Activator.CreateInstanceFrom Activator.CreateInstanceFrom Activator.CreateInstanceFrom Activator.CreateInstanceFrom Method

定義

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も一致するコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

オーバーロード

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も適したコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も一致するコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も適したコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、既定のコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and default constructor.

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String)

名前を指定したアセンブリ ファイルと既定のコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and default constructor.

CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String)

名前を指定したアセンブリ ファイルと、既定のコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and default constructor.

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も一致するコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

警告

この API は現在使われていません。

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も適したコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(AppDomain ^ domain, System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName, bool ignoreCase, System::Reflection::BindingFlags bindingAttr, System::Reflection::Binder ^ binder, cli::array <System::Object ^> ^ args, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, cli::array <System::Object ^> ^ activationAttributes, System::Security::Policy::Evidence ^ securityAttributes);
[System.Obsolete("Methods which use Evidence to sandbox are obsolete and will be removed in a future release of the .NET Framework. Please use an overload of CreateInstanceFrom which does not take an Evidence parameter. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=155570 for more information.")]
[System.Security.SecurityCritical]
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (AppDomain domain, string assemblyFile, string typeName, bool ignoreCase, System.Reflection.BindingFlags bindingAttr, System.Reflection.Binder binder, object[] args, System.Globalization.CultureInfo culture, object[] activationAttributes, System.Security.Policy.Evidence securityAttributes);
static member CreateInstanceFrom : AppDomain * string * string * bool * System.Reflection.BindingFlags * System.Reflection.Binder * obj[] * System.Globalization.CultureInfo * obj[] * System.Security.Policy.Evidence -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle

パラメーター

domain
AppDomain AppDomain AppDomain AppDomain

typeName という名前の型が作成されるリモート ドメイン。The remote domain where the type named typeName is created.

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

ignoreCase
Boolean Boolean Boolean Boolean

typeName の検索で大文字と小文字を区別しない場合は true。検索で大文字と小文字を区別する場合は falsetrue to specify that the search for typeName is not case-sensitive; false to specify that the search is case-sensitive.

bindingAttr
BindingFlags BindingFlags BindingFlags BindingFlags

typeName コンストラクターの検索に影響を与える 0 個以上のビット フラグの組み合わせ。A combination of zero or more bit flags that affect the search for the typeName constructor. bindingAttr が 0 の場合は、大文字と小文字を区別してパブリック コンストラクターを検索します。If bindingAttr is zero, a case-sensitive search for public constructors is conducted.

binder
Binder Binder Binder Binder

bindingAttr および args を使用して typeName コンストラクターをシークおよび識別するオブジェクト。An object that uses bindingAttr and args to seek and identify the typeName constructor. bindernull の場合は、既定のバインダーが使用されます。If binder is null, the default binder is used.

args
Object[]

呼び出すコンストラクターのパラメーターと、数、順序、および型が一致する引数の配列。An array of arguments that match in number, order, and type the parameters of the constructor to invoke. args が空の配列または null である場合は、パラメーターなしのコンストラクター (既定のコンストラクター) が呼び出されます。If args is an empty array or null, the constructor that takes no parameters (the default constructor) is invoked.

culture
CultureInfo CultureInfo CultureInfo CultureInfo

args から typeName コンストラクターに対して宣言された仮引数型への強制変換を制御するカルチャ固有の情報。Culture-specific information that governs the coercion of args to the formal types declared for the typeName constructor. culturenull の場合は、現在のスレッドの CultureInfo が使用されます。If culture is null, the CultureInfo for the current thread is used.

activationAttributes
Object[]

アクティべーションに参加できる 1 つ以上の属性の配列。An array of one or more attributes that can participate in activation. これは、通常、リモート オブジェクトをアクティブ化するために必要な URL を指定する 1 つの UrlAttribute オブジェクトを含む配列です。This is typically an array that contains a single UrlAttribute object that specifies the URL that is required to activate a remote object.

