macOS を使用して SMB 経由で Azure ファイル共有をマウントするMount Azure File share over SMB with macOS

Azure Files は、業界標準を使用して Azure でネットワーク ファイル共有を作成および使用できるようにする、Microsoft のサービスです。Azure Files is Microsoft's service that enables you to create and use network file shares in the Azure using the industry standard. Azure ファイル共有は、macOS Sierra (10.12) および El Capitan (10.11) でマウントできます。Azure File shares can be mounted in macOS Sierra (10.12) and El Capitan (10.11). この記事では、Terminal を使用して macOS と Finder UI で Azure ファイル共有をマウントする、2 つの異なる方法を示します。This article shows two different ways to mount an Azure File share on macOS with the Finder UI and using the Terminal.

注意

SMB 経由で Azure ファイル共有をマウントする前に、SMB パケット署名を無効にすることをお勧めします。Before mounting an Azure File share over SMB, we recommend disabling SMB packet signing. そうしないと、macOS から Azure ファイル共有にアクセスするときにパフォーマンスが低下する可能性があります。Not doing so may yield poor performance when accessing the Azure File share from macOS. SMB 接続は暗号化されるため、接続のセキュリティには影響しません。Your SMB connection will be encrypted, so this does not affect the security of your connection. Terminal で次のコマンドを実行すると、この SMB パケット署名の無効化についての Apple サポート記事で説明されているように、SMB パケット署名が無効になります。From the terminal, the following commands will disable SMB packet signing, as described by this Apple support article on disabling SMB packet signing:

sudo -s
echo "[default]" >> /etc/nsmb.conf
echo "signing_required=no" >> /etc/nsmb.conf
exit

macOS 上の Azure ファイル共有をマウントするための前提条件Prerequisites for mounting an Azure File share on macOS

  • ストレージ アカウント名: Azure ファイル共有をマウントするには、ストレージ アカウントの名前が必要になります。Storage account name: To mount an Azure File share, you will need the name of the storage account.

  • ストレージ アカウント キー: Azure ファイル共有をマウントするには、プライマリ (またはセカンダリ) ストレージ キーが必要になります。Storage account key: To mount an Azure File share, you will need the primary (or secondary) storage key. SAS キーは現在、マウントではサポートされていません。SAS keys are not currently supported for mounting.

  • ポート 445 が開いていることの確認: SMB は TCP ポート 445 経由で通信します。Ensure port 445 is open: SMB communicates over TCP port 445. クライアント マシン (Mac) で、ファイアウォールが TCP ポート 445 をブロックしていないことを確認します。On your client machine (the Mac), check to make sure your firewall is not blocking TCP port 445.

Finder による Azure ファイル共有のマウントMount an Azure File share via Finder

  1. Finder を開きます。macOS 上では既定で Finder が開かれていますが、ドック上の "macOS の顔アイコン" をクリックすると、Finder が現在選択されているアプリケーションであることを確認できます。Open Finder: Finder is open on macOS by default, but you can ensure it is the currently selected application by clicking the "macOS face icon" on the dock:
    macOS の顔アイコンThe macOS face icon

  2. [移動] メニューの [サーバーへ接続] を選択します前提条件の UNC パスを使用し、先頭の 2 つのバックスラッシュ (\\) は smb:// に置き換え、他のすべてのバックスラッシュは (\) はスラッシュ (/) に置き換えます。Select "Connect to Server" from the "Go" Menu: Using the UNC path from the prerequisites, convert the beginning double backslash (\\) to smb:// and all other backslashes (\) to forwards slashes (/). リンクは、次のようになります。[サーバーへ接続] ダイアログYour link should look like the following: The "Connect to Server" dialog

  3. ユーザー名とパスワードの入力を求められたら、共有名とストレージ アカウント キーを使用します。[サーバーへ接続] ダイアログで [接続] をクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力を求められます (macOS ユーザー名が自動的に設定されます)。Use the share name and storage account key when prompted for a username and password: When you click "Connect" on the "Connect to Server" dialog, you will be prompted for the username and password (This will be autopopulated with your macOS username). macOS キーチェーンに共有名/ストレージ アカウント キーを指定することもできます。You have the option of placing the share name/storage account key in your macOS Keychain.

  4. Azure ファイル共有を自由に使用します。ユーザー名とパスワードを共有名とストレージ アカウント キーに置き換えた後、共有がマウントされます。Use the Azure File share as desired: After substituting the share name and storage account key in for the username and password, the share will be mounted. これを、通常のローカル フォルダー/ファイル共有を使用する場合のように使用することができます。たとえば、ファイル共有にファイルをドラッグ アンド ドロップすることができます。You may use this as you would normally use a local folder/file share, including dragging and dropping files into the file share:

    マウントされた Azure ファイル共有のスナップショット

Terminal による Azure ファイル共有のマウントMount an Azure File share via Terminal

  1. <storage-account-name> をストレージ アカウントの名前に置き換えます。Replace <storage-account-name> with the name of your storage account. 入力を求められたら、パスワードとしてストレージ アカウント キーを指定します。Provide Storage Account Key as password when prompted.

    mount_smbfs //<storage-account-name>@<storage-account-name>.file.core.windows.net/<share-name> <desired-mount-point>
    
  2. Azure ファイル共有を自由に使用します。Azure ファイル共有は、前のコマンドで指定されたマウント ポイントにマウントされます。Use the Azure File share as desired: The Azure File share will be mounted at the mount point specified by the previous command.

    マウントされた Azure ファイル共有のスナップショット

次のステップNext steps

Azure Files の詳細については、次のリンクをご覧ください。See these links for more information about Azure Files.