az network express-route

Azure への専用プライベート ネットワーク ファイバー接続を管理します。

ExpressRoute 回線の詳細については、以下を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/expressroute/howto-circuit-cli。

コマンド

az network express-route auth

ExpressRoute 回線の認証を管理します。

az network express-route auth create

ExpressRoute 回線の新しいリンク承認を作成します。

az network express-route auth delete

ExpressRoute 回線のリンク承認を削除します。

az network express-route auth list

ExpressRoute 回線のリンク承認を一覧表示します。

az network express-route auth show

ExpressRoute 回線のリンク承認の詳細を取得します。

az network express-route create

ExpressRoute 回線を作成します。

az network express-route delete

ExpressRoute 回線を削除します。

az network express-route gateway

ExpressRoute ゲートウェイを管理します。

az network express-route gateway connection

ExpressRoute ゲートウェイ接続を管理します。

az network express-route gateway connection create

ExpressRoute ゲートウェイ接続を作成します。

az network express-route gateway connection delete

ExpressRoute ゲートウェイ接続を削除します。

az network express-route gateway connection list

ExpressRoute ゲートウェイ接続を一覧表示します。

az network express-route gateway connection show

ExpressRoute ゲートウェイ接続の詳細を取得します。

az network express-route gateway connection update

ExpressRoute ゲートウェイ接続を更新します。

az network express-route gateway create

ExpressRoute ゲートウェイを作成します。

az network express-route gateway delete

ExpressRoute ゲートウェイを削除します。

az network express-route gateway list

ExpressRoute ゲートウェイを一覧表示します。

az network express-route gateway show

ExpressRoute ゲートウェイの詳細を取得します。

az network express-route gateway update

ExpressRoute ゲートウェイの設定を更新します。

az network express-route get-stats

ExpressRoute 回線の統計情報を取得します。

az network express-route list

現在のサブスクリプションのすべての ExpressRoute 回線を一覧表示します。

az network express-route list-arp-tables

ExpressRoute 回線の現在のアドレス解決プロトコル (ARP) テーブルを表示します。

az network express-route list-route-tables

ExpressRoute 回線ピアリングの現在のルーティング テーブルを表示します。

az network express-route list-route-tables-summary

ExpressRoute 回線ピアリングの現在のルーティング テーブルの概要を表示します。

az network express-route list-service-providers

使用可能な ExpressRoute サービス プロバイダーを一覧表示します。

az network express-route peering

ExpressRoute 回線の ExpressRoute ピアリングを管理します。

az network express-route peering connection

ExpressRoute 回線接続を管理します。

az network express-route peering connection create

2 つの ExpressRoute 回線間に接続を作成します。

az network express-route peering connection delete

ExpressRoute 回線接続を削除します。

az network express-route peering connection ipv6-config

ExpressRoute 回線接続の構成を管理します。

az network express-route peering connection ipv6-config remove

ExpressRoute 回線接続への接続構成を削除します。

az network express-route peering connection ipv6-config set

接続構成を ExpressRoute 回線接続に設定します。

az network express-route peering connection list

高速ルート回線内のプライベート ピアリングに関連付けられているすべてのグローバル リーチ接続を一覧表示します。

az network express-route peering connection show

ExpressRoute 回線接続の詳細を取得します。

az network express-route peering create

ExpressRoute 回線のピアリング設定を作成します。

az network express-route peering delete

ピアリング設定を削除します。

az network express-route peering get-stats

ExpressRoute ピアリングのすべてのトラフィック統計を取得します。

az network express-route peering list

ExpressRoute 回線のピアリング設定を一覧表示します。

az network express-route peering peer-connection

ExpressRoute 回線ピア接続を管理します。

az network express-route peering peer-connection list

Express Route 回線内のプライベート ピアリングに関連付けられているすべてのグローバル リーチ ピア接続を取得します。

az network express-route peering peer-connection show

指定した Express Route 回線から、指定した Peer Express Route 回線接続を取得します。

az network express-route peering show

高速ルート ピアリングの詳細を取得します。

az network express-route peering update

ExpressRoute 回線のピアリング設定を更新します。

az network express-route port

ExpressRoute ポートを管理します。

az network express-route port create

ExpressRoute ポートを作成します。

az network express-route port delete

ExpressRoute ポートを削除します。

az network express-route port generate-loa

要求された ExpressRoutePort の承認状を生成してダウンロードします。

az network express-route port identity

ExpressRoute ポートのマネージド サービス ID を管理します。

az network express-route port identity assign

ExpressRoute ポートにマネージド サービス ID を割り当てます。

az network express-route port identity remove

ExpressRoute ポートのマネージド サービス ID を削除します。

az network express-route port identity show

ExpressRoute ポートのマネージド サービス ID を表示します。

az network express-route port link

ExpressRoute リンクを表示します。

az network express-route port link list

ExpressRoute リンクを一覧表示します。

az network express-route port link show

ExpressRoute リンクの詳細を取得します。

az network express-route port link update

ExpressRoute リンクの MACsec 構成を管理します。

az network express-route port list

ExpressRoute ポートを一覧表示します。

az network express-route port location

ExpressRoute ポートの場所情報を表示します。

az network express-route port location list

ExpressRoute ポートの場所を一覧表示します。

az network express-route port location show

ExpressRoute ポートの場所の詳細を取得します。

az network express-route port show

ExpressRoute ポートの詳細を取得します。

az network express-route port update

ExpressRoute ポートの設定を更新します。

az network express-route show

ExpressRoute 回線の詳細を取得します。

az network express-route update

ExpressRoute 回線の設定を更新します。

az network express-route wait

ExpressRoute の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az network express-route create

ExpressRoute 回線を作成します。

az network express-route create --bandwidth
                                --name
                                --peering-location
                                --provider
                                --resource-group
                                [--allow-classic-operations {false, true}]
                                [--allow-global-reach {false, true}]
                                [--express-route-port]
                                [--location]
                                [--no-wait]
                                [--sku-family {MeteredData, UnlimitedData}]
                                [--sku-tier {Basic, Local, Premium, Standard}]
                                [--tags]

ExpressRoute 回線を作成します。

az network express-route create --bandwidth 200 -n MyCircuit --peering-location "Silicon Valley" -g MyResourceGroup --provider "Equinix" -l "West US" --sku-family MeteredData --sku-tier Standard

必須のパラメーター

--bandwidth

回線の帯域幅。 使用法: INT {Mbps,Gbps}。 既定値は Mbps です。

開始値: az network express-route list-service-providers
--name -n

ExpressRoute 回線名。

--peering-location

ピアリングの場所の名前。

開始値: az network express-route list-service-providers
--provider

ExpressRoute サービス プロバイダーの名前。

開始値: az network express-route list-service-providers
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--allow-classic-operations

クラシック操作を許可します。

承認された値: false, true
--allow-global-reach

回線でグローバル リーチを有効にします。

承認された値: false, true
--express-route-port

ExpressRoute ポートの名前または ID。

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--sku-family

ExpressRoute 回線の選択された SKU ファミリ。

承認された値: MeteredData, UnlimitedData
既定値: MeteredData
--sku-tier

ExpressRoute 回線の SKU レベル。

承認された値: Basic, Local, Premium, Standard
既定値: Standard
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

az network express-route delete

ExpressRoute 回線を削除します。

az network express-route delete [--ids]
                                [--name]
                                [--no-wait]
                                [--resource-group]

ExpressRoute 回線を削除します。

az network express-route delete -n MyCircuit -g MyResourceGroup

ExpressRoute 回線を削除します。 (自動生成)

az network express-route delete --name MyCircuit --resource-group MyResourceGroup --subscription MySubscription

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route get-stats

ExpressRoute 回線の統計情報を取得します。

az network express-route get-stats [--ids]
                                   [--name]
                                   [--resource-group]

ExpressRoute 回線の統計情報を取得します。

az network express-route get-stats -g MyResourceGroup -n MyCircuit

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route list

現在のサブスクリプションのすべての ExpressRoute 回線を一覧表示します。

az network express-route list [--resource-group]

現在のサブスクリプションのすべての ExpressRoute 回線を一覧表示します。

az network express-route list -g MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route list-arp-tables

ExpressRoute 回線の現在のアドレス解決プロトコル (ARP) テーブルを表示します。

az network express-route list-arp-tables --path {primary, secondary}
                                         --peering-name
                                         [--ids]
                                         [--name]
                                         [--resource-group]

