Azure へのオンプレミス VMware VM のディザスター リカバリーを設定する - クラシック

この記事では、Azure Site Recovery サービス (クラシック) を使用して、Azure へのディザスター リカバリーのためにオンプレミス VMware VM のレプリケーションを有効にする方法 について説明します。

Azure Site Recovery プレビューでのディザスター リカバリーの詳細については、こちらの記事を参照してください

これは、オンプレミスの VMware VM を対象に Azure へのディザスター リカバリーを設定する方法について説明するシリーズの 3 番目のチュートリアルです。 前のチュートリアルでは、Azure へのディザスター リカバリー用にオンプレミスの VMware 環境を準備しました。

このチュートリアルでは、以下の内容を学習します。

  • ソース レプリケーション設定およびオンプレミスの Site Recovery 構成サーバーを設定する。
  • レプリケーション ターゲット設定を設定する。
  • レプリケーション ポリシーを作成します。
  • VMware VM のレプリケーションを有効にする。

注意

チュートリアルでは、シナリオの最も簡単なデプロイ パスを示します。 可能であれば既定のオプションを使い、すべての可能な設定とパスを示してはいません。 詳細な手順については、Site Recovery の目次のハウツー セクションにある記事を参照してください。

開始する前に

前のチュートリアルを完了します。

  1. Azure へのオンプレミスの VMware ディザスター リカバリー用に Azure を設定していることを確認します。
  2. これらの手順に従って、Azure へのディザスター リカバリー用にオンプレミスの VMware デプロイを準備します。
  3. このチュートリアルでは、1 つの VM をレプリケートする方法を示します。 複数の VMware VM をデプロイしている場合は、Deployment Planner ツールを使用する必要があります。 こちら を参照してください。
  4. このチュートリアルでは、異なるやり方で実行できるいくつかの方法を使用します。
    • このチュートリアルでは、OVA テンプレートを使用して、構成サーバー VMware VM を作成します。 何かの理由でこれを行うことができない場合は、こちらの説明に従って、構成サーバーを手動で設定してください。
    • このチュートリアルでは、Site Recovery によって自動的に MySQL がダウンロードされ、構成サーバーにインストールされます。 必要に応じて、代わりに手動で設定することもできます。 詳細については、こちらを参照してください

保護の目標を選択する

  1. [Recovery Services コンテナー] で、コンテナー名を選択します。 このシナリオでは、ContosoVMVault を使います。
  2. [作業の開始] で、[Site Recovery] を選択します。 次に、 [インフラストラクチャの準備] を選択します。
  3. [保護の目標] > [マシンのある場所] で、 [オンプレミス] を選びます。
  4. [マシンをどこにレプリケートしますか] で、 [To Azure](Azure) を選びます。
  5. [マシンは仮想化されていますか] で、 [はい (VMware vSphere ハイパーバイザー の場合)] を選びます。 [OK] をクリックします。

ソース環境をセットアップする

ソース環境では、これらのオンプレミスの Site Recovery コンポーネントをホストするために、オンプレミスの高可用性マシンが 1 台必要です。

  • 構成サーバー: 構成サーバーは、オンプレミスと Azure の間の通信を調整し、データのレプリケーションを管理します。
  • プロセス サーバー:プロセス サーバーはレプリケーション ゲートウェイとして機能します。 レプリケーション データを受信し、それをキャッシュ、圧縮、暗号化によって最適化して、Azure のキャッシュ ストレージ アカウントに送信します。 また、プロセス サーバーでは、レプリケートする VM へのモビリティ サービス エージェントのインストールや、オンプレミスの VMware VM の自動検出も行います。
  • マスター ターゲット サーバー:マスター ターゲット サーバーは、Azure からのフェールバック中にレプリケーション データを処理します。

これらのコンポーネントは、"構成サーバー" と呼ばれる単一のオンプレミス マシンにすべて一緒にインストールされます。 VMware のディザスター リカバリーの場合、既定では、構成サーバーを高可用性 VMware VM として設定します。 そのためには、用意されている Open Virtualization Application (OVA) テンプレートをダウンロードし、そのテンプレートを VMware にインポートして VM を作成します。

  • 構成サーバーの最新バージョンはポータルで入手できます。 Microsoft ダウンロード センターから直接ダウンロードすることもできます。
  • 何かの理由で OVA テンプレートを使用して VM を設定できない場合は、こちらの説明に従って、構成サーバーを手動で設定してください。
  • OVF テンプレートに付属するライセンスは、180 日間有効な評価版ライセンスです。 VM 上で実行される Windows を、必要なライセンスでアクティブ化する必要があります。

VM テンプレートをダウンロードする

  1. コンテナーで、 [インフラストラクチャの準備] > [ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの準備][+ 構成サーバー] を選びます。
  3. [サーバーの追加] で、 [サーバーの種類][VMware の構成サーバー] が表示されていることを確認します。
  4. 構成サーバー用の OVA テンプレートをダウンロードします。

VMware にテンプレートをインポートする

  1. VMware vSphere Client を使用して、VMware vCenter サーバーまたは vSphere ESXi ホストにサインインします。

  2. [File](ファイル) メニューの [Deploy OVF Template](OVF テンプレートのデプロイ) を選択し、 [Deploy OVF Template](OVF テンプレートのデプロイ) ウィザードを起動します。

    VMWare vSphere Client の [Deploy OVF Template](OVF テンプレートのデプロイ) コマンドのスクリーンショット。

  3. [Select source](ソースの選択) で、ダウンロードした OVF の場所を入力します。

  4. [Review details](詳細の確認) で、 [Next](次へ) を選択します。

  5. [Select name and folder](名前とフォルダーの選択) および [Select configuration](構成の選択) は、既定の設定のままにします。

  6. [Select storage](ストレージの選択) で、パフォーマンスを最大にするために、 [Select virtual disk format](仮想ディスクの形式の選択)[Thick Provision Eager Zeroed](シック プロビジョニング Eager Zeroed) を選びます。

  7. ウィザードの残りのページでは、既定の設定をそのまま使います。

  8. [Ready to complete](完了の準備完了) で、既定の設定で VM をセットアップするには、 [Power on after deployment](デプロイ後に電源をオンにする) > [Finish](完了) の順に選択します。

    ヒント

    別の NIC を追加する場合は、 [Power on after deployment](デプロイ後に電源をオンにする) をオフにする > [Finish](完了) を選択する、と操作します。 既定では、テンプレートには NIC が 1 つ含まれています。 デプロイ後にさらに NIC を追加することができます。

さらにアダプターを追加する

構成サーバーにさらに NIC を追加する場合は、サーバーをコンテナーに登録する前に追加します。 登録後のアダプターの追加はサポートされていません。

  1. vSphere Client インベントリで VM を右クリックし、 [Edit Settings](設定の編集) を選びます。
  2. [Hardware](ハードウェア) で、 [Add](追加) > [Ethernet Adapter](イーサネット アダプター) の順に選択します。 [次へ] を選択します。
  3. アダプターの種類およびネットワークを選びます。
  4. VM がオンになったときに仮想 NIC を接続するには、 [Connect at power on](電源をオンにしたときに接続する) をオンにします。 [次へ] > [完了] の順に選択します。 [OK] をクリックします。

構成サーバーを登録する

構成サーバーを設定した後、それをコンテナーに登録します。

  1. VMware vSphere Client のコンソールで、VM をオンにします。
  2. VM が Windows Server 2016 のインストール エクスペリエンスで起動します。 使用許諾契約書に同意し、管理者パスワードを入力します。
  3. インストールの完了後に、管理者として VM にサインインします。
  4. 初めてサインインすると、数秒後に Azure Site Recovery 構成ツールが起動します。
  5. 構成サーバーを Site Recovery に登録するために使う名前を入力します。 [次へ] を選択します。
  6. このツールは、VM が Azure に接続できることを確認します。 接続が確立された後、 [サインイン] を選択して、自分の Azure サブスクリプションにサインインします。 この資格情報は、構成サーバーを登録するコンテナーにアクセスできる必要があります。 必要なロールがこのユーザーに割り当てられていることを確認してください。
  7. ツールがいくつかの構成タスクを実行した後、再起動されます。
  8. 再度マシンにサインインします。 数秒後に、構成サーバーの管理ウィザードが自動的に起動します。

