geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) (プレビュー) を使用して高可用性 Azure Storage アプリケーションを構築するBuild highly available Azure Storage applications with geo-zone-redundant storage (GZRS) (preview)

geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) (プレビュー) では、ゾーン冗長ストレージ (ZRS) の高可用性と、geo 冗長ストレージ (GRS) によって提供されるリージョン障害からの保護を融合させます。Geo-zone-redundant storage (GZRS) (preview) marries the high availability of zone-redundant storage (ZRS) with protection from regional outages as provided by geo-redundant storage (GRS). GZRS ストレージ アカウント内のデータは、プライマリ リージョンの 3 つの Azure 可用性ゾーン間でレプリケートされ、リージョンの災害から保護するためにセカンダリ リージョンにもレプリケートされます。Data in a GZRS storage account is replicated across three Azure availability zones in the primary region and also replicated to a secondary geographic region for protection from regional disasters. 各 Azure リージョンは、同じ geo 内の別のリージョンと組み合わせて、リージョン ペアにして使用します。Each Azure region is paired with another region within the same geography, together making a regional pair. 詳細と例外については、ドキュメントをご覧ください。For more details and exceptions refer to the documentation.

GZRS ストレージ アカウントを使用すると、可用性ゾーンが使用できなくなったり、回復できなくなった場合に、引き続きデータの読み取りと書き込みを行うことができます。With a GZRS storage account, you can continue to read and write data if an availability zone becomes unavailable or is unrecoverable. さらに、リージョン全体の障害が発生した場合や、プライマリ リージョンを回復できない災害が発生した場合にも、データは保持されます。Additionally, your data is also durable in the case of a complete regional outage or a disaster in which the primary region isn’t recoverable. GZRS は、指定された 1 年間にわたって、オブジェクトの 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上の持続性を提供するように設計されています。GZRS is designed to provide at least 99.99999999999999% (16 9's) durability of objects over a given year. GZRS では、LRS、ZRS、GRS、または RA-GRS と同じ スケーラビリティ ターゲットも提供されます。GZRS also offers the same scalability targets as LRS, ZRS, GRS, or RA-GRS. プライマリ リージョンで災害が発生した場合にアプリケーションでデータを読み取れるようにする必要がある場合は、読み取りアクセス geo ゾーン冗長ストレージ (RA-GZRS) を使用して、必要に応じてセカンダリ リージョンのデータに対する読み取りアクセスを有効にすることができます。You can optionally enable read access to data in the secondary region with read-access geo-zone-redundant storage (RA-GZRS) if your applications need to be able to read data in the event of a disaster in the primary region.

一貫性、持続性、高可用性、優れたパフォーマンス、災害復旧のための回復性を必要とするアプリケーションに対しては、Microsoft では GZRS を使用することをお勧めします。Microsoft recommends using GZRS for applications requiring consistency, durability, high availability, excellent performance, and resilience for diaster recovery. リージョンの災害が発生した場合のセカンダリ リージョンへの読み取りアクセスのセキュリティを強化するには、ストレージ アカウントに対して RA-GZRS を有効にします。For the additional security of read access to the secondary region in the event of a regional disaster, enable RA-GZRS for your storage account.

プレビューについてAbout the preview

GZRS と RA-GZRS は、汎用 v2 ストレージ アカウントでのみサポートされます。Only general-purpose v2 storage accounts support GZRS and RA-GZRS. ストレージ アカウントの種類の詳細については、「 Azure Storage アカウントの概要」を参照してください。For more information about storage account types, see Azure storage account overview. GZRS と RA-GZRS では、ブロック BLOB、ページ BLOB (VHD ディスクではない)、ファイル、テーブル、およびキューがサポートされます。GZRS and RA-GZRS support block blobs, page blobs that are not VHD disks, files, tables, and queues.

GZRS と RA-GZRS は現在、次のリージョンにおいてプレビューで利用できます。GZRS and RA-GZRS are currently available for preview in the following regions:

  • 米国東部US East

Microsoft では引き続き、他の Azure リージョンでも GZRS と RA-GZRS を有効にしていきます。Microsoft continues to enable GZRS and RA-GZRS in additional Azure regions. サポートされているリージョンについては、 Azure サービスの更新情報 に関するページを定期的に確認してください。Check the Azure Service Updates page regularly for information about supported regions.

