SAP HANA on Azure (L インスタンス) とはWhat is SAP HANA on Azure (Large Instances)?

SAP HANA on Azure (L インスタンス) は、Azure 独自のソリューションです。SAP HANA on Azure (Large Instances) is a unique solution to Azure. Azure では、SAP HANA をデプロイおよび実行するための仮想マシンを提供するだけでなく、お客様専用のベア メタル サーバー上でも SAP HANA を実行およびデプロイすることができます。In addition to providing virtual machines for deploying and running SAP HANA, Azure offers you the possibility to run and deploy SAP HANA on bare-metal servers that are dedicated to you. SAP HANA on Azure (L インスタンス) ソリューションは、お客様に割り当てられた非共有ホスト/サーバーのベア メタル ハードウェア上に構築されます。The SAP HANA on Azure (Large Instances) solution builds on non-shared host/server bare-metal hardware that is assigned to you. サーバー ハードウェアは、コンピューティング/サーバー、ネットワーク、ストレージのインフラストラクチャを含むより大きなスタンプに埋め込まれます。The server hardware is embedded in larger stamps that contain compute/server, networking, and storage infrastructure. この全体が HANA テーラード データ センター統合 (TDI) 認定の対象となります。As a combination, it's HANA tailored data center integration (TDI) certified. SAP HANA on Azure (L インスタンス) には、さまざまなサーバー SKU やサイズが用意されています。SAP HANA on Azure (Large Instances) offers different server SKUs or sizes. ユニットには、36 個の Intel CPU コアと 768 GB のメモリを搭載できます。また、最大 480 個の Intel CPU コアと最大 24 TB のメモリを搭載するユニットに拡張できます。Units can have 36 Intel CPU cores and 768 GB of memory and go up to units that have up to 480 Intel CPU cores and up to 24 TB of memory.

インフラストラクチャ スタンプ内のお客様の分離はテナントで行われ、次のようになります。The customer isolation within the infrastructure stamp is performed in tenants, which looks like:

  • ネットワーク: お客様に割り当てられているテナントごとに、仮想ネットワークを通じてインフラストラクチャ スタック内のお客様を分離します。Networking: Isolation of customers within infrastructure stack through virtual networks per customer assigned tenant. テナントは 1 件のお客様に割り当てられます。A tenant is assigned to a single customer. お客様は複数のテナントを持つことができます。A customer can have multiple tenants. テナントのネットワーク分離では、各テナントが同じお客様に属している場合でも、インフラストラクチャ スタンプ レベルでのテナント間のネットワーク通信が禁止されます。The network isolation of tenants prohibits network communication between tenants in the infrastructure stamp level, even if the tenants belong to the same customer.
  • ストレージ コンポーネント: ストレージ ボリュームが割り当てられているストレージ仮想マシンを通じて分離します。Storage components: Isolation through storage virtual machines that have storage volumes assigned to them. ストレージ ボリュームは 1 つのストレージ仮想マシンにのみ割り当てることができます。Storage volumes can be assigned to one storage virtual machine only. ストレージ仮想マシンは、SAP HANA TDI 認定のインフラストラクチャ スタック内の 1 つのテナントに排他的に割り当てられます。A storage virtual machine is assigned exclusively to one single tenant in the SAP HANA TDI certified infrastructure stack. そのため、ストレージ仮想マシンに割り当てられているストレージ ボリュームには、関連付けられている特定のテナント内でのみアクセスできます。As a result, storage volumes assigned to a storage virtual machine can be accessed in one specific and related tenant only. デプロイされている別のテナントには表示されません。They aren't visible between the different deployed tenants.
  • サーバーまたはホスト: サーバー ユニットまたはホスト ユニットがお客様間やテナント間で共有されることはありません。Server or host: A server or host unit isn't shared between customers or tenants. お客様にデプロイされたサーバーまたはホストは、1 つのテナントに割り当てられたアトミック ベア メタル コンピューティング ユニットです。A server or host deployed to a customer, is an atomic bare-metal compute unit that is assigned to one single tenant. 別のお客様とホストまたはサーバーを共有することになるハードウェア パーティション分割やソフト パーティション分割が使用されることはありませんNo hardware partitioning or soft partitioning is used that might result in you sharing a host or a server with another customer. 特定のテナントのストレージ仮想マシンに割り当てられたストレージ ボリュームは、このようなサーバーにマウントされます。Storage volumes that are assigned to the storage virtual machine of the specific tenant are mounted to such a server. テナントは、排他的に割り当てられている別の SKU のサーバー ユニットを 1 つから複数持つことができます。A tenant can have one to many server units of different SKUs exclusively assigned.
  • SAP HANA on Azure (L インスタンス) インフラストラクチャ スタンプ内では多数のさまざまなテナントがデプロイされており、テナントの概念により、ネットワーク、ストレージ、およびコンピューティング レベルで相互に分離されています。Within an SAP HANA on Azure (Large Instances) infrastructure stamp, many different tenants are deployed and isolated against each other through the tenant concepts on networking, storage, and compute level.

これらのベア メタル サーバー ユニットでは、SAP HANA の実行のみがサポートされます。These bare-metal server units are supported to run SAP HANA only. SAP アプリケーション層またはワークロードのミドルウェア層は仮想マシン内で実行されます。The SAP application layer or workload middle-ware layer runs in virtual machines. SAP HANA on Azure (L インスタンス) のユニットを実行しているインフラストラクチャ スタンプは、Azure ネットワーク サービスのバックボーンに接続されています。The infrastructure stamps that run the SAP HANA on Azure (Large Instances) units are connected to the Azure network services backbones. これにより、SAP HANA on Azure (L インスタンス) のユニットと仮想マシン間の低遅延の接続が実現されます。In this way, low-latency connectivity between SAP HANA on Azure (Large Instances) units and virtual machines is provided.

このドキュメントは、SAP HANA on Azure (L インスタンス) について説明する複数のドキュメントの 1 つです。This document is one of several documents that cover SAP HANA on Azure (Large Instances). このドキュメントでは、基本的なアーキテクチャ、責任、ソリューションで提供されるサービスについて説明します。This document introduces the basic architecture, responsibilities, and services provided by the solution. また、ソリューションの機能の概要についても説明します。High-level capabilities of the solution are also discussed. ネットワークや接続など、他のほとんどの領域については、他の 4 つのドキュメントで詳しく説明しています。For most other areas, such as networking and connectivity, four other documents cover details and drill-down information. SAP HANA on Azure (L インスタンス) のドキュメントでは、SAP NetWeaver のインストールや VM へのデプロイについては取り上げていません。The documentation of SAP HANA on Azure (Large Instances) doesn't cover aspects of the SAP NetWeaver installation or deployments of SAP NetWeaver in VMs. Azure における SAP NetWeaver については、同じ Azure ドキュメント コンテナーにある別のドキュメントで取り上げています。SAP NetWeaver on Azure is covered in separate documents found in the same Azure documentation container.

HANA L インスタンス ガイダンスの別のドキュメントでは、次の分野について説明します。The different documents of HANA Large Instance guidance cover the following areas:

次のステップNext steps