Azure Windows VM 用のディスク ストレージについてAbout disks storage for Azure Windows VMs

Azure の仮想マシンでは、その他のコンピューターとまったく同じように、オペレーティング システム、アプリケーション、およびデータを格納するための場所としてディスクを使用します。Just like any other computer, virtual machines in Azure use disks as a place to store an operating system, applications, and data. Azure のすべての仮想マシンには、Windows オペレーティング システム ディスクと一時ディスクの少なくとも 2 つのディスクがあります。All Azure virtual machines have at least two disks – a Windows operating system disk and a temporary disk. オペレーティング システム ディスクはイメージから作成されます。オペレーティング システム ディスクとイメージの両方は仮想ハード ディスク (VHD) であり、Azure のストレージ アカウントに格納されます。The operating system disk is created from an image, and both the operating system disk and the image are virtual hard disks (VHDs) stored in an Azure storage account. 仮想マシンでは 1 つ以上のデータ ディスクも保持することができ、これらも VHD として格納されます。Virtual machines also can have one or more data disks, that are also stored as VHDs.

この記事では、ディスクのさまざまな使用方法について説明し、作成および使用できるディスクの種類を示します。In this article, we will talk about the different uses for the disks, and then discuss the different types of disks you can create and use. この記事は、 Linux 仮想マシン にも利用できます。This article is also available for Linux virtual machines.

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して、Resource Manager とクラシック の 2 種類のデプロイメント モデルがあります。Azure has two different deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and classic. この記事では、両方のモデルについて取り上げていますが、最新のデプロイでは Resource Manager モデルの使用をお勧めします。This article covers using both models, but Microsoft recommends that most new deployments use the Resource Manager model.

VM で使用されるディスクDisks used by VMs

ディスクは VM でどのように使用されるのでしょうか。Let's take a look at how the disks are used by the VMs.

オペレーティング システム ディスクOperating system disk

どの仮想マシンにも 1 つのオペレーティング システム ディスクが取り付けられています。Every virtual machine has one attached operating system disk. これは SATA ドライブとして登録され、C ドライブのラベルが付けられます。It's registered as a SATA drive and labeled as the C: drive by default. このディスクの最大容量は 2,048 ギガバイト (GB) です。This disk has a maximum capacity of 2048 gigabytes (GB).

一時ディスクTemporary disk

各 VM には、一時ディスクが含まれています。Each VM contains a temporary disk. 一時ディスクは、アプリケーションとプロセスのための一時的なストレージを提供し、ページ ファイルやスワップ ファイルなどのデータのみを格納するためのものです。The temporary disk provides short-term storage for applications and processes and is intended to only store data such as page or swap files. 一時ディスクのデータは、メンテナンス イベント中、または VM の再デプロイ時に失われる可能性があります。Data on the temporary disk may be lost during a maintenance event or when you redeploy a VM. VM の標準的な再起動中は、一時ドライブのデータは保持されます。During a standard reboot of the VM, the data on the temporary drive should persist.

この一時ディスクには D ドライブのラベルが付けられ、pagefile.sys を保存するために使用されます。The temporary disk is labeled as the D: drive by default and it used for storing pagefile.sys. このディスクを再マッピングするには、 Windows 一時ディスクのドライブ文字を変更する方法に関するページを参照してください。To remap this disk to a different drive letter, see Change the drive letter of the Windows temporary disk. 仮想マシンのサイズに基づいて、一時ディスクのサイズは異なります。The size of the temporary disk varies, based on the size of the virtual machine. 詳細については、「 Azure の仮想マシンのサイズ」を参照してください。For more information, see Sizes for Windows virtual machines.

Azure による一時ディスクの使用方法については、「 Understanding the temporary drive on Microsoft Azure Virtual MachinesFor more information on how Azure uses the temporary disk, see Understanding the temporary drive on Microsoft Azure Virtual Machines

データ ディスクData disk

データ ディスクは仮想マシンに取り付けられる VHD であり、ユーザーが保存しておく必要があるアプリケーションなどのデータを格納するためのものです。A data disk is a VHD that's attached to a virtual machine to store application data, or other data you need to keep. データ ディスクは SCSI ドライブとして登録され、ユーザーが選択した文字のラベルが付けられます。Data disks are registered as SCSI drives and are labeled with a letter that you choose. 各ディスクの最大容量は 4,095 GB です。Each data disk has a maximum capacity of 4095 GB. 仮想マシンのサイズにより、そこに取り付けできるデータ ディスクの数と、ディスクをホストするために使用できるストレージの種類が決まります。The size of the virtual machine determines how many data disks you can attach to it and the type of storage you can use to host the disks.

注意

仮想マシンの容量については、「 Azure の Windows 仮想マシンのサイズ」を参照してください。For more information about virtual machines capacities, see Sizes for Windows virtual machines.

ユーザーがイメージから仮想マシンを作成するときに、Azure はオペレーティング システム ディスクを作成します。Azure creates an operating system disk when you create a virtual machine from an image. ユーザーがデータ ディスクを含むイメージを使用する場合、Azure は仮想マシンの作成時にデータ ディスクも作成します。If you use an image that includes data disks, Azure also creates the data disks when it creates the virtual machine. それ以外の場合は、仮想マシンを作成した後にデータ ディスクを追加してください。Otherwise, you add data disks after you create the virtual machine.

仮想マシンにディスクを取り付けることで、ユーザーは仮想マシンにデータ ディスクをいつでも追加できます。You can add data disks to a virtual machine at any time, by attaching the disk to the virtual machine. ユーザーがアップロードした VHD やストレージ アカウントにコピーした VHD を使用できます。または Azure によって作成される空の VHD も使用できます。You can use a VHD that you've uploaded or copied to your storage account, or use an empty VHD that Azure creates for you. データ ディスクを取り付けると、VHD ファイルが VM に関連付けられます。VHD で "リース" を設定しておけば、仮想マシンに取り付けている間にストレージから削除することはできなくなります。Attaching a data disk associates the VHD file with the VM by placing a 'lease' on the VHD so it can't be deleted from storage while it's still attached.

VHD についてAbout VHDs

Azure で使用される VHD は .vhd ファイルです。Azure では Standard または Premium Storage アカウントでページ BLOB としてこれらを格納します。The VHDs used in Azure are .vhd files stored as page blobs in a standard or premium storage account in Azure. ページ BLOB の詳細については、「ブロック BLOB およびページ BLOB について」をご覧ください。For details about page blobs, see Understanding block blobs and page blobs. Premium Storage の詳細については、高パフォーマンスの Premium Storage と Azure VM に関する記事を参照してください。For details about premium storage, see High-performance premium storage and Azure VMs.

Azure は VHD フォーマットの固定ディスクをサポートしています。Azure supports the fixed disk VHD format. 固定フォーマットの場合、ファイル内で論理ディスクがリニアにレイアウトされるため、ディスク オフセット X は BLOB オフセット X に格納されます。BLOB 末尾の小さなフッターに、VHD のプロパティが記述されます。The fixed format lays the logical disk out linearly within the file, so that disk offset X is stored at blob offset X. A small footer at the end of the blob describes the properties of the VHD. 固定フォーマットの場合、ほとんどのディスクに大きな未使用の範囲が含まれるため、容量が無駄になることがよくあります。Often, the fixed format wastes space because most disks have large unused ranges in them. しかし、Azure では .vhd ファイルをスパース フォーマットで格納するため、固定ディスクのメリットと動的ディスクのメリットを同時に享受できます。However, Azure stores .vhd files in a sparse format, so you receive the benefits of both the fixed and dynamic disks at the same time. 詳細については、「 仮想ハード ディスクの概要」をご覧ください。For more details, see Getting started with virtual hard disks.

ディスクまたはイメージを作成するためのソースとして使用する Azure 内の すべての .vhd ファイルは読み取り専用ですが、Azure ストレージにユーザーによってアップロードまたはコピーされた .vhd ファイルは除きます (これらは読み取り/書き込みまたは読み取り専用です)。All .vhd files in Azure that you want to use as a source to create disks or images are read-only, except the .vhd files uploaded or copied to Azure storage by the user (which can be either read-write or read-only). ユーザーがディスクやイメージを作成するときに Azure はソース .vhd ファイルのコピーを作成します。When you create a disk or image, Azure makes copies of the source .vhd files. これらのコピーは、ユーザーが VHD をどのように使用するかに応じて、読み出し専用または読み書き可能にすることができます。These copies can be read-only or read-and-write, depending on how you use the VHD.

ユーザーがイメージから仮想マシンを作成するときに、Azure はソースの .vhd ファイルのコピーである仮想マシンのディスクを作成します。When you create a virtual machine from an image, Azure creates a disk for the virtual machine that is a copy of the source .vhd file. Azure では、誤って削除されるのを防ぐために、イメージ、オペレーティング システム ディスク、またはデータ ディスクを作成する際に使用されるソースの .vhd ファイルにリースを設定します。To protect against accidental deletion, Azure places a lease on any source .vhd file that’s used to create an image, an operating system disk, or a data disk.

ディスクやイメージを削除してリースを解除しなければ、ソースの .vhd ファイルを削除できません。Before you can delete a source .vhd file, you’ll need to remove the lease by deleting the disk or image. 仮想マシンがオペレーティング システム ディスクとして使用中の .vhd ファイルを削除する場合、仮想マシンを削除し、関連付けられたすべてのディスクを削除することで、ユーザーは仮想マシン、オペレーティング システム ディスク、およびソースの .vhd ファイルをすべて一度に削除することができます。To delete a .vhd file that is being used by a virtual machine as an operating system disk, you can delete the virtual machine, the operating system disk, and the source .vhd file all at once by deleting the virtual machine and deleting all associated disks. ただし、データ ディスクのソースである .vhd ファイルを削除するには、いくつかの手順を決められた順序で行う必要があります。However, deleting a .vhd file that’s a source for a data disk requires several steps in a set order. まず、仮想マシンからディスクを取り外し、ディスクを削除し、続いて .vhd ファイルを削除します。First you detach the disk from the virtual machine, then delete the disk, and then delete the .vhd file.

警告

ユーザーがストレージからソースの .vhd ファイルを削除する場合、またはストレージ アカウントを削除する場合、Microsoft はそのデータを回復することはできません。If you delete a source .vhd file from storage, or delete your storage account, Microsoft can't recover that data for you.

ディスクの種類Types of disks

Azure ディスクは、99.999% の可用性で設計されています。Azure Disks are designed for 99.999% availability. エンタープライズレベルの持続性を、業界トップレベルの年間故障率 0% で一貫して提供してきました。Azure Disks have consistently delivered enterprise-grade durability, with an industry-leading ZERO% Annualized Failure Rate.

ディスクの作成時に選択できるストレージには、Standard Storage と Premium Storage という 2 つのパフォーマンス レベルが存在します。There are two performance tiers for storage that you can choose from when creating your disks -- Standard Storage and Premium Storage. また、ディスクの種類には、非管理対象ディスクと管理ディスクの 2 つがあります。これらは、どちらのパフォーマンス レベルでも格納できます。Also, there are two types of disks -- unmanaged and managed -- and they can reside in either performance tier.

Standard StorageStandard storage

Standard Storage では、HDD が使用されており、高パフォーマンスでありながらコスト効率にも優れたストレージを提供します。Standard Storage is backed by HDDs, and delivers cost-effective storage while still being performant. Standard Storage は、1 つのデータセンターでローカルにレプリケートするか、プライマリ データセンターとセカンダリ データセンターで geo 冗長レプリケートすることができます。Standard storage can be replicated locally in one datacenter, or be geo-redundant with primary and secondary data centers. ストレージ レプリケーションの詳細については、「Azure Storage のレプリケーション」を参照してください。For more information about storage replication, please see Azure Storage replication.

VM ディスクを利用した Standard Storage の使用の詳細については、Standard Storage とディスクに関する記事を参照してください。For more information about using Standard Storage with VM disks, please see Standard Storage and Disks.

Premium StoragePremium storage

Premium Storage では、SSD が使用されており、I/O 集中型のワークロードを実行している VM 向けに高パフォーマンスで待ち時間の少ないディスク サポートを提供します。Premium Storage is backed by SSDs, and delivers high-performance, low-latency disk support for VMs running I/O-intensive workloads. Premium Storage は、DS シリーズ、DSv2 シリーズ、GS シリーズ、Ls シリーズ、または FS シリーズの Azure VM で使用できます。You can use Premium Storage with DS, DSv2, GS, Ls, or FS series Azure VMs. 詳細については、Premium Storage に関する記事を参照してください。For more information, please see Premium Storage.

非管理対象ディスクUnmanaged disks

非管理対象ディスクとは、VM で使用されてきた従来の種類のディスクです。Unmanaged disks are the traditional type of disks that have been used by VMs. これらのディスクでは、独自のストレージ アカウントを作成し、ディスクの作成時にそのストレージ アカウントを指定します。With these, you create your own storage account and specify that storage account when you create the disk. 同じストレージ アカウントにディスクを配置しすぎないようにしてください。ストレージ アカウントのスケーラビリティ ターゲット (たとえば 20,000 IOPS) を超過すると、VM が調整されるためです。You have to make sure you don't put too many disks in the same storage account, because you could exceed the scalability targets of the storage account (20,000 IOPS, for example), resulting in the VMs being throttled. 非管理対象ディスクを使用する場合は、VM のパフォーマンスを最大限に引き出すために、1 つ以上のストレージ アカウントを最大限に利用する方法を確認する必要があります。With unmanaged disks, you have to figure out how to maximize the use of one or more storage accounts to get the best performance out of your VMs.

管理ディスクManaged disks

Managed Disks により、ストレージ アカウントの作成/管理はバックグラウンドで処理されるため、ストレージ アカウントのスケーラビリティの制限について心配する必要がなくなります。Managed Disks handles the storage account creation/management in the background for you, and ensures that you do not have to worry about the scalability limits of the storage account. ディスク サイズとパフォーマンス レベル (Standard/Premium) を指定するだけで、Azure でディスクが作成され、管理されます。You simply specify the disk size and the performance tier (Standard/Premium), and Azure creates and manages the disk for you. ディスクの追加や VM のスケールアップとスケールダウンを行うときでも、使用されているストレージについて心配する必要はありません。Even as you add disks or scale the VM up and down, you don't have to worry about the storage being used.

また、Azure リージョンごとに 1 つのストレージ アカウントでカスタム イメージを管理することができます。このカスタム イメージを使用すると、同じサブスクリプション内で何百もの VM を作成することができます。You can also manage your custom images in one storage account per Azure region, and use them to create hundreds of VMs in the same subscription. Managed Disks の詳細については、Managed Disks の概要に関する記事を参照してください。For more information about Managed Disks, please see the Managed Disks Overview.

Managed Disks の多くの機能を活用するために、新しい VM には Managed Disks を使用し、以前の非管理対象ディスクを管理ディスクに変換することをお勧めします。We recommend that you use Azure Managed Disks for new VMs, and that you convert your previous unmanaged disks to managed disks, to take advantage of the many features available in Managed Disks.

ディスクの比較Disk comparison

次の表では、管理ディスクと非管理対象ディスクの両方について Premium と Standard を比較しており、どちらを使用するかを決定するのに役立ちます。The following table provides a comparison of Premium vs Standard for both unmanaged and managed disks to help you decide what to use.

