Windows Virtual Desktop の環境Windows Virtual Desktop environment

重要

このコンテンツは、Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop オブジェクトを含む Windows Virtual Desktop に適用されます。This content applies to Windows Virtual Desktop with Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop objects. Azure Resource Manager オブジェクトを使用しない Windows Virtual Desktop (クラシック) を使用している場合は、こちらの記事を参照してください。If you're using Windows Virtual Desktop (classic) without Azure Resource Manager objects, see this article.

Windows Virtual Desktop は、仮想デスクトップと RemoteApp への簡単で安全なアクセスをユーザーに提供するサービスです。Windows Virtual Desktop is a service that gives users easy and secure access to their virtualized desktops and RemoteApps. このトピックでは、Windows Virtual Desktop 環境の一般構造について少し詳しく説明します。This topic will tell you a bit more about the general structure of the Windows Virtual Desktop environment.

ホスト プールHost pools

ホスト プールとは、Windows Virtual Desktop エージェントを実行するときに Windows Virtual Desktop にセッション ホストとして登録する Azure 仮想マシンのコレクションです。A host pool is a collection of Azure virtual machines that register to Windows Virtual Desktop as session hosts when you run the Windows Virtual Desktop agent. ホスト プール内のすべてのセッション ホスト仮想マシンは、一貫したユーザー エクスペリエンスを実現するために同じイメージから供給される必要があります。All session host virtual machines in a host pool should be sourced from the same image for a consistent user experience.

ホスト プールには以下の 2 種類があります。A host pool can be one of two types:

  • 個人用。各セッション ホストが個々のユーザーに割り当てられています。Personal, where each session host is assigned to individual users.
  • プール。セッション ホストは、ホスト プール内のアプリ グループに承認されたユーザーからの接続を受け入れることができます。Pooled, where session hosts can accept connections from any user authorized to an app group within the host pool.

ホスト プールに追加のプロパティを設定して、負荷分散の動作、各セッション ホストが取得できるセッション数、およびユーザーが Windows Virtual Desktop セッションへのサインイン時にホスト プール内のセッション ホストに対して実行できる操作を変更できます。You can set additional properties on the host pool to change its load-balancing behavior, how many sessions each session host can take, and what the user can do to session hosts in the host pool while signed in to their Windows Virtual Desktop sessions. ユーザーに公開されるリソースは、アプリ グループを通じて制御します。You control the resources published to users through app groups.

アプリ グループApp groups

アプリ グループは、ホスト プール内のセッション ホストにインストールされているアプリケーションの論理グループです。An app group is a logical grouping of applications installed on session hosts in the host pool. アプリ グループには以下の 2 種類があります。An app group can be one of two types:

  • RemoteApp。ユーザーは、個別に選択されてアプリ グループに公開された RemoteApp にアクセスしますRemoteApp, where users access the RemoteApps you individually select and publish to the app group
  • デスクトップ。ユーザーは完全なデスクトップにアクセスしますDesktop, where users access the full desktop

既定では、ホスト プールを作成するたびに、デスクトップ アプリ グループ ("デスクトップ アプリケーション グループ" という名前) が自動的に作成されます。By default, a desktop app group (named "Desktop Application Group") is automatically created whenever you create a host pool. このアプリ グループはいつでも削除できます。You can remove this app group at any time. ただし、デスクトップ アプリ グループが存在する間は、ホスト プールに別のデスクトップ アプリ グループを作成できません。However, you can't create another desktop app group in the host pool while a desktop app group exists. RemoteApp を公開するには、RemoteApp アプリ グループを作成する必要があります。To publish RemoteApps, you must create a RemoteApp app group. 複数の RemoteApp アプリ グループを作成してさまざまな worker シナリオに対応することができます。You can create multiple RemoteApp app groups to accommodate different worker scenarios. 別の RemoteApp アプリ グループに重複する RemoteApp を含めることもできます。Different RemoteApp app groups can also contain overlapping RemoteApps.

ユーザーにリソースを公開するには、それらをアプリ グループに割り当てる必要があります。To publish resources to users, you must assign them to app groups. ユーザーをアプリ グループに割り当てるときは、以下の事項を検討してください。When assigning users to app groups, consider the following things:

  • 1 人のユーザーを同じホスト プール内のデスクトップ アプリ グループと RemoteApp アプリ グループの両方に割り当てることができます。A user can be assigned to both a desktop app group and a RemoteApp app group in the same host pool. ただし、ユーザーは、セッションごとに 1 種類のアプリ グループしか起動できません。However, users can only launch one type of app group per session. ユーザーは、1 つのセッションで両方の種類のアプリ グループを同時に起動することはできません。Users can't launch both types of app groups at the same time in a single session.
  • ユーザーは、同じホスト プール内の複数のアプリ グループに割り当てることができ、そのフィードは両方のアプリ グループの累積になります。A user can be assigned to multiple app groups within the same host pool, and their feed will be an accumulation of both app groups.

WorkspacesWorkspaces

ワークスペースは、Windows Virtual Desktop 内のアプリケーション グループを論理的にグループ化したものです。A workspace is a logical grouping of application groups in Windows Virtual Desktop. ユーザーに公開されたリモート アプリとデスクトップがそのユーザーに表示されるようにするには、各 Windows Virtual Desktop アプリケーション グループがワークスペースに関連付けられている必要があります。Each Windows Virtual Desktop application group must be associated with a workspace for users to see the remote apps and desktops published to them.

エンド ユーザーEnd users

アプリ グループにユーザーを割り当てた後、いずれかの Windows Virtual Desktop クライアントを使用して Windows Virtual Desktop 展開に接続できます。After you've assigned users to their app groups, they can connect to a Windows Virtual Desktop deployment with any of the Windows Virtual Desktop clients.

次のステップNext steps

委任されたアクセスとユーザーにロールを割り当てる方法について詳しくは、「Delegated Access in Windows Virtual Desktop Preview (Windows Virtual Desktop での委任されたアクセス)」をご覧ください。Learn more about delegated access and how to assign roles to users at Delegated Access in Windows Virtual Desktop.

Windows Virtual Desktop ホスト プールを設定する方法については、「Azure portal を使用してホスト プールを作成する」を参照してください。To learn how to set up your Windows Virtual Desktop host pool, see Create a host pool with the Azure portal.

Windows Virtual Desktop に接続する方法については、次のいずれかの記事をご覧ください。To learn how to connect to Windows Virtual Desktop, see one of the following articles: