SAP HANA on Azure (L インスタンス) の概要とアーキテクチャSAP HANA (Large Instances) overview and architecture on Azure

SAP HANA on Azure (L インスタンス) とはWhat is SAP HANA on Azure (Large Instances)?

SAP HANA on Azure (L インスタンス) は、Azure 独自のソリューションです。SAP HANA on Azure (Large Instances) is a unique solution to Azure. Azure では、SAP HANA をデプロイおよび実行するための仮想マシンを提供するだけでなく、お客様専用のベア メタル サーバー上でも SAP HANA を実行およびデプロイすることができます。In addition to providing virtual machines for deploying and running SAP HANA, Azure offers you the possibility to run and deploy SAP HANA on bare-metal servers that are dedicated to you. SAP HANA on Azure (L インスタンス) ソリューションは、お客様に割り当てられた非共有ホスト/サーバーのベア メタル ハードウェア上に構築されます。The SAP HANA on Azure (Large Instances) solution builds on non-shared host/server bare-metal hardware that is assigned to you. サーバー ハードウェアは、コンピューティング/サーバー、ネットワーク、ストレージのインフラストラクチャを含むより大きなスタンプに埋め込まれます。The server hardware is embedded in larger stamps that contain compute/server, networking, and storage infrastructure. この全体が HANA テーラード データ センター統合 (TDI) 認定の対象となります。As a combination, it's HANA tailored data center integration (TDI) certified. SAP HANA on Azure (L インスタンス) には、さまざまなサーバー SKU やサイズが用意されています。SAP HANA on Azure (Large Instances) offers different server SKUs or sizes. ユニットは 72 CPU、768 GB のメモリを備えることができ、960 CPU、20 TB のメモリを備えたユニットまで拡張できます。Units can have 72 CPUs and 768 GB of memory and go up to units that have 960 CPUs and 20 TB of memory.

インフラストラクチャ スタンプ内のお客様の分離はテナントで行われ、次のようになります。The customer isolation within the infrastructure stamp is performed in tenants, which looks like:

  • ネットワーク: お客様に割り当てられているテナントごとに、仮想ネットワークを通じてインフラストラクチャ スタック内のお客様を分離します。Networking: Isolation of customers within infrastructure stack through virtual networks per customer assigned tenant. テナントは 1 件のお客様に割り当てられます。A tenant is assigned to a single customer. お客様は複数のテナントを持つことができます。A customer can have multiple tenants. テナントのネットワーク分離では、各テナントが同じお客様に属している場合でも、インフラストラクチャ スタンプ レベルでのテナント間のネットワーク通信が禁止されます。The network isolation of tenants prohibits network communication between tenants in the infrastructure stamp level, even if the tenants belong to the same customer.
  • ストレージ コンポーネント: ストレージ ボリュームが割り当てられているストレージ仮想マシンを通じて分離します。Storage components: Isolation through storage virtual machines that have storage volumes assigned to them. ストレージ ボリュームは 1 つのストレージ仮想マシンにのみ割り当てることができます。Storage volumes can be assigned to one storage virtual machine only. ストレージ仮想マシンは、SAP HANA TDI 認定のインフラストラクチャ スタック内の 1 つのテナントに排他的に割り当てられます。A storage virtual machine is assigned exclusively to one single tenant in the SAP HANA TDI certified infrastructure stack. そのため、ストレージ仮想マシンに割り当てられているストレージ ボリュームには、関連付けられている特定のテナント内でのみアクセスできます。As a result, storage volumes assigned to a storage virtual machine can be accessed in one specific and related tenant only. デプロイされている別のテナントには表示されません。They aren't visible between the different deployed tenants.
  • サーバーまたはホスト: サーバー ユニットまたはホスト ユニットがお客様間やテナント間で共有されることはありません。Server or host: A server or host unit isn't shared between customers or tenants. お客様にデプロイされたサーバーまたはホストは、1 つのテナントに割り当てられたアトミック ベア メタル コンピューティング ユニットです。A server or host deployed to a customer, is an atomic bare-metal compute unit that is assigned to one single tenant. 別のお客様とホストまたはサーバーを共有することになるハードウェア パーティション分割やソフト パーティション分割が使用されることはありませんNo hardware partitioning or soft partitioning is used that might result in you sharing a host or a server with another customer. 特定のテナントのストレージ仮想マシンに割り当てられたストレージ ボリュームは、このようなサーバーにマウントされます。Storage volumes that are assigned to the storage virtual machine of the specific tenant are mounted to such a server. テナントは、排他的に割り当てられている別の SKU のサーバー ユニットを 1 つから複数持つことができます。A tenant can have one to many server units of different SKUs exclusively assigned.
  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) インフラストラクチャ スタンプ内では多数のさまざまなテナントがデプロイされており、テナントの概念により、ネットワーク、ストレージ、およびコンピューティング レベルで相互に分離されています。Within an SAP HANA on Azure (Large Instances) infrastructure stamp, many different tenants are deployed and isolated against each other through the tenant concepts on networking, storage, and compute level.

これらのベア メタル サーバー ユニットでは、SAP HANA の実行のみがサポートされます。These bare-metal server units are supported to run SAP HANA only. SAP アプリケーション層またはワークロードのミドルウェア層は仮想マシン内で実行されます。The SAP application layer or workload middle-ware layer runs in virtual machines. SAP HANA on Azure (L インスタンス) のユニットを実行しているインフラストラクチャ スタンプは、Azure ネットワーク サービスのバックボーンに接続されています。The infrastructure stamps that run the SAP HANA on Azure (Large Instances) units are connected to the Azure network services backbones. これにより、SAP HANA on Azure (L インスタンス) のユニットと仮想マシン間の低遅延の接続が実現されます。In this way, low-latency connectivity between SAP HANA on Azure (Large Instances) units and virtual machines is provided.

このドキュメントは、SAP HANA on Azure (L インスタンス) について説明する複数のドキュメントの 1 つです。This document is one of several documents that cover SAP HANA on Azure (Large Instances). このドキュメントでは、基本的なアーキテクチャ、責任、ソリューションで提供されるサービスについて説明します。This document introduces the basic architecture, responsibilities, and services provided by the solution. また、ソリューションの機能の概要についても説明します。High-level capabilities of the solution are also discussed. ネットワークや接続など、他のほとんどの領域については、他の 4 つのドキュメントで詳しく説明しています。For most other areas, such as networking and connectivity, four other documents cover details and drill-down information. SAP HANA on Azure (L インスタンス) のドキュメントでは、SAP NetWeaver のインストールや VM へのデプロイについては取り上げていません。The documentation of SAP HANA on Azure (Large Instances) doesn't cover aspects of the SAP NetWeaver installation or deployments of SAP NetWeaver in VMs. Azure における SAP NetWeaver については、同じ Azure ドキュメント コンテナーにある別のドキュメントで取り上げています。SAP NetWeaver on Azure is covered in separate documents found in the same Azure documentation container.

HANA L インスタンス ガイダンスの別のドキュメントでは、次の分野について説明します。The different documents of HANA Large Instance guidance cover the following areas:

定義Definitions

このアーキテクチャ/テクニカル デプロイ ガイドでは、いくつかの一般的な定義が広く使用されています。Several common definitions are widely used in the Architecture and Technical Deployment Guide. 次の用語とその意味に注意してください。Note the following terms and their meanings:

  • IaaS: サービスとしてのインフラストラクチャ。IaaS: Infrastructure as a service.
  • PaaS: サービスとしてのプラットフォーム。PaaS: Platform as a service.
  • SaaS: サービスとしてのソフトウェア。SaaS: Software as a service.
  • SAP コンポーネント: 個々の SAP アプリケーション (ERP Central Component (ECC)、Business Warehouse (BW)、Solution Manager、Enterprise Portal (EP) など)。SAP component: An individual SAP application, such as ERP Central Component (ECC), Business Warehouse (BW), Solution Manager, or Enterprise Portal (EP). SAP コンポーネントは、従来の ABAP または Java テクノロジか、ビジネス オブジェクトなどの非 NetWeaver ベース アプリケーションに基づいて作成できます。SAP components can be based on traditional ABAP or Java technologies or a non-NetWeaver based application such as Business Objects.
  • SAP 環境: 開発、品質保証、トレーニング、ディザスター リカバリー、運用など、ビジネス機能を実行するために論理的にグループ化された、1 つまたは複数の SAP コンポーネント。SAP environment: One or more SAP components logically grouped to perform a business function, such as development, quality assurance, training, disaster recovery, or production.
  • SAP ランドスケープ: IT 環境内にある SAP 資産全体を指します。SAP landscape: Refers to the entire SAP assets in your IT landscape. SAP ランドス ケープには、運用環境と非運用環境のすべてが含まれます。The SAP landscape includes all production and non-production environments.
  • SAP システム: SAP ERP 開発システム、SAP BW テスト システム、SAP CRM 運用システムなどの DBMS 層とアプリケーション層の組み合わせ。SAP system: The combination of DBMS layer and application layer of, for example, an SAP ERP development system, an SAP BW test system, and an SAP CRM production system. Azure のデプロイでは、この 2 つの層をオンプレミスと Azure に分けることはできません。Azure deployments don't support dividing these two layers between on-premises and Azure. SAP システムは、オンプレミスまたは Azure のいずれかにデプロイされます。An SAP system is either deployed on-premises or it's deployed in Azure. SAP ランドスケープの各種システムは、Azure とオンプレミスのどちらにデプロイしても構いません。You can deploy the different systems of an SAP landscape into either Azure or on-premises. たとえば、SAP CRM の開発システムとテスト システムを Azure にデプロイし、SAP CRM 運用システムをオンプレミスにデプロイできます。For example, you can deploy the SAP CRM development and test systems in Azure while you deploy the SAP CRM production system on-premises. SAP HANA on Azure (L インスタンス) の場合、VM で SAP システムの SAP アプリケーション層をホストし、SAP HANA on Azure (L インスタンス) スタンプのユニットで関連する SAP HANA インスタンスをホストすることを目的としています。For SAP HANA on Azure (Large Instances), it's intended that you host the SAP application layer of SAP systems in VMs and the related SAP HANA instance on a unit in the SAP HANA on Azure (Large Instances) stamp.
  • L インスタンス スタンプ: SAP HANA TDI 認定のハードウェア インフラストラクチャ スタック。Azure 内で SAP HANA インスタンスを実行するための専用のスタックです。Large Instance stamp: A hardware infrastructure stack that is SAP HANA TDI-certified and dedicated to run SAP HANA instances within Azure.
  • SAP HANA on Azure (L インスタンス): さまざまな Azure リージョンの L インスタンス スタンプにデプロイされた SAP HANA TDI 認定ハードウェアで HANA インスタンスを実行する、Azure におけるサービスの正式名称。SAP HANA on Azure (Large Instances): Official name for the offer in Azure to run HANA instances in on SAP HANA TDI-certified hardware that's deployed in Large Instance stamps in different Azure regions. 関連用語の HANA L インスタンスは、SAP HANA on Azure (L インスタンス) の省略形であり、このテクニカル デプロイ ガイドで広く使用されています。The related term HANA Large Instance is short for SAP HANA on Azure (Large Instances) and is widely used in this technical deployment guide.
  • クロスプレミス: オンプレミスのデータ センターと Azure の間で、サイト間接続、マルチサイト接続、または Azure ExpressRoute 接続を使用する Azure サブスクリプションに VM をデプロイするシナリオを指します。Cross-premises: Describes a scenario where VMs are deployed to an Azure subscription that has site-to-site, multi-site, or Azure ExpressRoute connectivity between on-premises data centers and Azure. この種のデプロイは、共通の Azure ドキュメントでもクロスプレミス シナリオとして説明されています。In common Azure documentation, these kinds of deployments are also described as cross-premises scenarios. この接続の目的は、オンプレミスのドメイン、オンプレミスの Azure Active Directory/OpenLDAP、およびオンプレミスの DNS を Azure に拡張することです。The reason for the connection is to extend on-premises domains, on-premises Azure Active Directory/OpenLDAP, and on-premises DNS into Azure. オンプレミスのランドスケープが、Azure サブスクリプションの Azure 資産に拡張されます。The on-premises landscape is extended to the Azure assets of the Azure subscriptions. この拡張により、VM をオンプレミス ドメインに含めることができます。With this extension, the VMs can be part of the on-premises domain.

    オンプレミス ドメインのドメイン ユーザーは、サーバーにアクセスし、それらの VM 上でサービス (DBMS サービスなど) を実行できます。Domain users of the on-premises domain can access the servers and run services on those VMs (such as DBMS services). オンプレミスにデプロイした VM と Azure にデプロイした VM 間での通信と名前解決が可能です。Communication and name resolution between VMs deployed on-premises and Azure-deployed VMs is possible. このシナリオが、ほとんどの SAP 資産をデプロイする際の一般的な方法です。This scenario is typical of the way in which most SAP assets are deployed. 詳細については、Azure VPN ゲートウェイの計画と設計に関する記事、およびAzure Portal を使用したサイト間接続の仮想ネットワークの作成に関する記事をご覧ください。For more information, see Plan and design for Azure VPN Gateway and Create a virtual network with a site-to-site connection by using the Azure portal.