Azure Premium ディスクAzure Premium Disk Azure Standard ディスクAzure Standard Disk
ディスクの種類Disk Type ソリッド ステート ドライブ (SSD)Solid State Drives (SSD) ハード ディスク ドライブ (HDD)Hard Disk Drives (HDD)
概要Overview I/O 集中型のワークロードを実行している VM またはミッション クリティカルな運用環境をホストしている VM 向けの、SSD ベースの高パフォーマンスで待ち時間の少ないディスク サポートSSD-based high-performance, low-latency disk support for VMs running IO-intensive workloads or hosting mission critical production environment 開発/テスト VM のシナリオ向けの HDD ベースのコスト効率の高いディスク サポートHDD-based cost effective disk support for Dev/Test VM scenarios
シナリオScenario 運用環境のワークロードやパフォーマンスに影響されやすいワークロードProduction and performance sensitive workloads 開発/テスト、低重要度、Dev/Test, non-critical,
アクセスが頻繁でないInfrequent access
ディスク サイズDisk Size P4: 32 GB (Managed Disks のみ)P4: 32 GB (Managed Disks only)
P6: 64 GB (Managed Disks のみ)P6: 64 GB (Managed Disks only)
P10: 128 GBP10: 128 GB
P20: 512 GBP20: 512 GB
P30: 1,024 GBP30: 1024 GB
P40: 2048 GBP40: 2048 GB
P50: 4095 GBP50: 4095 GB
非管理対象ディスク: 1 GB ~ 4 TB (4095 GB)Unmanaged Disks: 1 GB – 4 TB (4095 GB)

管理ディスク:Managed Disks:
S4: 32 GBS4: 32 GB
S6: 64 GBS6: 64 GB
S10: 128 GBS10: 128 GB
S20: 512 GBS20: 512 GB
S30: 1,024 GBS30: 1024 GB
S40: 2048 GBS40: 2048 GB
S50: 4095 GBS50: 4095 GB
ディスクあたりの最大スループットMax Throughput per Disk 250 MB/秒250 MB/s 60 MB/s60 MB/s
ディスクあたりの最大 IOPSMax IOPS per Disk 7,500 IOPS7500 IOPS 500 IOPS500 IOPS

最後の 1 つの推奨事項: Standard非管理ディスクでの TRIM の使用One last recommendation: Use TRIM with unmanaged standard disks

Standard 非管理ディスク (HDD) を使用する場合は、TRIM を有効にする必要があります。If you use unmanaged standard disks (HDD), you should enable TRIM. TRIM はディスク上の未使用のブロックを破棄するため、実際に使用しているストレージにのみ課金されます。TRIM discards unused blocks on the disk so you are only billed for storage that you are actually using. これにより、サイズの大きいファイルを作成した後に削除した場合、コストを節約できます。This can save on costs if you create large files and then delete them.

次のコマンドを実行すると、TRIM の設定を確認できます。You can run this command to check the TRIM setting. Windows VM 上でコマンド プロンプトを開いて、次のように入力します。Open a command prompt on your Windows VM and type:

fsutil behavior query DisableDeleteNotify

このコマンドが 0 を返す場合、TRIM は適切に有効化されています。If the command returns 0, TRIM is enabled correctly. 1 が返される場合は、次のコマンドを実行して TRIM を有効にします。If it returns 1, run the following command to enable TRIM:

fsutil behavior set DisableDeleteNotify 0

注意

注: Trim は Windows Server 2012/Windows 8 以上でサポートされます。「New API allows apps to send "TRIM and Unmap" hints to storage media (新しい API を使用してアプリで "TRIM および Unmap" のヒントをストレージ メディアに送る方法)」をご覧ください。Note: Trim support starts with Windows Server 2012 / Windows 8 and above, see see New API allows apps to send "TRIM and Unmap" hints to storage media.

次の手順Next steps