StartupEventArgs クラス

定義

My.Application.Startup イベントのデータを提供します。Provides data for the My.Application.Startup event.

public ref class StartupEventArgs : System::ComponentModel::CancelEventArgs
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public class StartupEventArgs : System.ComponentModel.CancelEventArgs
type StartupEventArgs = class
    inherit CancelEventArgs
Public Class StartupEventArgs
Inherits CancelEventArgs
継承
StartupEventArgs
属性

注釈

イベントStartupは、アプリケーションが Visual Basic アプリケーションモデルを実装している場合に、アプリケーションの起動時に発生します。The Startup event occurs when the application starts, if the application implements the Visual Basic Application Model. 詳細については、「 Visual Basic アプリケーションモデルの概要」を参照してください。For more information, see Overview of the Visual Basic Application Model.

StartupEventArgsアプリケーションのコマンドライン引数を格納し、アプリケーションの起動をキャンセルする必要があるかどうかを示します。StartupEventArgs contains the command-line arguments of the application and indicates whether the application startup should be canceled.

コンストラクター

StartupEventArgs(ReadOnlyCollection<String>)

StartupEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StartupEventArgs class.

プロパティ

Cancel

イベントをキャンセルするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the event should be canceled.

(継承元 CancelEventArgs)
CommandLine

アプリケーションのコマンド ライン引数を取得します。Gets the command-line arguments of the application.

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください