Azure 内の SQL Server 仮想マシンを SQL VM リソースプロバイダーに登録するRegister a SQL Server virtual machine in Azure with the SQL VM resource provider

この記事では、Azure 内の SQL Server 仮想マシン (VM) を SQL VM リソースプロバイダーに登録する方法について説明します。This article describes how to register your SQL Server virtual machine (VM) in Azure with the SQL VM resource provider.

Azure portal を介して SQL Server VM の Azure Marketplace イメージをデプロイすると、その SQL Server VM が自動的にリソースプロバイダーに登録されます。Deploying a SQL Server VM Azure Marketplace image through the Azure portal automatically registers the SQL Server VM with the resource provider. Azure Marketplace からイメージを選択するのではなく Azure 仮想マシンに SQL Server を自分でインストールすることを選択した場合や、SQL Server を含むカスタム VHD から Azure VM をプロビジョニングする場合は、以下の目的で、お使いの SQL Server VM をリソースプロバイダーに登録する必要があります。If you choose to self-install SQL Server on an Azure virtual machine instead of choosing an image from Azure Marketplace, or if you provision an Azure VM from a custom VHD with SQL Server, you should register your SQL Server VM with the resource provider for:

  • ライセンスの管理の簡略化Microsoft 製品の利用規約に従って、お客様は Azure ハイブリッド特典を利用している場合に Microsoft にレポートする必要があります。Simplify license management: According to the Microsoft Product Terms, customers must tell Microsoft when they're using the Azure Hybrid Benefit. SQL VM リソース プロバイダーに登録すると、SQL Server ライセンスの管理が簡略化されるほか、ポータルまたは Az CLI の Azure ハイブリッド特典を使用して SQL Server VM をすばやく識別することができます。Registering with the SQL VM resource provider simplifies SQL Server license management, and allows you to quickly identify SQL Server VMs using the Azure Hybrid Benefit in the portal or Az CLI:

    $vms = az sql vm list | ConvertFrom-Json
    $vms | Where-Object {$_.sqlServerLicenseType -eq "AHUB"}
    
  • 機能面の利点: お使いの SQL Server VM をリソースプロバイダーに登録すると、自動修正自動バックアップ、監視と管理機能が利用できるようになります。Feature benefits: Registering your SQL Server VM with the resource provider unlocks automated patching, automated backup, and monitoring and manageability capabilities. また、ライセンスエディションの柔軟性も実現されます。It also unlocks licensing and edition flexibility. これらの機能は、以前は Azure Marketplace の SQL Server VM イメージでしか利用できませんでした。Previously, these features were available only to SQL Server VM images from Azure Marketplace.

  • 無料の管理: SQL VM リソース プロバイダーに登録すると、すべての管理モードが完全に無料になります。Free management: Registering with the SQL VM resource provider and all manageability modes are completely free. リソース プロバイダーまたは管理モードの変更に関連する追加のコストは発生しません。There is no additional cost associated with the resource provider, or with changing management modes.

SQL VM リソースプロバイダーを利用するには、SQL VM リソースプロバイダーをサブスクリプションに登録することも必要です。To utilize the SQL VM resource provider, you must also register the SQL VM resource provider with your subscription. これは Azure portal、Azure CLI、または PowerShell を使用して実行できます。You can accomplish this by using the Azure portal, the Azure CLI, or PowerShell.

注意

リソース プロバイダーへの登録に関連する追加のライセンス要件はありません。There are no additional licensing requirements associated with registering with the resource provider. SQL VM リソース プロバイダーに登録すると、各リソースのライセンス登録フォームを管理する代わりに Azure ハイブリッド特典が有効にされたことを Microsoft に通知する要件を満たすための簡単な方法が提供されます。Registering with the SQL VM resource provider offers a simplified method to fulfill the requirement of notifying Microsoft that the Azure Hybrid Benefit has been enabled in the place of managing licensing registration forms for each resource.

SQL VM リソース プロバイダーを使用する利点の詳細については、次の Channel 9 のビデオをご覧ください。For more information about the benefits of using the SQL VM resource provider, see the following channel9 video:

前提条件Prerequisites

SQL Server VM をリソースプロバイダーに登録するには、以下のものが必要になります。To register your SQL Server VM with the resource provider, you'll need the following:

SQL VM リソースプロバイダーに登録するRegister with SQL VM resource provider

SQL Server IaaS Agent 拡張機能が VM にインストールされていない場合は、軽量 SQL 管理モードを指定することによって SQL VM リソースプロバイダーに登録できます。If the SQL Server IaaS Agent Extension is not installed on the VM, then you can register with the SQL VM resource provider by specifying the lightweight SQL management mode.