設定を構成し、VMware サーバーを追加する

構成サーバーの設定と登録を終了します。 続行する前に、構成サーバーの設定を正常に完了するためのすべての前提条件が満たされていることを確認します。

  1. 構成サーバー管理ウィザードで、 [接続の設定] を選びます。 ドロップダウンから、最初に、モビリティ サービスの検出とソース マシンへのプッシュ インストールのために組み込みプロセス サーバーが使用する NIC を選択し、次に、構成サーバーが Azure との接続に使用する NIC を選択します。 次に、 [保存] を選択します。 構成後、この設定を変更することはできません。
  2. [Recovery Services コンテナーを選択する] で、Azure サブスクリプションと、関連するリソース グループおよびコンテナーを選びます。
  3. [サードパーティ製ソフトウェアのインストール] でライセンス契約に同意します。 [ダウンロードしてインストール] を選択して MySQL サーバーをインストールします。 MySQL をパスに配置した場合、この手順はスキップできます。 詳細情報
  4. [アプライアンス構成の検証] で、続行する前に前提条件が検証されます。
  5. [Configure vCenter Server/vSphere ESXi server](vCenter Server/vSphere ESXi サーバーの構成) で、レプリケートする VM が存在している vCenter サーバーまたは vSphere ホストの FQDN または IP アドレスを入力します。 サーバーがリッスンするポートを入力します。 コンテナーで VMware サーバーに使うフレンドリ名を入力します。
  6. VMware サーバーに接続するために構成サーバーによって使用される、ユーザー資格情報を入力します。 ユーザー名とパスワードが正しいこと、および保護する仮想マシンの管理者グループの一部であることを確認してください。 Site Recovery はこれらの資格情報を使って、レプリケーションに利用できる VMware VM を自動的に検出します。 [追加][続行] の順に選択します。
  7. [仮想マシンの資格情報の構成] で、レプリケーションが有効になったときにモビリティ サービスを VM に自動的にインストールするために使用されるユーザー名とパスワードを入力します。
    • Windows マシンの場合、このアカウントは、レプリケートするマシンに対するローカル管理者特権を持っている必要があります。
    • Linux の場合は、ルート アカウントの詳細を指定します。
  8. [構成の確定] を選択して、登録を完了します。
  9. 登録が終了したら、Azure portal を開き、構成サーバーと VMware サーバーが、 [Recovery Services Vault](Recovery Services コンテナー) > [管理] > [Site Recovery Infrastructure](Site Recovery インフラストラクチャ) > [Configuration Servers](構成サーバー) に表示されていることを確認します。

構成サーバーが登録されると、指定された設定を使用して Site Recovery が VMware サーバーに接続され、VM が検出されます。

注意

アカウント名がポータルに表示されるまでに 15 分以上かかることがあります。 すぐに更新するには、 [構成サーバー] > [<サーバー名>] _ > _ [サーバーを最新の情報に更新する] の順に選択します。

ターゲット環境をセットアップする

ターゲット リソースを選択して確認します。

  1. [インフラストラクチャの準備] > [ターゲット] の順に選択します。 使用する Azure サブスクリプションを選択します。 リソース マネージャー モデルを使用しています。

  2. Site Recovery によって、仮想ネットワークが 1 つ以上あることが確認されます。 これらは、このシリーズのチュートリアルの最初のチュートリアルで、Azure のコンポーネントをセットアップしたときには存在している必要があります。

    [インフラストラクチャの準備] > [ターゲット] のオプションのスクリーンショット。

レプリケーション ポリシーを作成する

  1. Azure Portalを開きます。 [Recovery Services コンテナー] を検索して選択します。

  2. Recovery Services コンテナー (このチュートリアルでは ContosoVMVault) を選択します

  3. レプリケーション ポリシーを作成するには、 [Site Recovery インフラストラクチャ] > [レプリケーション ポリシー] > [+ レプリケーション ポリシー] の順に選択します。

