PathSegmentSerializer.Write(SerializationContext, ModelElement, XmlWriter, RootElementSettings) メソッド

定義

1つの PathSegment インスタンスを XML にシリアル化するパブリック書き込み () メソッド。

public:
 override void Write(Microsoft::VisualStudio::Modeling::SerializationContext ^ serializationContext, Microsoft::VisualStudio::Modeling::ModelElement ^ element, System::Xml::XmlWriter ^ writer, Microsoft::VisualStudio::Modeling::RootElementSettings ^ rootElementSettings);
public override void Write (Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext serializationContext, Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement element, System.Xml.XmlWriter writer, Microsoft.VisualStudio.Modeling.RootElementSettings rootElementSettings);
override this.Write : Microsoft.VisualStudio.Modeling.SerializationContext * Microsoft.VisualStudio.Modeling.ModelElement * System.Xml.XmlWriter * Microsoft.VisualStudio.Modeling.RootElementSettings -> unit
Public Overrides Sub Write (serializationContext As SerializationContext, element As ModelElement, writer As XmlWriter, rootElementSettings As RootElementSettings)

パラメーター

serializationContext
SerializationContext

シリアル化コンテキスト。

element
ModelElement

シリアル化する PathSegment インスタンス。

writer
XmlWriter

シリアル化されたデータの書き込み先の XmlWriter。

rootElementSettings
RootElementSettings

渡された要素が XML のルート要素としてシリアル化される場合のルート要素の設定。 ルート要素には、スキーマターゲットの名前空間、バージョンなどの追加情報が含まれています。これは、ルートレベルの要素に対してのみ渡す必要があります。 Rest 要素には Null を渡す必要があります (このパラメーターを指定せずに Write () メソッドを呼び出すことが理想的です)。

適用対象