ExpressRoute 回線の現在のアドレス解決プロトコル (ARP) テーブルを表示します。

az network express-route list-arp-tables -g MyResourceGroup -n MyCircuit \
    --path primary --peering-name AzurePrivatePeering

必須のパラメーター

--path

デバイスのパス。

承認された値: primary, secondary
--peering-name

ピアリングの名前。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route list-route-tables

ExpressRoute 回線ピアリングの現在のルーティング テーブルを表示します。

az network express-route list-route-tables --path {primary, secondary}
                                           --peering-name
                                           [--ids]
                                           [--name]
                                           [--resource-group]

ExpressRoute 回線ピアリングの現在のルーティング テーブルを表示します。

az network express-route list-route-tables -g MyResourceGroup -n MyCircuit \
    --path primary --peering-name AzurePrivatePeering

必須のパラメーター

--path

デバイスのパス。

承認された値: primary, secondary
--peering-name

ピアリングの名前。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route list-route-tables-summary

ExpressRoute 回線ピアリングの現在のルーティング テーブルの概要を表示します。

az network express-route list-route-tables-summary --path {primary, secondary}
                                                   --peering-name
                                                   [--ids]
                                                   [--name]
                                                   [--resource-group]

ルート テーブルの概要の一覧表示

az network express-route list-route-tables-summary -g MyResourceGroup -n MyCircuit --path primary --peering-name AzurePrivatePeering

必須のパラメーター

--path

デバイスのパス。

承認された値: primary, secondary
--peering-name

ピアリングの名前。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route list-service-providers

使用可能な ExpressRoute サービス プロバイダーを一覧表示します。

az network express-route list-service-providers

使用可能な ExpressRoute サービス プロバイダーを一覧表示します。

az network express-route list-service-providers

az network express-route show

ExpressRoute 回線の詳細を取得します。

az network express-route show [--ids]
                              [--name]
                              [--resource-group]

ExpressRoute 回線の詳細を取得します。

az network express-route show -n MyCircuit -g MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network express-route update

ExpressRoute 回線の設定を更新します。

az network express-route update [--add]
                                [--allow-classic-operations {false, true}]
                                [--allow-global-reach {false, true}]
                                [--bandwidth]
                                [--express-route-port]
                                [--force-string]
                                [--ids]
                                [--name]
                                [--no-wait]
                                [--peering-location]
                                [--provider]
                                [--remove]
                                [--resource-group]
                                [--set]
                                [--sku-family {MeteredData, UnlimitedData}]
                                [--sku-tier {Basic, Local, Premium, Standard}]
                                [--tags]

ExpressRoute 回線の SKU を Standard から プレミアム に変更します。

az network express-route update -n MyCircuit -g MyResourceGroup --sku-tier Premium

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--allow-classic-operations

クラシック操作を許可します。

承認された値: false, true
--allow-global-reach

回線でグローバル リーチを有効にします。

承認された値: false, true
--bandwidth

回線の帯域幅。 使用法: INT {Mbps,Gbps}。 既定値は Mbps です。

--express-route-port

ExpressRoute ポートの名前または ID。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

ExpressRoute 回線名。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--peering-location

ピアリングの場所の名前。

--provider

ExpressRoute サービス プロバイダーの名前。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティのパスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=.

--sku-family

ExpressRoute 回線の選択された SKU ファミリ。

承認された値: MeteredData, UnlimitedData
--sku-tier

ExpressRoute 回線の SKU レベル。

承認された値: Basic, Local, Premium, Standard
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

az network express-route wait

ExpressRoute の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az network express-route wait [--created]
                              [--custom]
                              [--deleted]
                              [--exists]
                              [--ids]
                              [--interval]
                              [--name]
                              [--resource-group]
                              [--timeout]
                              [--updated]

ExpressRoute 回線が正常にプロビジョニングされるまで、CLI スクリプトの次の行の実行を一時停止します。

az network express-route wait -n MyCircuit -g MyResourceGroup --created

省略可能のパラメーター

--created

'provisioningState' を 'Succeeded' で作成するまで待ちます。

--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress', instanceView.statuses[?code=='PowerState/running']

--deleted

削除されるまで待ちます。

--exists

リソースが存在するまで待ちます。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--interval

ポーリング間隔 (秒単位)。

既定値: 30
--name -n

ExpressRoute 回線名。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。