FileSystem.WriteAllText メソッド

定義

ファイルにテキストを書き込みます。Writes text to a file.

オーバーロード

WriteAllText(String, String, Boolean)

ファイルにテキストを書き込みます。Writes text to a file.

WriteAllText(String, String, Boolean, Encoding)

ファイルにテキストを書き込みます。Writes text to a file.

WriteAllText(String, String, Boolean)

ファイルにテキストを書き込みます。Writes text to a file.

public:
 static void WriteAllText(System::String ^ file, System::String ^ text, bool append);
public static void WriteAllText (string file, string text, bool append);
static member WriteAllText : string * string * bool -> unit
Public Shared Sub WriteAllText (file As String, text As String, append As Boolean)

パラメーター

file
String

書き込み先のファイル。File to be written to.

text
String

ファイルに書き込まれるテキスト。Text to be written to file.

append
Boolean

ファイルの内容を追記する場合は True。ファイルの内容を上書きする場合は FalseTrue to append to the contents of the file; False to overwrite the contents of the file.

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、パスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) か、またはパスがスラッシュで終わっていることが考えられます。The path is not valid for one of the following reasons: it is a zero-length string; it contains only white space; it contains invalid characters; or it is a device path (starts with \\.\); it ends with a trailing slash.

fileNothingです。file is Nothing.

ファイルが存在しません。The file does not exist.

他のプロセスがファイルを使用しているか、I/O エラーが発生しました。The file is in use by another process, or an I/O error occurs.

パスがシステム定義の最大長を超えています。The path exceeds the system-defined maximum length.

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。A file or directory name in the path contains a colon (:) or is in an invalid format.

文字列をバッファーに書き込むための十分なメモリがありません。There is not enough memory to write the string to buffer.

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。The user lacks necessary permissions to view the path.

この例では、ファイルに行を書き込み "This is new text to be added." Test.txt 、ファイル内の既存のテキストを上書きします。This example writes the line "This is new text to be added." to the file Test.txt, overwriting any existing text in the file.

My.Computer.FileSystem.WriteAllText("C:\TestFolder1\test.txt",
"This is new text to be added.", False)

この例では、フォルダー内のファイルの名前 Documents and Settings をに書き込み FileList.txt 、それぞれの間にキャリッジリターンを挿入して読みやすくします。This example writes the names of the files in the Documents and Settings folder to FileList.txt, inserting a carriage return between each for better readability.

For Each foundFile In
        My.Computer.FileSystem.GetFiles("C:\Documents and Settings")
    foundFile = foundFile & vbCrLf
    My.Computer.FileSystem.WriteAllText(
        "C:\Documents and Settings\FileList.txt", foundFile, True)
Next

注釈

UTF-8 エンコーディングは、ファイルへの書き込みに使用されます。The UTF-8 encoding is used to write to the file. 別のエンコーディングを指定するには、メソッドの別のオーバーロードを使用し WriteAllText ます。To specify a different encoding, use a different overload of the WriteAllText method.

指定したファイルが存在しない場合は、作成されます。If the specified file does not exist, it is created.

指定したエンコーディングがファイルの既存のエンコーディングと一致しない場合、指定されたコードは無視されます。If the specified encoding does not match the existing encoding of the file, the specified coding is ignored.

注意

メソッドは、 WriteAllText ファイルを開き、書き込んでから閉じます。The WriteAllText method opens a file, writes to it, and then closes it. メソッドを使用するコード WriteAllText は、オブジェクトを使用するコードよりも簡単です StreamWriterCode that uses the WriteAllText method is simpler than code that uses a StreamWriter object. ただし、ループを使用してファイルに文字列を追加する場合は、 StreamWriter ファイルを1回だけ開いて閉じる必要があるため、オブジェクトのパフォーマンスが向上する可能性があります。However, if you are adding strings to a file by using a loop, a StreamWriter object can provide better performance because you only have to open and close the file one time. 詳細については、OpenTextFileWriter メソッドを参照してください。For more information, see the OpenTextFileWriter method.

次の表に、メソッドに関連するタスクの例を示し My.Computer.FileSystem.WriteAllText ます。The following table lists examples of tasks involving the My.Computer.FileSystem.WriteAllText method.

終了To 解決方法については、See
ファイルへのテキストの書き込みWrite text to a file 方法: ファイルにテキストを書き込む (Visual Basic)How to: Write Text to Files in Visual Basic
ファイルへのテキストの追加Append text to a file 方法 : Visual Basic でテキスト ファイルに追記するHow to: Append to Text Files in Visual Basic

こちらもご覧ください

適用対象

WriteAllText(String, String, Boolean, Encoding)

ファイルにテキストを書き込みます。Writes text to a file.

public:
 static void WriteAllText(System::String ^ file, System::String ^ text, bool append, System::Text::Encoding ^ encoding);
public static void WriteAllText (string file, string text, bool append, System.Text.Encoding encoding);
static member WriteAllText : string * string * bool * System.Text.Encoding -> unit
Public Shared Sub WriteAllText (file As String, text As String, append As Boolean, encoding As Encoding)

パラメーター

file
String

書き込み先のファイル。File to be written to.

text
String

ファイルに書き込まれるテキスト。Text to be written to file.

append
Boolean

ファイルの内容を追記する場合は True。ファイルの内容を上書きする場合は FalseTrue to append to the contents of the file; False to overwrite the contents of the file.

encoding
Encoding

ファイルへの書き込み時に使用するエンコーディングを指定します。What encoding to use when writing to file.

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、パスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) か、またはパスがスラッシュで終わっていることが考えられます。The path is not valid for one of the following reasons: it is a zero-length string; it contains only white space; it contains invalid characters; or it is a device path (starts with \\.\); it ends with a trailing slash.

fileNothingです。file is Nothing.

ファイルが存在しません。The file does not exist.

他のプロセスがファイルを使用しているか、I/O エラーが発生しました。The file is in use by another process, or an I/O error occurs.

パスがシステム定義の最大長を超えています。The path exceeds the system-defined maximum length.

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。A file or directory name in the path contains a colon (:) or is in an invalid format.

文字列をバッファーに書き込むための十分なメモリがありません。There is not enough memory to write the string to buffer.

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。The user lacks necessary permissions to view the path.

この例では、ファイルに行を書き込み "This is new text to be added." Test.txt 、ファイル内の既存のテキストを上書きします。This example writes the line "This is new text to be added." to the file Test.txt, overwriting any existing text in the file.

My.Computer.FileSystem.WriteAllText("C:\TestFolder1\test.txt",
"This is new text to be added.", False)

この例では、フォルダー内のファイルの名前 Documents and Settings をに書き込み FileList.txt 、それぞれの間にキャリッジリターンを挿入して読みやすくします。This example writes the names of the files in the Documents and Settings folder to FileList.txt, inserting a carriage return between each for better readability.

For Each foundFile In
        My.Computer.FileSystem.GetFiles("C:\Documents and Settings")
    foundFile = foundFile & vbCrLf
    My.Computer.FileSystem.WriteAllText(
        "C:\Documents and Settings\FileList.txt", foundFile, True)
Next

注釈

指定したファイルが存在しない場合は、作成されます。If the specified file does not exist, it is created.

指定したエンコーディングがファイルの既存のエンコーディングと一致しない場合、指定されたコードは無視されます。If the specified encoding does not match the existing encoding of the file, the specified coding is ignored.

注意

メソッドは、 WriteAllText ファイルを開き、書き込んでから閉じます。The WriteAllText method opens a file, writes to it, and then closes it. メソッドを使用するコード WriteAllText は、オブジェクトを使用するコードよりも簡単です StreamWriterCode that uses the WriteAllText method is simpler than code that uses a StreamWriter object. ただし、ループを使用してファイルに文字列を追加する場合は、 StreamWriter ファイルを1回だけ開いて閉じる必要があるため、オブジェクトのパフォーマンスが向上する可能性があります。However, if you are adding strings to a file by using a loop, a StreamWriter object can provide better performance because you only have to open and close the file one time. 詳細については、OpenTextFileWriter メソッドを参照してください。For more information, see the OpenTextFileWriter method.

次の表に、メソッドに関連するタスクの例を示し My.Computer.FileSystem.WriteAllText ます。The following table lists examples of tasks involving the My.Computer.FileSystem.WriteAllText method.

終了To 解決方法については、See
ファイルへのテキストの書き込みWrite text to a file 方法: ファイルにテキストを書き込む (Visual Basic)How to: Write Text to Files in Visual Basic
ファイルへのテキストの追加Append text to a file 方法 : Visual Basic でテキスト ファイルに追記するHow to: Append to Text Files in Visual Basic

こちらもご覧ください

適用対象