登録プロセスで軽量が指定された場合、SQL VM リソースプロバイダーによって SQL IaaS 拡張機能が軽量モードで自動インストールされ、SQL Server インスタンス メタデータが検証されます。その際、SQL Server サービスの再起動は行われません。When lightweight is specified during the registration process, the SQL VM resource provider will auto install SQL IaaS Extension in lightweight mode and verify the SQL Server instance metadata; this will not restart SQL Server service. SQL VM リソースプロバイダーへの登録時に必要な SQL Server ライセンスの種類として "PAYG" または "AHUB" を指定する必要があります。You need to provide the type of SQL Server license desired when registering with SQL VM resource provider as either 'PAYG 'or 'AHUB'.

軽量モードで SQL VM リソースプロバイダーに登録することにより、コンプライアンスが確保され、柔軟なライセンス管理と SQL Server エディションのインプレース更新が可能になります。Registering with the SQL VM resource provider in lightweight mode will assure compliance and enable flexible licensing as well as in-place SQL Server edition updates. フェールオーバー クラスター インスタンスとマルチインスタンス デプロイは、軽量モードでのみ SQL VM リソースプロバイダーに登録できます。Failover Cluster Instances and multi-instance deployments can be registered with SQL VM resource provider only in lightweight mode. 完全管理モードにいつでもアップグレードできますが、その場合は SQL Server サービスが再起動されます。You can upgrade to the full management mode at any time, but doing so will restart the SQL Server service.

SQL Server IaaS 拡張機能が既に VM にインストールされている場合は、次のコード スニペットを使用して SQL VM リソースプロバイダーに登録します。Use the following code snippet to register with the SQL VM resource provider if the SQL Server IaaS extension is already installed on the VM. SQL VM リソースプロバイダーへの登録時に必要な SQL Server ライセンスの種類として、従量課金制 (PAYG) または Azure ハイブリッド特典 (AHUB) を指定する必要があります。You need to provide the type of SQL Server license that you want when registering with the SQL VM resource provider: either pay-as-you-go (PAYG) or Azure Hybrid Benefit (AHUB).

次の PowerShell コード スニペットを使用して SQL Server VM を登録します。Register the SQL Server VM by using the following PowerShell code snippet:

   # Get the existing compute VM
   $vm = Get-AzVM -Name <vm_name> -ResourceGroupName <resource_group_name>
        
   # Register SQL VM with 'Lightweight' SQL IaaS agent
   New-AzResource -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Location $vm.Location `
      -ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines `
      -Properties @{virtualMachineResourceId=$vm.Id;SqlServerLicenseType='PAYG';sqlManagement='LightWeight'}  

SQL IaaS 拡張機能が手動で既に VM にインストールされている場合、Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines という種類のメタデータ リソースを作成することによって、SQL VM リソースプロバイダーに完全モードで登録できます。If the SQL IaaS Extension was installed to the VM manually, then you can register with SQL VM resource provider in Full mode by simply creating a metadata resource of type Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines. 以下は、SQL IaaS 拡張機能が既に VM にインストールされている場合に SQL VM リソースプロバイダーへの登録を行うコード スニペットです。Below is the code snippet to register with SQL VM resource provider if the SQL IaaS Extension is already installed on the VM. 必要な SQL Server ライセンスの種類として "PAYG" または "AHUB" を指定する必要があります。You need to provide the type of SQL Server license desired as either 'PAYG 'or 'AHUB'. 完全管理モードで登録するには、次の PowerShell コマンドを使用します。To register in full management mode, use the following PowerShell command:

# Get the existing  Compute VM
 $vm = Get-AzVM -Name <vm_name> -ResourceGroupName <resource_group_name>
      
 # Register with SQL VM resource provider
 New-AzResource -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Location $vm.Location `
    -ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines `
    -Properties @{virtualMachineResourceId=$vm.Id;SqlServerLicenseType='PAYG'}

Windows Server 2008 VM 上の SQL Server 2008 または 2008 R2 を登録するRegister SQL Server 2008 or 2008 R2 on Windows Server 2008 VMs

Windows Server 2008 にインストールされている SQL Server 2008 および 2008 R2 は、エージェントなしモードで SQL VM リソースプロバイダーに登録できます。SQL Server 2008 and 2008 R2 installed on Windows Server 2008 can be registered with the SQL VM resource provider in the no-agent mode. このオプションにより、コンプライアンスが確保され、SQL Server VM を Azure portal の限られた機能で監視できるようになります。This option assures compliance and allows the SQL Server VM to be monitored in the Azure portal with limited functionality.