プレビュー価格については、 BLOB、 Files、 Queues、 Tablesの GZRS プレビュー価格に関する説明を参照してください。For information on preview pricing, refer to GZRS preview pricing for BlobsFilesQueues, and Tables.

重要

Microsoft では、運用環境ワークロードにはプレビュー機能を使用しないことをお勧めします。Microsoft recommends against using preview features for production workloads.

GZRS と RA-GZRS のしくみHow GZRS and RA-GZRS work

GZRS または RA-GZRS が有効になっているストレージ アカウントにデータが書き込まれると、そのデータはまず、プライマリ リージョンの 3 つの可用性ゾーン間で同期的にレプリケートされます。When data is written to a storage account with GZRS or RA-GZRS enabled, that data is first replicated synchronously in the primary region across three availability zones. その後、データは、数百マイル離れた 2 番目のリージョンに非同期的にレプリケートされます。The data is then replicated asynchronously to a second region that is hundreds of miles away. データは、セカンダリ リージョンに書き込まれると、ローカル冗長ストレージ (LRS) を使用して、そのリージョン内でさらに 3 回、同期的にレプリケートされます。When the data is written to the secondary region, it's further replicated synchronously three times within that region using locally redundant storage (LRS).

重要

非同期レプリケーションでは、データがプライマリ リージョンに書き込まれる時間から、それがセカンダリ リージョンにレプリケートされるまでの遅延が伴います。Asynchronous replication involves a delay between the time that data is written to the primary region and when it is replicated to the secondary region. 地域的な災害が発生した場合に、データをプライマリ リージョンから復旧できないと、セカンダリ リージョンにまだレプリケートされていない変更が失われる可能性があります。In the event of a regional disaster, changes that haven't yet been replicated to the secondary region may be lost if that data can't be recovered from the primary region.

ストレージ アカウントを作成するときは、そのアカウントのデータをレプリケートする方法を指定し、そのアカウントのプライマリ リージョンも指定します。When you create a storage account, you specify how data in that account is to be replicated, and you also specify the primary region for that account. geo レプリケートされたアカウントのペアになっているセカンダリ リージョンは、プライマリ リージョンに基づいて決定され、変更することはできません。The paired secondary region for a geo-replicated account is determined based on the primary region and can't be changed. Azure でサポートされているリージョンに関する最新情報については、「 ビジネス継続性とディザスター リカバリー (BCDR): Azure のペアになっているリージョン」を参照してください。For up-to-date information about regions supported by Azure, see Business continuity and disaster recovery (BCDR): Azure paired regions. GZRS または RA-GZRS を使用したストレージ アカウントの作成については、「ストレージアカウントの作成」を参照してください。For information about creating a storage account using GZRS or RA-GZRS, see Create a storage account.

高可用性を確保するために RA-GZRS を使用するUse RA-GZRS for high availability

ストレージ アカウントに対して RA-GZRS を有効にすると、ストレージ アカウントのプライマリ エンドポイントからだけでなく、セカンダリ エンドポイントからもデータを読み取ることができます。When you enable RA-GZRS for your storage account, your data can be read from the secondary endpoint as well as from the primary endpoint for your storage account. セカンダリ エンドポイントでは、アカウント名にサフィックス –secondary が追加されます。The secondary endpoint appends the suffix –secondary to the account name. たとえば、Blob service のプライマリ エンドポイントが myaccount.blob.core.windows.net の場合、セカンダリ エンドポイントは myaccount-secondary.blob.core.windows.net になります。For example, if your primary endpoint for the Blob service is myaccount.blob.core.windows.net, then your secondary endpoint is myaccount-secondary.blob.core.windows.net. ストレージ アカウントのアクセス キーは、プライマリ エンドポイントとセカンダリ エンドポイントの両方で同じです。The access keys for your storage account are the same for both the primary and secondary endpoints.

リージョン障害が発生した場合に RA-GZRS を利用するには、このシナリオを処理するようにアプリケーションを事前に設計する必要があります。To take advantage of RA-GZRS in the event of a regional outage, you must design your application in advance to handle this scenario. アプリケーションではプライマリ エンドポイントに対する読み取りと書き込みを行う必要がありますが、プライマリ リージョンが使用できなくなった場合は、セカンダリ エンドポイントを使用するように切り替える必要があります。Your application should read from and write to the primary endpoint, but switch to using the secondary endpoint in the event that the primary region becomes unavailable. RA-GRS を使用した高可用性を確保するための設計に関するガイダンスについては、 RA-GZRS または RA-GRS を使用した高可用性アプリケーションの設計に関するページを参照してください。For guidance on designing for high availability with RA-GZRS, see Designing Highly Available Applications using RA-GZRS or RA-GRS.

データはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされるため、セカンダリ リージョンは多くの場合、プライマリ リージョンより遅れています。Because data is replicated to the secondary region asynchronously, the secondary region is often behind the primary region. セカンダリ リージョンにレプリケートされた書き込み操作を特定するために、アプリケーションでは、ストレージ アカウントの最終同期時刻が確認されます。To determine which write operations have been replicated to the secondary region, your application check the last sync time for your storage account. 最終同期時刻より前にプライマリ リージョンに書き込まれたすべての書き込み操作は、セカンダリ リージョンに正常にレプリケートされています。つまり、セカンダリ リージョンからの読み取りが可能です。All write operations written to the primary region prior to the last sync time have been successfully replicated to the secondary region, meaning that they are available to be read from the secondary. 最終同期時刻の後にプライマリ リージョンに書き込まれた書き込み操作は、セカンダリ リージョンにレプリケートされている場合とそうでない場合があります。つまり、読み取り操作で使用できない場合があります。Any write operations written to the primary region after the last sync time may or may not have been replicated to the secondary region, meaning that they may not be available for read operations.

[最終同期時刻] プロパティの値は、Azure PowerShell、Azure CLI、または Azure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用してクエリできます。You can query the value of the Last Sync Time property using Azure PowerShell, Azure CLI, or one of the Azure Storage client libraries. [最終同期時刻] プロパティは、GMT 日付/時刻の値です。The Last Sync Time property is a GMT date/time value.

RA-GZRS を使用したパフォーマンスとスケーラビリティに関するその他のガイダンスについては、「Microsoft Azure Storage のパフォーマンスとスケーラビリティに対するチェック リスト」を参照してください。For additional guidance on performance and scalability with RA-GZRS, see the Microsoft Azure Storage performance and scalability checklist.

可用性ゾーンの障害Availability zone outages

プライマリ リージョンの可用性ゾーンに影響を与える障害が発生した場合、アプリケーションでは引き続き、そのリージョンの他の可用性ゾーンを使用して、ストレージ アカウントに対する読み取りと書き込みをシームレスに行うことができます。In the event of a failure affecting an availability zone in the primary region, your applications can seamlessly continue to read from and write to your storage account using the other availability zones for that region. Microsoft では、GZRS または ZRS を使用する場合は、引き続き一時的な障害の処理の方法に従うことをお勧めします。Microsoft recommends that you continue to follow practices for transient fault handling when using GZRS or ZRS. これらの方法には、指数バックオフを使用した再試行ポリシーの実行などがあります。These practices include implementing retry policies with exponential back-off.

可用性ゾーンが使用できなくなった場合、Azure では DNS の再指定などのネットワークの更新を行います。When an availability zone becomes unavailable, Azure undertakes networking updates, such as DNS re-pointing. このような更新は、更新が完了する前にデータにアクセスしている場合、アプリケーションに影響を与える可能性があります。These updates may affect your application if you are accessing data before the updates have completed.

リージョン障害Regional outages

障害がプライマリ リージョン全体に影響を与える場合、Microsoft ではまず、プライマリ リージョンの復元を試みます。If a failure affects the entire primary region, then Microsoft will first attempt to restore the primary region. 復元できない場合、Microsoft では、セカンダリ リージョンが新しいプライマリ リージョンになるように、セカンダリ リージョンにフェールオーバーします。If restoration is not possible, then Microsoft will fail over to the secondary region, so that the secondary region becomes the new primary region. ストレージ アカウントで RA-GZRS が有効になっている場合、このシナリオ用に設計されたアプリケーションでは、フェールオーバーを待機している間に、セカンダリ リージョンから読み取ることができます。If the storage account has RA-GZRS enabled, then applications designed for this scenario can read from the secondary region while waiting for failover. ストレージ アカウントで RA-GZRS が有効になっていない場合、フェールオーバーが完了するまで、アプリケーションではセカンダリから読み取ることはできません。If the storage account does not have RA-GZRS enabled, then applications will not be able to read from the secondary until the failover is complete.

注意

GZRS と RA-GZRS は現在、米国東部リージョンでのみ、プレビュー段階にあります。GZRS and RA-GZRS are currently in preview in the US East region only. 米国東部 2 ではお客様が管理するアカウントのフェールオーバー (プレビュー) はまだご利用いただけません。そのため、現在、お客様は GZRS および RA-GZRS アカウントを使用してアカウントのフェールオーバー イベントを管理することはできません。Customer-managed account failover (preview) is not yet available in US East 2, so customers cannot currently manage account failover events with GZRS and RA-GZRS accounts. プレビュー期間中は、GZRS および RA-GZRS アカウントに影響するフェールオーバー イベントはすべて Microsoft によって管理されます。During the preview, Microsoft will manage any failover events affecting GZRS and RA-GZRS accounts.

データはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされるため、プライマリ リージョンに影響を与える障害が発生すると、プライマリ リージョンを復旧できない場合にデータが失われる可能性があります。Because data is replicated to the secondary region asynchronously, a failure that affects the primary region may result in data loss if the primary region cannot be recovered. プライマリ リージョンへの最新の書き込みと、セカンダリ リージョンへの最後の書き込みとの間隔は、回復ポイントの目標 (RPO) と呼ばれます。The interval between the most recent writes to the primary region and the last write to the secondary region is known as the recovery point objective (RPO). RPO は、データを復旧できる対象の時点を示します。The RPO indicates the point in time to which data can be recovered. 現在、データをセカンダリ リージョンにレプリケートするのにかかる時間に関する SLA はありませんが、Azure Storage では通常、RPO は 15 分未満となります。Azure Storage typically has an RPO of less than 15 minutes, although there's currently no SLA on how long it takes to replicate data to the secondary region.

回復時刻の目標 (RTO) は、フェールオーバーを実行し、ストレージ アカウントをオンラインに戻すのにかかる時間の測定値です。The recovery time objective (RTO) is a measure of how long it takes to perform the failover and get the storage account back online. この測定値は、セカンダリの場所を指すようにプライマリ DNS エントリを変更することによって、フェールオーバーを実行するために Azure で必要な時間を示します。This measure indicates the time required by Azure to perform the failover by changing the primary DNS entries to point to the secondary location.

ストレージ アカウントを GZRS または RA-GZRS に移行するMigrate a storage account to GZRS or RA-GZRS

既存のストレージ アカウントを GZRS または RA-GZRS に移行することができます。You can migrate any existing storage account to GZRS or RA-GZRS. 既存の ZRS アカウントから GZRS または RA-GZRS への移行は簡単ですが、LRS、GRS、または RA-GRS アカウントからの移行はもう少し複雑です。Migrating from an existing ZRS account to GZRS or RA-GZRS is straightforward, while migrating from an LRS, GRS, or RA-GRS account is more involved. 次のセクションでは、両方の場合の移行方法について説明します。The following sections describe how to migrate in either case.

ZRS アカウントからの移行Migrating from a ZRS account

既存の ZRS アカウントを RA-GZRS に変換するには、Set-AzStorageAccount コマンドレットを使用してアカウントの SKU を変更します。To convert an existing ZRS account to RA-GZRS, use the Set-AzStorageAccount cmdlet to change the SKU for the account. プレースホルダー値をお客様独自の値に置き換えてください。Remember to replace the placeholder values with your own values:

Set-AzStorageAccount -ResourceGroupName <resource-group> -AccountName <storage-account> -SkuName "Standard_RAGZRS"

LRS、GRS、または RA-GRS アカウントからの移行Migrating from an LRS, GRS, or RA-GRS account

LRS、GRS、または RA-GRS アカウントから GZRS または RA-GZRS に移行する場合、次の 2 つのオプションがあります。There are two options for migrating to GZRS or RA-GZRS from an LRS, GRS, or RA-GRS account:

  • 既存のアカウントから新しい GZRS または RA-GZRS アカウントにデータを手動でコピーまたは移動することができます。You can manually copy or move data to a new GZRS or RA-GZRS account from an existing account.
  • ライブ マイグレーションを要求することができます。You can request a live migration.

手動の移行を実行するPerform a manual migration

特定の日付までに移行を完了する必要がある場合は、手動の移行を実行することを検討してください。If you need the migration to complete by a certain date, consider performing a manual migration. 手動の移行はライブ マイグレーションよりも高い柔軟性を備えています。A manual migration provides more flexibility than a live migration. 手動の移行では、タイミングを制御できます。With a manual migration, you're in control of the timing.

既存のアカウントから GZRS または RA-GZRS アカウントにデータを手動で移行するには、データを効率的にコピーできるツールを使用します。To manually migrate data from an existing account to a GZRS or RA-GZRS account, use a tool that can copy data efficiently. 次に例をいくつか示します。Some examples include:

  • AzCopy などのユーティリティや信頼できるサードパーティ製のツールを使用します。Use a utility like AzCopy or a reliable third-party tool. Azcopy については、「AzCopy を使ってみる」を参照してください。For information about AzCopy, see Get started with AzCopy.
  • Hadoop や HDInsight を使い慣れている場合は、ソースとターゲットの両方のストレージ アカウントをクラスターにアタッチします。If you're familiar with Hadoop or HDInsight, attach both the source and destination storage accounts to your cluster. 次に、DistCp などのツールを使用してデータ コピー プロセスを並列化します。Next, parallelize the data copy process with a tool like DistCp.
  • Azure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用して、独自のツールをビルドします。Build your own tooling using one of the Azure Storage client libraries.

ライブ マイグレーションを実行するPerform a live migration

手動の移行ではアプリケーションのダウンタイムが発生することがあります。A manual migration can result in application downtime. アプリケーションが高可用性を必要とする場合、Microsoft はライブ マイグレーションのオプションも提供します。If your application requires high availability, Microsoft also provides a live migration option. ライブ マイグレーションは、ダウンタイムのないインプレース移行です。A live migration is an in-place migration with no downtime.

ライブ マイグレーション中は、ソースとターゲットのストレージ アカウント間でのデータの移行時にストレージ アカウントを使用できます。During a live migration, you can use your storage account while your data is migrated between source and destination storage accounts. ライブ マイグレーション プロセス中は、アカウントで引き続き、持続性と可用性の SLA が満たされます。During the live migration process, your account continues to meet its SLA for durability and availability. ライブ マイグレーションによってダウンタイムやデータ損失が発生することはありません。There is no downtime or data loss caused by the live migration.

GZRS/RA-GZRS がサポートされるのは、汎用 v2 アカウントでのみです。そのため、GZRS/RA-GZRS へのライブ マイグレーションの要求を送信する前に、アカウントを汎用 v2 にアップグレードする必要があります。Only general-purpose v2 accounts support GZRS/RA-GZRS, so before submitting a request for a live migration to GZRS/RA-GZRS, you must upgrade your account to general-purpose v2. 詳細については、「 Azure ストレージ アカウントの概要 」と「 汎用 v2 ストレージ アカウントにアップグレードする」を参照してください。For more information, see Azure storage account overview and Upgrade to a general-purpose v2 storage account.

移行が完了すると、ストレージ アカウントのレプリケーション設定が、geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) または読み取りアクセス geo ゾーン冗長ストレージ (RA-GZRS) に更新されます。Once the migration is complete, the storage account's replication setting will be updated to Geo-zone-redundant storage (GZRS) or Read-access geo-zone-redundant storage (RA-GZRS). サービス エンドポイント、アクセス キー、Shared Access Signatures (SAS)、およびその他のアカウント構成オプションは変更されず、そのままです。Service endpoints, access keys, shared access signatures (SAS), and any other account configuration options remain unchanged and intact.

ライブ マイグレーションでは次の制限に注意してください。Keep in mind the following restrictions on live migration:

  • Microsoft はお客様のライブ マイグレーションの要求に速やかに対応しますが、ライブ マイグレーションがいつ完了するかについての保証はありません。While Microsoft handles your request for live migration promptly, there's no guarantee as to when a live migration will complete. データを特定の日付までに GZRS または RA-GZRS に移行する必要がある場合、Microsoft では代わりに手動の移行を実行することをお勧めします。If you need your data migrated to GZRS or RA-GZRS by a certain date, then Microsoft recommends that you perform a manual migration instead. 一般的に、アカウントで保存しているデータが多いほど、データの移行には時間がかかります。Generally, the more data you have in your account, the longer it takes to migrate that data.
  • アカウントにはデータが含まれている必要があります。Your account must contain data.
  • 同じリージョン内のデータのみ移行できます。You can only migrate data within the same region.
  • Standard ストレージ アカウントの種類のみがライブ マイグレーションをサポートします。Only standard storage account types support live migration. Premium ストレージ アカウントは手動で移行する必要があります。Premium storage accounts must be migrated manually.
  • GZRS または RA-GZRS アカウントから LRS、GRS、または RA-GRS アカウントへのライブ マイグレーションはサポートされていません。Live migration from a GZRS or RA-GZRS account to an LRS, GRS, or RA-GRS account is not supported. 新しいストレージ アカウントか既存のストレージ アカウントにデータを手動で移動する必要があります。You will need to manually move the data to a new or an existing storage account.
  • RA-GRS から RA-GZRS へのライブ マイグレーションを要求できます。You can request a live migration from RA-GRS to RA-GZRS. しかし、RA-GRS から GZRS への移行はサポートされていません。However, migrating from RA-GRS to GZRS is not supported. この場合は、RA-GZRS へのライブ マイグレーションを要求してから、GZRS を使用するようにストレージ アカウントを手動で変換する必要があります。In this case, you must request a live migration to RA-GZRS and then manually convert the storage account to use GZRS.
  • マネージド ディスクでは LRS のみがサポートされており、GZRS や RA-GZRS に移行することはできません。Managed disks support LRS only and cannot be migrated to GZRS or RA-GZRS. 可用性セットとの統合については、「 Azure マネージド ディスクの概要」を参照してください。For integration with availability sets, see Introduction to Azure managed disks.
  • Standard SSD マネージド ディスクのスナップショットとイメージを、Standard HDD ストレージに格納できます。また、 LRS、ZRS、GZRS、および RA-GZRS オプションから選択できます。You can store snapshots and images for Standard SSD Managed Disks on Standard HDD storage and choose between LRS, ZRS, GZRS, and RA-GZRS options.
  • 大きなファイル共有を含むアカウントは、GZRS ではサポートされていません。Accounts containing large file shares are not supported for GZRS.

ライブ マイグレーションを要求するには、 Azure portal を使用します。To request a live migration, use the Azure portal. ポータルから、GZRS または RA-GZRS に移行するストレージ アカウントを選択し、次の手順に従います。From the portal, select the storage account to migrate to GZRS or RA-GZRS, and follow these instructions:

  1.  [新しいサポート リクエスト] を選択します。Select New Support Request.
  2. アカウント情報に基づいて、 [基本]  に入力します。Complete the Basics based on your account information.  **[サービス] ** セクションで、 [Storage Account Management](ストレージ アカウントの管理)  を選択し、移行するアカウントを指定します。In the Service section, select Storage Account Management and specify the account to be migrated.
  3.  [次へ] を選択します。Select Next.
  4.  [問題]  セクションで、以下の値を指定します。Specify the following values the Problem section:
    • [重大度] :既定値をそのまま使用します。Severity: Leave the default value as-is.
    • [問題の種類][データ移行] を選択します。Problem Type: Select Data Migration.
    • [カテゴリ][Migrate to (RA-)GZRS within a region](リージョン内の (RA-)GZRS への移行) を選択します。Category: Select Migrate to (RA-)GZRS within a region.
    • [タイトル](RA-)GZRS アカウント移行などのわかりやすいタイトルを入力します。Title: Type a descriptive title, for example, (RA-)GZRS account migration.
    • [詳細][詳細]  ボックスには、「__ リージョンで [LRS、GRS] から GZRS に移行する」などの詳細情報を入力します。Details: Type additional details in the Details box, for example, "I would like to migrate to GZRS from [LRS, GRS] in the __ region." または、「__ リージョンで [LRS、RA-GRS] から RA-GZRS に移行する」と入力します。or "I would like to migrate to RA-GZRS from [LRS, RA-GRS] in the __ region."
  5.  [次へ] を選択します。Select Next.
  6.  [連絡先情報]  ブレードの連絡先情報が正しいことを確認します。Verify that the contact information is correct on the Contact information blade.
  7.  [作成] を選択します。Select Create.

サポート担当者から連絡があり、サポートを受けることができます。A support representative will contact you to provide assistance.

関連項目See also