DataSourceDefinition.CredentialRetrieval プロパティ

定義

レポート サーバーでデータ ソースの資格情報を取得する方法を示す値を取得または設定します。

public:
 property ReportService2006::CredentialRetrievalEnum CredentialRetrieval { ReportService2006::CredentialRetrievalEnum get(); void set(ReportService2006::CredentialRetrievalEnum value); };
public ReportService2006.CredentialRetrievalEnum CredentialRetrieval { get; set; }
member this.CredentialRetrieval : ReportService2006.CredentialRetrievalEnum with get, set
Public Property CredentialRetrieval As CredentialRetrievalEnum

プロパティ値

CredentialRetrievalEnum

レポート サーバーでデータ ソースの資格情報を取得する方法を示す CredentialRetrievalEnum 値です。

注釈

CredentialRetrieval プロパティを使用して、レポート サーバーが外部データ ソースに接続するときに使用する資格情報の取得先を指定できます。

このプロパティには、4 種類の設定があります。

  • None : データ ソースへ接続するとき、接続に関する情報を必要としません。

  • Prompt : レポート サーバーに資格情報を提供する必要があります。 資格情報が提供されない場合、レポートが生成されず、例外が発生します。

  • Integrated : レポート サーバーでは、レポート サーバーに対して認証されているユーザーの資格情報を使用します。 それ以外のデータ ソースの資格情報を提供しても、すべて無視されます。

  • Store : 資格情報がレポート サーバー データベースに安全に格納されます。

レポート サーバーの機能には、適切に動作させるために資格情報取得オプションを Store または None に設定する必要があるものがいくつかあります。 このような機能として、レポート実行スナップショット生成、レポート履歴生成、サブスクリプションなど、スケジュールに基づく機能があります。

資格情報と接続文字列がレポート サーバー データベースに格納される場合、これらのデータは暗号化されます。

適用対象