_AppDomain インターフェイス

定義

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

AppDomain クラスのパブリック メンバーをアンマネージ コードに公開します。

public interface class _AppDomain
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("05F696DC-2B29-3663-AD8B-C4389CF2A713")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
public interface _AppDomain
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Runtime.InteropServices.Guid("05F696DC-2B29-3663-AD8B-C4389CF2A713")]
[System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public interface _AppDomain
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("05F696DC-2B29-3663-AD8B-C4389CF2A713")>]
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
type _AppDomain = interface
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.Guid("05F696DC-2B29-3663-AD8B-C4389CF2A713")>]
[<System.Runtime.InteropServices.InterfaceType(System.Runtime.InteropServices.ComInterfaceType.InterfaceIsIUnknown)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type _AppDomain = interface
Public Interface _AppDomain
派生
属性

注釈

このインターフェイスは、アンマネージ COM オブジェクトからアクセスできるクラス メンバーの System.AppDomain vtable の順序を保持します。

プロパティ

BaseDirectory

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、BaseDirectoryプロパティです。

DynamicDirectory

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、DynamicDirectoryプロパティです。

Evidence

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、Evidenceプロパティです。

FriendlyName

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、FriendlyNameプロパティです。

RelativeSearchPath

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、RelativeSearchPathプロパティです。

ShadowCopyFiles

COM オブジェクトを提供するバージョンに依存しないアクセス権を持つ、ShadowCopyFilesプロパティです。

メソッド

AppendPrivatePath(String)

COM オブジェクトに、AppendPrivatePath(String) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

ClearPrivatePath()

COM オブジェクトに、ClearPrivatePath() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

ClearShadowCopyPath()

COM オブジェクトに、ClearShadowCopyPath() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

CreateInstance(String, String)

COM オブジェクトに、CreateInstance(String, String) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

CreateInstance(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

CreateInstance(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

CreateInstance(String, String, Object[])

CreateInstance(String, String, Object[]) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

CreateInstanceFrom(String, String)

CreateInstanceFrom(String, String) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

CreateInstanceFrom(String, String, Object[])

CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, Evidence)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet, Boolean)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, Evidence, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet, Boolean) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet)

DefineDynamicAssembly(AssemblyName, AssemblyBuilderAccess, String, PermissionSet, PermissionSet, PermissionSet) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

DoCallBack(CrossAppDomainDelegate)

COM オブジェクトに、DoCallBack(CrossAppDomainDelegate) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

Equals(Object)

COM オブジェクトに、継承された Equals(Object) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスを提供します。

ExecuteAssembly(String)

ExecuteAssembly(String) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

ExecuteAssembly(String, Evidence)

ExecuteAssembly(String, Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

ExecuteAssembly(String, Evidence, String[])

ExecuteAssembly(String, Evidence, String[]) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

GetAssemblies()

COM オブジェクトに、GetAssemblies() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

GetData(String)

COM オブジェクトに、GetData(String) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

GetHashCode()

COM オブジェクトに、継承された GetHashCode() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスを提供します。

GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

GetLifetimeService()

COM オブジェクトに、継承された GetLifetimeService() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスを提供します。

GetType()

COM オブジェクトに、GetType() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この型情報を使用して、インターフェイスの型情報を取得できます。

GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

InitializeLifetimeService()

COM オブジェクトに、InitializeLifetimeService() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

Load(AssemblyName)

Load(AssemblyName) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(AssemblyName, Evidence)

Load(AssemblyName, Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(Byte[])

Load(Byte[]) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(Byte[], Byte[])

Load(Byte[], Byte[]) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(Byte[], Byte[], Evidence)

Load(Byte[], Byte[], Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(String)

Load(String) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

Load(String, Evidence)

Load(String, Evidence) メソッド オーバーロードへのバージョンに依存しないアクセスを、COM オブジェクトに提供します。

SetAppDomainPolicy(PolicyLevel)

COM オブジェクトに、SetAppDomainPolicy(PolicyLevel) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

SetCachePath(String)

COM オブジェクトに、SetCachePath(String) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

SetData(String, Object)

COM オブジェクトに、SetData(String, Object) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

SetPrincipalPolicy(PrincipalPolicy)

COM オブジェクトに、SetPrincipalPolicy(PrincipalPolicy) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

SetShadowCopyPath(String)

COM オブジェクトに、SetShadowCopyPath(String) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

SetThreadPrincipal(IPrincipal)

COM オブジェクトに、SetThreadPrincipal(IPrincipal) メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

ToString()

COM オブジェクトに、ToString() メソッドへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

イベント

AssemblyLoad

COM オブジェクトに、AssemblyLoad イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

AssemblyResolve

COM オブジェクトに、AssemblyResolve イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

DomainUnload

COM オブジェクトに、DomainUnload イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

ProcessExit

COM オブジェクトに、ProcessExit イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

ResourceResolve

COM オブジェクトに、ResourceResolve イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

TypeResolve

COM オブジェクトに、TypeResolve イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

UnhandledException

COM オブジェクトに、UnhandledException イベントへのバージョンに依存しないアクセスが用意されています。

適用対象