Subscription.CreateSyncAgentByDefault プロパティ

定義

サブスクリプションの同期に使用されるエージェント ジョブが既定で作成されるかどうかを取得します。値の設定も可能です。

public:
 property bool CreateSyncAgentByDefault { bool get(); void set(bool value); };
public bool CreateSyncAgentByDefault { get; set; }
member this.CreateSyncAgentByDefault : bool with get, set
Public Property CreateSyncAgentByDefault As Boolean

プロパティ値

Boolean

Boolean 値です。 Trueの場合、エージェントジョブが作成されます。 Falseの場合、エージェントジョブは作成されません。

注釈

CreateSyncAgentByDefault プロパティが使用されるのは、新しいサブスクリプションが作成される場合だけです。

の既定値 CreateSyncAgentByDefaulttrueです。

エージェントジョブが作成されると、 Microsoft SQL Server エージェントがサブスクリプションを同期するために必要なメタデータがMSsubscription_propertiesテーブルに格納されます。 サブスクリプションを作成し、にfalseの値を指定すると CreateSyncAgentByDefault 、サブスクリプションのMSsubscription_propertiesテーブルにデータ行が追加されません。 この場合、サブスクリプションを表す MergeSubscription オブジェクトや TransSubscription オブジェクトの多くのプロパティがサーバーに保存されません。 MSsubscription_propertiesテーブル内のいずれかのサブスクリプションプロパティを永続化するには、の値をtrueに指定する必要があり CreateSyncAgentByDefault ます。

適用対象

こちらもご覧ください