  4. [レプリケーション ポリシーの作成] で、ポリシー名を入力します。 VMwareRepPolicy を使用しています。

  5. [RPO しきい値] では、既定値の 60 分が使用されます。 この値で、復旧ポイントの作成頻度を指定します。 継続的なレプリケーションがこの制限を超えると、アラートが生成されます。

  6. [復旧ポイントのリテンション期間] で、各復旧ポイントがどれだけ長く保持されるかを指定します。 このチュートリアルでは 72 時間を使用しています。 レプリケートされた VM は、リテンション期間内の任意の時点に復旧できます。

  7. [アプリ整合性スナップショットの頻度] で、アプリケーション整合性スナップショットの作成頻度を指定します。 既定の 60 分を使用しています。 [OK] を選択してポリシーを作成します。

    [レプリケーション ポリシーの作成] のオプションのスクリーンショット。

  • このポリシーは自動的に構成サーバーに関連付けられます。
  • 既定でフェールバックの照合ポリシーが自動的に作成されます。 たとえば、レプリケーション ポリシーが rep-policy の場合、フェールバック ポリシーは rep-policy-failback になります。 このポリシーは、Azure からフェールバックを開始するまで使用されません。

注:VMware から Azure へのシナリオでは、クラッシュ整合性スナップショットが 5 分間隔で作成されます。

レプリケーションを有効にする

以下のようにして、VM のレプリケーションを有効にします。

  1. [アプリケーションをレプリケートする] > [ソース] を選択します。
  2. [ソース] で、 [オンプレミス] を選択し、 [ソースの場所] の構成サーバーを選択します。
  3. [マシンの種類] で、 [仮想マシン] を選択します。
  4. [vCenter/vSphere Hypervisor](vCenter/vSphere ハイパーバイザー) で、vSphere ホストまたは vCenter サーバーを管理するホストを選択します。
  5. (構成サーバー VM に既定でインストールされる) プロセス サーバーを選択します。 [OK] をクリックします。 各プロセス サーバーの正常性状態が、推奨される制限とその他のパラメーターに従って示されます。 正常なプロセス サーバーを選択します。 クリティカルであるプロセス サーバーは選択できません。 エラーを トラブルシューティングして解決するか、またはスケールアウト プロセス サーバーを設定できます。
  6. [ターゲット] で、サブスクリプションと、フェールオーバー対象の VM を作成するリソース グループを選択します。 Resource Manager デプロイ モデルを使用しています。
  7. フェールオーバー後に作成された Azure VM が接続する Azure ネットワークとサブネットを選択します。
  8. [選択したマシン用に今すぐ構成します。] を選択し、レプリケーションを有効にするすべての VM にネットワーク設定を適用します。 マシンごとに Azure ネットワークを選択する場合は、 [後で構成する] を選択します。
  9. [Virtual Machines] > [仮想マシンの選択] で、レプリケートする各マシンを選択します。 選択できるのは、レプリケーションを有効にできるマシンのみです。 [OK] をクリックします。 特定の仮想マシンを表示または選択できない場合は、問題の解決方法の詳細を確認してください。
  10. [プロパティ] > [プロパティの構成] で、モビリティ サービスをマシンに自動的にインストールするためにプロセス サーバーが使用するアカウントを選択します。
  11. [レプリケーション設定] > [レプリケーション設定の構成] で、正しいレプリケーション ポリシーが選択されていることを確認します。
  12. [レプリケーションを有効にする] を選択します。 VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery がモビリティ サービスをインストールします。
  13. [設定] > [ジョブ] > [Site Recovery ジョブ] の順にクリックして、保護の有効化 ジョブの進行状況を追跡できます。 [保護の最終処理] ジョブが実行され、復旧ポイントの生成が完了すると、マシンはフェールオーバーできる状態になります。
  14. 変更が反映されてポータルに表示されるまで 15 分以上かかる場合があります。
  15. 追加する VM を監視するには、 [構成サーバー] > [最後の使用] で VM の最終検出時刻を確認します。 定期検出を待たずに VM を追加するには、構成サーバーを強調表示し (選択しないでください)、 [更新] を選択します。

次のステップ

レプリケーションを有効にした後は、訓練を実行して、すべてが予想どおりに動作することを確認します。