  • テナント: HANA L インスタンス スタンプにデプロイされたお客様は、"テナント" に分離されます。Tenant: A customer deployed in HANA Large Instance stamp gets isolated into a tenant. テナントは、ネットワーク、ストレージ、およびコンピューティング レイヤーで他のテナントから分離されます。A tenant is isolated in the networking, storage, and compute layer from other tenants. 別のテナントに割り当てられているストレージ ユニットやコンピューティング ユニットは、HANA L インスタンス スタンプ レベルで相互に認識したり通信したりすることはできません。Storage and compute units assigned to the different tenants can't see each other or communicate with each other on the HANA Large Instance stamp level. 同じお客様が別々のテナントにデプロイを置くこともありますが、A customer can choose to have deployments into different tenants. その場合でも HANA L インスタンス スタンプ レベルでテナント間が通信することはありません。Even then, there is no communication between tenants on the HANA Large Instance stamp level.
  • SKU カテゴリ: HANA L インスタンスの場合、次の 2 つの SKU のカテゴリが提供されます。SKU category: For HANA Large Instance, the following two categories of SKUs are offered:
    • Type I クラス: S72、S72m、S144、S144m、S192、S192m、S192xmType I class: S72, S72m, S144, S144m, S192, S192m, and S192xm
    • Type II クラス: S384、S384m、S384xm、S384xxm、S576m、S576xm、S768m、S768xm 、S960mType II class: S384, S384m, S384xm, S384xxm, S576m, S576xm, S768m, S768xm , and S960m

クラウドに SAP ワークロードをデプロイする方法については、他のさまざまなリソースが用意されています。A variety of additional resources are available on how to deploy an SAP workload in the cloud. Azure への SAP HANA のデプロイを計画する場合、Azure IaaS の原則と Azure IaaS での SAP ワークロードのデプロイに関する知識と経験が必要です。If you plan to execute a deployment of SAP HANA in Azure, you need to be experienced with and aware of the principles of Azure IaaS and the deployment of SAP workloads on Azure IaaS. 作業を続行する前に、Azure 仮想マシンでの SAP ソリューションの使用に関する記事で詳細を確認してください。Before you continue, see Use SAP solutions on Azure virtual machines for more information.

認定Certification

SAP では、Azure IaaS などの特定のインフラストラクチャ上の SAP HANA をサポートするための要件として、NetWeaver 認定資格のほか、SAP HANA の特別な認定資格を要求しています。Besides the NetWeaver certification, SAP requires a special certification for SAP HANA to support SAP HANA on certain infrastructures, such as Azure IaaS.

NetWeaver (および一部の SAP HANA 認定資格) に関する主要な SAP ノートは、「SAP Note #1928533 - SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types (SAP ノート #1928533 - Azure 上の SAP アプリケーション: サポート対象の製品と Azure VM の種類)」です。The core SAP Note on NetWeaver, and to a degree SAP HANA certification, is SAP Note #1928533 – SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types.

SAP Note #2316233 - SAP HANA on Microsoft Azure (Large Instances) (SAP ノート #2316233 - SAP HANA on Microsoft Azure (L インスタンス))」も重要です。The SAP Note #2316233 - SAP HANA on Microsoft Azure (Large Instances) is also significant. この SAP ノートでは、このガイドで説明するソリューションについて取り上げています。It covers the solution described in this guide. また、GS5 VM の種類の Azure での SAP HANA の実行がサポートされています。Additionally, you are supported to run SAP HANA in the GS5 VM type of Azure. このケースの情報は、SAP の Web サイトで公開されています。Information for this case is published on the SAP website.

SAP ノート #2316233 で取り上げられている SAP HANA on Azure (L インスタンス) ソリューションを使用すると、Microsoft と SAP のお客様は大規模な SAP Business Suite、SAP BW、S/4 HANA、BW/4HANA、または他の SAP HANA ワークロードを Azure にデプロイできます。The SAP HANA on Azure (Large Instances) solution referred to in SAP Note #2316233 provides Microsoft and SAP customers the ability to deploy large SAP Business Suite, SAP BW, S/4 HANA, BW/4HANA, or other SAP HANA workloads in Azure. このソリューションは、SAP-HANA 認定の専用のハードウェア スタンプ (SAP HANA テーラード データ センター統合 - TDI) に基づいています。The solution is based on the SAP-HANA certified dedicated hardware stamp (SAP HANA tailored data center integration – TDI). SAP HANA TDI で構成されたソリューションを実行すると、SAP HANA ベースのすべてのアプリケーション (SAP Business Suite on SAP HANA、SAP BW on SAP HANA、S4/HANA、BW4/HANA など) がハードウェア インフラストラクチャ上で動作します。If you run an SAP HANA TDI-configured solution, all SAP HANA-based applications (such as SAP Business Suite on SAP HANA, SAP BW on SAP HANA, S4/HANA, and BW4/HANA) works on the hardware infrastructure.

VM で SAP HANA を実行する場合に比べ、このソリューションには利点があります。Compared to running SAP HANA in VMs, this solution has a benefit. このソリューションでは、メモリ ボリュームが大幅に増加します。It provides for much larger memory volumes. このソリューションを有効にする場合は、次の重要な側面を理解しておく必要があります。To enable this solution, you need to understand the following key aspects:

  • SAP アプリケーション層と SAP 以外のアプリケーションは、通常の Azure ハードウェア スタンプでホストされる VM で実行されます。The SAP application layer and non-SAP applications run in VMs that are hosted in the usual Azure hardware stamps.
  • お客様のオンプレミスのインフラストラクチャ、データ センター、アプリケーションのデプロイは、ExpressRoute (推奨) または仮想プライベート ネットワーク (VPN) 経由でクラウド プラットフォームに接続されます。Customer on-premises infrastructure, data centers, and application deployments are connected to the cloud platform through ExpressRoute (recommended) or a virtual private network (VPN). Active Directory と DNS も Azure に拡張されます。Active Directory and DNS also are extended into Azure.
  • HANA ワークロード用の SAP HANA データベース インスタンスは SAP HANA on Azure (L インスタンス) で実行されます。The SAP HANA database instance for HANA workload runs on SAP HANA on Azure (Large Instances). L インスタンス スタンプは Azure ネットワークに接続されるので、VM で実行されるソフトウェアは HANA L インスタンスで実行される HANA インスタンスとやり取りできます。The Large Instance stamp is connected into Azure networking, so software running in VMs can interact with the HANA instance running in HANA Large Instance.
  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) のハードウェアは、SUSE Linux Enterprise Server または Red Hat Enterprise Linux がプレインストールされた IaaS で提供される専用のハードウェアです。Hardware of SAP HANA on Azure (Large Instances) is dedicated hardware provided in an IaaS with SUSE Linux Enterprise Server or Red Hat Enterprise Linux preinstalled. 仮想マシンと同様に、オペレーティング システムの更新とメンテナンスはお客様が行います。As with virtual machines, further updates and maintenance to the operating system is your responsibility.
  • HANA のインストール、または HANA L インスタンスのユニットで SAP HANA を実行するために必要な追加コンポーネントのインストールはお客様が行います。Installation of HANA or any additional components necessary to run SAP HANA on units of HANA Large Instance is your responsibility. SAP HANA on Azure の個々の継続的な運用と管理もお客様が行います。All respective ongoing operations and administration of SAP HANA on Azure are also your responsibility.
  • ここで説明するソリューション以外にも、SAP HANA on Azure (L インスタンス) に接続する Azure サブスクリプションに他のコンポーネントをインストールできます。In addition to the solutions described here, you can install other components in your Azure subscription that connects to SAP HANA on Azure (Large Instances). 例として、SAP HANA データベースとの (直接) 通信を可能にするコンポーネント (ジャンプ サーバー、RDP サーバー、SAP HANA Studio、SAP BI シナリオ向け SAP Data Services、ネットワーク監視ソリューションなど) が挙げられます。Examples are components that enable communication with or directly to the SAP HANA database, such as jump servers, RDP servers, SAP HANA Studio, SAP Data Services for SAP BI scenarios, or network monitoring solutions.
  • Azure 内と同様に、HANA L インスタンスは高可用性とディザスター リカバリー機能をサポートします。As in Azure, HANA Large Instance offers support for high availability and disaster recovery functionality.

アーキテクチャArchitecture

大まかに言うと、SAP HANA on Azure (L インスタンス) ソリューションでは、VM 内に SAP アプリケーション層があります。At a high level, the SAP HANA on Azure (Large Instances) solution has the SAP application layer residing in VMs. データベース層は、Azure IaaS に接続される同じ Azure リージョン内の L インスタンス スタンプにある SAP TDI で構成されたハードウェア上にあります。The database layer resides on SAP TDI-configured hardware located in a Large Instance stamp in the same Azure region that is connected to Azure IaaS.

注意

SAP アプリケーション層は、SAP DBMS 層と同じ Azure リージョンにデプロイします。Deploy the SAP application layer in the same Azure region as the SAP DBMS layer. この規則は、Azure 上の SAP ワークロードに関して公開されている情報で明確に文書化されています。This rule is well documented in published information about SAP workloads on Azure.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) の全体的なアーキテクチャでは、SAP TDI 認定のハードウェア構成 (SAP HANA データベース用の仮想化されていない、ベア メタルの高パフォーマンス サーバー) が提供されます。The overall architecture of SAP HANA on Azure (Large Instances) provides an SAP TDI-certified hardware configuration, which is a non-virtualized, bare metal, high-performance server for the SAP HANA database. また、SAP アプリケーション層のリソースをニーズに合わせてスケーリングするための Azure の機能と柔軟性も提供されます。It also provides the ability and flexibility of Azure to scale resources for the SAP application layer to meet your needs.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) のアーキテクチャの概要

上記のアーキテクチャは、次の 3 つのセクションに分かれています。The architecture shown is divided into three sections:

  • : エンド ユーザーが LOB アプリケーション (SAP など) にアクセスできるように、データ センターでさまざまなアプリケーションを実行するオンプレミスのインフラストラクチャを示します。Right: Shows an on-premises infrastructure that runs different applications in data centers so that end users can access LOB applications, such as SAP. ExpressRoute を使用して、このオンプレミスのインフラストラクチャを Azure に接続するのが理想的です。Ideally, this on-premises infrastructure is then connected to Azure with ExpressRoute.

  • 中央: Azure IaaS を示します。この例では、VM を使用して、SAP アプリケーションや、SAP HANA を DBMS システムとして使用する他のアプリケーションをホストします。Center: Shows Azure IaaS and, in this case, use of VMs to host SAP or other applications that use SAP HANA as a DBMS system. VM が提供するメモリを使用して機能する小規模な HANA インスタンスは、アプリケーション層と共に VM にデプロイされます。Smaller HANA instances that function with the memory that VMs provide are deployed in VMs together with their application layer. 仮想マシンの詳細については、「Virtual Machines」をご覧ください。For more information about virtual machines, see Virtual machines.

    Azure ネットワーク サービスは、SAP システムと他のアプリケーションをグループ化して仮想ネットワークを作成する際に使用されます。Azure network services are used to group SAP systems together with other applications into virtual networks. これらの仮想ネットワークは、オンプレミスのシステムおよび SAP HANA on Azure (L インスタンス) に接続します。These virtual networks connect to on-premises systems as well as to SAP HANA on Azure (Large Instances).

    Azure で実行するためにサポートされている SAP NetWeaver アプリケーションおよびデータベースについては、「SAP Support Note #1928533 - SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types (SAP サポート ノート #1928533 - Azure 上の SAP アプリケーション: サポート対象の製品と Azure VM の種類)」をご覧ください。For SAP NetWeaver applications and databases that are supported to run in Azure, see SAP Support Note #1928533 – SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types. Azure で SAP ソリューションをデプロイする方法については、次のドキュメントをご覧ください。For documentation on how to deploy SAP solutions on Azure, see:

  • : Azure L インスタンス スタンプの SAP HANA TDI 認定ハードウェアを示します。Left: Shows the SAP HANA TDI-certified hardware in the Azure Large Instance stamp. HANA L インスタンス ユニットは、オンプレミスから Azure への接続と同じテクノロジを使用してサブスクリプションの仮想ネットワークに接続されます。The HANA Large Instance units are connected to the virtual networks of your subscription by using the same technology as the connectivity from on-premises into Azure.

Azure L インスタンス スタンプ自体は次のコンポーネントを結合します。The Azure Large Instance stamp itself combines the following components:

  • コンピューティング: 必要なコンピューティング能力を提供し、SAP HANA 認定を受けている Intel Xeon E7-8890v3 プロセッサまたは Intel Xeon E7-8890v4 プロセッサを搭載したサーバー。Computing: Servers that are based on Intel Xeon E7-8890v3 or Intel Xeon E7-8890v4 processors that provide the necessary computing capability and are SAP HANA certified.
  • ネットワーク: コンピューティング、ストレージ、および LAN コンポーネントを相互接続する統合された高速ネットワーク ファブリック。Network: A unified high-speed network fabric that interconnects the computing, storage, and LAN components.
  • ストレージ: 統合されたネットワーク ファブリック経由でアクセスするストレージ インフラストラクチャ。Storage: A storage infrastructure that is accessed through a unified network fabric. デプロイする SAP HANA on Azure (L インスタンス) 構成に応じて、特定のストレージ容量が提供されます。The specific storage capacity that is provided depends on the specific SAP HANA on Azure (Large Instances) configuration that is deployed. 追加の月額料金をお支払いいただくと、ストレージ容量を増やすことができます。More storage capacity is available at an additional monthly cost.

L インスタンス スタンプのマルチテナント インフラストラクチャ内では、分離されたテナントとしてお客様の環境がデプロイされます。Within the multi-tenant infrastructure of the Large Instance stamp, customers are deployed as isolated tenants. テナントのデプロイ時に、Azure 加入契約内で Azure サブスクリプションに名前を付けます。At deployment of the tenant, you name an Azure subscription within your Azure enrollment. これが、HANA L インスタンスの課金対象となる Azure サブスクリプションになります。This Azure subscription is the one that the HANA Large Instance is billed against. これらのテナントには Azure サブスクリプションとの 1 対 1 の関係があります。These tenants have a 1:1 relationship to the Azure subscription. ネットワークについては、異なる Azure サブスクリプションに属する異なる仮想ネットワークから、1 つの Azure リージョン内の 1 つのテナントにデプロイされた HANA L インスタンス ユニットにアクセスできます。For a network, it's possible to access a HANA Large Instance unit deployed in one tenant in one Azure region from different virtual networks that belong to different Azure subscriptions. それらの Azure サブスクリプションが同じ Azure 加入契約に属している必要があります。Those Azure subscriptions must belong to the same Azure enrollment.

VM と同様に、SAP HANA on Azure (L インスタンス) は複数の Azure リージョンで提供されます。As with VMs, SAP HANA on Azure (Large Instances) is offered in multiple Azure regions. ディザスター リカバリー機能を提供するために、オプトインを選択できます。To offer disaster recovery capabilities, you can choose to opt in. 1 つの地政学的リージョン内の異なる L インスタンス スタンプが相互に接続されます。Different Large Instance stamps within one geo-political region are connected to each other. たとえば、米国西部と米国東部の HANA L インスタンス スタンプは、ディザスター リカバリー レプリケーションのために、専用のネットワーク リンクを介して接続されます。For example, HANA Large Instance Stamps in US West and US East are connected through a dedicated network link for disaster recovery replication.

Azure Virtual Machines でさまざまな VM の種類の中から選択できるのと同様に、SAP HANA のさまざまなワークロードの種類に対応した HANA L インスタンスの各種 SKU の中から選択できます。Just as you can choose between different VM types with Azure Virtual Machines, you can choose from different SKUs of HANA Large Instance that are tailored for different workload types of SAP HANA. SAP では、Intel プロセッサの世代に基づいて、さまざまなワークロードにメモリ対プロセッサ ソケット比を適用します。SAP applies memory-to-processor-socket ratios for varying workloads based on the Intel processor generations. 提供される SKU の種類を次の表に示します。The following table shows the SKU types offered.

2017 年 7 月時点で、SAP HANA on Azure (L インスタンス) は、米国西部、米国東部、オーストラリア東部、オーストラリア南東部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパの各 Azure リージョンで、次のような複数の構成で提供されています。As of July 2017, SAP HANA on Azure (Large Instances) is available in several configurations in the Azure regions of US West and US East, Australia East, Australia Southeast, West Europe, and North Europe.

SAP ソリューションSAP solution CPUCPU メモリMemory StorageStorage 可用性Availability
OLAP 用に最適化: SAP BW、BW/4HANA、Optimized for OLAP: SAP BW, BW/4HANA
または SAP HANA (一般的な OLAP ワークロード向け)or SAP HANA for generic OLAP workload
SAP HANA on Azure S72SAP HANA on Azure S72
– 2 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v3– 2 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v3
36 CPU コアと 72 CPU スレッド36 CPU cores and 72 CPU threads
768 GB768 GB 3 TB3 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S144SAP HANA on Azure S144
– 4 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v3– 4 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v3
72 CPU コアと 144 CPU スレッド72 CPU cores and 144 CPU threads
1.5 TB1.5 TB 6 TB6 TB 提供終了Not offered anymore
--- SAP HANA on Azure S192SAP HANA on Azure S192
– 4 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 4 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
96 CPU コアと 192 CPU スレッド96 CPU cores and 192 CPU threads
2.0 TB2.0 TB 8 TB8 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S384SAP HANA on Azure S384
– 8 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 8 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
192 CPU コアと 384 CPU スレッド192 CPU cores and 384 CPU threads
4.0 TB4.0 TB 16 TB16 TB 使用可能Available
OLTP 用に最適化: SAP Business SuiteOptimized for OLTP: SAP Business Suite
on SAP HANA または S/4HANA (OLTP)、on SAP HANA or S/4HANA (OLTP),
一般的な OLTPgeneric OLTP
SAP HANA on Azure S72mSAP HANA on Azure S72m
– 2 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v3– 2 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v3
36 CPU コアと 72 CPU スレッド36 CPU cores and 72 CPU threads
1.5 TB1.5 TB 6 TB6 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S144mSAP HANA on Azure S144m
– 4 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v3– 4 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v3
72 CPU コアと 144 CPU スレッド72 CPU cores and 144 CPU threads
3.0 TB3.0 TB 12 TB12 TB 提供終了Not offered anymore
--- SAP HANA on Azure S192mSAP HANA on Azure S192m
– 4 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 4 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
96 CPU コアと 192 CPU スレッド96 CPU cores and 192 CPU threads
4.0 TB4.0 TB 16 TB16 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S384mSAP HANA on Azure S384m
– 8 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 8 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
192 CPU コアと 384 CPU スレッド192 CPU cores and 384 CPU threads
6.0 TB6.0 TB 18 TB18 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S384xmSAP HANA on Azure S384xm
– 8 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 8 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
192 CPU コアと 384 CPU スレッド192 CPU cores and 384 CPU threads
8.0 TB8.0 TB 22 TB22 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S576mSAP HANA on Azure S576m
– 12 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 12 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
288 CPU コアと 576 CPU スレッド288 CPU cores and 576 CPU threads
12.0 TB12.0 TB 28 TB28 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S768mSAP HANA on Azure S768m
– 16 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 16 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
384 CPU コアと 768 CPU スレッド384 CPU cores and 768 CPU threads
16.0 TB16.0 TB 36 TB36 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S960mSAP HANA on Azure S960m
– 20 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 20 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
480 CPU コアと 960 CPU スレッド480 CPU cores and 960 CPU threads
20.0 TB20.0 TB 46 TB46 TB 使用可能Available
OLTP TDIv5 用に最適化: SAP Business SuiteOptimized for OLTP TDIv5: SAP Business Suite
on SAP HANA または S/4HANA (OLTP)、on SAP HANA or S/4HANA (OLTP),
一般的な OLTPgeneric OLTP
SAP HANA on Azure S192xmSAP HANA on Azure S192xm
– 4 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 4 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
96 CPU コアと 192 CPU スレッド96 CPU cores and 192 CPU threads
6.0 TB6.0 TB 16 TB16 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S384xxmSAP HANA on Azure S384xxm
– 8 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 8 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
192 CPU コアと 384 CPU スレッド192 CPU cores and 384 CPU threads
12.0 TB12.0 TB 28 TB28 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S576xmSAP HANA on Azure S576xm
– 12 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 12 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
288 CPU コアと 576 CPU スレッド288 CPU cores and 576 CPU threads
18.0 TB18.0 TB 41 TB41 TB 使用可能Available
--- SAP HANA on Azure S768xmSAP HANA on Azure S768xm
– 16 x Intel® Xeon® プロセッサ E7-8890 v4– 16 x Intel® Xeon® Processor E7-8890 v4
384 CPU コアと 768 CPU スレッド384 CPU cores and 768 CPU threads
24.0 TB24.0 TB 56 TB56 TB 使用可能Available
  • CPU コア = サーバー ユニットのプロセッサの合計の、非ハイパースレッド CPU コアの合計。CPU cores = sum of non-hyper-threaded CPU cores of the sum of the processors of the server unit.
  • CPU スレッド = サーバー ユニットのプロセッサの合計の、ハイパースレッド CPU コアによって提供されるコンピューティング スレッドの合計。CPU threads = sum of compute threads provided by hyper-threaded CPU cores of the sum of the processors of the server unit. すべてのユニットは、ハイパースレッディング テクノロジを使用するように既定で構成されます。All units are configured by default to use Hyper-Threading Technology.

選択する構成は、ワークロード、CPU リソース、および必要なメモリによって異なります。The specific configurations chosen are dependent on workload, CPU resources, and desired memory. OLTP ワークロードでは、OLAP ワークロードに最適化された SKU をご利用いただけます。It's possible for the OLTP workload to use the SKUs that are optimized for the OLAP workload.

すべてのプランのハードウェア ベースは、SAP HANA TDI 認定を受けています。The hardware base for all the offers are SAP HANA TDI-certified. ハードウェアの 2 種類のクラスでは、SKU を次のように分けています。Two different classes of hardware divide the SKUs into:

  • S72、S72m、S144、S144m、S192、S192m、S192xm は、"Type I クラス" の SKU と呼ばれます。S72, S72m, S144, S144m, S192, S192m, and S192xm, which are referred to as the "Type I class" of SKUs.
  • S384、S384m、S384xm、S384xxm、S576m、S576xm、S768m、S768xm、S960m は、"Type II クラス" の SKU と呼ばれます。S384, S384m, S384xm, S384xxm, S576m, S576xm S768m, S768xm and S960m, which are referred to as the "Type II class" of SKUs.

完全な HANA L インスタンス スタンプは、1 件のお客様専用に割り当てられるわけではありません。A complete HANA Large Instance stamp isn't exclusively allocated for a single customer's use. これは、Azure にデプロイされたネットワーク ファブリック経由で接続されるコンピューティング リソースとストレージ リソースのラックにも当てはまります。This fact applies to the racks of compute and storage resources connected through a network fabric deployed in Azure as well. Azure などの HANA L インスタンス インフラストラクチャでは、次の 3 つのレベルで相互に分離されたお客様のさまざまな "テナント" をデプロイします。HANA Large Instance infrastructure, like Azure, deploys different customer "tenants" that are isolated from one another in the following three levels:

  • ネットワーク: HANA L インスタンス スタンプ内の仮想ネットワークによって分離します。Network: Isolation through virtual networks within the HANA Large Instance stamp.
  • ストレージ: ストレージ ボリュームが割り当てられており、テナント間でストレージ ボリュームを分離するストレージ仮想マシンによって分離します。Storage: Isolation through storage virtual machines that have storage volumes assigned and isolate storage volumes between tenants.
  • コンピューティング: サーバー ユニットを 1 つのテナント専用に割り当てます。Compute: Dedicated assignment of server units to a single tenant. サーバー ユニットがハード パーティション分割やソフト パーティション分割されることはありません。No hard or soft partitioning of server units. 1 つのサーバー ユニットやホスト ユニットがテナント間で共有されることもありません。No sharing of a single server or host unit between tenants.

異なるテナント間で HANA L インスタンス ユニットのデプロイが相互に表示されることはありません。The deployments of HANA Large Instance units between different tenants aren't visible to each other. 異なるテナントにデプロイされた HANA L インスタンス ユニットは、HANA L インスタンス スタンプ レベルで相互に直接通信することはできません。HANA Large Instance units deployed in different tenants can't communicate directly with each other on the HANA Large Instance stamp level. HANA L インスタンス スタンプ レベルでは、同じテナント内の HANA L インスタンス ユニットだけが相互に通信できます。Only HANA Large Instance units within one tenant can communicate with each other on the HANA Large Instance stamp level.

L インスタンス スタンプにデプロイされたテナントは、課金のために 1 つの Azure サブスクリプションに割り当てられます。A deployed tenant in the Large Instance stamp is assigned to one Azure subscription for billing purposes. ネットワークについては、同じ Azure 加入契約内の他の Azure サブスクリプションの仮想ネットワークからアクセスできます。For a network, it can be accessed from virtual networks of other Azure subscriptions within the same Azure enrollment. 同じ Azure リージョンの別の Azure サブスクリプションを使用してデプロイする場合は、分離された HANA L インスタンス テナントを要求することもできます。If you deploy with another Azure subscription in the same Azure region, you also can choose to ask for a separated HANA Large Instance tenant.

HANA L インスタンスで実行される SAP HANA と、Azure にデプロイされた VM で実行される SAP HANA には大きな違いがあります。There are significant differences between running SAP HANA on HANA Large Instance and SAP HANA running on VMs deployed in Azure:

  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) の仮想化層はありません。There is no virtualization layer for SAP HANA on Azure (Large Instances). 基になるベア メタル ハードウェアのパフォーマンスを確保します。You get the performance of the underlying bare-metal hardware.
  • Azure とは異なり、SAP HANA on Azure (L インスタンス) サーバーは特定のお客様に専用のサーバーです。Unlike Azure, the SAP HANA on Azure (Large Instances) server is dedicated to a specific customer. サーバー ユニットまたはホスト ユニットがハード パーティション分割やソフト パーティション分割されることはありません。There is no possibility that a server unit or host is hard or soft partitioned. そのため、HANA L インスタンス ユニットは、その全体がテナントに割り当てられ、テナントがお客様に割り当てられて使用されます。As a result, a HANA Large Instance unit is used as assigned as a whole to a tenant and with that to you. サーバーを再起動またはシャットダウンしても、オペレーティング システムと SAP HANA が別のサーバーに自動的にデプロイされることはありません A reboot or shutdown of the server doesn't lead automatically to the operating system and SAP HANA being deployed on another server. (Type I クラスの SKU の場合、唯一の例外は、サーバーで問題が発生し、別のサーバーで再デプロイを実行する必要がある場合です)。(For Type I class SKUs, the only exception is if a server encounters issues and redeployment needs to be performed on another server.)
  • Azure とは異なり、価格/パフォーマンス比が最も高くなるようにホスト プロセッサの種類を選択する場合は、Intel E7v3 および E7v4 プロセッサ ラインの最もパフォーマンスが高いプロセッサが SAP HANA on Azure (L インスタンス) 用に選択されます。Unlike Azure, where host processor types are selected for the best price/performance ratio, the processor types chosen for SAP HANA on Azure (Large Instances) are the highest performing of the Intel E7v3 and E7v4 processor line.

1 つの HANA L インスタンス ユニットでの複数の SAP HANA インスタンスの実行Run multiple SAP HANA instances on one HANA Large Instance unit

HANA L インスタンス ユニットで複数のアクティブな SAP HANA インスタンスをホストできます。It's possible to host more than one active SAP HANA instance on HANA Large Instance units. ストレージ スナップショットとディザスター リカバリーの機能を提供するために、このような構成ではインスタンスごとにボリューム セットが必要になります。To provide the capabilities of storage snapshots and disaster recovery, such a configuration requires a volume set per instance. 現時点では、HANA L インスタンス ユニットを次のように分けることができます。Currently, HANA Large Instance units can be subdivided as follows:

  • S72、S72m、S144、S192: 256 GB の最小ユニットから 256 GB ずつ増加。S72, S72m, S144, S192: In increments of 256 GB, with 256 GB the smallest starting unit. 256 GB、512 GB などの異なる増分値をユニットの最大メモリまで組み合わせることができます。Different increments such as 256 GB and 512 GB can be combined to the maximum of the memory of the unit.
  • S144m、S192m: 512 GB の最小ユニットから 256 GB ずつ増加。S144m and S192m: In increments of 256 GB, with 512 GB the smallest unit. 512 GB、768 GB などの異なる増分値をユニットの最大メモリまで組み合わせることができます。Different increments such as 512 GB and 768 GB can be combined to the maximum of the memory of the unit.
  • Type II クラス: 2 TB の最小ユニットから 512 GB ずつ増加。Type II class: In increments of 512 GB, with the smallest starting unit of 2 TB. 512 GB、1 TB、1.5 TB などの異なる増分値をユニットの最大メモリまで組み合わせることができます。Different increments such as 512 GB, 1 TB, and 1.5 TB can be combined to the maximum of the memory of the unit.

複数の SAP HANA インスタンスの実行例は次のようになります。Some examples of running multiple SAP HANA instances might look like the following.

SKUSKU メモリ サイズMemory size ストレージ サイズStorage size 複数のデータベースとサイズSizes with multiple databases
S72S72 768 GB768 GB 3 TB3 TB 768 GB HANA インスタンス x 11x768 GB HANA instance
または 512 GB インスタンス x 1 + 256 GB インスタンス x 1or 1x512 GB instance + 1x256 GB instance
または 256 GB インスタンス x 3or 3x256 GB instances
S72mS72m 1.5 TB1.5 TB 6 TB6 TB 512 GB HANA インスタンス x 33x512GB HANA instances
または 512 GB インスタンス x 1 + 1 TB インスタンス x 1or 1x512 GB instance + 1x1 TB instance
または 256 GB インスタンス x 6or 6x256 GB instances
または 1.5 TB インスタンス x 1or 1x1.5 TB instance
S192mS192m 4 TB4 TB 16 TB16 TB 512 GB インスタンス x 88x512 GB instances
または 1 TB インスタンス x 4or 4x1 TB instances
または 512 GB インスタンス x 4 + 1 TB インスタンス x 2or 4x512 GB instances + 2x1 TB instances
または 768 GB インスタンス x 4 + 512 GB インスタンス x 2or 4x768 GB instances + 2x512 GB instances
または 4 TB インスタンス x 1or 1x4 TB instance
S384xmS384xm 8 TB8 TB 22 TB22 TB 2 TB インスタンス x 44x2 TB instances
または 4 TB インスタンス x 2or 2x4 TB instances
または 3 TB インスタンス x 2 + 2 TB インスタンス x 1or 2x3 TB instances + 1x2 TB instances
または 2.5 TB インスタンス x 2 + 3 TB インスタンス x 1or 2x2.5 TB instances + 1x3 TB instances
または 8 TB インスタンス x 1or 1x8 TB instance

他のバリエーションもあります。There are other variations as well.

SAP HANA のデータ階層化と拡張ノードの使用Use SAP HANA data tiering and extension nodes

SAP では、さまざまな SAP NetWeaver リリースの SAP BW および SAP BW/4HANA のデータ階層化モデルをサポートしています。SAP supports a data tiering model for SAP BW of different SAP NetWeaver releases and SAP BW/4HANA. データ階層化モデルの詳細については、SAP ドキュメントの「SAP BW/4HANA and SAP BW on HANA with SAP HANA extension nodes (SAP HANA 拡張ノードを持つ SAP BW/4HANA および SAP BW-on-HANA)」をご覧ください。For more information about the data tiering model, see the SAP document SAP BW/4HANA and SAP BW on HANA with SAP HANA extension nodes. HANA L インスタンスを使用すると、FAQ および SAP ブログ ドキュメントで説明する SAP HANA 拡張ノードのオプション 1 の構成をご利用いただけます。With HANA Large Instance, you can use option-1 configuration of SAP HANA extension nodes as explained in the FAQ and SAP blog documents. オプション 2 の構成は次の HANA L インスタンス SKU を使用して設定できます: S72m、S192、S192m、S384、S384m。Option-2 configurations can be set up with the following HANA Large Instance SKUs: S72m, S192, S192m, S384, and S384m.

ドキュメントを参照しても、すぐには利点を確認できないかもしれません。When you look at the documentation, the advantage might not be visible immediately. しかし、SAP のサイズ変更ガイドラインを見ると、オプション 1 およびオプション 2 の SAP HANA 拡張ノードを使用することによる利点を確認できます。But when you look at the SAP sizing guidelines, you can see an advantage by using option-1 and option-2 SAP HANA extension nodes. 次に例を示します。Here are examples:

  • SAP HANA のサイズ変更ガイドラインでは通常、メモリの 2 倍のデータ ボリュームが必要です。SAP HANA sizing guidelines usually require double the amount of data volume as memory. ホット データで SAP HANA インスタンスを実行した場合、メモリの 50% 以下しかデータが入っていません。When you run your SAP HANA instance with the hot data, you have only 50 percent or less of the memory filled with data. 残りのメモリは、SAP HANA が作業を実行するために残しておくのが理想です。The remainder of the memory is ideally held for SAP HANA doing its work.
  • つまり、2 TB のメモリを持つ HANA L インスタンス S192 ユニットで SAP BW データベースを実行すると、データ ボリュームとしては 1 TB しかありません。That means in a HANA Large Instance S192 unit with 2 TB of memory, running an SAP BW database, you only have 1 TB as data volume.
  • オプション 1 の追加の SAP HANA 拡張ノードと S192 HANA L インスタンス SKU を使用した場合、データ ボリューム用に 2 TB の容量が追加されます。If you use an additional SAP HANA extension node of option-1, also a S192 HANA Large Instance SKU, it gives you an additional 2-TB capacity for data volume. オプション 2 の構成では、ウォーム データ ボリューム用に 4 TB が追加されます。In the option-2 configuration, you get an additional 4 TB for warm data volume. ホット ノードと比較した場合、オプション 1 ではデータの格納に "ウォーム" 拡張ノードの全メモリ容量をご利用いただけます。Compared to the hot node, the full memory capacity of the "warm" extension node can be used for data storing for option-1. オプション 2 の SAP HANA 拡張ノード構成では、データ ボリュームに 2 倍のメモリをご利用いただけます。Double the memory can be used for data volume in option-2 SAP HANA extension node configuration.
  • その結果、オプション 1 ではデータ容量が 3 TB、ホットとウォームの割合が 1:2 になります。You end up with a capacity of 3 TB for your data and a hot-to-warm ratio of 1:2 for option-1. オプション 2 の拡張ノード構成では、データ容量が 5 TB、ホットとウォームの割合が 1:4 になります。You have 5 TB of data and a 1:4 ratio with the option-2 extension node configuration.

メモリに対してデータ ボリュームが大きいほど、求めるウォーム データがディスク ストレージに保存されている可能性が高くなります。The higher the data volume compared to the memory, the higher the chances are that the warm data you are asking for is stored on disk storage.

運用モデルと責任Operations model and responsibilities

SAP HANA on Azure (L インスタンス) が提供するサービスは Azure IaaS サービスと連携しています。The service provided with SAP HANA on Azure (Large Instances) is aligned with Azure IaaS services. HANA L インスタンスでは、SAP HANA に最適化されたオペレーティング システムがインストールされたインスタンスが提供されます。You get an instance of a HANA Large Instance with an installed operating system that is optimized for SAP HANA. Azure IaaS VM と同様に、OS の強化、追加ソフトウェアのインストール、HANA のインストール、OS と HANA の運用、OS と HANA の更新などのほとんどのタスクはお客様が行う必要があります。As with Azure IaaS VMs, most of the tasks of hardening the OS, installing additional software, installing HANA, operating the OS and HANA, and updating the OS and HANA is your responsibility. Microsoft が OS の更新や HANA の更新を強制することはありません。Microsoft doesn't force OS updates or HANA updates on you.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) の責任

図に示すように、SAP HANA on Azure (L インスタンス) はマルチテナント IaaS です。As shown in the diagram, SAP HANA on Azure (Large Instances) is a multi-tenant IaaS offer. 大部分が、OS とインフラストラクチャの境界に基づいて責任が分担されます。For the most part, the division of responsibility is at the OS-infrastructure boundary. Microsoft は、オペレーティング システムのラインの下側にあるサービスのあらゆる面に対して責任を負います。Microsoft is responsible for all aspects of the service below the line of the operating system. お客様はラインの上側にあるサービスのあらゆる面に対して責任を負います。You are responsible for all aspects of the service above the line. OS はお客様の責任となります。The OS is your responsibility. お客様は、コンプライアンス、セキュリティ、アプリケーション管理、基盤、OS 管理に現在使用しているほとんどのオンプレミスの手法を引き続きご利用いただけます。You can continue to use most current on-premises methods you might employ for compliance, security, application management, basis, and OS management. システムはネットワーク内に存在するかのように見えます。The systems appear as if they are in your network in all regards.

このサービスは SAP HANA に最適化されているため、最良の結果を得るために、お客様が Microsoft と協力して基になるインフラストラクチャの機能を使用する必要がある領域が存在します。This service is optimized for SAP HANA, so there are areas where you need to work with Microsoft to use the underlying infrastructure capabilities for best results.

それぞれの層とお客様の責任の詳細を次に示します。The following list provides more detail on each of the layers and your responsibilities:

ネットワーク: SAP HANA を実行する L インスタンス スタンプのすべての内部ネットワーク。Networking: All the internal networks for the Large Instance stamp running SAP HANA. お客様の責任には、ストレージへのアクセス、インスタンス間の接続 (スケールアウトと他の機能用)、ランドスケープへの接続、仮想マシンで SAP アプリケーション層がホストされる Azure への接続が含まれます。Your responsibility includes access to storage, connectivity between the instances (for scale-out and other functions), connectivity to the landscape, and connectivity to Azure where the SAP application layer is hosted in VMs. また、ディザスター リカバリーのためのレプリケーションに使用する、Azure データ センター間の WAN 接続も含まれます。It also includes WAN connectivity between Azure Data Centers for disaster recovery purposes replication. すべてのネットワークはテナントによってパーティション分割され、サービス品質が適用されます。All networks are partitioned by the tenant and have quality of service applied.

ストレージ: SAP HANA サーバーで必要なすべてのボリュームおよびスナップショットに対応した、仮想化およびパーティション分割されたストレージ。Storage: The virtualized partitioned storage for all volumes needed by the SAP HANA servers, as well as for snapshots.

サーバー: テナントに割り当てられている SAP HANA DB を実行する専用の物理サーバー。Servers: The dedicated physical servers to run the SAP HANA DBs assigned to tenants. Type I クラスの SKU のサーバーは、抽象化されたハードウェアです。The servers of the Type I class of SKUs are hardware abstracted. この種のサーバーでは、サーバー構成が収集され、物理ハードウェア間で移動できるプロファイルに保持されます。With these types of servers, the server configuration is collected and maintained in profiles, which can be moved from one physical hardware to another physical hardware. 操作によるプロファイルのこのような (手動の) 移動は、Azure のサービス復旧に少し似ています。Such a (manual) move of a profile by operations can be compared a bit to Azure service healing. Type II クラスの SKU のサーバーには、このような機能はありません。The servers of the Type II class SKUs don't offer such a capability.

SDDC: データ センターをソフトウェアによるエンティティとして管理するために使用する管理ソフトウェア。SDDC: The management software that is used to manage data centers as software-defined entities. SDDC により、Microsoft はスケール、可用性、パフォーマンスのためのリソースをプールできます。It allows Microsoft to pool resources for scale, availability, and performance reasons.

O/S: サーバーで実行するために選択する OS (SUSE Linux または Red Hat Linux)。O/S: The OS you choose (SUSE Linux or Red Hat Linux) that is running on the servers. お客様に提供される OS イメージは、SAP HANA を実行するために各 Linux ベンダーから Microsoft に提供されたイメージです。The OS images you are supplied with were provided by the individual Linux vendor to Microsoft for running SAP HANA. 特定の SAP HANA 最適化イメージでは、Linux ベンダーのサブスクリプションが必要です。You must have a subscription with the Linux vendor for the specific SAP HANA-optimized image. OS ベンダーへのイメージの登録はお客様が行う必要があります。You are responsible for registering the images with the OS vendor.

Microsoft による引き渡しの時点から、Linux オペレーティング システムの修正プログラムの適用もお客様の責任になります。From the point of handover by Microsoft, you are responsible for any further patching of the Linux operating system. この修正プログラムには、SAP HANA を正常にインストールするために必要であり、特定の Linux ベンダーが SAP HANA に最適化された OS イメージに含めていない追加パッケージが含まれます This patching includes additional packages that might be necessary for a successful SAP HANA installation and that weren't included by the specific Linux vendor in their SAP HANA optimized OS images. (詳細については、SAP の HANA インストール ドキュメントと SAP ノートをご覧ください)。(For more information, see SAP's HANA installation documentation and SAP Notes.)

お客様は、OS の動作不良または最適化に関連する OS 修正プログラムと特定のサーバー ハードウェアに関連するドライバーに対して責任を負います。You are responsible for OS patching owing to malfunction or optimization of the OS and its drivers relative to the specific server hardware. また、OS のセキュリティまたは機能の修正プログラムの適用もお客様の責任となります。You also are responsible for security or functional patching of the OS.

お客様の責任には、次の項目の監視と容量計画も含まれます。Your responsibility also includes monitoring and capacity planning of:

  • CPU リソース使用量CPU resource consumption.
  • メモリ使用量Memory consumption.
  • 空き領域、IOPS、待機時間に関連するディスク ボリュームDisk volumes related to free space, IOPS, and latency.
  • HANA L インスタンスと SAP アプリケーション層の間のネットワーク ボリュームのトラフィックNetwork volume traffic between HANA Large Instance and the SAP application layer.

HANA L インスタンスの基になるインフラストラクチャは、OS ボリュームのバックアップと復元の機能を提供します。The underlying infrastructure of HANA Large Instance provides functionality for backup and restore of the OS volume. この機能もお客様の責任で使用します。Using this functionality is also your responsibility.

ミドルウェア: 主に SAP HANA インスタンスです。Middleware: The SAP HANA Instance, primarily. 管理、運用、監視はお客様が担当します。Administration, operations, and monitoring are your responsibility. お客様は、ストレージ スナップショットを使用してバックアップ/復元とディザスター リカバリーを実行するために提供される機能をご利用いただけます。You can use the provided functionality to use storage snapshots for backup and restore and disaster recovery purposes. これらの機能はインフラストラクチャから提供されます。These capabilities are provided by the infrastructure. お客様の責任には、これらの機能を使用した高可用性またはディザスター リカバリーの設計、それらの活用、ストレージ スナップショットが正常に実行されたかどうかを確認するための監視も含まれます。Your responsibilities also include designing high availability or disaster recovery with these capabilities, leveraging them, and monitoring to determine whether storage snapshots executed successfully.

データ: SAP HANA で管理されるデータおよびその他のデータ (ボリュームやファイル共有上のバックアップ ファイルなど)。Data: Your data managed by SAP HANA, and other data such as backups files located on volumes or file shares. お客様の責任には、ディスクの空き領域の監視とボリューム上のコンテンツの管理が含まれます。Your responsibilities include monitoring disk free space and managing the content on the volumes. また、ディスク ボリュームとストレージ スナップショットのバックアップが正常に実行されたかどうかの監視もお客様が行う必要があります。You also are responsible for monitoring the successful execution of backups of disk volumes and storage snapshots. ディザスター リカバリー サイトへのデータ レプリケーションの正常な実行は Microsoft の責任となります。Successful execution of data replication to disaster recovery sites is the responsibility of Microsoft.

アプリケーション: SAP アプリケーション インスタンス。SAP 以外のアプリケーションの場合は、それらのアプリケーションのアプリケーション層。Applications: The SAP application instances or, in the case of non-SAP applications, the application layer of those applications. お客様の責任には、それらのアプリケーションのデプロイ、管理、運用、監視が含まれます。Your responsibilities include deployment, administration, operations, and monitoring of those applications. 仮想ネットワーク内でのCPU リソース使用量、メモリ使用量、Azure Storage 使用量、ネットワーク帯域幅の使用量の容量計画はお客様の責任になります。You are responsible for capacity planning of CPU resource consumption, memory consumption, Azure Storage consumption, and network bandwidth consumption within virtual networks. 仮想ネットワークから SAP HANA on Azure (L インスタンス) へのリソース使用量の容量計画もお客様の責任になります。You also are responsible for capacity planning for resource consumption from virtual networks to SAP HANA on Azure (Large Instances).

WAN: ワークロード用に確立するオンプレミスから Azure デプロイへの接続。WANs: The connections you establish from on-premises to Azure deployments for workloads. HANA L インスタンスを使用するすべてのお客様が、接続に Azure ExpressRoute を使用します。All customers with HANA Large Instance use Azure ExpressRoute for connectivity. この接続は、SAP HANA on Azure (L インスタンス) ソリューションには含まれていません。This connection isn't part of the SAP HANA on Azure (Large Instances) solution. この接続のセットアップはお客様が行う必要があります。You are responsible for the setup of this connection.

アーカイブ: ストレージ アカウントで独自の手法を使用してデータのアーカイブ コピーを作成できます。Archive: You might prefer to archive copies of data by using your own methods in storage accounts. アーカイブには、管理、コンプライアンス、コスト、運用が必要です。Archiving requires management, compliance, costs, and operations. お客様は、Azure でアーカイブ コピーとバックアップを生成し、コンプライアンスに準拠した方法でそれらを保存する責任を負います。You are responsible for generating archive copies and backups on Azure and storing them in a compliant way.

Azure 上の SAP HANA の L インスタンスの SLA」を参照してください。See the SLA for SAP HANA on Azure (Large Instances).

サイズ変更Sizing

通常、HANA L インスタンスのサイズ変更は HANA のサイズ変更とまったく同じです。Sizing for HANA Large Instance is no different than sizing for HANA in general. デプロイ済みの既存のシステムを他の RDBMS から HANA に移行する場合、既存の SAP システムで実行される複数のレポートが SAP から提供されています。For existing and deployed systems that you want to move from other RDBMS to HANA, SAP provides a number of reports that run on your existing SAP systems. データベースを HANA に移行する場合、これらのレポートによってデータが確認され、HANA インスタンスのメモリ要件が計算されます。If the database is moved to HANA, these reports check the data and calculate memory requirements for the HANA instance. これらのレポートを実行する方法と、レポートの最新の修正プログラムまたはバージョンを入手する方法の詳細については、次の SAP ノートをご覧ください。For more information on how to run these reports and obtain their most recent patches or versions, read the following SAP Notes:

緑色のフィールドの実装では、SAP Quick Sizer を使用して、HANA 上への SAP ソフトウェアの実装に必要なメモリを計算できます。For green field implementations, SAP Quick Sizer is available to calculate memory requirements of the implementation of SAP software on top of HANA.

データ量の増加に伴って、HANA のメモリ要件が増加します。Memory requirements for HANA increase as data volume grows. 将来的に必要になるメモリ容量を予測できるように、現在のメモリ使用量に注意してください。Be aware of your current memory consumption to help you predict what it's going to be in the future. メモリ要件に基づいて、いずれかの HANA L インスタンス SKU に要求をマップできます。Based on memory requirements, you then can map your demand into one of the HANA Large Instance SKUs.

必要条件Requirements

SAP HANA on Azure (L インスタンス) を実行するための要件を以下に示します。This list assembles requirements for running SAP HANA on Azure (Larger Instances).

Microsoft AzureMicrosoft Azure

ネットワーク接続Network connectivity

  • オンプレミスと Azure 間の ExpressRoute: オンプレミスのデータ センターを Azure に接続するには、1 Gbps 以上の接続を ISP と契約してください。ExpressRoute between on-premises to Azure: To connect your on-premises data center to Azure, make sure to order at least a 1-Gbps connection from your ISP.

オペレーティング システムOperating system

  • SAP アプリケーション用の SUSE Linux Enterprise Server 12 のライセンス。Licenses for SUSE Linux Enterprise Server 12 for SAP Applications.

    注意

    Microsoft が提供するオペレーティング システムは SUSE に登録されません。The operating system delivered by Microsoft isn't registered with SUSE. また、Subscription Management Tool インスタンスにも接続されません。It isn't connected to a Subscription Management Tool instance.

  • Azure の VM にデプロイされた SUSE Linux Subscription Management Tool。SUSE Linux Subscription Management Tool deployed in Azure on a VM. このツールにより、SAP HANA on Azure (L インスタンス) を SUSE で登録し、個々に更新できるようになります This tool provides the capability for SAP HANA on Azure (Large Instances) to be registered and respectively updated by SUSE. (HANA L インスタンス データ センター内ではインターネットにアクセスできません)。(There is no internet access within the HANA Large Instance data center.)

  • SAP HANA 用の Red Hat Enterprise Linux 6.7 または 7.2 のライセンス。Licenses for Red Hat Enterprise Linux 6.7 or 7.2 for SAP HANA.

    注意

    Microsoft が提供するオペレーティング システムは Red Hat に登録されません。The operating system delivered by Microsoft isn't registered with Red Hat. また、Red Hat Subscription Manager インスタンスにも接続されません。It isn't connected to a Red Hat Subscription Manager instance.

  • Azure の VM にデプロイされた Red Hat Subscription Manager。Red Hat Subscription Manager deployed in Azure on a VM. Red Hat Subscription Manager により、SAP HANA on Azure (L インスタンス) を Red Hat で登録し、個々に更新できるようになります The Red Hat Subscription Manager provides the capability for SAP HANA on Azure (Large Instances) to be registered and respectively updated by Red Hat. (Azure L インスタンス スタンプにデプロイされたテナント内からインターネットに直接アクセスすることはできません)。(There is no direct internet access from within the tenant deployed on the Azure Large Instance stamp.)

  • SAP が定める要件上、Linux プロバイダーとのサポート契約も必要です。SAP requires you to have a support contract with your Linux provider as well. HANA L インスタンスのソリューションであること、または Azure で Linux を実行するという事実によって、この要件がなくなるわけではありません。This requirement isn't removed by the solution of HANA Large Instance or the fact that you run Linux in Azure. 一部の Linux Azure ギャラリー イメージとは異なり、HANA L インスタンスのソリューション プランにサービス料金は含まれませんUnlike with some of the Linux Azure gallery images, the service fee is not included in the solution offer of HANA Large Instance. Linux ディストリビューターとのサポート契約に関する SAP の要件を満たすのは、お客様の責任になります。It's your responsibility to fulfill the requirements of SAP regarding support contracts with the Linux distributor.

各種 Linux バージョンと各種 SAP HANA バージョンのサポート マトリックスについては、SAP Note #2235581 を確認してください。For the support matrix of the different SAP HANA versions with the different Linux versions, see SAP Note #2235581.

オペレーティング システムと HLI ファームウェア/ドライバーのバージョンの互換性対応表については、HLI の OS のアップグレードに関するページを参照してください。For the compatibility matrix of the operating system and HLI firmware/driver versions, refer OS Upgrade for HLI.

データベースDatabase

  • SAP HANA (Platform Edition または Enterprise Edition) 用のライセンスとソフトウェア インストール コンポーネント。Licenses and software installation components for SAP HANA (platform or enterprise edition).

アプリケーションApplications

  • SAP HANA に接続する SAP アプリケーションのライセンスとソフトウェア インストール コンポーネント、および関連する SAP サポート契約。Licenses and software installation components for any SAP applications that connect to SAP HANA and related SAP support contracts.
  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) 環境に関連して使用される SAP 以外のアプリケーションのライセンスとソフトウェア インストール コンポーネント、および関連する SAP サポート契約。Licenses and software installation components for any non-SAP applications used in relation to SAP HANA on Azure (Large Instances) environments and related support contracts.

スキルSkills

  • Azure IaaS とそのコンポーネントの使用経験と知識。Experience with and knowledge of Azure IaaS and its components.
  • Azure への SAP ワークロードのデプロイの経験と知識。Experience with and knowledge of how to deploy an SAP workload in Azure.
  • SAP HANA インストール認定資格者。SAP HANA installation certified personnel.
  • SAP HANA に関連する高可用性とディザスター リカバリーを設計するための SAP アーキテクトのスキル。SAP architect skills to design high availability and disaster recovery around SAP HANA.

SAPSAP

  • SAP の顧客であり、SAP とサポート契約を結んでいることが望まれます。Expectation is that you're an SAP customer and have a support contract with SAP.
  • 特に、Type II クラスの HANA L インスタンス SKU の実装では、SAP HANA のバージョンと、サイズの大きいスケールアップ ハードウェア上での最終的な構成について、SAP に相談してください。Especially for implementations of the Type II class of HANA Large Instance SKUs, consult with SAP on versions of SAP HANA and the eventual configurations on large-sized scale-up hardware.

StorageStorage

SAP HANA on Azure (L インスタンス) の記憶域のレイアウトは、SAP が推奨するガイドラインを使用して、クラシック デプロイ モデルで SAP HANA によって構成されます。The storage layout for SAP HANA on Azure (Large Instances) is configured by SAP HANA on the classic deployment model through SAP recommended guidelines. これらのガイドラインは、ホワイト ペーパー「SAP HANA Storage Requirements (SAP HANA ストレージ要件)」に記載されています。The guidelines are documented in the SAP HANA storage requirements white paper.

