クイック スタート: Azure SQL Database Managed Instance に接続するように Azure VM を構成するQuickstart: Configure Azure VM to connect to an Azure SQL Database Managed Instance

このクイック スタートでは、SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、Azure SQL Database Managed Instance に接続するように Azure 仮想マシンを構成する方法を示します。This quickstart shows you how to configure an Azure virtual machine to connect to an Azure SQL Database Managed Instance using SQL Server Management Studio (SSMS). ポイント対サイト接続を使用して、オンプレミスのクライアント コンピューターから接続する方法を示すクイック スタートについては、「ポイント対サイト接続の構成」をご覧ください。For a quickstart showing how to connect from an on-premises client computer using a point-to-site connection, see Configure a point-to-site connection

前提条件Prerequisites

このクイック スタートでは、「マネージド インスタンスを作成する」で作成したリソースを出発点として使用します。This quickstart uses the resources created in Create a Managed Instance as its starting point.

Azure portal にサインインしますSign in to the Azure portal

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

マネージド インスタンス VNet で新しいサブネットを作成するCreate a new subnet in the Managed Instance VNet

次の手順では、Azure 仮想マシンがマネージド インスタンスに接続できるよう、マネージド インスタンス VNet に新しいサブネットを作成します。The following steps create a new subnet in the Managed Instance VNet so an Azure virtual machine can connect to the Managed Instance. このマネージド インスタンス サブネットは、マネージド インスタンス専用です。The Managed Instance subnet is dedicated to Managed Instances. このサブネットに他のリソース (Azure 仮想マシンなど) を作成することはできません。You can't create any other resources, like Azure virtual machines, in that subnet.

  1. マネージド インスタンスを作成する」のクイック スタートで作成したマネージド インスタンスのリソース グループを開きます。Open the resource group for the Managed Instance that you created in the Create a Managed Instance quickstart. マネージド インスタンス用の仮想ネットワークを選択します。Select the virtual network for your Managed Instance.

    マネージド インスタンスのリソース

  2. [サブネット] を選択し、[+ サブネット] を選択して新しいサブネットを作成します。Select Subnets and then select + Subnet to create a new subnet.

    マネージド インスタンスのサブネット

  3. 次の表の情報を参考にして、フォームに必要事項を入力します。Fill out the form using the information in this table:

    SettingSetting 推奨値Suggested value DescriptionDescription
    NameName 有効な名前Any valid name 有効な名前については、名前付け規則と制限事項に関するページを参照してください。For valid names, see Naming rules and restrictions.
    アドレス範囲 (CIDR ブロック)Address range (CIDR block) 有効な範囲A valid range このクイック スタートでは既定値で問題ありません。The default value is good for this quickstart.
    ネットワーク セキュリティ グループNetwork security group なしNone このクイック スタートでは既定値で問題ありません。The default value is good for this quickstart.
    ルート テーブルRoute table なしNone このクイック スタートでは既定値で問題ありません。The default value is good for this quickstart.
    サービス エンドポイントService endpoints 0 が選択されています0 selected このクイック スタートでは既定値で問題ありません。The default value is good for this quickstart.
    サブネットの委任Subnet delegation なしNone このクイック スタートでは既定値で問題ありません。The default value is good for this quickstart.

    クライアント VM 用の新しいマネージド インスタンス サブネット

  4. [OK] を選択して、マネージド インスタンス VNet にこの追加のサブネットを作成します。Select OK to create this additional subnet in the Managed Instance VNet.

VNet の新しいサブネットに仮想マシンを作成するCreate a virtual machine in the new subnet in the VNet

以下の手順では、マネージド インスタンスに接続するための新しいサブネットに仮想マシンを作成する方法について説明します。The following steps show you how to create a virtual machine in the new subnet to connect to the Managed Instance.

Azure 仮想マシンを準備するPrepare the Azure virtual machine

SQL マネージド インスタンスはプライベート仮想ネットワークに配置されるため、SQL クライアント ツール (SQL Server Management Studio や Azure Data Studio など) がインストールされた Azure VM を作成する必要があります。Since SQL Managed Instance is placed in your private Virtual Network, you need to create an Azure VM with an installed SQL client tool, like SQL Server Management Studio or Azure Data Studio. このツールを使用して、マネージド インスタンスに接続し、クエリを実行することができます。This tool lets you connect to the Managed Instance and execute queries. このクイック スタートでは、SQL Server Management Studio を使用します。This quickstart uses SQL Server Management Studio.

必要なツールをすべて備えたクライアント仮想マシンを作成する最も簡単な方法は、Azure Resource Manager テンプレートを使用することです。The easiest way to create a client virtual machine with all necessary tools is to use the Azure Resource Manager templates.

  1. 別のブラウザー タブで Azure portal にサインインします。その後、次のボタンを選択してクライアント仮想マシンを作成し、SQL Server Management Studio をインストールします。Make sure that you're signed in to the Azure portal in another browser tab. Then, select the following button to create a client virtual machine and install SQL Server Management Studio:

  2. 次の表の情報を参考にして、フォームに必要事項を入力します。Fill out the form using the information in the following table:

    SettingSetting 推奨値Suggested value 説明Description
    サブスクリプションSubscription 有効なサブスクリプションA valid subscription 新しいリソースを作成するアクセス許可があるサブスクリプションでなければなりません。Must be a subscription in which you have permission to create new resources.
    リソース グループResource Group マネージド インスタンスを作成する」クイック スタートで指定したリソース グループ。The resource group that you specified in the Create Managed Instance quickstart. VNet が存在するリソース グループでなければなりません。This resource group must be the one in which the VNet exists.
    場所Location リソース グループの場所The location for the resource group この値は、選択したリソース グループに基づいて設定されます。This value is populated based on the resource group selected.
    仮想マシン名Virtual machine name 有効な名前Any valid name 有効な名前については、名前付け規則と制限事項に関するページを参照してください。For valid names, see Naming rules and restrictions.
    管理ユーザー名Admin Username 有効なユーザー名Any valid username 有効な名前については、名前付け規則と制限事項に関するページを参照してください。For valid names, see Naming rules and restrictions. "serveradmin" は予約済みのサーバー レベルのロールであるため、使用しないでください。Don't use "serveradmin" as that is a reserved server-level role.
    VM に接続するときは常に、このユーザー名を使用します。You use this username any time you connect to the VM.
    パスワードPassword 有効なパスワードAny valid password パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 12 characters long and meet the defined complexity requirements.
    VM に接続するときは常に、このパスワードを使用します。You use this password any time you connect to the VM.
    仮想マシン サイズVirtual Machine Size 任意の有効なサイズAny valid size このクイック スタートでは、このテンプレートの既定値 Standard_B2s で十分です。The default in this template of Standard_B2s is sufficient for this quickstart.
    場所Location [resourceGroup().location][resourceGroup().location]. この値は変更しないでください。Don't change this value.
    仮想ネットワーク名Virtual Network Name マネージド インスタンスを作成した仮想ネットワーク。The virtual network in which you created the Managed Instance.
    サブネット名Subnet name 前の手順で作成したサブネットの名前The name of the subnet that you created in the previous procedure マネージド インスタンスを作成したサブネットは選択しないでください。Don't choose the subnet in which you created the Managed Instance.
    artifacts Location (成果物の場所)artifacts Location [deployment().properties.templateLink.uri][deployment().properties.templateLink.uri] この値は変更しないでください。Don't change this value.
    artifacts Location Sas token (成果物の場所 SAS トークン)artifacts Location Sas token 空白のままにするleave blank この値は変更しないでください。Don't change this value.

    クライアント VM の作成

    マネージド インスタンスを作成する」で推奨される VNet 名と既定のサブネットを使用した場合、最後の 2 つのパラメーターを変更する必要はありません。If you used the suggested VNet name and the default subnet in creating your Managed Instance, you don't need to change last two parameters. それ以外の場合は、ネットワーク環境を設定するときに入力した値に、これらの値を変更する必要があります。Otherwise you should change these values to the values that you entered when you set up the network environment.

  3. [上記の使用条件に同意する] チェック ボックスをオンにします。Select the I agree to the terms and conditions stated above checkbox.

  4. [購入] を選択して、ネットワークに Azure VM をデプロイします。Select Purchase to deploy the Azure VM in your network.

  5. [通知] アイコンを選択してデプロイの状態を表示します。Select the Notifications icon to view the status of deployment.

重要

仮想マシンが作成されてから約 15 分経過するまでは、作成後のスクリプトで SQL Server Management Studio をインストールするための時間を確保するために、次の処理に進まないでください。Do not continue until approximately 15 minutes after the virtual machine is created to give time for the post-creation scripts to install SQL Server Management Studio.

仮想マシンへの接続Connect to virtual machine

ここでは、リモート デスクトップ接続を使用して新しく作成した仮想マシンに接続する手順について説明します。The following steps show you how to connect to your newly created virtual machine using a remote desktop connection.

  1. デプロイが完了したら、仮想マシン リソースに移動します。After deployment completes, go to the virtual machine resource.

    VM

  2. [接続] を選択します。Select Connect.

    リモート デスクトップ プロトコル ファイル (.rdp ファイル) のフォームが表示され、仮想マシンのパブリック IP アドレスとポート番号が示されます。A Remote Desktop Protocol file (.rdp file) form appears with the public IP address and port number for the virtual machine.

    RDP フォーム

  3. [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。Select Download RDP File.

    注意

    SSH を使用して VM に接続することもできます。You can also use SSH to connect to your VM.

  4. [仮想マシンに接続する] フォームを閉じます。Close the Connect to virtual machine form.

  5. VM に接続するには、ダウンロードした RDP ファイルを開きます。To connect to your VM, open the downloaded RDP file.

  6. メッセージが表示されたら、[Connect] を選択します。When prompted, select Connect. Mac では、このリモート デスクトップ クライアントのような RDP クライアントを Mac App Store から入手する必要があります。On a Mac, you need an RDP client such as this Remote Desktop Client from the Mac App Store.

  7. 仮想マシンの作成時に指定したユーザー名とパスワードを入力し、[OK] を選択します。Enter the username and password you specified when creating the virtual machine, then choose OK.

  8. サインイン処理中に証明書の警告が表示される場合があります。You might receive a certificate warning during the sign-in process. [はい] または [続行] を選択して接続処理を続行します。Choose Yes or Continue to proceed with the connection.

サーバー マネージャー ダッシュボードには、仮想マシンに接続済みと表示されます。You're connected to your virtual machine in the Server Manager dashboard.

SSMS を使用してマネージド インスタンスに接続するUse SSMS to connect to the Managed Instance

  1. 仮想マシンで、SQL Server Management Studio (SSMS) を開きます。In the virtual machine, open SQL Server Management Studio (SSMS).

    SSMS を始めて起動するので構成を完了する必要があるため、開くまでにしばらくかかります。It takes a few moments to open as it needs to complete its configuration since this is the first time SSMS has been started.

  2. [サーバーに接続] ダイアログ ボックスで、[サーバー名] ボックスにマネージド インスタンスの完全修飾ホスト名を入力します。In the Connect to Server dialog box, enter the fully qualified host name for your Managed Instance in the Server name box. [SQL Server 認証] を選択し、ユーザー名とパスワードを入力して、[接続] を選択します。Select SQL Server Authentication, provide your username and password, and then select Connect.

    SSMS 接続

接続後は、データベース ノード内のシステム データベースとユーザー データベースを確認できます。また、セキュリティ、サーバー オブジェクト、レプリケーション、管理、SQL Server エージェント、および XEvent プロファイラー ノードのさまざまなオブジェクトを確認できます。After you connect, you can view your system and user databases in the Databases node, and various objects in the Security, Server Objects, Replication, Management, SQL Server Agent, and XEvent Profiler nodes.

次の手順Next steps