Strings クラス

定義

Strings モジュールに含まれるプロシージャを使って、文字列操作を実行します。

public ref class Strings sealed
[Microsoft.VisualBasic.CompilerServices.StandardModule]
public sealed class Strings
[<Microsoft.VisualBasic.CompilerServices.StandardModule>]
type Strings = class
Public Module Strings
継承
Strings
属性

次の例では、文字列をスペースで分割する方法を示します。

Dim testString As String = "Look at these!"
' Returns an array containing "Look", "at", and "these!".
Dim testArray() As String = Split(testString)

注釈

このモジュールでは、文字列を操作するVisual Basic言語キーワードとランタイム ライブラリ メンバーがサポートされます。

メソッド

Asc(Char)

文字に対応する文字コードを表す整数値を返します。

Asc(String)

文字に対応する文字コードを表す整数値を返します。

AscW(Char)

文字に対応する文字コードを表す整数値を返します。

AscW(String)

文字に対応する文字コードを表す整数値を返します。

Chr(Int32)

指定された文字コードに対応する文字を返します。

ChrW(Int32)

指定された文字コードに対応する文字を返します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Filter(Object[], String, Boolean, CompareMethod)

指定されたフィルター条件に基づいた文字列 (String) 配列のサブセットを含むゼロ ベースの配列を返します。

Filter(String[], String, Boolean, CompareMethod)

指定されたフィルター条件に基づいた文字列 (String) 配列のサブセットを含むゼロ ベースの配列を返します。

Format(Object, String)

書式指定文字列 (String) 式に含まれる指示に従って書式設定された文字列を返します。

FormatCurrency(Object, Int32, TriState, TriState, TriState)

システムの [コントロール パネル] で定義されている通貨記号を使って通貨形式の文字列に書式設定して返す文字列処理関数です。

FormatDateTime(DateTime, DateFormat)

日時の値を表す文字列式を返します。

FormatNumber(Object, Int32, TriState, TriState, TriState)

数値形式の文字列に書式設定して返す文字列処理関数です。

FormatPercent(Object, Int32, TriState, TriState, TriState)

パーセント記号 (%) が付加されたパーセント形式 (100 で乗算した) の文字列に書式設定して返す文字列処理関数です。

GetChar(String, Int32)

指定された文字列の指定されたインデックス位置にある文字を表す Char 値を返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InStr(Int32, String, String, CompareMethod)

ある文字列の中から指定した文字列を検索し、最初に見つかった文字列の開始位置を示す整数型の値を返します。

InStr(String, String, CompareMethod)

ある文字列の中から指定した文字列を検索し、最初に見つかった文字列の開始位置を示す整数型の値を返します。

InStrRev(String, String, Int32, CompareMethod)

ある文字列の中から指定された文字列を最後の文字位置から検索を開始し、最初に見つかった文字位置 (先頭からその位置までの文字数) を返します。

Join(Object[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

Join(String[], String)

配列に含まれる多数の部分文字列を結合して作成される文字列を返します。

LCase(Char)

小文字に変換した文字列または文字を返します。

LCase(String)

小文字に変換した文字列または文字を返します。

Left(String, Int32)

指定された文字数を含む文字列を返します。

Len(Boolean)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Byte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Char)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(DateTime)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Decimal)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Double)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Int64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Object)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(SByte)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(Single)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(String)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt16)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt32)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

Len(UInt64)

文字列内の文字数または変数を格納するために必要な公称バイト数を表す整数を返します。

LSet(String, Int32)

指定の文字列が含まれている文字列を左寄せで指定の長さに調整して返します。

LTrim(String)

指定された文字列から、先頭の空白を除いたコピー (LTrim)、後続の空白を除いたコピー (RTrim)、または先頭と後続の空白を除いたコピー (Trim) を格納する文字列を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
Mid(String, Int32)

文字列の指定の位置から始まるすべての文字を含む文字列を返します。

Mid(String, Int32, Int32)

文字列の指定の位置から始まる指定の数の文字を含む文字列を返します。

Replace(String, String, String, Int32, Int32, CompareMethod)

指定された文字列の一部を指定された回数分別の部分文字列で置換した文字列を返します。

Right(String, Int32)

文字列の右端から指定された文字数分の文字列を返します。

RSet(String, Int32)

文字列と長さが指定され、その長さに調整された文字列右揃えにして文字列を返します。

RTrim(String)

指定された文字列から、先頭の空白を除いたコピー (LTrim)、後続の空白を除いたコピー (RTrim)、または先頭と後続の空白を除いたコピー (Trim) を格納する文字列を返します。

Space(Int32)

指定された数のスペースから成る文字列を返します。

Split(String, String, Int32, CompareMethod)

部分文字列ごとに区切られた文字列からゼロ ベースの 1 次元配列を作成し、返します。

StrComp(String, String, CompareMethod)

文字列比較の結果により、-1、0、または 1 のいずれかを返します。

StrConv(String, VbStrConv, Int32)

指定に従って変換された文字列型の値を返します。

StrDup(Int32, Char)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrDup(Int32, Object)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrDup(Int32, String)

指定された文字が指定された回数繰り返されている文字列型またはオブジェクト型の値を返します。

StrReverse(String)

指定された文字列の文字の並び順を逆にした文字列を返します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Trim(String)

指定された文字列から、先頭の空白を除いたコピー (LTrim)、後続の空白を除いたコピー (RTrim)、または先頭と後続の空白を除いたコピー (Trim) を格納する文字列を返します。

UCase(Char)

指定された文字列を大文字に変換して文字列型または char 型の値を返します。

UCase(String)

指定された文字列を大文字に変換して文字列型または char 型の値を返します。

適用対象

こちらもご覧ください