パブリック IP アドレスのアップグレードUpgrade public IP addresses

Azure パブリック IP アドレスは、SKU (Basic または Standard) を使用して作成され、SKU によって機能の側面 (割り当て方法、可用性ゾーン間の使用量、関連付けることができるリソースを含む) が決まります。Azure public IP addresses are created with a SKU--either Basic or Standard--which determines aspects of their functionality (including allocation method, usage across availability zones, and which resources they can be associated with).

この記事では、次のシナリオを確認します。The following scenarios are reviewed in this article:

  • Basic SKU パブリック IP を Standard SKU パブリック IP にアップグレードする方法 (ポータル、PowerShell、または CLI を使用)How to upgrade a Basic SKU public IP to a Standard SKU public IP (using Portal, PowerShell, or CLI)
  • 従来の Azure 予約済み IP を Azure Resource Manager の Basic SKU パブリック IP に移行する方法How to migrate a Classic Azure Reserved IP to an Azure Resource Manager Basic SKU public IP

パブリック IP アドレスを Basic SKU から Standard SKU にアップグレードするUpgrade public IP address from Basic to Standard SKU

パブリック IP をアップグレードする場合、その IP をリソースに関連付けることはできません (パブリック IP の関連付けを解除する方法の詳細については、このページをご覧ください)。In order to upgrade a public IP, it must not be associated with any resource (see this page for more information about how to disassociate public IPs).

重要

Basic から Standard にアップグレードされたパブリック IP は、引き続き可用性ゾーンを使用できません。Public IPs upgraded from Basic to Standard SKU continue to have no availability zones. つまり、ゾーン冗長である Azure リソース、または事前に指定されたゾーンに関連付けられている Azure リソースに関連付けることはできません。This means they cannot be associated with an Azure resource that is either zone-redundant or tied to a pre-specified zone in regions where this is offered.


次の例では、このページで示した例 (myResourceGroup 内の Basic パブリック IP myBasicPublicIP) を使用して、Basic SKU パブリック IP が既に作成されていると仮定します。The following example assumes previous creation of a Basic SKU public IP, using the example given on this page with a Basic public IP myBasicPublicIP in myResourceGroup.

IP をアップグレードするには、単純に PowerShell を使用して以下のコマンドを実行します。In order to upgrade the IP, simply execute the commands below using PowerShell. IP アドレスが既に静的に割り当てられている場合、そのセクションはスキップできます。Note if the IP address is already statically allocated, that section can be skipped.

## Variables for the command ##
$rg = 'myResourceGroup'
$name = 'myBasicPublicIP'
$newsku = 'Standard'
$pubIP = Get-AzPublicIpAddress -name $name -ResourceGroupName $rg

## This section is only needed if the Basic IP is not already set to Static ##
$pubIP.PublicIpAllocationMethod = 'Static'
Set-AzPublicIpAddress -PublicIpAddress $pubIP

## This section is for conversion to Standard ##
$pubIP.Sku.Name = $newsku
Set-AzPublicIpAddress -PublicIpAddress $pubIP

従来の予約済み IP を静的パブリック IP にアップグレード (移行) するUpgrade (migrate) a classic Reserved IP to a static public IP

Azure Resource Manager の新機能を活用するには、既存の静的パブリック IP アドレス (予約済み IP と呼ばれる) を従来のモデルから最新 Azure Resource Manager モデルに移行します。To benefit from the new capabilities in Azure Resource Manager, you can migrate existing public static IP address--called Reserved IPs--from the Classic model to the modern Azure Resource Manager model. 移行されたパブリック IP は、SKU の種類が Basic になります。The migrated public IP will be a Basic SKU type.


次の例では、myResourceGroup 内の従来の Azure 予約済み IP myReservedIP が既に作成されていると仮定します。The following example assumes previous creation of a classic Azure Reserved IP myReservedIP in myResourceGroup. 移行のもう 1 つの前提条件は、Azure Resource Manager サブスクリプションが移行用に登録されていることを確認することです。Another prerequisite for migration is to ensure the Azure Resource Manager subscription has registered for migration. これについては、このページの手順 3 および 4 で詳しく説明します。This is covered in detail on Steps 3 and 4 of this page.

予約済み IP を移行するには、PowerShell を使用して以下のコマンドを実行します。In order to migrate the Reserved IP, execute the commands below using PowerShell. IP アドレスがどのサービスにも関連付けられていない場合 (下の例では myService というサービスがあります)、この手順は省略できます。Note if the IP address is not associated with any service (below there is a service named myService), that step can be skipped.

## Variables for the command ##
$name = 'myReservedIP'

## This section is only needed if the Reserved IP is not already disassociated from any Cloud Services ##
$serviceName = 'myService'
Remove-AzureReservedIPAssociation -ReservedIPName $name -ServiceName $service

$validate = Move-AzureReservedIP -ReservedIPName $name -Validate
$validate.ValidationMessages

前のコマンドを実行すると、移行をブロックする警告とエラーが表示されます。The previous command displays any warnings and errors that block migration. 検証に成功した場合は、移行を準備してコミットするために次の手順に進むことができます。If validation is successful, you can proceed with the following steps to Prepare and Commit the migration:

Move-AzureReservedIP -ReservedIPName $name -Prepare
Move-AzureReservedIP -ReservedIPName $name -Commit

移行された予約済み IP の名前を使用して Azure Resource Manager に新しいリソース グループ (上の例では、リソース グループ myReservedIP-Migrated) が作成されます。A new resource group in Azure Resource Manager is created using the name of the migrated Reserved IP (in the example above, it would be resource group myReservedIP-Migrated).

制限事項Limitations

  • Basic パブリック IP をアップグレードする場合、その IP を Azure リソースに関連付けることはできません。In order to upgrade a Basic Public IP, it cannot be associated with any Azure resource. パブリック IP の関連付けを解除する方法の詳細については、このページをご覧ください。Please review this page for more information on how to disassociate public IPs. 同様に、予約済み IP を移行する場合、その IP をクラウド サービスに関連付けることはできません。Similarly, in order to migrate a Reserved IP, it cannot be associated with any Cloud Service. 予約済み IP の関連付けを解除する方法の詳細については、このページをご覧ください。Please review this page for more information on how to disassociate reserved IPs.
  • Basic SKU から Standard SKU にアップグレードされたパブリック IP は、引き続き可用性ゾーンを使用できないため、ゾーン冗長またはゾーン ベースの Azure リソースに関連付けることはできません。Public IPs upgraded from Basic to Standard SKU will continue to have no availability zones and therefore cannot be associated with an Azure resource that is either zone-redundant or zonal. これは、可用性ゾーンを提供するリージョンにのみ適用されます。Note this only applies to regions that offer availability zones.
  • Standard から Basic にダウングレードすることはできません。You cannot downgrade from Standard to Basic.

次の手順Next Steps