Windows で Azure ファイル共有をマウントして共有にアクセスするMount an Azure File share and access the share in Windows

Azure Files は、Microsoft の使いやすいクラウド ファイル システムです。Azure Files is Microsoft's easy-to-use cloud file system. Windows と Windows Server で、Azure ファイル共有をマウントできます。Azure File shares can be mounted in Windows and Windows Server. この記事では、Windows 上で Azure ファイル共有をマウントするための 3 つの異なる方法を示します。エクスプローラー UI を使用する方法、PowerShell を使用する方法、コマンド プロンプトを使用する方法です。This article shows three different ways to mount an Azure File share on Windows: with the File Explorer UI, via PowerShell, and via the Command Prompt.

Azure ファイル共有がホストされている Azure リージョンの外の Azure ファイル共有 (オンプレミスの共有、他の Azure リージョン内の共有など) をマウントするために、OS は SMB 3.0 をサポートする必要があります。In order to mount an Azure File share outside of the Azure region it is hosted in, such as on-premises or in a different Azure region, the OS must support SMB 3.0.

Azure ファイル共有は、Azure VM とオンプレミスのどちらかで実行されている Windows インストール済み環境でマウントできます。You can mount Azure File shares on a Windows installation that is running either in an Azure VM or on-premises. 次の表は、ファイル共有のマウントがサポートされる環境を OS バージョンごとに示したものです。The following table illustrates which OS versions support mounting file shares in which environment:

Windows のバージョンWindows Version SMB のバージョンSMB Version Azure VM でマウント可能Mountable in Azure VM オンプレミスでマウント可能Mountable On-Premises
Windows Server 半期チャネル1Windows Server semi-annual channel1 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows 102Windows 102 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows Server 2016Windows Server 2016 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows 8.1Windows 8.1 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows Server 2012Windows Server 2012 SMB 3.0SMB 3.0 [はい]Yes [はい]Yes
Windows 7Windows 7 SMB 2.1SMB 2.1 [はい]Yes いいえ No
Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2 SMB 2.1SMB 2.1 [はい]Yes いいえ No

1Windows Server バージョン 1709。1Windows Server version 1709.
2Windows 10 バージョン 1507、1607、1703、および 1709。2Windows 10 versions 1507, 1607, 1703, and 1709.

注意

常に、各 Windows バージョンの最新のサポート技術情報を参照することをお勧めします。We always recommend taking the most recent KB for your version of Windows.

Windows で Azure ファイル共有をマウントするための前提条件Prerequisites for Mounting Azure File Share with Windows

  • ストレージ アカウント名: Azure ファイル共有をマウントするには、ストレージ アカウントの名前が必要になります。Storage Account Name: To mount an Azure File share, you will need the name of the storage account.

  • ストレージ アカウント キー: Azure File 共有をマウントするには、プライマリ (またはセカンダリ) ストレージ キーが必要です。Storage Account Key: To mount an Azure File share, you will need the primary (or secondary) storage key. 現時点では、SAS キーは、マウントではサポートされていません。SAS keys are not currently supported for mounting.

  • ポート 445 が開いていること: Azure Files は SMB プロトコルを使用します。Ensure port 445 is open: Azure Files uses SMB protocol. SMB は、TCP ポート 445 経由で通信します。ファイアウォールがクライアント マシンの TCP ポート 445 をブロックしていないことを確認してください。SMB communicates over TCP port 445 - check to see if your firewall is not blocking TCP ports 445 from client machine. Portqry を使用して、TCP ポート 445 が開いているかどうかを確認できます。You can use Portqry to check whether the TCP port 445 is open. TCP ポート 445 がフィルター処理済みとして表示される場合、TCP ポートはブロックされています。If the TCP port 445 is displayed as filtered, the TCP port is blocked. クエリの使用例を次に示します。Here is an example query:

    g:\DataDump\Tools\Portqry>PortQry.exe -n [storage account name].file.core.windows.net -p TCP -e 445

    TCP ポート 445 がネットワーク パスに基づく規則によってブロックされている場合、次の出力が表示されます。If TCP port 445 is blocked by a rule along the network path, you will see the following output:

    TCP port 445 (Microsoft-ds service): FILTERED

    Portqry の使用方法の詳細については、「Portqry.exe コマンド ライン ユーティリティの説明」を参照してください。For more information about how to use Portqry, see Description of the Portqry.exe command-line utility.

再起動後も維持されるように接続を永続化するPersisting connections across reboots

CmdKeyCmdKey

永続接続を確立する最も簡単な方法は、"CmdKey" コマンド ライン ユーティリティを使ってストレージ アカウントの資格情報を Windows に保存することです。The easiest way to establish a persistent connection is to save your storage account credentials into windows using the “CmdKey” command-line utility. ストレージ アカウントの資格情報を VM に永続化するコマンド ラインの例を次に示します。The following is an example command-line for persisting your storage account credentials into your VM:

C:\>cmdkey /add:<yourstorageaccountname>.file.core.windows.net /user:<domainname>\<yourstorageaccountname> /pass:<YourStorageAccountKeyWhichEndsIn==>

注意

ここでの は "AZURE" です。Domainname here will be "AZURE"

格納されている資格情報を CmdKey で一覧表示することもできます。CmdKey will also allow you to list the credentials it stored:

C:\>cmdkey /list

出力結果は次のようになります。Output will be as follows:

Currently stored credentials:

Target: Domain:target=<yourstorageaccountname>.file.core.windows.net
Type: Domain Password
User: AZURE\<yourstorageaccountname>

いったん資格情報が永続化された後は、共有への接続時にそれらを指定する必要はありません。Once the credentials have been persisted, you no longer have to supply them when connecting to your share. 資格情報を一切指定せずに接続することができます。Instead you can connect without specifying any credentials.

エクスプローラーを使用した Azure ファイル共有のマウントMount the Azure File share with File Explorer

注意

以下の手順は Windows 10 で操作する場合であり、それ以前のリリースでは少し異なることがある点に注意してください。Note that the following instructions are shown on Windows 10 and may differ slightly on older releases.

  1. エクスプローラーを開きます。[スタート] メニューから開くことも、Windows + E キーを押すショートカットで開くこともできます。Open File Explorer: This can be done by opening from the Start Menu, or by pressing Win+E shortcut.

  2. ウィンドウの左側の [PC] 項目に移動します。これで、リボンで使用できるメニューが変更されます。[コンピューター] メニューの [ネットワーク ドライブの割り当て] を選択しますNavigate to the "This PC" item on the left-hand side of the window. This will change the menus available in the ribbon. Under the Computer menu, select "Map Network Drive".

    [ネットワーク ドライブの割り当て] ドロップダウン メニューのスクリーンショット

  3. Azure Portal の [接続] ウィンドウで UNC パスをコピーします。Copy the UNC path from the "Connect" pane in the Azure portal.

    Azure Files の [接続] ウィンドウの UNC パス

  4. ドライブ文字を選択し、UNC パスを入力します。Select the Drive letter and enter the UNC path.

    [ネットワーク ドライブの割り当て] ダイアログのスクリーンショット

  5. ユーザー名として先頭に Azure\ を付けたストレージ アカウント名を使用し、パスワードとしてストレージ アカウント キーを使用します。Use the Storage Account Name prepended with Azure\ as the username and a Storage Account Key as the password.

    ネットワーク資格情報ダイアログのスクリーンショット

  6. Azure ファイル共有を自由に使用しますUse Azure File share as desired.

    Azure ファイル共有がマウントされました

  7. Azure ファイル共有をマウント解除 (または切断) することになったら、エクスプローラーの [ネットワークの場所] の下にある共有のエントリを右クリックし、[切断] を選択しますWhen you are ready to dismount (or disconnect) the Azure File share, you can do so by right-clicking on the entry for the share under the "Network locations" in File Explorer and selecting "Disconnect".

PowerShell を使用した Azure ファイル共有のマウントMount the Azure File share with PowerShell

  1. 次のコマンドを使用して、Azure ファイル共有をマウントします<storage-account-name><share-name><storage-account-key><desired-drive-letter> を適切な情報に置き換えてください。Use the following command to mount the Azure File share: Remember to replace <storage-account-name>, <share-name>, <storage-account-key>, <desired-drive-letter> with the proper information.

    $acctKey = ConvertTo-SecureString -String "<storage-account-key>" -AsPlainText -Force
    $credential = New-Object System.Management.Automation.PSCredential -ArgumentList "Azure\<storage-account-name>", $acctKey
    New-PSDrive -Name <desired-drive-letter> -PSProvider FileSystem -Root "\\<storage-account-name>.file.core.windows.net\<share-name>" -Credential $credential
    
  2. Azure ファイル共有を自由に使用しますUse the Azure File share as desired.

  3. 作業が完了したら、次のコマンドを使用して Azure ファイル共有をマウント解除しますWhen you are finished, dismount the Azure File share using the following command.

    Remove-PSDrive -Name <desired-drive-letter>
    

注意

New-PSDrive-Persist パラメーターを使用すると、マウント中は Azure ファイル共有が他の OS でも表示されるようにすることができます。You may use the -Persist parameter on New-PSDrive to make the Azure File share visible to the rest of the OS while mounted.

コマンド プロンプトを使用した Azure ファイル共有のマウントMount the Azure File share with Command Prompt

  1. 次のコマンドを使用して、Azure ファイル共有をマウントします<storage-account-name><share-name><storage-account-key><desired-drive-letter> を適切な情報に置き換えてください。Use the following command to mount the Azure File share: Remember to replace <storage-account-name>, <share-name>, <storage-account-key>, <desired-drive-letter> with the proper information.

    net use <desired-drive-letter>: \\<storage-account-name>.file.core.windows.net\<share-name> <storage-account-key> /user:Azure\<storage-account-name>
    
  2. Azure ファイル共有を自由に使用しますUse the Azure File share as desired.

  3. 作業が完了したら、次のコマンドを使用して Azure ファイル共有をマウント解除しますWhen you are finished, dismount the Azure File share using the following command.

    net use <desired-drive-letter>: /delete
    

注意

Windows で資格情報を保持することによって、再起動時に自動的に再接続されるように Azure ファイル共有を構成することができます。You can configure the Azure File share to automatically reconnect on reboot by persisting the credentials in Windows. 次のコマンドを実行すると、資格情報が保持されます。The following command will persist the credentials:

cmdkey /add:<storage-account-name>.file.core.windows.net /user:AZURE\<storage-account-name> /pass:<storage-account-key>

次の手順Next steps

Azure Files の詳細については、次のリンクをご覧ください。See these links for more information about Azure Files.

概念に関する記事とビデオConceptual articles and videos

Azure Files 用のツールのサポートTooling support for Azure Files

ブログ記事Blog posts

リファレンスReference