このパラメーターは、クライアント側でアクティブ化されるオブジェクトに関連しています。This parameter is related to client-activated objects. クライアント アクティベーションは、下位互換性のために残されているレガシ テクノロジです。新規の開発には使用しないでください。Client activation is a legacy technology that is retained for backward compatibility but is not recommended for new development. 分散アプリケーションは、代わりに Windows Communication Foundation (WCF) を使用する必要があります。Distributed applications should instead use Windows Communication Foundation.

securityAttributes
Evidence Evidence Evidence Evidence

セキュリティ ポリシーがコードに与えるアクセス許可を決定するために使用する情報。Information used to make security policy decisions and grant code permissions.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

domain または typeNamenull です。domain or typeName is null.

一致するコンストラクターが見つかりませんでした。No matching constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does have the required FileIOPermission.

activationAttributes が空の配列ではないか、作成される型が MarshalByRefObject から派生したものではありません。activationAttributes is not an empty array, and the type being created does not derive from MarshalByRefObject.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

注釈

使用CreateInstanceFromホストがセキュリティのアクセス許可が制限されているアプリケーション ドメインでコードを実行する必要がある場合。Use CreateInstanceFrom when a host needs to execute code in an application domain that has restricted security permissions.

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

注意

このメソッドを使用してSecurityAction.LinkDemandに完全な信頼の直前の呼び出し元が必要です。This method uses SecurityAction.LinkDemand to require the immediate caller to have full trust.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
証拠を指定します。for supplying evidence. 関連付けられた列挙体。 ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
非パブリックな型およびそのアクセス許可セットに関係なくのメンバーにアクセスします。for accessing nonpublic types and members regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に対する完全な信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されたまたは透過的なコードで使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[], Evidence)

警告

この API は現在使われていません。

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も一致するコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName, bool ignoreCase, System::Reflection::BindingFlags bindingAttr, System::Reflection::Binder ^ binder, cli::array <System::Object ^> ^ args, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, cli::array <System::Object ^> ^ activationAttributes, System::Security::Policy::Evidence ^ securityInfo);
[System.Obsolete("Methods which use evidence to sandbox are obsolete and will be removed in a future release of the .NET Framework. Please use an overload of CreateInstanceFrom which does not take an Evidence parameter. See http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=155570 for more information.")]
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (string assemblyFile, string typeName, bool ignoreCase, System.Reflection.BindingFlags bindingAttr, System.Reflection.Binder binder, object[] args, System.Globalization.CultureInfo culture, object[] activationAttributes, System.Security.Policy.Evidence securityInfo);
static member CreateInstanceFrom : string * string * bool * System.Reflection.BindingFlags * System.Reflection.Binder * obj[] * System.Globalization.CultureInfo * obj[] * System.Security.Policy.Evidence -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle

パラメーター

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

ignoreCase
Boolean Boolean Boolean Boolean

typeName の検索で大文字と小文字を区別しない場合は true。検索で大文字と小文字を区別する場合は falsetrue to specify that the search for typeName is not case-sensitive; false to specify that the search is case-sensitive.

bindingAttr
BindingFlags BindingFlags BindingFlags BindingFlags

typeName コンストラクターの検索に影響を与える 0 個以上のビット フラグの組み合わせ。A combination of zero or more bit flags that affect the search for the typeName constructor. bindingAttr が 0 の場合は、大文字と小文字を区別してパブリック コンストラクターを検索します。If bindingAttr is zero, a case-sensitive search for public constructors is conducted.

binder
Binder Binder Binder Binder

bindingAttr および args を使用して typeName コンストラクターをシークおよび識別するオブジェクト。An object that uses bindingAttr and args to seek and identify the typeName constructor. bindernull の場合は、既定のバインダーが使用されます。If binder is null, the default binder is used.

args
Object[]

呼び出すコンストラクターのパラメーターと、数、順序、および型が一致する引数の配列。An array of arguments that match in number, order, and type the parameters of the constructor to invoke. args が空の配列または null である場合は、パラメーターなしのコンストラクター (既定のコンストラクター) が呼び出されます。If args is an empty array or null, the constructor that takes no parameters (the default constructor) is invoked.

culture
CultureInfo CultureInfo CultureInfo CultureInfo

args から typeName コンストラクターに対して宣言された仮引数型への強制変換を制御するカルチャ固有の情報。Culture-specific information that governs the coercion of args to the formal types declared for the typeName constructor. culturenull の場合は、現在のスレッドの CultureInfo が使用されます。If culture is null, the CultureInfo for the current thread is used.

activationAttributes
Object[]

アクティべーションに参加できる 1 つ以上の属性の配列。An array of one or more attributes that can participate in activation. これは、通常、リモート オブジェクトをアクティブ化するために必要な URL を指定する 1 つの UrlAttribute オブジェクトを含む配列です。This is typically an array that contains a single UrlAttribute object that specifies the URL that is required to activate a remote object.

このパラメーターは、クライアント側でアクティブ化されるオブジェクトに関連しています。This parameter is related to client-activated objects. クライアント アクティベーションは、下位互換性のために残されているレガシ テクノロジです。新規の開発には使用しないでください。Client activation is a legacy technology that is retained for backward compatibility but is not recommended for new development. 分散アプリケーションは、代わりに Windows Communication Foundation (WCF) を使用する必要があります。Distributed applications should instead use Windows Communication Foundation.

securityInfo
Evidence Evidence Evidence Evidence

セキュリティ ポリシーがコードに与えるアクセス許可を決定するために使用する情報。Information used to make security policy decisions and grant code permissions.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

一致するコンストラクターが見つかりませんでした。No matching constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does not have the required FileIOPermission.

activationAttributes が空の配列ではないか、作成される型が MarshalByRefObject から派生したものではありません。activationAttributes is not an empty array, and the type being created does not derive from MarshalByRefObject.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

注釈

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
デリゲートのインスタンスを作成するときに、アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code when creating an instance of a delegate. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
非パブリックな型およびそのアクセス許可セットに関係なくのメンバーにアクセスします。for accessing nonpublic types and members regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も適したコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(AppDomain ^ domain, System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName, bool ignoreCase, System::Reflection::BindingFlags bindingAttr, System::Reflection::Binder ^ binder, cli::array <System::Object ^> ^ args, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, cli::array <System::Object ^> ^ activationAttributes);
[System.Security.SecurityCritical]
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (AppDomain domain, string assemblyFile, string typeName, bool ignoreCase, System.Reflection.BindingFlags bindingAttr, System.Reflection.Binder binder, object[] args, System.Globalization.CultureInfo culture, object[] activationAttributes);
static member CreateInstanceFrom : AppDomain * string * string * bool * System.Reflection.BindingFlags * System.Reflection.Binder * obj[] * System.Globalization.CultureInfo * obj[] -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle

パラメーター

domain
AppDomain AppDomain AppDomain AppDomain

typeName という名前の型が作成されるリモート ドメイン。The remote domain where the type named typeName is created.

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

ignoreCase
Boolean Boolean Boolean Boolean

typeName の検索で大文字と小文字を区別しない場合は true。検索で大文字と小文字を区別する場合は falsetrue to specify that the search for typeName is not case-sensitive; false to specify that the search is case-sensitive.

bindingAttr
BindingFlags BindingFlags BindingFlags BindingFlags

typeName コンストラクターの検索に影響を与える 0 個以上のビット フラグの組み合わせ。A combination of zero or more bit flags that affect the search for the typeName constructor. bindingAttr が 0 の場合は、大文字と小文字を区別してパブリック コンストラクターを検索します。If bindingAttr is zero, a case-sensitive search for public constructors is conducted.

binder
Binder Binder Binder Binder

bindingAttr および args を使用して typeName コンストラクターをシークおよび識別するオブジェクト。An object that uses bindingAttr and args to seek and identify the typeName constructor. bindernull の場合は、既定のバインダーが使用されます。If binder is null, the default binder is used.

args
Object[]

呼び出すコンストラクターのパラメーターと、数、順序、および型が一致する引数の配列。An array of arguments that match in number, order, and type the parameters of the constructor to invoke. args が空の配列または null である場合は、パラメーターなしのコンストラクター (既定のコンストラクター) が呼び出されます。If args is an empty array or null, the constructor that takes no parameters (the default constructor) is invoked.

culture
CultureInfo CultureInfo CultureInfo CultureInfo

args から typeName コンストラクターに対して宣言された仮引数型への強制変換を制御するカルチャ固有の情報。Culture-specific information that governs the coercion of args to the formal types declared for the typeName constructor. culturenull の場合は、現在のスレッドの CultureInfo が使用されます。If culture is null, the CultureInfo for the current thread is used.

activationAttributes
Object[]

アクティべーションに参加できる 1 つ以上の属性の配列。An array of one or more attributes that can participate in activation. これは、通常、リモート オブジェクトをアクティブ化するために必要な URL を指定する 1 つの UrlAttribute オブジェクトを含む配列です。This is typically an array that contains a single UrlAttribute object that specifies the URL that is required to activate a remote object.

このパラメーターは、クライアント側でアクティブ化されるオブジェクトに関連しています。This parameter is related to client-activated objects. クライアント アクティベーションは、下位互換性のために残されているレガシ テクノロジです。新規の開発には使用しないでください。Client activation is a legacy technology that is retained for backward compatibility but is not recommended for new development. 分散アプリケーションは、代わりに Windows Communication Foundation (WCF) を使用する必要があります。Distributed applications should instead use Windows Communication Foundation.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

domain または typeNamenull です。domain or typeName is null.

一致するコンストラクターが見つかりませんでした。No matching constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does have the required FileIOPermission.

activationAttributes が空の配列ではないか、作成される型が MarshalByRefObject から派生したものではありません。activationAttributes is not an empty array, and the type being created does not derive from MarshalByRefObject.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- assemblyName が、現在読み込まれているバージョンよりも新しいバージョンの共通言語ランタイムを対象としてコンパイルされました。assemblyName was compiled for a version of the common language runtime that is later than the version that is currently loaded.

注釈

使用CreateInstanceFromホストがセキュリティのアクセス許可が制限されているアプリケーション ドメインでコードを実行する必要がある場合。Use CreateInstanceFrom when a host needs to execute code in an application domain that has restricted security permissions.

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照して、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions sections of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
証拠を指定します。for supplying evidence. 関連付けられた列挙体。 ControlEvidenceAssociated enumeration: ControlEvidence

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
非パブリックな型およびそのアクセス許可セットに関係なくのメンバーにアクセスします。for accessing nonpublic types and members regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に対する完全な信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されたまたは透過的なコードで使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、既定のコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and default constructor.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName, cli::array <System::Object ^> ^ activationAttributes);
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (string assemblyFile, string typeName, object[] activationAttributes);
static member CreateInstanceFrom : string * string * obj[] -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle
Public Shared Function CreateInstanceFrom (assemblyFile As String, typeName As String, activationAttributes As Object()) As ObjectHandle

パラメーター

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

activationAttributes
Object[]

アクティべーションに参加できる 1 つ以上の属性の配列。An array of one or more attributes that can participate in activation. これは、通常、リモート オブジェクトをアクティブ化するために必要な URL を指定する 1 つの UrlAttribute オブジェクトを含む配列です。This is typically an array that contains a single UrlAttribute object that specifies the URL that is required to activate a remote object.

このパラメーターは、クライアント側でアクティブ化されるオブジェクトに関連しています。This parameter is related to client-activated objects. クライアント アクティベーションは、下位互換性のために残されているレガシ テクノロジです。新規の開発には使用しないでください。Client activation is a legacy technology that is retained for backward compatibility but is not recommended for new development. 分散アプリケーションは、代わりに Windows Communication Foundation (WCF) を使用する必要があります。Distributed applications should instead use Windows Communication Foundation.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

一致するパブリック コンストラクターが見つかりませんでした。No matching public constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

activationAttributes が空の配列ではないか、作成される型が MarshalByRefObject から派生したものではありません。activationAttributes is not an empty array, and the type being created does not derive from MarshalByRefObject.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does have the required FileIOPermission.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

注釈

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
デリゲートのインスタンスを作成するときに、アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code when creating an instance of a delegate. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
アクセス許可に関係なく、非パブリックな型の次のように設定します。for accessing nonpublic types regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String) CreateInstanceFrom(AppDomain, String, String)

名前を指定したアセンブリ ファイルと既定のコンストラクターを使用して、指定したリモート ドメインに、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified in the specified remote domain, using the named assembly file and default constructor.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(AppDomain ^ domain, System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName);
[System.Security.SecurityCritical]
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (AppDomain domain, string assemblyFile, string typeName);
static member CreateInstanceFrom : AppDomain * string * string -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle
Public Shared Function CreateInstanceFrom (domain As AppDomain, assemblyFile As String, typeName As String) As ObjectHandle

パラメーター

domain
AppDomain AppDomain AppDomain AppDomain

typeName という名前の型が作成されるリモート ドメイン。The remote domain where the type named typeName is created.

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

domain または typeNamenull です。domain or typeName is null.

一致するパブリック コンストラクターが見つかりませんでした。No matching public constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does have the required FileIOPermission.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

注釈

使用CreateInstanceFromホストがセキュリティのアクセス許可が制限されているアプリケーション ドメインでコードを実行する必要がある場合。Use CreateInstanceFrom when a host needs to execute code in an application domain that has restricted security permissions.

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

注意

このメソッドを使用してSecurityAction.LinkDemandに完全な信頼の直前の呼び出し元が必要です。This method uses SecurityAction.LinkDemand to require the immediate caller to have full trust.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
デリゲートのインスタンスを作成するときに、アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code when creating an instance of a delegate. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に対する完全な信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されたまたは透過的なコードで使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String) CreateInstanceFrom(String, String)

名前を指定したアセンブリ ファイルと、既定のコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and default constructor.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName);
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (string assemblyFile, string typeName);
static member CreateInstanceFrom : string * string -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle
Public Shared Function CreateInstanceFrom (assemblyFile As String, typeName As String) As ObjectHandle

パラメーター

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

一致するパブリック コンストラクターが見つかりませんでした。No matching public constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does have the required FileIOPermission.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

次のコード例を呼び出す方法を示します、CreateInstanceFromメソッド。The following code example demonstrates how to call the CreateInstanceFrom method. このコード例が示されている例の一部、Activatorクラス。This code example is part of a larger example provided for the Activator class.

// Create an instance of the SomeType class that is defined in this 
// assembly.
System::Runtime::Remoting::ObjectHandle^ oh = 
    Activator::CreateInstanceFrom(Assembly::GetEntryAssembly()->CodeBase, 
                                  SomeType::typeid->FullName);

// Call an instance method defined by the SomeType type using this object.
SomeType^ st = (SomeType^) oh->Unwrap();

st->DoSomething(5);
// Create an instance of the SomeType class that is defined in this 
// assembly.
System.Runtime.Remoting.ObjectHandle oh = 
    Activator.CreateInstanceFrom(Assembly.GetEntryAssembly().CodeBase, 
                                 typeof(SomeType).FullName);

// Call an instance method defined by the SomeType type using this object.
SomeType st = (SomeType) oh.Unwrap();

st.DoSomething(5);
' Create an instance of the SomeType class that is defined in this assembly.
Dim oh As System.Runtime.Remoting.ObjectHandle = _
    Activator.CreateInstanceFrom(Assembly.GetEntryAssembly().CodeBase, _
                                 GetType(SomeType).FullName)

' Call an instance method defined by the SomeType type using this object.
Dim st As SomeType = CType(oh.Unwrap(), SomeType)

st.DoSomething(5)

注釈

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
デリゲートのインスタンスを作成するときに、アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code when creating an instance of a delegate. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
アクセス許可に関係なく、非パブリックな型の次のように設定します。for accessing nonpublic types regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[]) CreateInstanceFrom(String, String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

名前を指定したアセンブリ ファイルと、指定したパラメーターに最も一致するコンストラクターを使用して、名前を指定した型のインスタンスを作成します。Creates an instance of the type whose name is specified, using the named assembly file and the constructor that best matches the specified parameters.

public:
 static System::Runtime::Remoting::ObjectHandle ^ CreateInstanceFrom(System::String ^ assemblyFile, System::String ^ typeName, bool ignoreCase, System::Reflection::BindingFlags bindingAttr, System::Reflection::Binder ^ binder, cli::array <System::Object ^> ^ args, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, cli::array <System::Object ^> ^ activationAttributes);
public static System.Runtime.Remoting.ObjectHandle CreateInstanceFrom (string assemblyFile, string typeName, bool ignoreCase, System.Reflection.BindingFlags bindingAttr, System.Reflection.Binder binder, object[] args, System.Globalization.CultureInfo culture, object[] activationAttributes);
static member CreateInstanceFrom : string * string * bool * System.Reflection.BindingFlags * System.Reflection.Binder * obj[] * System.Globalization.CultureInfo * obj[] -> System.Runtime.Remoting.ObjectHandle

パラメーター

assemblyFile
String String String String

typeName という名前の型をシークする場所となるアセンブリが含まれているファイルの名前。The name of a file that contains an assembly where the type named typeName is sought.

typeName
String String String String

推奨される型の名前。The name of the preferred type.

ignoreCase
Boolean Boolean Boolean Boolean

typeName の検索で大文字と小文字を区別しない場合は true。検索で大文字と小文字を区別する場合は falsetrue to specify that the search for typeName is not case-sensitive; false to specify that the search is case-sensitive.

bindingAttr
BindingFlags BindingFlags BindingFlags BindingFlags

typeName コンストラクターの検索に影響を与える 0 個以上のビット フラグの組み合わせ。A combination of zero or more bit flags that affect the search for the typeName constructor. bindingAttr が 0 の場合は、大文字と小文字を区別してパブリック コンストラクターを検索します。If bindingAttr is zero, a case-sensitive search for public constructors is conducted.

binder
Binder Binder Binder Binder

bindingAttr および args を使用して typeName コンストラクターをシークおよび識別するオブジェクト。An object that uses bindingAttr and args to seek and identify the typeName constructor. bindernull の場合は、既定のバインダーが使用されます。If binder is null, the default binder is used.

args
Object[]

呼び出すコンストラクターのパラメーターと、数、順序、および型が一致する引数の配列。An array of arguments that match in number, order, and type the parameters of the constructor to invoke. args が空の配列または null である場合は、パラメーターなしのコンストラクター (既定のコンストラクター) が呼び出されます。If args is an empty array or null, the constructor that takes no parameters (the default constructor) is invoked.

culture
CultureInfo CultureInfo CultureInfo CultureInfo

args から typeName コンストラクターに対して宣言された仮引数型への強制変換を制御するカルチャ固有の情報。Culture-specific information that governs the coercion of args to the formal types declared for the typeName constructor. culturenull の場合は、現在のスレッドの CultureInfo が使用されます。If culture is null, the CultureInfo for the current thread is used.

activationAttributes
Object[]

アクティべーションに参加できる 1 つ以上の属性の配列。An array of one or more attributes that can participate in activation. これは、通常、リモート オブジェクトをアクティブ化するために必要な URL を指定する 1 つの UrlAttribute オブジェクトを含む配列です。This is typically an array that contains a single UrlAttribute object that specifies the URL that is required to activate a remote object.

このパラメーターは、クライアント側でアクティブ化されるオブジェクトに関連しています。This parameter is related to client-activated objects. クライアント アクティベーションは、下位互換性のために残されているレガシ テクノロジです。新規の開発には使用しないでください。Client activation is a legacy technology that is retained for backward compatibility but is not recommended for new development. 分散アプリケーションは、代わりに Windows Communication Foundation (WCF) を使用する必要があります。Distributed applications should instead use Windows Communication Foundation.

戻り値

新しく作成されたインスタンスにアクセスするために、ラップを解除する必要があるハンドル。A handle that must be unwrapped to access the newly created instance.

例外

一致するコンストラクターが見つかりませんでした。No matching constructor was found.

typenameassemblyFile に見つかりませんでした。typename was not found in assemblyFile.

assemblyFile が見つかりませんでした。assemblyFile was not found.

呼び出し元には、このコンストラクターを呼び出すアクセス許可がありません。The caller does not have permission to call this constructor.

抽象クラスのインスタンスを作成することができないか、またはこのメンバーは遅延バインド メカニズムで呼び出されました。Cannot create an instance of an abstract class, or this member was invoked with a late-binding mechanism.

リフレクションを通じて呼び出されたコンストラクターが、例外をスローしました。The constructor, which was invoked through reflection, threw an exception.

呼び出し元に、必要な FileIOPermission がありません。The caller does not have the required FileIOPermission.

activationAttributes が空の配列ではないか、作成される型が MarshalByRefObject から派生したものではありません。activationAttributes is not an empty array, and the type being created does not derive from MarshalByRefObject.

assemblyFile は正しいアセンブリではありません。assemblyFile is not a valid assembly.

または-or- 共通言語ランタイム (CLR) バージョン 2.0 以降が現在読み込まれており、assemblyName は現在読み込まれているバージョンより新しいバージョンの CLR 用にコンパイルされました。The common language runtime (CLR) version 2.0 or later is currently loaded, and assemblyName was compiled for a version of the CLR that is later than the currently loaded version. .NET Framework のバージョン 2.0、3.0、3.5 はすべて、CLR バージョン 2.0 を使うことにご注意ください。Note that the .NET Framework versions 2.0, 3.0, and 3.5 all use CLR version 2.0.

注釈

使用して、ObjectHandle.Unwrap戻り値のラップを解除するメソッド。Use the ObjectHandle.Unwrap method to unwrap the return value.

その他の呼び出されたメソッドによってスローされる例外については、例外セクションを参照してください、Assembly.LoadFromCreateInstanceメソッド。For information about other exceptions that can be thrown by invoked methods, see the Exceptions section of the Assembly.LoadFrom and CreateInstance methods.

セキュリティ

SecurityPermission
デリゲートのインスタンスを作成するときに、アンマネージ コードを呼び出す機能。for the ability to call unmanaged code when creating an instance of a delegate. 関連付けられた列挙体。 UnmanagedCodeAssociated enumeration: UnmanagedCode

FileIOPermission
ディレクトリ パスを検索し、その内容を読み取る権限です。for the ability to search directory paths and read their contents. 列挙体に関連付けられている:PathDiscoveryReadAssociated enumerations: PathDiscovery and Read

ReflectionPermission
非パブリックな型およびそのアクセス許可セットに関係なくのメンバーにアクセスします。for accessing nonpublic types and members regardless of their grant set. 関連付けられた列挙体。 MemberAccessAssociated enumeration: MemberAccess

適用対象