GraphObject.SetValue メソッド

定義

オーバーロード

SetValue(String, Object)

指定されたキー、型、および値を使用して注釈を追加します

SetValue<T>(GraphProperty, T)

指定されたプロパティの値を設定します。 プロパティが既に存在する場合、注釈フラグによって禁止されていない限り、その値は上書きされます。

SetValue(String, Object)

指定されたキー、型、および値を使用して注釈を追加します

public:
 System::Object ^ SetValue(System::String ^ propertyId, System::Object ^ value);
public object SetValue (string propertyId, object value);
member this.SetValue : string * obj -> obj
Public Function SetValue (propertyId As String, value As Object) As Object

パラメーター

propertyId
String

設定するプロパティ

value
Object

設定する値。

戻り値

Object

適用対象

SetValue<T>(GraphProperty, T)

指定されたプロパティの値を設定します。 プロパティが既に存在する場合、注釈フラグによって禁止されていない限り、その値は上書きされます。

public:
generic <typename T>
 T SetValue(Microsoft::VisualStudio::GraphModel::GraphProperty ^ property, T value);
public T SetValue<T> (Microsoft.VisualStudio.GraphModel.GraphProperty property, T value);
member this.SetValue : Microsoft.VisualStudio.GraphModel.GraphProperty * 'T -> 'T
Public Function SetValue(Of T) (property As GraphProperty, value As T) As T

型パラメーター

T

追加されるデータの種類

パラメーター

property
GraphProperty

設定するプロパティ

value
T

プロパティの値

戻り値

T

例外

キーが null の場合にスローされます

"1 回だけ書き込み" 注釈に複数回書き込もうとした場合にスローします。

適用対象