PivotCache.Connection PivotCache.Connection PivotCache.Connection Property

定義

ピボット テーブル キャッシュの接続情報を設定または返します。 Returns or sets connection information for a PivotTable cache.

public:
 property System::Object ^ Connection { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object Connection { get; set; }
Public Property Connection As Object

プロパティ値

注釈

接続のプロパティには、次のいずれかを指定できます: ソースの ODBC データへの接続に Microsoft Excel を有効にする設定を ODBC、OLE DB データ ソースに接続できるようにする OLE DB 設定、URL への接続に Microsoft Excel を有効にする、Web のデータ ソースへのパス、テキスト ファイルへのパスや、データベースまたは Web クエリを指定するファイルのファイル名のファイル名です。 The Connection property can be one of the following: OLE DB settings that enable Microsoft Excel to connect to an OLE DB data source, ODBC settings that enable Microsoft Excel to connect to an ODBC data source, a URL that enables Microsoft Excel to connect to a Web data source, the path to and file name of a text file, or the path to and file name of a file that specifies a database or Web query.

接続プロパティを設定すると、データ ソースへの接続はすぐに開始します。 Setting the Connection property doesn’t immediately initiate the connection to the data source. 使用する必要があります、Refresh()の接続を行い、データを取得するメソッドです。 You must use the Refresh() method to make the connection and retrieve the data.

オフライン キューブ ファイルを使用して、設定、UseLocalConnectionプロパティにtrue を指定し、使用して、 LocalConnection接続プロパティです。 When using an offline cube file, set the UseLocalConnection property to True and use the LocalConnection property instead of the Connection property.

接続文字列の構文の詳細についてを参照してください、 Add(XlPivotTableSourceType, Object)PivotCachesコレクションのメソッド。 For more information about the connection string syntax, see the Add(XlPivotTableSourceType, Object) method of the PivotCaches collection.

Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) ライブラリを使って、直接データ ソースにアクセスすることもできます。 Alternatively, you may choose to access a data source directly by using the Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) library instead.

適用対象