次の表では、登録時に指定するパラメーターに使用可能な値を詳細に示しています。The following table details the acceptable values for the parameters provided during registration:

パラメーターParameter 使用可能な値Acceptable values
sqlLicenseTypesqlLicenseType AHUB または PAYGAHUB or PAYG
sqlImageOffersqlImageOffer SQL2008-WS2008 または SQL2008R2-WS2008SQL2008-WS2008 or SQL2008R2-WS2008
   

Windows Server 2008 インスタンス上の SQL Server 2008 または 2008 R2 インスタンスを登録するには、次の Powershell または Az CLI のコード スニペットを使用します。To register your SQL Server 2008 or 2008 R2 instance on Windows Server 2008 instance, use the following Powershell or Az CLI code snippet:

   # Get the existing compute VM
   $vm = Get-AzVM -Name <vm_name> -ResourceGroupName <resource_group_name>
        
  New-AzResource -Name $vm.Name -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName -Location $vm.Location `
    -ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines `
    -Properties @{virtualMachineResourceId=$vm.Id;SqlServerLicenseType='PAYG'; `
     sqlManagement='NoAgent';sqlImageSku='Standard';sqlImageOffer='SQL2008R2-WS2008'}

登録状態を確認するVerify registration status

お使いの SQL Server VM が既に SQL VM リソースプロバイダーに登録されているかどうかは、Azure portal、Azure CLI、または PowerShell を使用して確認できます。You can verify if your SQL Server VM has already been registered with the SQL VM resource provider by using the Azure portal, the Azure CLI, or PowerShell.

Azure ポータルAzure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.
  2. お使いの SQL Server 仮想マシンに移動します。Go to your SQL Server virtual machines.
  3. 一覧から SQL Server VM を選択します。Select your SQL Server VM from the list. お使いの SQL Server VM がここに表示されていない場合は、SQL VM リソースプロバイダーに登録されていない可能性があります。If your SQL Server VM is not listed here, it likely hasn't been registered with the SQL VM resource provider.
  4. [状態] の値を確認します。View the value under Status. [状態][成功] の場合は、その SQL Server VM が正常に SQL VM リソースプロバイダーに登録されています。If Status is Succeeded, then the SQL Server VM has been registered with the SQL VM resource provider successfully.

SQL RP 登録による状態を確認する

コマンド ラインCommand line

Az CLI または PowerShell を使用して現在の SQL Server VM の登録状態を確認します。Verify current SQL Server VM registration status using either Az CLI or PowerShell. 登録が成功していれば、ProvisioningStateSucceeded と表示されます。ProvisioningState will show Succeeded if registration was successful.

Get-AzResource -ResourceName <vm_name> -ResourceGroupName <resource_group> `
-ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines

エラーは、SQL Server VM がリソースプロバイダーに登録されていないことを示します。An error indicates that the SQL Server VM has not been registered with the resource provider.

管理モードを変更するChange management modes

SQL Server IaaS 拡張機能には 3 つの無料管理モードがあります。There are three free manageability modes for the SQL Server IaaS extension:

  • フル モードでは、すべての機能が提供されますが、SQL Server の再起動とシステム管理者権限が必要です。Full mode delivers all functionality, but requires a restart of the SQL Server and system administrator permissions. これは、既定でインストールされるオプションです。This is the option that's installed by default. 単一のインスタンスがある SQL Server VM を管理する場合に使用します。Use it for managing a SQL Server VM with a single instance. フル モードでは、メモリと CPU に与える影響が最小の 2 つの Windows サービスがインストールされます。これらは、タスク マネージャーを通して監視できます。Full mode installs two windows services that have a minimal impact to memory and CPU - these can be monitored through task manager. 完全管理モードの使用に関連するコストはありません。There is no cost associated with using the full manageability mode.

  • 軽量では SQL Server の再起動は必要ありませんが、サポートされるのはライセンスの種類と SQL Server のエディションの変更のみです。Lightweight does not require the restart of SQL Server, but it supports only changing the license type and edition of SQL Server. このオプションは、複数のインスタンスを備えているかフェールオーバー クラスター インスタンス (FCI) に参加している SQL Server VM で使用します。Use this option for SQL Server VMs with multiple instances, or for participating in a failover cluster instance (FCI). 軽量モードを使用する場合、メモリまたは CPU への影響はありません。There is no impact to memory or CPU when using the lightweight mode. 軽量管理モードの使用に関連するコストはありません。There is no cost associated with using the lightweight manageability mode.

  • NoAgent は Windows Server 2008 にインストールされた SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 の専用モードです。NoAgent is dedicated to SQL Server 2008 and SQL Server 2008 R2 installed on Windows Server 2008. NoAgent モードを使用する場合、メモリまたは CPU への影響はありません。There is no impact to memory or CPU when using the NoAgent mode. NoAgent 管理者モードの使用に関連するコストはありません。There is no cost associated with using the NoAgent manageability mode.