Type I クラスの HANA L インスタンスは、ストレージ ボリュームの 4 倍のメモリ ボリュームを備えています。The HANA Large Instance of the Type I class comes with four times the memory volume as storage volume. Type II クラスの HANA L インスタンス ユニットの場合、ストレージが 4 倍以上になることはありません。For the Type II class of HANA Large Instance units, the storage isn't four times more. これらのユニットは、HANA トランザクション ログ バックアップを保存するためのボリュームを備えています。The units come with a volume that is intended for storing HANA transaction log backups. 詳細については、SAP HANA on Azure (L インスタンス) のインストールと構成に関する記事をご覧ください。For more information, see Install and configure SAP HANA (Large Instances) on Azure.

記憶域割り当てに関しては、次の表を参照してください。See the following table in terms of storage allocation. この表は、各種 HANA L インスタンス ユニットで提供されるさまざまなボリュームのおおよその容量を示しています。The table lists the rough capacity for the different volumes provided with the different HANA Large Instance units.

HANA L インスタンス SKUHANA Large Instance SKU hana/datahana/data hana/loghana/log hana/sharedhana/shared hana/logbackupshana/logbackups
S72S72 1,280 GB1,280 GB 512 GB512 GB 768 GB768 GB 512 GB512 GB
S72mS72m 3,328 GB3,328 GB 768 GB768 GB 1,280 GB1,280 GB 768 GB768 GB
S192S192 4,608 GB4,608 GB 1,024 GB1,024 GB 1,536 GB1,536 GB 1,024 GB1,024 GB
S192mS192m 11,520 GB11,520 GB 1,536 GB1,536 GB 1,792 GB1,792 GB 1,536 GB1,536 GB
S192xmS192xm 12,000 GB12,000 GB 2,050 GB2,050 GB 2,050 GB2,050 GB 2.040 GB2.040 GB
S384S384 11,520 GB11,520 GB 1,536 GB1,536 GB 1,792 GB1,792 GB 1,536 GB1,536 GB
S384mS384m 12,000 GB12,000 GB 2,050 GB2,050 GB 2,050 GB2,050 GB 2,040 GB2,040 GB
S384xmS384xm 16,000 GB16,000 GB 2,050 GB2,050 GB 2,050 GB2,050 GB 2,040 GB2,040 GB
S384xxmS384xxm 20,000 GB20,000 GB 3,100 GB3,100 GB 2,050 GB2,050 GB 3,100 GB3,100 GB
S576mS576m 20,000 GB20,000 GB 3,100 GB3,100 GB 2,050 GB2,050 GB 3,100 GB3,100 GB
S576xmS576xm 31,744 GB31,744 GB 4,096 GB4,096 GB 2,048 GB2,048 GB 4,096 GB4,096 GB
S768mS768m 28,000 GB28,000 GB 3,100 GB3,100 GB 2,050 GB2,050 GB 3,100 GB3,100 GB
S768xmS768xm 40,960 GB40,960 GB 6,144 GB6,144 GB 4,096 GB4,096 GB 6,144 GB6,144 GB
S960mS960m 36,000 GB36,000 GB 4,100 GB4,100 GB 2,050 GB2,050 GB 4,100 GB4,100 GB

実際にデプロイされるボリュームは、デプロイと、ボリューム サイズの表示に使用するツールによって異なる場合があります。Actual deployed volumes might vary based on deployment and the tool that is used to show the volume sizes.

HANA L インスタンス SKU を分割する場合、考えられる各分割部分の例は次のようになります。If you subdivide a HANA Large Instance SKU, a few examples of possible division pieces might look like:

メモリ パーティション (GB)Memory partition in GB hana/datahana/data hana/loghana/log hana/sharedhana/shared hana/log/backuphana/log/backup
256256 400 GB400 GB 160 GB160 GB 304 GB304 GB 160 GB160 GB
512512 768 GB768 GB 384 GB384 GB 512 GB512 GB 384 GB384 GB
768768 1,280 GB1,280 GB 512 GB512 GB 768 GB768 GB 512 GB512 GB
1,0241,024 1,792 GB1,792 GB 640 GB640 GB 1,024 GB1,024 GB 640 GB640 GB
1,5361,536 3,328 GB3,328 GB 768 GB768 GB 1,280 GB1,280 GB 768 GB768 GB

これらのサイズはおおよそのボリューム数であり、デプロイと、ボリュームの確認に使用するツールによって若干異なる場合があります。These sizes are rough volume numbers that can vary slightly based on deployment and the tools used to look at the volumes. 他のパーティション サイズ (2.5 TB など) もあります。There also are other partition sizes, such as 2.5 TB. これらのストレージ サイズは、上記のパーティションに使用したものと同様の数式で計算されます。These storage sizes are calculated with a formula similar to the one used for the previous partitions. "パーティション" という用語は、オペレーティング システム、メモリ、または CPU リソースがパーティション分割されていることを意味するわけではありません。The term "partitions" doesn't mean that the operating system, memory, or CPU resources are in any way partitioned. これは、1 つの HANA L インスタンス ユニットにデプロイできるさまざまな HANA インスタンスのストレージ パーティションを示しています。It indicates storage partitions for the different HANA instances you might want to deploy on one single HANA Large Instance unit.

ストレージを増やすことが必要な場合があります。You might need more storage. ストレージを追加するには、1 TB 単位で追加のストレージを購入します。You can add storage by purchasing additional storage in 1-TB units. この追加のストレージは、ボリュームとして追加できます。This additional storage can be added as additional volume. また、1 つ以上の既存のボリュームを拡張するために使用することもできます。It also can be used to extend one or more of the existing volumes. もともとデプロイされているボリュームのサイズ (上記の表に記載) を減らすことはできません。It isn't possible to decrease the sizes of the volumes as originally deployed and mostly documented by the previous tables. また、ボリュームの名前やマウント名を変更することもできません。It also isn't possible to change the names of the volumes or mount names. 上記のストレージ ボリュームは、NFS4 ボリュームとして HANA L インスタンス ユニットに接続されます。The storage volumes previously described are attached to the HANA Large Instance units as NFS4 volumes.

バックアップ/復元とディザスター リカバリーのために、ストレージ スナップショットをご利用いただけます。You can use storage snapshots for backup and restore and disaster recovery purposes. 詳細については、「Azure での SAP HANA (L インスタンス) の高可用性とディザスター リカバリー」をご覧ください。For more information, see SAP HANA (Large Instances) high availability and disaster recovery on Azure.

保存データの暗号化Encryption of data at rest

HANA L インスタンスに使用されるストレージでは、ディスクに保存されているデータを透過的に暗号化することができます。The storage used for HANA Large Instance allows a transparent encryption of the data as it's stored on the disks. HANA L インスタンス ユニットのデプロイ時に、この種の暗号化を有効にすることができます。When a HANA Large Instance unit is deployed, you can enable this kind of encryption. また、デプロイの実行後に暗号化されたボリュームを変更することもできます。You also can change to encrypted volumes after the deployment takes place. 暗号化されていないボリュームから暗号化されたボリュームへの移行は透過的に行われ、ダウンタイムは発生しません。The move from non-encrypted to encrypted volumes is transparent and doesn't require downtime.

Type I クラスの SKU では、ブート LUN が格納されているボリュームが暗号化されます。With the Type I class of SKUs, the volume the boot LUN is stored on is encrypted. HANA L インスタンスの Type II クラスの SKU の場合、OS 方式でブート LUN を暗号化する必要があります。For the Type II class of SKUs of HANA Large Instance, you need to encrypt the boot LUN with OS methods. 詳細については、Microsoft のサービス管理チームに問い合わせてください。For more information, contact the Microsoft Service Management team.

ネットワークNetworking

Azure ネットワーク サービスのアーキテクチャは、HANA L インスタンスへの SAP アプリケーションのデプロイを成功させるための重要な要素です。The architecture of Azure network services is a key component of the successful deployment of SAP applications on HANA Large Instance. 通常、SAP HANA on Azure (L インスタンス) デプロイメントには、サイズとデータベース、CPU リソース使用量、メモリ使用量が異なる複数の SAP ソリューションを含む大規模な SAP ランドスケープが存在します。Typically, SAP HANA on Azure (Large Instances) deployments have a larger SAP landscape with several different SAP solutions with varying sizes of databases, CPU resource consumption, and memory utilization. このような SAP システムのすべてが SAP HANA に基づくわけではないと考えられます。It's likely that not all those SAP systems are based on SAP HANA. ほとんどの場合、SAP ランドスケープは、次のコンポーネントを使用するハイブリッド構成になります。Your SAP landscape is probably a hybrid that uses:

  • デプロイされた SAP システム (オンプレミス)。Deployed SAP systems on-premises. サイズに起因して、現在、これらのシステムは Azure でホストできません。Due to their sizes, these systems currently can't be hosted in Azure. 例として、SQL Server (データベースとして使用) で実行され、VM が提供できるものよりも多くの CPU またはメモリ リソースを必要とする、SAP ERP 実稼働システムが挙げられます。An example is a production SAP ERP system that runs on SQL Server (as the database) and requires more CPU or memory resources than VMs can provide.
  • デプロイされたSAP HANA ベースの SAP システム (オンプレミス)。Deployed SAP HANA-based SAP systems on-premises.
  • VM にデプロイされた SAP システム。Deployed SAP systems in VMs. これらのシステムは、Azure (VM) に正常にデプロイできる SAP NetWeaver ベースのアプリケーション用の (リソース使用量とメモリの需要に基づく) 開発、テスト、サンドボックス、または実稼働インスタンスです。These systems can be development, testing, sandbox, or production instances for any of the SAP NetWeaver-based applications that can successfully deploy in Azure (on VMs), based on resource consumption and memory demand. これらのシステムは、SQL Server などのデータベースに基づく場合もあります。These systems also can be based on databases such as SQL Server. 詳細については、「SAP Support Note #1928533 - SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types (SAP サポート ノート #1928533 - Azure 上の SAP アプリケーション: サポート対象の製品と Azure VM の種類)」をご覧ください。For more information, see SAP Support Note #1928533 – SAP applications on Azure: Supported products and Azure VM types. これらのシステムは、SAP HANA などのデータベースに基づく場合もあります。And these systems can be based on databases such as SAP HANA. 詳細については、SAP HANA 認定 IaaS プラットフォームに関するページをご覧ください。For more information, see SAP HANA certified IaaS platforms.
  • Azure L インスタンス スタンプの SAP HANA on Azure (L インスタンス) を活用する、Azure (VM) にデプロイされた SAP アプリケーション サーバー。Deployed SAP application servers in Azure (on VMs) that leverage SAP HANA on Azure (Large Instances) in Azure Large Instance stamps.

4 種類以上のデプロイ シナリオがあるハイブリッド SAP ランドスケープが一般的です。A hybrid SAP landscape with four or more different deployment scenarios is typical. Azure で実行されている完全な SAP ランドスケープの顧客事例も多数あります。There also are many customer cases of complete SAP landscapes that run in Azure. VM の強化に伴って、すべての SAP ソリューションを Azure に移行するお客様が増えています。As VMs become more powerful, the number of customers that move all their SAP solutions on Azure increases.

Azure にデプロイされた SAP システムのコンテキストでの Azure ネットワークは複雑ではありません。Azure networking in the context of SAP systems deployed in Azure isn't complicated. このネットワークは次の原則に基づいています。It's based on the following principles:

  • Azure 仮想ネットワークは、オンプレミスのネットワークに接続する ExpressRoute 回線に接続する必要があります。Azure virtual networks must be connected to the ExpressRoute circuit that connects to an on-premises network.
  • オンプレミスを Azure に接続する ExpressRoute 回線には、通常、1 Gbps 以上の帯域幅が必要です。An ExpressRoute circuit that connects on-premises to Azure usually should have a bandwidth of 1 Gbps or higher. この最小帯域幅により、オンプレミスのシステムと VM で実行されているシステム間のデータ転送用の十分な帯域幅を確保できます。This minimal bandwidth allows adequate bandwidth for the transfer of data between on-premises systems and systems that run on VMs. また、オンプレミスのユーザーから Azure システムへの接続用の十分な帯域幅も確保できます。It also allows adequate bandwidth for connection to Azure systems from on-premises users.
  • Azure 内のすべての SAP システムを仮想ネットワークで設定して、相互通信を可能にする必要があります。All SAP systems in Azure must be set up in virtual networks to communicate with each other.
  • オンプレミスでホストされる Active Directory と DNS は、ExpressRoute 経由でオンプレミスから Azure に拡張されます。Active Directory and DNS hosted on-premises are extended into Azure through ExpressRoute from on-premises.

注意

課金の観点から、1 つの Azure サブスクリプションは、特定の Azure リージョン内の L インスタンス スタンプの 1 つのテナントにのみリンクできます。From a billing point of view, only one Azure subscription can be linked to only one tenant in a Large Instance stamp in a specific Azure region. 逆に言うと、1 つの L インスタンス スタンプのテナントは 1 つの Azure サブスクリプションにのみリンクできます。Conversely, a single Large Instance stamp tenant can be linked to only one Azure subscription. この要件は、Azure の他の課金対象オブジェクトと変わりません。This requirement is consistent with other billable objects in Azure.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) を複数の異なる Azure リージョンにデプロイすると、別のテナントが L インスタンス スタンプにデプロイされます。If SAP HANA on Azure (Large Instances) is deployed in multiple different Azure regions, a separate tenant is deployed in the Large Instance stamp. これらのインスタンスが同じ SAP ランドスケープに含まれていれば、それらを同じ Azure サブスクリプションで実行できます。You can run both under the same Azure subscription as long as these instances are part of the same SAP landscape.

