ArgumentException.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) メソッド

定義

パラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。

public:
 override void GetObjectData(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
public override void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
[System.Security.SecurityCritical]
public override void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
[<System.Security.SecurityCritical>]
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
Public Overrides Sub GetObjectData (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

シリアル化されたオブジェクト データを保持するオブジェクト。

context
StreamingContext

転送元または転送先に関するコンテキスト情報。

実装

属性

例外

info オブジェクトは null 参照 (Visual Basic では Nothing) です。

注釈

GetObjectData は、シリアル化の対象となるすべての例外オブジェクト データを含む SerializationInfo を設定します。 逆シリアル化中、例外オブジェクトはストリーム経由で SerializationInfo 送信されたオブジェクトから再構成されます。

詳細については、「SerializationInfo」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください