervisor](はい、VMware vSphere ハイパーバイザーを使用します) を選択します。Select On-premises for where your machines are located, To Azure for where you want to replicate your machines, and Yes, with VMware vSphere Hypervisor. 次に、 [OK]をクリックしますThen, click OK.
  5. ソースの準備ウィンドウで、[+ 構成サーバー] をクリックします。In the Prepare source pane, click +Configuration server.
  6. [サーバーの追加] で、[サーバーの種類][構成サーバー] が表示されていることを確認します。In Add Server, check that Configuration Server appears in Server type.
  7. Site Recovery 統合セットアップ インストール ファイルをダウンロードします。Download the Site Recovery Unified Setup installation file.
  8. コンテナー登録キーをダウンロードします。Download the vault registration key. このキーは、統合セットアップを実行するときに必要になります。You need this when you run Unified Setup. キーは生成後 5 日間有効です。The key is valid for five days after you generate it.

    Set up source

構成サーバーを設定するSet up the configuration server

  1. 統合セットアップ インストール ファイルを実行します。Run the Unified Setup installation file.
  2. [開始する前に] で、[Install the configuration server and process server](構成サーバーとプロセス サーバーをインストールする) を選択して [次へ] をクリックします。In Before You Begin, select Install the configuration server and process server then click Next.

  3. [Third-Party Software License](サードパーティ製ソフトウェア ライセンス) で、[同意する] をクリックして MySQL をダウンロードおよびインストールし、[次へ] をクリックします。In Third Party Software License, click I Accept to download and install MySQL, then click Next.

  4. [登録] で、コンテナーからダウンロードした登録キーを選択します。In Registration, select the registration key you downloaded from the vault.

  5. [インターネット設定] で、構成サーバーで実行されているプロバイダーがインターネット経由で Azure Site Recovery に接続する方法を指定します。In Internet Settings, specify how the Provider running on the configuration server connects to Azure Site Recovery over the Internet.

    • マシンで現在セットアップされているプロキシを使用して接続する場合は、[プロキシ サーバーを使用して Azure Site Recovery に接続する] を選択します。If you want to connect with the proxy that's currently set up on the machine, select Connect to Azure Site Recovery using a proxy server.
    • プロバイダーから直接接続するように指定する場合は、[プロキシを使用せずに直接 Azure Site Recovery に接続する] を選択します。If you want the Provider to connect directly, select Connect directly to Azure Site Recovery without a proxy server.
    • 既存のプロキシで認証が必要な場合、またはプロバイダー接続にカスタム プロキシを使用する場合は、[Connect with custom proxy setting](カスタム プロキシ設定を使用して接続する) を選択して、アドレス、ポート、資格情報を指定します。If the existing proxy requires authentication, or if you want to use a custom proxy for the Provider connection, select Connect with custom proxy settings, and specify the address, port, and credentials.

    ファイアウォール

  6. [前提条件の確認] では、インストールを実行できることを確認するためのチェックが実行されます。In Prerequisites Check, Setup runs a check to make sure that installation can run. グローバル時刻の同期チェックに関する警告が表示された場合は、システム クロックの時刻 ([日付と時刻] 設定) がタイム ゾーンと同じであることを確認します。If a warning appears about the Global time sync check, verify that the time on the system clock (Date and Time settings) is the same as the time zone.

    前提条件

  7. [MySQL Configuration (MySQL の構成)] で、インストールする MySQL サーバー インスタンスにログオンするための資格情報を作成します。In MySQL Configuration, create credentials for logging on to the MySQL server instance that is installed.

  8. [環境の詳細] で、VMware VM の保護で [はい] を選択します。In Environment Details, select Yes to protect VMware VMs. セットアップで PowerCLI 6.0 がインストールされていることが確認されます。Setup checks that PowerCLI 6.0 is installed.

  9. [インストール場所] で、バイナリをインストールしキャッシュを格納する場所を選択します。In Install Location, select where you want to install the binaries and store the cache. 選択するドライブには使用可能なディスク領域が 5 GB 以上必要ですが、600 GB 以上の空き領域があるキャッシュ ドライブを使用することをお勧めします。The drive you select must have at least 5 GB of disk space available, but we recommend a cache drive with at least 600 GB of free space.

  10. [ネットワークの選択] で、構成サーバーがレプリケーション データを送受信するリスナー (ネットワーク アダプターと SSL ポート) を指定します。In Network Selection, specify the listener (network adapter and SSL port) on which the configuration server sends and receives replication data. 既定では、ポート 9443 がレプリケーション トラフィックの送受信用に使用されます。このポート番号は、実際の環境の要件に合わせて変更できます。Port 9443 is the default port used for sending and receiving replication traffic, but you can modify this port number to suit your environment's requirements. ポート 443 も開きます。このポートは、レプリケーション操作を調整するために使用されます。We also open port 443, which is used to orchestrate replication operations. ポート 443 はレプリケーション トラフィックの送受信用に使用しないでください。Do not use port 443 for sending or receiving replication traffic.

  11. [概要] で情報を確認し、[インストール] をクリックします。In Summary, review the information and click Install. セットアップで構成サーバーがインストールされ、Azure Site Recovery サービスに登録されます。Setup installs the configuration server and registers with it the Azure Site Recovery service.

    概要

    インストールが完了すると、パスフレーズが生成されます。When installation finishes, a passphrase is generated. このパスフレーズは、レプリケーションを有効にするときに必要になるので、コピーしてセキュリティで保護された場所に保管してください。You will need this when you enable replication, so copy it and keep it in a secure location. このサーバーは、コンテナーの [設定] > [サーバー] ウィンドウに表示されます。The server is displayed on the Settings > Servers pane in the vault.

自動検出を構成するConfigure automatic discovery

VM を検出するには、構成サーバーがオンプレミス VMware サーバーに接続している必要があります。To discover VMs, the configuration server needs to connect to on-premises VMware servers. このチュートリアルの目的を達成するために、vCenter サーバーまたは vSphere ホストを追加して、サーバーで管理者特権を持つアカウントを使用します。For the purposes of this tutorial, add the vCenter server, or vSphere hosts, using an account that has administrator privileges on the server.

  1. 構成サーバーで、CSPSConfigtool.exe を起動します。On your configuration server, launch CSPSConfigtool.exe. これはデスクトップにショートカットがあり、<インストール場所>\home\svsystems\bin フォルダーに保存されています。It is available as a shortcut on the desktop and located in the install location\home\svsystems\bin folder.

  2. [アカウントの管理] > [アカウントの追加] の順にクリックします。Click Manage Accounts > Add Account.

    [アカウントの追加]

  3. [アカウントの詳細] で、自動検出に使用するアカウントを追加します。In Account Details, add the account that will be used for automatic discovery.

    詳細

サーバーを追加するには、次の処理を行います。To add a server:

  1. Azure Portal を開いて [すべてのリソース] をクリックします。Open the Azure portal and click on All resources.
  2. ContosoVMVault という名前の Recovery Service コンテナーをクリックします。Click on the Recovery Service vault named ContosoVMVault.
  3. [Site Recovery] > [インフラストラクチャの準備] > [ソース] の順にクリックします。Click Site Recovery > Prepare Infrastructure > Source
  4. [+ vCenter] を選択して、vCenter サーバーまたは vSphere ESXi ホストに接続します。Select +vCenter to connect to a vCenter server or vSphere ESXi host.
  5. [Add vCenter](vCenter の追加) で、サーバーのフレンドリ名を指定します。In Add vCenter, specify a friendly name for the server. 次に、IP アドレスまたは FQDN を指定します。Then, specify the IP address or FQDN.
  6. VMware サーバーが別のポートで要求をリッスンする場合を除き、ポートは 443 のままにしておきます。Leave the port set to 443, unless your VMware servers listen for requests on a different port.
  7. サーバーへの接続で使用するアカウントを選択します。Select the account to use for connecting to the server. [OK]をクリックします。Click OK.

Site Recovery は指定された設定を使用して VMware サーバーに接続し、VM を検出します。Site Recovery connects to VMware servers using the specified settings, and discovers VMs.

注意

アカウント名がポータルに表示されるまでに 15 分以上かかることがあります。It can take 15 minutes or more for the account name to appear in the portal. すぐに更新するには、[構成サーバー] > サーバー名 > [サーバーを最新の情報に更新する] の順にクリックします。To update immediately, click Configuration Servers > server name > Refresh Server.

ターゲット環境をセットアップするSet up the target environment

ターゲット リソースを選択して確認します。Select and verify target resources.

  1. [インフラストラクチャの準備] > [ターゲット] の順にクリックし、使用する Azure サブスクリプションを選択します。Click Prepare infrastructure > Target, and select the Azure subscription you want to use.
  2. ターゲット デプロイ モデルを Resource Manager ベースとクラシック モードのどちらにするかを指定します。Specify whether your target deployment model is Resource Manager-based, or classic.
  3. Site Recovery によって、互換性のある Azure ストレージ アカウントとネットワークが 1 つ以上あるかどうかが確認されます。Site Recovery checks that you have one or more compatible Azure storage accounts and networks.

    [ターゲット]

レプリケーション ポリシーを作成するCreate a replication policy

  1. Azure Portal を開いて [すべてのリソース] をクリックします。Open the Azure portal and click on All resources.
  2. ContosoVMVault という名前の Recovery Service コンテナーをクリックします。Click on the Recovery Service vault named ContosoVMVault.
  3. レプリケーション ポリシーを作成するには、[Site Recovery infrastructure](Site Recovery インフラストラクチャ) > [レプリケーション ポリシー] > [+ レプリケーション ポリシー] の順にクリックします。To create a replication policy, click Site Recovery infrastructure > Replication Policies > +Replication Policy.
  4. [レプリケーション ポリシーの作成] で、ポリシー名 VMwareRepPolicy を指定します。In Create replication policy, specify a policy name VMwareRepPolicy.
  5. [RPO しきい値] では、既定値の 60 分が使用されます。In RPO threshold, use the default of 60 minutes. この値で、復旧ポイントの作成頻度を指定します。This value defines how often recovery points are created. 継続的なレプリケーションがこの制限を超えると、アラートが生成されます。An alert is generated if continuous replication exceeds this limit.
  6. [復旧ポイントのリテンション期間] では、各復旧ポイントのリテンション期間に既定値の 24 時間が使用されます。In Recovery point retention, use the default of 24 hours for how long the retention window is for each recovery point. このチュートリアルでは 72 時間を選択します。For this tutorial we select 72 hours. レプリケートされた VM は、期間内の任意の時点に復旧できます。Replicated VMs can be recovered to any point in a window.
  7. [アプリ整合性スナップショットの頻度] では、アプリ整合性スナップショットの作成頻度に既定値の 60 分が使用されます。In App-consistent snapshot frequency, use the default of 60 minutes for the frequency that application-consistent snapshots are created. [OK] をクリックしてポリシーを作成します。Click OK to create the policy.

    [ポリシー]

このポリシーは自動的に構成サーバーに関連付けられます。The policy is automatically associated with the configuration server. 既定でフェールバックの照合ポリシーが自動的に作成されます。By default, a matching policy is automatically created for failback. たとえば、レプリケーション ポリシーが rep-policy の場合、フェールバック ポリシーは rep-policy-failback になります。For example, if the replication policy is rep-policy then the failback policy will be rep-policy-failback. このポリシーは、Azure からフェールバックを開始するまで使用されません。This policy isn't used until you initiate a failback from Azure.

Enable replicationEnable replication

VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery がモビリティ サービスをインストールします。Site Recovery installs the Mobility service when replication is enabled for a VM. 変更が反映されてポータルに表示されるまで 15 分以上かかる場合があります。It can take 15 minutes or longer for changes to take effect and appear in the portal.

レプリケーションを有効にするには、次の手順に従います。Enable replication as follows:

  1. [アプリケーションをレプリケートする] > [ソース] の順にクリックします。Click Replicate application > Source.
  2. [ソース] で、構成サーバーを選択します。In Source, select the configuration server.
  3. [マシンの種類] で、[仮想マシン] を選択します。In Machine type, select Virtual Machines.
  4. [vCenter/vSphere Hypervisor] (vCenter/vSphere ハイパーバイザー) で、vSphere ホストを管理する vCenter サーバーを選択するか、ホストを選択します。In vCenter/vSphere Hypervisor, select the vCenter server that manages the vSphere host, or select the host.
  5. プロセス サーバー (構成サーバー) を選択します。Select the process server (configuration server). その後、[OK] をクリックします。IThen click OK.
  6. [ターゲット] で、サブスクリプションと、フェールオーバー対象の VM を作成するリソース グループを選択します。In Target, select the subscription and the resource group in which you want to create the failed over VMs. Azure で、フェールオーバー対象の VM に使用するデプロイ モデル (クラシックまたはリソース管理) を選択します。Choose the deployment model that you want to use in Azure (classic or resource management), for the failed over VMs.
  7. データのレプリケーションに使用する Azure Storage アカウントを選択します。Select the Azure storage account you want to use for replicating data.
  8. フェールオーバー後に作成された Azure VM が接続する Azure ネットワークとサブネットを選択します。Select the Azure network and subnet to which Azure VMs will connect, when they're created after failover.
  9. 保護の対象として選択したすべてのマシンにネットワーク設定を適用する場合は、[選択したマシン用に今すぐ構成します。] を選択します。Select Configure now for selected machines, to apply the network setting to all machines you select for protection. マシンごとに Azure ネットワークを選択する場合は、[後で構成する] を選択します。Select Configure later to select the Azure network per machine.
  10. [仮想マシン] > [仮想マシンの選択] で、レプリケートする各マシンをクリックして選択します。In Virtual Machines > Select virtual machines, click and select each machine you want to replicate. 選択できるのは、レプリケーションを有効にできるマシンのみです。You can only select machines for which replication can be enabled. 次に、 [OK]をクリックしますThen click OK.
  11. [プロパティ] > [プロパティの構成] で、プロセス サーバーがモビリティ サービスのマシンへの自動インストールで使用するアカウントを選択します。In Properties > Configure properties, select the account that will be used by the process server to automatically install the Mobility service on the machine.
  12. [レプリケーション設定] > [レプリケーション設定の構成] で、正しいレプリケーション ポリシーが選択されていることを確認します。In Replication settings > Configure replication settings, verify that the correct replication policy is selected.
  13. [レプリケーションを有効にする]をクリックします。Click Enable Replication.

[設定] > [ジョブ] > [Site Recovery ジョブ] の順にクリックして、保護の有効化ジョブの進行状況を追跡できます。You can track progress of the Enable Protection job in Settings > Jobs > Site Recovery Jobs. 保護の最終処理 ジョブが実行されると、マシンはフェールオーバーできる状態になります。After the Finalize Protection job runs the machine is ready for failover.

追加する VM を監視するには、[構成サーバー] で VM の最終検出時刻を確認します。To monitor VMs you add, you can check the last discovered time for VMs in Configuration Servers

最後の使用Last Contact At. 定期検出を待たずに VM を追加するには、構成サーバーを強調表示し (クリックしないでください)、[更新] をクリックします。To add VMs without waiting for the scheduled discovery, highlight the configuration server (don’t click it), and click Refresh.

次のステップNext steps