PowerShell を使用して、次のように SQL Server IaaS エージェントの現在のモードを確認できます。You can view the current mode of your SQL Server IaaS agent by using PowerShell:

   #Get the SqlVirtualMachine
   $sqlvm = Get-AzResource -Name $vm.Name  -ResourceGroupName $vm.ResourceGroupName  -ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines
   $sqlvm.Properties.sqlManagement

"軽量" の IaaS 拡張機能がインストールされている SQL Server VM の場合、Azure portal を使用してモードを "フル" にアップグレードできます。SQL Server VMs that have the lightweight IaaS extension installed can upgrade the mode to full using the Azure portal. No-Agent モードの SQL Server VM は、OS が Windows 2008 R2 以降にアップグレードされ後で "フル" にアップグレードできます。SQL Server VMs in No-Agent mode can upgrade to full after the OS is upgraded to Windows 2008 R2 and above. ダウングレードはできません。これを行うには、SQL VM リソースを削除することで SQL VM リソース プロバイダーから SQL Server VM の登録を解除し、SQL VM リソース プロバイダーに再登録する必要があります。It is not possible to downgrade - to do so, you will need to unregister the SQL Server VM from the SQL VM resource provider by deleting the SQL VM resource, and register with the SQL VM resource provider again.

エージェントのモードを "フル" にアップグレードするには:To upgrade the agent mode to full:

Azure ポータルAzure portal

  1. Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

  2. SQL 仮想マシン リソースに移動します。Go to your SQL virtual machines resource.

  3. 対象の SQL Server 仮想マシンを選択し、 [概要] を選択します。Select your SQL Server virtual machine, and select Overview.

  4. IaaS モードが NoAgent または軽量である SQL Server VM では、SQL IaaS 拡張機能で利用できるのはライセンスの種類とエディションの更新のみという内容のメッセージを選択します。For SQL Server VMs with the NoAgent or lightweight IaaS mode, select the Only license type and edition updates are available with the SQL IaaS extension message.

    ポータルでモードを変更するための選択

  5. [仮想マシンで SQL Server サービスを再起動することに同意します] チェック ボックスをオンにし、 [確認] を選択して IaaS モードを "フル" にアップグレードします。Select the I agree to restart the SQL Server service on the virtual machine check box, and then select Confirm to upgrade your IaaS mode to full.

    仮想マシンで SQL Server サービスを再起動することに同意するためのチェック ボックス

コマンド ラインCommand line

次の PowerShell コード スニペットを実行します。Run the following PowerShell code snippet:

# Update to full mode

$SqlVm = Get-AzResource -ResourceType Microsoft.SqlVirtualMachine/SqlVirtualMachines -ResourceGroupName <resource_group_name> -ResourceName <VM_name>
$SqlVm.Properties.sqlManagement="Full"
$SqlVm | Set-AzResource -Force

リソースプロバイダーを使用してサブスクリプションを登録するRegister subscription with RP

お使いの SQL Server VM を SQL VM リソースプロバイダーに登録するには、まずそのリソースプロバイダーに自分のサブスクリプションを登録する必要があります。To register your SQL Server VM with the SQL VM resource provider, you must first register your subscription with the resource provider. これは Azure portal、Azure CLI、または PowerShell を使用して実行できます。You can do so by using the Azure portal, the Azure CLI, or PowerShell.

Azure ポータルAzure portal

  1. Azure portal を開き、 [すべてのサービス] に移動します。Open the Azure portal and go to All Services.
  2. [サブスクリプション] に移動し、目的のサブスクリプションを選択します。Go to Subscriptions and select the subscription of interest.
  3. [サブスクリプション] ページで、 [リソースプロバイダー] に移動します。On the Subscriptions page, go to Resource providers.
  4. フィルター内に「sql」と入力し、SQL 関連のリソースプロバイダーを表示します。Enter sql in the filter to bring up the SQL-related resource providers.
  5. 必要なアクションに応じて、Microsoft.SqlVirtualMachine プロバイダーで [登録][再登録] 、または [登録解除] を選択します。Select Register, Re-register, or Unregister for the Microsoft.SqlVirtualMachine provider, depending on your desired action.

プロバイダーの変更

コマンド ラインCommand line

Az CLI または PowerShell を使用して、SQL VM リソースプロバイダーを自分の Azure サブスクリプションに登録します。Register your SQL VM resource provider to your Azure subscription using either Az CLI or PowerShell.

# Register the new SQL VM resource provider to your subscription
Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.SqlVirtualMachine

リソース プロバイダーから VM を登録解除するUnregister VM from resource provider

SQL VM リソースプロバイダーから SQL Server VM の登録を解除するには、Azure portal または Azure CLI を使用して、SQL 仮想マシン "リソース" を削除します。To unregister your SQL Server VM with the SQL VM resource provider, delete the SQL Virtual Machine resource using the Azure portal or Azure CLI. SQL 仮想マシン "リソース" を削除しても、SQL Server VM は削除されません。Deleting the SQL Virtual Machine resource does not delete the SQL Server VM. ただし、"リソース" を削除しようとしたときに仮想マシンが誤って削除される可能性があるため、注意して慎重に手順に従ってください。However, use caution and follow the steps carefully because it is possible to inadvertently delete the virtual machine when attempting to remove the resource.

SQL VM リソース プロバイダーから SQL VM の登録を解除するには、管理モードを完全からダウングレードする必要があります。Unregistering the SQL VM with the SQL VM resource provider is necessary to downgrade the management mode from full.

Azure ポータルAzure portal

Azure portal を使用してリソース プロバイダーから SQL Server VM の登録を解除するには、次の手順に従います。To unregister your SQL Server VM with the resource provider using the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure Portal にサインインします。Sign into the Azure portal.

  2. SQL Server VM リソースに移動します。Navigate to the SQL Server VM resource.

    SQL 仮想マシン リソース

  3. [削除] を選択します。Select Delete.

    SQL VM リソース プロバイダーの削除

  4. SQL 仮想マシンの名前を入力し、仮想マシンの横にあるチェックボックスをオフにしますType the name of the SQL virtual machine and clear the checkbox next to the virtual machine.

    SQL VM リソース プロバイダーの削除

    警告

    仮想マシン名の横にあるチェックボックスをオフにしないと、仮想マシンが完全に "削除" されます。Failure to clear the checkbox next to the virtual machine name will delete the virtual machine entirely. リソース プロバイダーから SQL Server VM の登録を解除するが、"実際の仮想マシンを削除しない" 場合は、このチェックボックスをオフにしてください。Clear the checkbox to unregister the SQL Server VM from the resource provider but not delete the actual virtual machine.

  5. [削除] を選択して、SQL Server の仮想マシンではなく、SQL 仮想マシン "リソース" の削除を確認します。Select Delete to confirm the deletion of the SQL virtual machine resource, and not the SQL Server virtual machine.

Azure CLIAzure CLI

Azure CLI を使用してリソース プロバイダーから SQL Server 仮想マシンの登録を解除するには、az sql vm delete コマンドを使用します。To unregister your SQL Server virtual machine from the resource provider with Azure CLI, use the az sql vm delete command. これにより、SQL Server 仮想マシン "リソース" が削除されますが、仮想マシンは削除されません。This will remove the SQL Server virtual machine resource but will not delete the virtual machine.

   az sql vm delete 
     --name <SQL VM resource name> |
     --resource-group <Resource group name> |
     --yes 

解説Remarks

  • SQL VM リソースプロバイダーでサポートされているのは、Azure Resource Manager を介してデプロイされた SQL Server VM のみです。The SQL VM resource provider supports only SQL Server VMs deployed through Azure Resource Manager. クラシック モデルを介してデプロイされた SQL Server VM はサポートされません。SQL Server VMs deployed through the classic model are not supported.
  • SQL VM リソースプロバイダーでサポートされているのは、パブリック クラウドにデプロイされた SQL Server VM のみです。The SQL VM resource provider supports only SQL Server VMs deployed to the public cloud. プライベート クラウドや政府機関向けクラウドにデプロイされている場合はサポートされません。Deployments to the private or government cloud are not supported.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

Azure Marketplace の SQL Server イメージからプロビジョニングされた SQL Server VM を登録する必要はありますか?Should I register my SQL Server VM provisioned from a SQL Server image in Azure Marketplace?

No.No. Azure Marketplace の SQL Server イメージからプロビジョニングされた VM は自動的に登録されます。Microsoft automatically registers VMs provisioned from the SQL Server images in Azure Marketplace. SQL VM リソースプロバイダーへの登録が必要になるのは、VM が Azure Marketplace の SQL Server イメージからプロビジョニングされて "おらず"、SQL Server を自分でインストールした場合のみです。Registering with the SQL VM resource provider is required only if the VM was not provisioned from the SQL Server images in Azure Marketplace and SQL Server was self-installed.

SQL VM リソース プロバイダーは、すべての顧客が使用できますか。Is the SQL VM resource provider available for all customers?

はい。Yes. お客様がご自身の SQL Server VM を SQL VM リソースプロバイダーにインストールする必要があるのは、Azure Marketplace の SQL Server イメージを使用せずに自分で SQL Server をインストールした場合やカスタム VHD を購入した場合です。Customers should register their SQL Server VMs with the SQL VM resource provider if they did not use a SQL Server image from Azure Marketplace and instead self-installed SQL Server, or if they brought their custom VHD. すべての種類のサブスクリプション (Direct、Enterprise Agreement、Cloud Solution Provider) で所有されているVM は、SQL VM リソースプロバイダーに登録できます。VMs owned by all types of subscriptions (Direct, Enterprise Agreement, and Cloud Solution Provider) can register with the SQL VM resource provider.

SQL Server VM に SQL Server IaaS 拡張機能が既にインストールされている場合、SQL VM リソースプロバイダーに登録する必要はありますか?Should I register with the SQL VM resource provider if my SQL Server VM already has the SQL Server IaaS extension installed?

SQL Server VM が自分でインストールしたもので、Azure Marketplace の SQL Server イメージからプロビジョニングしたものではない場合は、SQL Server IaaS 拡張機能をインストール済みであっても SQL VM リソースプロバイダーに登録する必要があります。If your SQL Server VM is self-installed and not provisioned from the SQL Server images in Azure Marketplace, you should register with the SQL VM resource provider even if you installed the SQL Server IaaS extension. SQL VM リソースプロバイダーに登録すると、Microsoft.SqlVirtualMachines という種類の新しいリソースが作成されます。Registering with the SQL VM resource provider creates a new resource of type Microsoft.SqlVirtualMachines. SQL Server IaaS 拡張機能をインストールしても、そのリソースは作成されません。Installing the SQL Server IaaS extension does not create that resource.

SQL VM リソースプロバイダーへの登録時の既定の管理モードは何ですか?What is the default management mode when registering with the SQL VM resource provider?

SQL VM リソースプロバイダーに登録する際の既定の管理モードは "完全" です。The default management mode when you register with the SQL VM resource provider is full. SQL VM リソースプロバイダーへの登録時に SQL Server 管理プロパティが設定されていない場合、このモードは完全管理として設定されます。If the SQL Server management property isn't set when you register with the SQL VM resource provider, the mode will be set as full manageability. SQL Server IaaS 拡張機能が VM にインストールされていることが、完全管理モードで SQL VM リソースプロバイダーに登録するための前提条件になります。Having the SQL Server IaaS extension installed on the VM is the prerequisite to registering with the SQL VM resource provider in full manageability mode.

SQL VM リソースプロバイダーに登録するための前提条件は何ですか?What are the prerequisites to register with the SQL VM resource provider?

軽量モードまたはエージェントなしモードで SQL VM リソース プロバイダーに登録するための前提条件はありません。There are no prerequisites to registering with the SQL VM resource provider in lightweight mode or no-agent mode. 完全モードで SQL VM リソースプロバイダーに登録するための前提条件は、SQL Server IaaS 拡張機能が VM にインストールされていることです。The prerequisite to registering with the SQL VM resource provider in full mode is having the SQL Server IaaS extension installed on the VM.

SQL Server IaaS 拡張機能を VM にインストールしていない場合、SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register with the SQL VM resource provider if I don't have the SQL Server IaaS extension installed on the VM?

はい。SQL Server IaaS 拡張機能を VM にインストールしていない場合は、軽量管理モードで SQL VM リソースプロバイダーに登録できます。Yes, you can register with the SQL VM resource provider in lightweight management mode if you don't have the SQL Server IaaS extension installed on the VM. 軽量モードの場合、SQL VM リソースプロバイダーはコンソール アプリを使用して、その SQL Server インスタンスのバージョンとエディションを確認します。In lightweight mode, the SQL VM resource provider will use a console app to verify the version and edition of the SQL Server instance.

SQL VM リソースプロバイダーへの登録時の既定の SQL 管理モードは "完全" です。The default SQL management mode when registering with SQL VM resource provider is Full. SQL VM リソース プロバイダーに登録したときに SQL 管理プロパティが設定されていない場合、このモードは完全管理として設定されます。If SQL Management property is not set when registering with SQL VM resource provider, then the mode will be set as Full Manageability. SQL IaaS 拡張機能を VM にインストールすることが、完全管理モードで SQL VM リソース プロバイダーに登録するための前提条件です。Having SQL IaaS Extension installed on the VM is the prerequisite to registering with SQL VM resource provider in Full Manageability mode.

SQL VM リソースプロバイダーに登録すると、VM にエージェントがインストールされますか?Will registering with the SQL VM resource provider install an agent on my VM?

No.No. SQL VM リソースプロバイダーに登録した場合は、新しいメタデータ リソースのみが作成されます。Registering with the SQL VM resource provider will only create a new metadata resource. VM にエージェントがインストールされることはありません。It won't install an agent on the VM.

SQL Server IaaS 拡張機能は、完全管理を有効にする場合のみ必要です。The SQL Server IaaS extension is needed only for enabling full manageability. 管理モードを軽量から完全にアップグレードすると、SQL Server IaaS 拡張機能がインストールされ、SQL Server が再起動されます。Upgrading the manageability mode from lightweight to full will install the SQL Server IaaS extension and will restart SQL Server.

SQL Server VM リソースプロバイダーに登録すると、VM 上の SQL Server は再起動されますか?Will registering with the SQL Server VM resource provider restart SQL Server on my VM?

No.No. SQL VM リソースプロバイダーに登録した場合は、新しいメタデータ リソースのみが作成されます。Registering with the SQL VM resource provider will only create a new metadata resource. VM 上の SQL Server が再起動されることはありません。It won't restart SQL Server on the VM.

SQL Server の再起動は、SQL Server IaaS 拡張機能をインストールする場合にのみ必要です。Restarting SQL Server is needed only to install the SQL Server IaaS extension. また、SQL Server IaaS 拡張機能は、完全管理を有効にする場合に必要になります。And the SQL Server IaaS extension is needed for enabling full manageability. 管理モードを軽量から完全にアップグレードすると、SQL Server IaaS 拡張機能がインストールされ、SQL Server が再起動されます。Upgrading the manageability mode from lightweight to full will install the SQL Server IaaS extension and will restart SQL Server.

SQL VM リソースプロバイダーに登録するときの軽量モードとエージェントなし管理モードの違いは何ですか?What is the difference between lightweight and no-agent management modes when registering with the SQL VM resource provider?

エージェントなし管理モードは、Windows Server 2008 上の SQL Server 2008 と SQL Server 2008 R2 のみに使用できます。No-agent management mode is available only for SQL Server 2008 and SQL Server 2008 R2 on Windows Server 2008. これは、これらのバージョンに唯一使用できる管理モードです。It's the only available management mode for these versions. その他すべてのバージョンの SQL Server に使用可能な 2 つの管理モードとして軽量モードと完全モードがあります。For all other versions of SQL Server, the two available manageability modes are lightweight and full.

エージェントなしモードでは、SQL Server のバージョンとエディションのプロパティをお客様が設定する必要があります。No-agent mode requires SQL Server version and edition properties to be set by the customer. 軽量モードでは、VM が照会され、SQL Server インスタンスのバージョンとエディションが確認されます。Lightweight mode queries the VM to find the version and edition of the SQL Server instance.

Azure CLI を使用することで、軽量モードまたはエージェントなしモードで SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register with the SQL VM resource provider in lightweight or no-agent mode by using the Azure CLI?

No.No. この管理モード プロパティを使用できるのは、Azure PowerShell を使用して SQL VM リソースプロバイダーに登録する場合のみです。The management mode property is available only when you're registering with the SQL VM resource provider by using Azure PowerShell. Azure CLI では、SQL Server 管理プロパティの設定はサポートされていません。The Azure CLI does not support setting the SQL Server manageability property. 常に、既定の完全管理モードで SQL VM リソースプロバイダーに登録します。It always registers with the SQL VM resource provider in the default mode, full manageability.

SQL Server のライセンスの種類を指定せずに SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register with the SQL VM resource provider without specifying the SQL Server license type?

No.No. SQL VM リソースプロバイダーに登録している場合、SQL Server のライセンスの種類は省略可能なプロパティではありません。The SQL Server license type is not an optional property when you're registering with the SQL VM resource provider. Azure CLI と PowerShell の両方を使用してすべての管理モード (エージェントなし、軽量、完全) で SQL VM リソースマネージャーに登録するときに、SQL Server のライセンスの種類を従量課金制または Azure ハイブリッド特典として設定する必要があります。You have to set the SQL Server license type as pay-as-you-go or Azure Hybrid Benefit when registering with the SQL VM resource provider in all manageability modes (no-agent, lightweight, and full) by using both the Azure CLI and PowerShell.

SQL Server IaaS 拡張機能をエージェントなしモードから完全モードにアップグレードできますか?Can I upgrade the SQL Server IaaS extension from no-agent mode to full mode?

No.No. エージェントなしモードでは、管理モードを完全または軽量にアップグレードすることはできません。Upgrading the manageability mode to full or lightweight is not available for no-agent mode. これは Windows Server 2008 の技術的な制限です。This is a technical limitation of Windows Server 2008.

SQL Server IaaS 拡張機能を軽量モードから完全モードにアップグレードできますか?Can I upgrade the SQL Server IaaS extension from lightweight mode to full mode?

はい。Yes. 管理モードを軽量から完全にアップグレードすることは、PowerShell または Azure portal でサポートされています。Upgrading the manageability mode from lightweight to full is supported via PowerShell or the Azure portal. これには、SQL Server の再起動が必要です。It requires restarting SQL Server.

SQL Server IaaS 拡張機能を完全モードからエージェントなしまたは軽量管理モードにダウングレードすることはできますか?Can I downgrade the SQL Server IaaS extension from full mode to no-agent or lightweight management mode?

No.No. SQL Server IaaS 拡張機能の管理モードのダウングレードはサポートされていません。Downgrading the SQL Server IaaS extension manageability mode is not supported. この管理モードは、完全モードから軽量またはエージェントなしモードにダウングレードできません。また、軽量モードからエージェントなしモードにダウングレードすることもできません。The manageability mode can't be downgraded from full mode to lightweight or no-agent mode, and it can't be downgraded from lightweight mode to no-agent mode.

管理モードを完全管理から変更するには、SQL Server "リソース" を削除することで SQL Server リソース プロバイダーから SQL Server 仮想マシンの登録を解除し、別の管理モードでその SQL Server VM を SQL VM リソース プロバイダーに再登録します。To change the manageability mode from full manageability, unregister the SQL Server virtual machine from the SQL Server resource provider by dropping the SQL Server resource and re-register the SQL Server VM with the SQL VM resource provider again in a different management mode.

Azure portal から SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register with the SQL VM resource provider from the Azure portal?

No.No. Azure portal では SQL VM リソースプロバイダーへの登録を利用できません。Registering with the SQL VM resource provider is not available in the Azure portal. 完全管理モードでの SQL VM リソースプロバイダーへの登録は、Azure CLI または PowerShell でサポートされています。Registering with the SQL VM resource provider in full manageability mode is supported with the Azure CLI or PowerShell. 軽量またはエージェントなし管理モードでの SQL VM リソースプロバイダーへの登録は、Azure PowerShell API のみでサポートされています。Registering with the SQL VM resource provider in lightweight or no-agent manageability mode is supported only by Azure PowerShell APIs.

SQL Server をインストールする前に、VM を SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register a VM with the SQL VM resource provider before SQL Server is installed?

No.No. SQL VM リソースプロバイダーへの登録を成功させるには、VM に少なくとも 1 つの SQL Server インスタンスが必要です。A VM should have at least one SQL Server instance to successfully register with the SQL VM resource provider. VM 上に SQL Server インスタンスが存在しない場合、新しい Microsoft.SqlVirtualMachine リソースはエラー状態になります。If there is no SQL Server instance on the VM, the new Microsoft.SqlVirtualMachine resource will be in a failed state.

複数の SQL Server インスタンスがある場合、VM を SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register a VM with the SQL VM resource provider if there are multiple SQL Server instances?

はい。Yes. SQL VM リソースプロバイダーが登録する SQL Server インスタンスは 1 つだけです。The SQL VM resource provider will register only one SQL Server instance. 複数のインスタンスがある場合、SQL VM リソースプロバイダーは既定の SQL Server インスタンスを登録します。The SQL VM resource provider will register the default SQL Server instance in the case of multiple instances. 既定のインスタンスがない場合、軽量モードでの登録のみがサポートされます。If there is no default instance, then only registering in lightweight mode is supported. 軽量から完全管理モードにアップグレードするには、既定の SQL Server インスタンスが存在するか、VM に名前付き SQL Server インスタンスが 1 つだけ存在する必要があります。To upgrade from lightweight to full manageability mode, either the default SQL Server instance should exist or the VM should have only one named SQL Server instance.

SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスを SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register a SQL Server failover cluster instance with the SQL VM resource provider?

はい。Yes. Azure VM 上の SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスは SQL VM リソースプロバイダーに軽量モードで登録できます。SQL Server failover cluster instances on an Azure VM can be registered with the SQL VM resource provider in lightweight mode. ただし、SQL Server フェールオーバー クラスター インスタンスを完全管理モードにアップグレードすることはできません。However, SQL Server failover cluster instances can't be upgraded to full manageability mode.

Always On 可用性グループが構成されている場合、自分の VM を SQL VM リソースプロバイダーに登録できますか?Can I register my VM with the SQL VM resource provider if an Always On availability group is configured?

はい。Yes. Always On 可用性グループ構成に参加している場合、Azure VM 上の SQL Server インスタンスを SQL VM リソースプロバイダーに登録することに制限はありません。There are no restrictions to registering a SQL Server instance on an Azure VM with the SQL VM resource provider if you're participating in an Always On availability group configuration.

SQL VM リソース プロバイダーに登録する場合、または完全管理モードにアップグレードする場合、どのようなコストがかかりますか?What is the cost for registering with the SQL VM resource provider, or with upgrading to full manageability mode? なし。None. SQL VM リソース プロバイダーへの登録に関連する料金も、3 種類のいずれの管理モードの使用に関連する料金もかかりません。There is no fee associated with registering with the SQL VM resource provider, or with using any of the three manageability modes. ご利用の SQL Server VM をリソース プロバイダーを使用して管理する場合は、完全に無料です。Managing your SQL Server VM with the resource provider is completely free.

さまざまな管理モードを使用すると、パフォーマンスにどのような影響がありますか?What is the performance impact of using the different manageability modes? NoAgent および軽量管理性モードを使用する場合、影響はありません。There is no impact when using the NoAgent and lightweight manageability modes. OS にインストールされている 2 つのサービスから、完全管理モードを使用する場合の影響は最小限に抑えられます。There is minimal impact when using the full manageability mode from two services that are installed to the OS. これらは、タスク マネージャーを通して監視できます。These can be monitored via task manager.

次の手順Next steps

詳細については、次の記事を参照してください。For more information, see the following articles: