ファイル共有を使用してホスト プール用のプロファイル コンテナーを作成するCreate a profile container for a host pool using a file share

Windows Virtual Desktop サービスでは、推奨されるユーザー プロファイル ソリューションとして FSLogix プロファイル コンテナーが提供されます。The Windows Virtual Desktop service offers FSLogix profile containers as the recommended user profile solution. ユーザー プロファイル ディスク (UPD) ソリューションの使用は推奨されず、Windows Virtual Desktop の将来のバージョンでは非推奨になります。We don't recommend using the User Profile Disk (UPD) solution, which will be deprecated in future versions of Windows Virtual Desktop.

この記事では、仮想マシンベースのファイル共有を使用してホスト プールの FSLogix プロファイル コンテナー共有を設定する方法について説明します。This article will tell you how to set up a FSLogix profile container share for a host pool using a virtual machine-based file share. ファイル共有ではなく Azure Files を使用することを強くお勧めします。We strongly recommend using Azure Files instead of file shares. FSLogix のその他のドキュメントについては、FSLogix サイトを参照してください。For more FSLogix documentation, see the FSLogix site.

注意

Azure 上の FSLogix プロファイル コンテナーのさまざまなストレージ オプションに関する比較資料をお探しの場合は、「FSLogix プロファイル コンテナー用のストレージ オプション」を参照してください。If you're looking for comparison material about the different FSLogix Profile Container storage options on Azure, see Storage options for FSLogix profile containers.

ファイル共有として機能する新しい仮想マシンを作成するCreate a new virtual machine that will act as a file share

仮想マシンを作成するときは、ホスト プール仮想マシンと同じ仮想ネットワーク、またはホスト プール仮想マシンに接続されている仮想ネットワークに配置してください。When creating the virtual machine, be sure to place it on either the same virtual network as the host pool virtual machines or on a virtual network that has connectivity to the host pool virtual machines. 仮想マシンは複数の方法で作成できます。You can create a virtual machine in multiple ways:

仮想マシンの作成後に、次の手順を実行してドメインに参加させます。After creating the virtual machine, join it to the domain by doing the following things:

  1. 仮想マシンの作成時に指定した資格情報を使用して仮想マシンに接続します。Connect to the virtual machine with the credentials you provided when creating the virtual machine.
  2. 仮想マシン上で、 [コントロール パネル] を起動し、 [システム] を選択します。On the virtual machine, launch Control Panel and select System.
  3. [コンピューター名] を選択し、 [設定の変更] を選択してから [変更] を選択しますSelect Computer name, select Change settings, and then select Change…
  4. [ドメイン] を選択し、仮想ネットワーク上の Active Directory ドメインを入力します。Select Domain and then enter the Active Directory domain on the virtual network.
  5. ドメインに参加しているマシンに対する権限を持つドメイン アカウントで認証します。Authenticate with a domain account that has privileges to domain-join machines.

ユーザー プロファイルのファイル共有として機能する仮想マシンを準備するPrepare the virtual machine to act as a file share for user profiles

ユーザー プロファイルのファイル共有として機能する仮想マシンを準備する方法についての一般的な手順を次に示します。The following are general instructions about how to prepare a virtual machine to act as a file share for user profiles:

  1. Windows Virtual Desktop の Active Directory ユーザーを Active Directory セキュリティ グループに追加します。Add the Windows Virtual Desktop Active Directory users to an Active Directory security group. このセキュリティ グループは、先ほど作成したファイル共有仮想マシンに対して、Windows Virtual Desktop ユーザーを認証するために使用されます。This security group will be used to authenticate the Windows Virtual Desktop users to the file share virtual machine you just created.
  2. ファイル共有仮想マシンに接続しますConnect to the file share virtual machine.
  3. ファイル共有仮想マシン上で、プロファイル共有として使用するフォルダーを C ドライブ に作成します。On the file share virtual machine, create a folder on the C drive that will be used as the profile share.
  4. 新しいフォルダーを右クリックし、 [プロパティ][共有][詳細な共有] を選択します。Right-click the new folder, select Properties, select Sharing, then select Advanced sharing....
  5. [このフォルダーを共有する] を選択し、 [アクセス許可] を選択してから、 [追加] を選択します。Select Share this folder, select Permissions..., then select Add....
  6. Windows Virtual Desktop ユーザーを追加したセキュリティ グループを検索し、そのグループに フル コントロール があることを確認します。Search for the security group to which you added the Windows Virtual Desktop users, then make sure that group has Full Control.
  7. セキュリティ グループを追加した後、フォルダーを右クリックして [プロパティ] を選択し、 [共有] を選択して、後で使用するために [ネットワーク パス] をコピーしておきます。After adding the security group, right-click the folder, select Properties, select Sharing, then copy down the Network Path to use for later.

アクセス許可について詳しくは、FSLogix のドキュメントをご覧ください。For more information about permissions, see the FSLogix documentation.

FSLogix プロファイル コンテナーを構成するConfigure the FSLogix profile container

FSLogix ソフトウェアで仮想マシンを構成するには、ホスト プールに登録される各マシンで、以下を実行します。To configure the virtual machines with the FSLogix software, do the following on each machine registered to the host pool:

  1. 仮想マシンの作成時に指定した資格情報を使用して仮想マシンに接続します。Connect to the virtual machine with the credentials you provided when creating the virtual machine.
  2. インターネット ブラウザーを起動し、このリンクに移動して FSLogix エージェントをダウンロードします。Launch an internet browser and navigate to this link to download the FSLogix agent.
  3. .zip ファイル内の \\Win32\Release または \\X64\Release のいずれかに移動し、FSLogixAppsSetup を実行して FSLogix エージェントをインストールします。Navigate to either \\Win32\Release or \\X64\Release in the .zip file and run FSLogixAppsSetup to install the FSLogix agent. FSLogix のインストール方法の詳細については、「Download and install FSLogix (FSLogix のダウンロードとインストール)」を参照してください。To learn more about how to install FSLogix, see Download and install FSLogix.
  4. Program Files > FSLogix > Apps に移動して、インストールされているエージェントを確認します。Navigate to Program Files > FSLogix > Apps to confirm the agent installed.
  5. スタート メニューから、RegEdit を管理者として実行します。From the start menu, run RegEdit as an administrator. Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\software\FSLogix に移動します。Navigate to Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\software\FSLogix.
  6. Profiles という名前のキーを作成します。Create a key named Profiles.
  7. Profiles キーに以下の値を作成します。Create the following values for the Profiles key:
名前Name TypeType データ/値Data/Value
EnabledEnabled DWORDDWORD 11
VHDLocationsVHDLocations 複数行文字列値Multi-String Value "ファイル共有のネットワーク パス""Network path for file share"

重要

Azure で Windows Virtual Desktop 環境のセキュリティを保護できるようにするには、ご利用の VM 上の受信ポート 3389 を開かないことをお勧めします。To help secure your Windows Virtual Desktop environment in Azure, we recommend you don't open inbound port 3389 on your VMs. Windows Virtual Desktop では、ユーザーがホスト プールの VM にアクセスするために、受信ポート 3389 を開く必要はありません。Windows Virtual Desktop doesn't require an open inbound port 3389 for users to access the host pool's VMs. トラブルシューティングの目的でポート 3389 を開く必要がある場合は、Just-In-Time VM アクセスを使用することをお勧めします。If you must open port 3389 for troubleshooting purposes, we recommend you use just-in-time VM access.