重要

SAP HANA on Azure (L インスタンス) でサポートされるのは、Azure Resource Manager デプロイメントだけです。Only the Azure Resource Manager deployment is supported with SAP HANA on Azure (Large Instances).

仮想ネットワークの追加情報Additional virtual network information

仮想ネットワークを ExpressRoute に接続するには、Azure ゲートウェイを作成する必要があります。To connect a virtual network to ExpressRoute, an Azure gateway must be created. 詳細については、「ExpressRoute 用の仮想ネットワーク ゲートウェイについて」をご覧ください。For more information, see About virtual network gateways for ExpressRoute).

Azure ゲートウェイは、Azure の外部のインフラストラクチャまたは Azure インスタンス スタンプへの ExpressRoute で使用できます。An Azure gateway can be used with ExpressRoute to an infrastructure outside of Azure or to an Azure Large Instance stamp. また、仮想ネットワーク間の接続に使用することもできます。An Azure gateway also can be used to connect between virtual networks. 詳細については、PowerShell を使用した Resource Manager のネットワーク間接続の構成に関する記事をご覧ください。For more information, see Configure a network-to-network connection for Resource Manager by using PowerShell. ExpressRoute の接続元が、それぞれ異なる Microsoft エンタープライズ エッジ ルーターであれば、Azure ゲートウェイを最大 4 つの異なる ExpressRoute に接続できます。You can connect the Azure gateway to a maximum of four different ExpressRoute connections as long as those connections come from different Microsoft enterprise edge routers. 詳細については、「Azure での SAP HANA on Azure (L インスタンス) のインフラストラクチャと接続」をご覧ください。For more information, see SAP HANA (Large Instances) infrastructure and connectivity on Azure.

注意

Azure ゲートウェイが提供するスループットは 2 つのユース ケースで異なります。The throughput an Azure gateway provides is different for both use cases. 詳細については、「VPN Gateway について」をご覧ください。For more information, see About VPN Gateway. ExpressRoute 接続を使用して仮想ネットワーク ゲートウェイで実現できる最大スループットは 10 Gbps です。The maximum throughput you can achieve with a virtual network gateway is 10 Gbps by using an ExpressRoute connection. 仮想ネットワーク内の VM とオンプレミスのシステム間で (単一のコピー ストリームとして) ファイルをコピーすると、さまざまなゲートウェイ SKU の最大限のスループットを実現できません。Copying files between a VM that resides in a virtual network and a system on-premises (as a single copy stream) doesn't achieve the full throughput of the different gateway SKUs. 仮想ネットワーク ゲートウェイのすべての帯域幅を活用するには、複数のストリームを使用します。To leverage the complete bandwidth of the virtual network gateway, use multiple streams. または、1 つのファイルのパラレル ストリームで複数のファイルをコピーする必要があります。Or you must copy different files in parallel streams of a single file.

HANA L インスタンスのネットワーク アーキテクチャNetworking architecture for HANA Large Instance

HANA L インスタンスのネットワーク アーキテクチャは、次の 4 つの部分に分けることができます。The networking architecture for HANA Large Instance can be separated into four different parts:

  • オンプレミス ネットワークと Azure への ExpressRoute 接続。On-premises networking and ExpressRoute connection to Azure. この部分はお客様の領域であり、ExpressRoute 経由で Azure に接続されます。This part is the customer's domain and is connected to Azure through ExpressRoute. 次の図の右下の部分を参照してください。See the lower right in the following figure.
  • 仮想ネットワークを使用する前述の Azure ネットワーク サービス (ここでもゲートウェイを使用)。Azure network services, as previously discussed, with virtual networks, which again have gateways. この部分は、アプリケーションの要件、セキュリティ、コンプライアンス要件に適した設計を見つける必要がある領域です。This part is an area where you need to find the appropriate designs for your application requirements, security, and compliance requirements. 仮想ネットワークの数と選択する Azure ゲートウェイ SKU の観点で、HANA L インスタンスを使用するかどうかがもう 1 つの検討事項となります。Whether you use HANA Large Instance is another point to consider in terms of the number of virtual networks and Azure gateway SKUs to choose from. 図の右上の部分を参照してください。See the upper right in the figure.
  • ExpressRoute テクノロジを使用した Azure への HANA L インスタンスの接続。Connectivity of HANA Large Instance through ExpressRoute technology into Azure. この部分は Microsoft によってデプロイされ、処理されます。This part is deployed and handled by Microsoft. お客様が行う必要があるのは、HANA L インスタンスへの資産のデプロイ後に、ExpressRoute 回線を仮想ネットワークに接続する IP アドレス範囲を指定するだけです。All you need to do is provide some IP address ranges after the deployment of your assets in HANA Large Instance connect the ExpressRoute circuit to the virtual networks. 詳細については、「Azure での SAP HANA on Azure (L インスタンス) のインフラストラクチャと接続」をご覧ください。For more information, see SAP HANA (Large Instances) infrastructure and connectivity on Azure.
  • HANA L インスタンスでのネットワーキング。ほとんどの場合、これはお客様に対して透過的です。Networking in HANA Large Instance, which is mostly transparent for you.

SAP HANA on Azure (L インスタンス) およびオンプレミスに接続された仮想ネットワーク

HANA L インスタンスを使用するため、オンプレミスの資産を ExpressRoute 経由で Azure に接続するという要件は変わりません。The requirement that your on-premises assets must connect through ExpressRoute to Azure doesn't change because you use HANA Large Instance. また、HANA L インスタンス ユニットでホストされている HANA インスタンスに接続するアプリケーション層をホストする VM を、1 つまたは複数の仮想ネットワークで実行するための要件も変わりません。The requirement to have one or multiple virtual networks that run the VMs, which host the application layer that connects to the HANA instances hosted in HANA Large Instance units, also doesn't change.

Azure での SAP デプロイとの違いは次のとおりです。The differences to SAP deployments in Azure are:

  • 顧客テナントの HANA L インスタンス ユニットは、別の ExpressRoute 回線を介して仮想ネットワークに接続されます。The HANA Large Instance units of your customer tenant are connected through another ExpressRoute circuit into your virtual networks. 負荷条件を分離するために、オンプレミスと仮想ネットワーク間の ExpressRoute リンクと、仮想ネットワークと HANA L インスタンス間のリンクは、同じルーターを共有しません。To separate load conditions, the on-premises to virtual networks ExpressRoute links and the links between virtual networks and HANA Large Instance don't share the same routers.
  • SAP アプリケーション層と HANA L インスタンス間のワークロード プロファイルは、SAP HANA からアプリケーション層への多数の小さな要求とデータ転送 (結果セット) などのバーストという異なる特性を示します。The workload profile between the SAP application layer and the HANA Large Instance is of a different nature, with many small requests and bursts like data transfers (result sets) from SAP HANA into the application layer.
  • SAP アプリケーション アーキテクチャは、オンプレミスと Azure 間でデータが交換される標準的なシナリオよりも、ネットワーク待機時間の影響を受けやすくなります。The SAP application architecture is more sensitive to network latency than typical scenarios where data is exchanged between on-premises and Azure.
  • 仮想ネットワーク ゲートウェイには少なくとも 2 つの ExpressRoute 接続があります。The virtual network gateway has at least two ExpressRoute connections. これらの接続は、仮想ネットワーク ゲートウェイの受信データの最大帯域幅を共有します。Both connections share the maximum bandwidth for incoming data of the virtual network gateway.

VM と HANA L インスタンス ユニット間で発生するネットワーク待機時間は、VM 間のネットワーク ラウンド トリップの標準的な待機時間よりも長くなる可能性があります。The network latency experienced between VMs and HANA Large Instance units can be higher than a typical VM-to-VM network round-trip latency. Azure リージョンによっては、測定値が、「SAP Note #1100926 - FAQ: Network performance (SAP ノート #1100926 - FAQ: ネットワーク パフォーマンス)」で平均以下に分類されているラウンド トリップの待機時間 (0.7 ms) を超える可能性があります。Dependent on the Azure region, the values measured can exceed the 0.7-ms round-trip latency classified as below average in SAP Note #1100926 - FAQ: Network performance. しかし、お客様は SAP HANA ベースの実稼働 SAP アプリケーションを SAP HANA L インスタンスに問題なくデプロイしています。Nevertheless, customers deploy SAP HANA-based production SAP applications successfully on SAP HANA Large Instance. デプロイを実行したお客様から、HANA L インスタンス ユニットを使用して SAP HANA で SAP アプリケーションを実行することによる大幅な改善が報告されています。The customers who deployed report great improvements by running their SAP applications on SAP HANA by using HANA Large Instance units. Azure HANA L インスタンスでビジネス プロセスを十分にテストしてください。Make sure you test your business processes thoroughly in Azure HANA Large Instance.

VM と HANA L インスタンス間の決定論的なネットワーク待機時間を実現するには、仮想ネットワーク ゲートウェイ SKU の選択が不可欠となります。To provide deterministic network latency between VMs and HANA Large Instance, the choice of the virtual network gateway SKU is essential. オンプレミスと VM 間のトラフィック パターンとは異なり、VM と HANA L インスタンス間のトラフィック パターンでは、送信される要求やデータ量は小さくても、大きなバーストが発生する可能性があります。Unlike the traffic patterns between on-premises and VMs, the traffic pattern between VMs and HANA Large Instance can develop small but high bursts of requests and data volumes to be transmitted. このようなバーストを適切に処理するために、UltraPerformance ゲートウェイ SKU を使用することを強くお勧めします。To handle such bursts well, we highly recommend the use of the UltraPerformance gateway SKU. Type II クラスの HANA L インスタンス SKU の場合、仮想ネットワーク ゲートウェイとして UltraPerformance ゲートウェイ SKU を使用することが必須となります。For the Type II class of HANA Large Instance SKUs, the use of the UltraPerformance gateway SKU as a virtual network gateway is mandatory.

重要

SAP アプリケーション層とデータベース層の間の全体的なネットワーク トラフィックを考慮し、SAP HANA on Azure (L インスタンス) への接続では、仮想ネットワーク用の HighPerformance または UltraPerformance ゲートウェイ SKU だけがサポートされます。Given the overall network traffic between the SAP application and database layers, only the HighPerformance or UltraPerformance gateway SKUs for virtual networks are supported for connecting to SAP HANA on Azure (Large Instances). HANA L インスタンスの Type II SKU の場合、仮想ネットワーク ゲートウェイとしてサポートされるのは UltraPerformance ゲートウェイ SKU だけです。For HANA Large Instance Type II SKUs, only the UltraPerformance gateway SKU is supported as a virtual network gateway.

単一の SAP システムSingle SAP system

上記のオンプレミスのインフラストラクチャは ExpressRoute 経由で Azure に接続されます。The on-premises infrastructure previously shown is connected through ExpressRoute into Azure. ExpressRoute 回線は、エンタープライズ エッジ ルーターに接続されます。The ExpressRoute circuit connects into an enterprise edge router. 詳細については、ExpressRoute の技術概要に関する記事をご覧ください。For more information, see ExpressRoute technical overview. ルートが確立されると、そのルートは Azure バックボーンに接続され、すべての Azure リージョンにアクセスできるようになります。After the route is established, it connects into the Azure backbone, and all Azure regions are accessible.

注意

Azure で SAP ランドスケープを実行するには、SAP ランドスケープの Azure リージョンに最も近いエンタープライズ エッジ ルーターに接続します。To run SAP landscapes in Azure, connect to the enterprise edge router closest to the Azure region in the SAP landscape. Azure IaaS 内の VM と L インスタンス スタンプ間のネットワーク待ち時間を最小限に抑えるために、Azure L インスタンス スタンプは専用のエンタープライズ エッジ ルーター デバイスを介して接続されます。Azure Large Instance stamps are connected through dedicated enterprise edge router devices to minimize network latency between VMs in Azure IaaS and Large Instance stamps.

SAP アプリケーション インスタンスをホストする VM の仮想ネットワーク ゲートウェイは ExpressRoute 回線に接続されます。The virtual network gateway for the VMs that host SAP application instances is connected to the ExpressRoute circuit. 同じ仮想ネットワークが、L インスタンス スタンプへの接続専用の別のエンタープライズ エッジ ルーターに接続されます。The same virtual network is connected to a separate enterprise edge router dedicated to connecting to Large Instance stamps.

このシステムは、単一の SAP システムのわかりやすい例です。This system is a straightforward example of a single SAP system. SAP アプリケーション層は Azure でホストされます。The SAP application layer is hosted in Azure. SAP HANA データベースは SAP HANA on Azure (L インスタンス) で実行されます。The SAP HANA database runs on SAP HANA on Azure (Large Instances). 仮想ネットワーク ゲートウェイの帯域幅 (2 Gbps または 10 Gbps のスループット) がボトルネックにならないことが前提となります。The assumption is that the virtual network gateway bandwidth of 2-Gbps or 10-Gbps throughput doesn't represent a bottleneck.

複数の SAP システムまたは大規模な SAP システムMultiple SAP systems or large SAP systems

SAP HANA on Azure (L インスタンス) に接続する複数の SAP システムまたは大規模な SAP システムをデプロイする場合、仮想ネットワーク ゲートウェイのスループットがボトルネックになることがあります。If multiple SAP systems or large SAP systems are deployed to connect to SAP HANA on Azure (Large Instances), the throughput of the virtual network gateway might become a bottleneck. このような場合は、アプリケーション層を複数の仮想ネットワークに分割します。In such a case, split the application layers into multiple virtual networks. 次のような場合には、HANA L インスタンスに接続する特別な仮想ネットワークを作成することもできます。You also might create a special virtual network that connects to HANA Large Instance for cases such as:

  • HANA L インスタンス内の HANA インスタンスから、NFS 共有をホストする Azure の VM に直接バックアップを実行する。Performing backups directly from the HANA instances in HANA Large Instance to a VM in Azure that hosts NFS shares.
  • HANA L インスタンス ユニットから、バックアップ ファイルなど大きなファイルを Azure 内の管理されたディスク領域にコピーする。Copying large backups or other files from HANA Large Instance units to disk space managed in Azure.

別の仮想ネットワークを使用して、ストレージを管理する VM をホストします。Use a separate virtual network to host VMs that manage storage. この配置では、HANA L インスタンスから Azure に大きなファイルやデータを転送することによる影響が、SAP アプリケーション層を実行する VM に対応する仮想ネットワーク ゲートウェイに及ぶことはありません。This arrangement avoids the effects of large file or data transfer from HANA Large Instance to Azure on the virtual network gateway that serves the VMs that run the SAP application layer.

スケーラブルなネットワーク アーキテクチャでは次のように対応します。For a more scalable network architecture:

  • 1 つの大規模な SAP アプリケーション層に対して複数の仮想ネットワークを活用します。Leverage multiple virtual networks for a single, larger SAP application layer.
  • 同じ仮想ネットワークの個々のサブネットに SAP システムの組み合わせを配置するのではなく、デプロイされた SAP システムごとに個別の仮想ネットワークをデプロイします。Deploy one separate virtual network for each SAP system deployed, compared to combining these SAP systems in separate subnets under the same virtual network.

    SAP HANA on Azure (L インスタンス) 用のスケーラブルなネットワーク アーキテクチャを次に示します。A more scalable networking architecture for SAP HANA on Azure (Large Instances):

複数の仮想ネットワークにわたる SAP アプリケーション層のデプロイ

この図は、複数の仮想ネットワークにわたってデプロイされた SAP アプリケーション層 (コンポーネント) を示しています。The figure shows the SAP application layer, or components, deployed over multiple virtual networks. この構成では、これらの仮想ネットワークでホストされるアプリケーション間の通信時に発生する待機時間のオーバーヘッドを回避できませんでした。This configuration introduced unavoidable latency overhead that occurred during communication between the applications hosted in those virtual networks. 既定では、異なる仮想ネットワークにある VM 間のネットワーク トラフィックは、この構成では エンタープライズ エッジ ルーター経由でルーティングされます。By default, the network traffic between VMs located in different virtual networks route through the enterprise edge routers in this configuration. 2016 年 9 月以降は、このルーティングを最適化できます。Since September 2016, this routing can be optimized.

2 つの仮想ネットワーク間の通信を最適化し、待機時間を短縮するには、同じリージョン内の仮想ネットワークをピアリングします。The way to optimize and cut down the latency in communication between two virtual networks is by peering virtual networks within the same region. この方法は、それらの仮想ネットワークが異なるサブスクリプションに存在する場合でも機能します。This method works even if those virtual networks are in different subscriptions. 仮想ネットワークのピアリングを使用すると、2 つの異なる仮想ネットワーク内の VM 間の通信は、Azure ネットワーク バックボーンを使用して相互に直接通信できます。With virtual network peering, the communication between VMs in two different virtual networks can use the Azure network backbone to directly communicate with each other. VM が同じ仮想ネットワークに存在する場合と同様の待機時間が示されます。Latency shows as if the VMs are in the same virtual network. Azure 仮想ネットワーク ゲートウェイ経由で接続される IP アドレス範囲のトラフィックは、仮想ネットワークの個々の仮想ネットワーク ゲートウェイ経由でルーティングされます。Traffic that addresses IP address ranges that are connected through the Azure virtual network gateway is routed through the individual virtual network gateway of the virtual network.

仮想ネットワーク ピアリングの詳細については、「仮想ネットワーク ピアリング」をご覧ください。For more information about virtual network peering, see Virtual network peering.

Azure でのルーティングRouting in Azure

SAP HANA on Azure (L インスタンス) のネットワーク ルーティングに関する 3 つの重要な考慮事項を次に示します。Three network routing considerations are important for SAP HANA on Azure (Large Instances):

  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) には、VM および専用の ExpressRoute 接続経由でのみアクセスできます。オンプレミスから直接アクセスすることはできません。SAP HANA on Azure (Large Instances) can be accessed only through VMs and the dedicated ExpressRoute connection, not directly from on-premises. オンプレミスから HANA L インスタンス ユニットへの直接アクセスは、Microsoft から提供されるため、すぐには実現できません。Direct access from on-premises to the HANA Large Instance units, as delivered by Microsoft to you, isn't possible immediately. この一時的なルーティングの制限は、SAP HANA L インスタンスに使用されている現在の Azure ネットワーク アーキテクチャに起因します。The transitive routing restrictions are due to the current Azure network architecture used for SAP HANA Large Instance. 直接アクセスを必要とする管理クライアントやアプリケーション (オンプレミスで実行されている SAP Solution Manager など) は、SAP HANA データベースに接続できません。Some administration clients and any applications that need direct access, such as SAP Solution Manager running on-premises, can't connect to the SAP HANA database.

  • ディザスター リカバリーのために 2 つの異なる Azure リージョンにデプロイされている HANA L インスタンス ユニットがある場合、同じ一時的なルーティングの制限が適用されます。If you have HANA Large Instance units deployed in two different Azure regions for disaster recovery, the same transient routing restrictions apply. つまり、あるリージョン (例: 米国西部) の HANA L インスタンス ユニットの IP アドレスは、別のリージョン (例: 米国東部) で展開されている HANA L インスタンス ユニットにルーティングされません。In other words, IP addresses of a HANA Large Instance unit in one region (for example, US West) are not routed to a HANA Large Instance unit deployed in another region (for example, US East). この制限は、リージョン間の Azure ネットワーク ピアリング、または HANA L インスタンス ユニットを仮想ネットワークに接続する ExpressRoute 回線の交差接続の使用とは無関係です。This restriction is independent of the use of Azure network peering across regions or cross-connecting the ExpressRoute circuits that connect HANA Large Instance units to virtual networks. 図については、「複数のリージョンでの HANA L インスタンス ユニットの使用」の図を参照してください。For a graphic representation, see the figure in the section "Use HANA Large Instance units in multiple regions." デプロイ済みのアーキテクチャに伴うこの制限があるため、HANA システム レプリケーションをディザスター リカバリー機能としてすぐに使用することはできません。This restriction, which comes with the deployed architecture, prohibits the immediate use of HANA System Replication as disaster recovery functionality.

  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) ユニットには、お客様が提出したサーバー IP プールのアドレス範囲から IP アドレスが割り当てられます。SAP HANA on Azure (Large Instances) units have an assigned IP address from the server IP pool address range that you submitted. 詳細については、「Azure での SAP HANA on Azure (L インスタンス) のインフラストラクチャと接続」をご覧ください。For more information, see SAP HANA (Large Instances) infrastructure and connectivity on Azure. この IP アドレスには、仮想ネットワークを HANA on Azure (L インスタンス) に接続する ExpressRoute と Azure サブスクリプションを使用してアクセスできます。This IP address is accessible through the Azure subscriptions and ExpressRoute that connects virtual networks to HANA on Azure (Large Instances). サーバー IP プールのアドレス範囲から割り当てられる IP アドレスは、ハードウェア ユニットに直接割り当てられます。The IP address assigned out of that server IP pool address range is directly assigned to the hardware unit. このソリューションの最初のデプロイでこの割り当てが行われるため、NAT を使用した割り当ては行われませんIt's not assigned through NAT anymore, as was the case in the first deployments of this solution.

注意

上記の最初の 2 つのリスト項目で説明した一時的なルーティングの制限を克服するには、ルーティングに追加のコンポーネントを使用します。To overcome the restriction in transient routing as explained in the first two list items, use additional components for routing. 制限を克服するために使用できるコンポーネントは次のとおりです。Components that can be used to overcome the restriction can be:

  • データをルーティングするリバース プロキシ。A reverse-proxy to route data, to and from. たとえば、仮想ファイアウォール/トラフィック ルーティング ソリューションとして Azure にデプロイする F5 BIG-IP や NGINX (および Traffic Manager) などです。For example, F5 BIG-IP, NGINX with Traffic Manager deployed in Azure as a virtual firewall/traffic routing solution.
  • Linux VM で IPTables ルールを使用して、オンプレミスの場所と HANA L インスタンス ユニット間、または別のリージョンにある HANA L インスタンス ユニット間のルーティングを有効にします。Using IPTables rules in a Linux VM to enable routing between on-premises locations and HANA Large Instance units, or between HANA Large Instance units in different regions.

サード パーティのネットワーク アプライアンスまたは IPTables を使用するカスタム ソリューションの実装とサポートは、Microsoft では提供されていないことに注意してください。Be aware that implementation and support for custom solutions involving third-party network appliances or IPTables isn't provided by Microsoft. 使用するコンポーネントのベンダーまたはインテグレーターがサポートを提供する必要があります。Support must be provided by the vendor of the component used or the integrator.

HANA L インスタンスのインターネット接続Internet connectivity of HANA Large Instance

HANA L インスタンスは、インターネットに直接接続することはできませんHANA Large Instance does not have direct internet connectivity. たとえば、この制限によって、OS イメージを OS ベンダーに直接登録することができない可能性があります。As an example, this limitation might restrict your ability to register the OS image directly with the OS vendor. ローカルの SUSE Linux Enterprise Server Subscription Management Tool サーバーや Red Hat Enterprise Linux Subscription Manager を使用することが必要になる場合があります。You might need to work with your local SUSE Linux Enterprise Server Subscription Management Tool server or Red Hat Enterprise Linux Subscription Manager.

VM と HANA L インスタンス間でのデータの暗号化Data encryption between VMs and HANA Large Instance

HANA L インスタンスと VM 間で転送されるデータは暗号化されません。Data transferred between HANA Large Instance and VMs is not encrypted. ただし、HANA DBMS 側と JDBC/ODBC ベースのアプリケーションとの間でのデータ交換のみを目的としている場合は、トラフィックの暗号化を有効にすることができます。However, purely for the exchange between the HANA DBMS side and JDBC/ODBC-based applications, you can enable encryption of traffic. 詳細については、SAP から提供されているこちらのドキュメントをご覧ください。For more information, see this documentation by SAP.

複数のリージョンでの HANA L インスタンス ユニットの使用Use HANA Large Instance units in multiple regions

ディザスター リカバリー以外の理由で、SAP HANA on Azure (L インスタンス) を複数の Azure リージョンにデプロイする場合があります。You might have reasons to deploy SAP HANA on Azure (Large Instances) in multiple Azure regions other than for disaster recovery. たとえば、リージョン内の異なる仮想ネットワークにデプロイされた各 VM から HANA L インスタンスにアクセスする必要がある場合です。Perhaps you want to access HANA Large Instance from each of the VMs deployed in the different virtual networks in the regions. 異なる HANA L インスタンス ユニットに割り当てられた IP アドレスは、ゲートウェイ経由でインスタンスに直接接続されている仮想ネットワークを超えて伝達されることはありません。The IP addresses assigned to the different HANA Large Instance units aren't propagated beyond the virtual networks that are directly connected through their gateway to the instances. そのため、仮想ネットワーク設計が若干変更されます。As a result, a slight change is introduced to the virtual network design. 仮想ネットワーク ゲートウェイは、エンタープライズ エッジ ルーターごとに 4 つの異なる ExpressRoute 回線を処理できます。A virtual network gateway can handle four different ExpressRoute circuits out of different enterprise edge routers. いずれかの L インスタンス スタンプに接続された各仮想ネットワークは、別の Azure リージョン内の L インスタンス スタンプに接続できます。Each virtual network that is connected to one of the Large Instance stamps can be connected to the Large Instance stamp in another Azure region.

異なる Azure リージョン内の Azure L インスタンス スタンプに接続された仮想ネットワーク

この図は、2 つのリージョン内の異なる仮想ネットワークが、2 つの Azure リージョン内の SAP HANA on Azure (L インスタンス) への接続に使用する 2 つの異なる ExpressRoute 回線に接続されるしくみを示しています。The figure shows how the different virtual networks in both regions are connected to two different ExpressRoute circuits that are used to connect to SAP HANA on Azure (Large Instances) in both Azure regions. 新しく導入される接続を直交する赤い線で示しています。The newly introduced connections are the rectangular red lines. 仮想ネットワークからのこれらの接続により、いずれかの仮想ネットワークで実行される VM は、2 つのリージョンにデプロイされた各 HANA L インスタンス ユニットにアクセスできます。With these connections, out of the virtual networks, the VMs running in one of those virtual networks can access each of the different HANA Large Instance units deployed in the two regions. 図に示すように、オンプレミスから 2 つの Azure リージョンへの 2 つの ExpressRoute 接続があることが前提となります。As the figure shows, it's assumed that you have two ExpressRoute connections from on-premises to the two Azure regions. この配置は、ディザスター リカバリーに推奨されます。This arrangement is recommended for disaster recovery reasons.

重要

複数の ExpressRoute 回線を使用する場合は、トラフィックを適切にルーティングできるように、AS パス プリペンドとローカル プリファレンス BGP の設定を使用してください。If you used multiple ExpressRoute circuits, AS Path prepending and Local Preference BGP settings should be used to ensure proper routing of traffic.