Queue Class

定義

オブジェクトの先入れ先出しコレクションを表します。 Represents a first-in, first-out collection of objects.

[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class Queue : ICloneable, System.Collections.ICollection
継承
Queue
属性
実装

次の例を作成し、値を追加する方法を示しています、Queueとその値を印刷する方法。The following example shows how to create and add values to a Queue and how to print out its values.

using namespace System;
using namespace System::Collections;
void PrintValues( IEnumerable^ myCollection );
int main()
{
   
   // Creates and initializes a new Queue.
   Queue^ myQ = gcnew Queue;
   myQ->Enqueue( "Hello" );
   myQ->Enqueue( "World" );
   myQ->Enqueue( "!" );
   
   // Displays the properties and values of the Queue.
   Console::WriteLine( "myQ" );
   Console::WriteLine( "\tCount:    {0}", myQ->Count );
   Console::Write( "\tValues:" );
   PrintValues( myQ );
}

void PrintValues( IEnumerable^ myCollection )
{
   IEnumerator^ myEnum = myCollection->GetEnumerator();
   while ( myEnum->MoveNext() )
   {
      Object^ obj = safe_cast<Object^>(myEnum->Current);
      Console::Write( "    {0}", obj );
   }

   Console::WriteLine();
}

/* 
 This code produces the following output.
 
 myQ
     Count:    3
     Values:    Hello    World    !
*/
 using System;
 using System.Collections;
 public class SamplesQueue  {
 
    public static void Main()  {
 
       // Creates and initializes a new Queue.
       Queue myQ = new Queue();
       myQ.Enqueue("Hello");
       myQ.Enqueue("World");
       myQ.Enqueue("!");
 
       // Displays the properties and values of the Queue.
       Console.WriteLine( "myQ" );
       Console.WriteLine( "\tCount:    {0}", myQ.Count );
       Console.Write( "\tValues:" );
       PrintValues( myQ );
    }
 
 
    public static void PrintValues( IEnumerable myCollection )  {
       foreach ( Object obj in myCollection )
          Console.Write( "    {0}", obj );
       Console.WriteLine();
    }
 }
 /* 
 This code produces the following output.
 
 myQ
     Count:    3
     Values:    Hello    World    !
*/ 
Imports System
Imports System.Collections

Public Class SamplesQueue

    Public Shared Sub Main()

        ' Creates and initializes a new Queue.
        Dim myQ As New Queue()
        myQ.Enqueue("Hello")
        myQ.Enqueue("World")
        myQ.Enqueue("!")

        ' Displays the properties and values of the Queue.
        Console.WriteLine("myQ")
        Console.WriteLine("    Count:    {0}", myQ.Count)
        Console.Write("    Values:")
        PrintValues(myQ)

    End Sub 'Main

    Public Shared Sub PrintValues(myCollection As IEnumerable)
        Dim obj As [Object]
        For Each obj In  myCollection
            Console.Write("    {0}", obj)
        Next obj
        Console.WriteLine()
    End Sub 'PrintValues

End Class 'SamplesQueue


' This code produces the following output.
' 
' myQ
'     Count:    3
'     Values:    Hello    World    !

注釈

このクラスは、循環を配列として、キューを実装します。This class implements a queue as a circular array. オブジェクトに格納されている、Queueが一方の end で挿入され、その他から削除します。Objects stored in a Queue are inserted at one end and removed from the other.

キューおよびスタックは便利な情報の一時的なストレージが必要な場合つまり、可能性がある場合の値を取得後に要素を破棄します。Queues and stacks are useful when you need temporary storage for information; that is, when you might want to discard an element after retrieving its value. 使用Queueかどうかは、コレクションに保存されていることと同じ順序で情報にアクセスする必要があります。Use Queue if you need to access the information in the same order that it is stored in the collection. 使用Stack逆の順序で情報にアクセスする必要がある場合。Use Stack if you need to access the information in reverse order. 使用ConcurrentQueue<T>またはConcurrentStack<T>同時に複数のスレッドからコレクションにアクセスする必要がある場合。Use ConcurrentQueue<T> or ConcurrentStack<T> if you need to access the collection from multiple threads concurrently.

次の 3 つの主な操作を実行できる、Queueとその要素。Three main operations can be performed on a Queue and its elements:

  • Enqueue 末尾に要素を追加、Queueします。Enqueue adds an element to the end of the Queue.

  • Dequeue 先頭から最も古い要素を削除、Queueします。Dequeue removes the oldest element from the start of the Queue.

  • Peek 先頭にある最も古い要素を返します、Queueからは削除されませんが、Queueします。Peek returns the oldest element that is at the start of the Queue but does not remove it from the Queue.

容量をQueue要素の数が、Queueを保持できます。The capacity of a Queue is the number of elements the Queue can hold. 要素が追加される、Queue容量が増やされます自動的に再割り当て、必要に応じて。As elements are added to a Queue, the capacity is automatically increased as required through reallocation. 呼び出すことによって、容量を削減できるTrimToSizeします。The capacity can be decreased by calling TrimToSize.

増加率より大きな容量が必要な場合に、現在の容量を乗算する数です。The growth factor is the number by which the current capacity is multiplied when a greater capacity is required. 増加率を決定時に、Queueを構築します。The growth factor is determined when the Queue is constructed. 既定の増加率は 2.0 です。The default growth factor is 2.0. 容量、Queue少なくとも少なくともの増加率に関係なく、4 常に高くなります。The capacity of the Queue will always increase by at least a minimum of four, regardless of the growth factor. たとえば、 Queue 1.0 の増加率を高くなります。 常に容量で 4 より大きな容量が必要な場合。For example, a Queue with a growth factor of 1.0 will always increase in capacity by four when a greater capacity is required.

Queue 受け入れるnull有効な値としてでき、重複する要素。Queue accepts null as a valid value and allows duplicate elements.

このコレクションのジェネリックのバージョンを参照してください。 System.Collections.Generic.Queue<T>For the generic version of this collection, see System.Collections.Generic.Queue<T>

コンストラクター

Queue()

空で、既定の初期量を備え、既定の増加率を使用する、Queue クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Queue class that is empty, has the default initial capacity, and uses the default growth factor.

Queue(ICollection)

指定したコレクションからコピーした要素を格納し、コピーした要素の数と同じ初期量を備え、既定の増加率を使用する、Queue クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Queue class that contains elements copied from the specified collection, has the same initial capacity as the number of elements copied, and uses the default growth factor.

Queue(Int32)

空で、指定した初期量を備え、既定の増加率を使用する、Queue クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Queue class that is empty, has the specified initial capacity, and uses the default growth factor.

Queue(Int32, Single)

空で、指定した初期量を備え、指定した増加率を使用する、Queue クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Queue class that is empty, has the specified initial capacity, and uses the specified growth factor.

プロパティ

Count

Queue に格納されている要素の数を取得します。 Gets the number of elements contained in the Queue.

IsSynchronized

Queue へのアクセスが同期されている (スレッド セーフである) かどうかを示す値を取得します。 Gets a value indicating whether access to the Queue is synchronized (thread safe).

SyncRoot

Queue へのアクセスを同期するために使用できるオブジェクトを取得します。 Gets an object that can be used to synchronize access to the Queue.

方法

Clear()

Queue からすべてのオブジェクトを削除します。 Removes all objects from the Queue.

Clone()

Queue の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the Queue.

Contains(Object)

ある要素が Queue 内に存在するかどうかを判断します。 Determines whether an element is in the Queue.

CopyTo(Array, Int32)

Queue の要素を既存の 1 次元の Array にコピーします。コピー操作は、配列内の指定したインデックスから始まります。 Copies the Queue elements to an existing one-dimensional Array, starting at the specified array index.

Dequeue()

Queue の先頭にあるオブジェクトを削除し、返します。 Removes and returns the object at the beginning of the Queue.

Enqueue(Object)

Queue の末尾にオブジェクトを追加します。 Adds an object to the end of the Queue.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
GetEnumerator()

Queue を反復処理する列挙子を返します。 Returns an enumerator that iterates through the Queue.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
Peek()

Queue の先頭にあるオブジェクトを削除せずに返します。 Returns the object at the beginning of the Queue without removing it.

Synchronized(Queue)

元のキューをラップする、スレッド セーフである新しい Queue を返します。 Returns a new Queue that wraps the original queue, and is thread safe.

ToArray()

Queue の要素を新しい配列にコピーします。 Copies the Queue elements to a new array.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
TrimToSize()

容量を Queue 内にある実際の要素数に設定します。 Sets the capacity to the actual number of elements in the Queue.

適用対象

スレッド セーフ

パブリック静的 (Shared Visual Basic で) この型のメンバーはスレッド セーフです。 Public static (Shared in Visual Basic) members of this type are thread safe. インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。 Any instance members are not guaranteed to be thread safe. スレッド セーフを保証するために、 Queue、によって返されるラッパーを通じて、すべての操作を行う必要がある、Synchronized(Queue)メソッド。 To guarantee the thread safety of the Queue, all operations must be done through the wrapper returned by the Synchronized(Queue) method. コレクションの列挙は、本質的にスレッド セーフなプロシージャではありません。 Enumerating through a collection is intrinsically not a thread-safe procedure. コレクションの同期がとられている場合でも、別のスレッドによってそのコレクションを変更できるため、変更の結果として列挙子は例外をスローします。 Even when a collection is synchronized, other threads can still modify the collection, which causes the enumerator to throw an exception. 列挙処理を確実にスレッド セーフに行うには、列挙中にコレクションをロックするか、他のスレッドによって行われた変更によってスローされる例外をキャッチします。 To guarantee thread safety during enumeration, you can either lock the collection during the entire enumeration or catch the exceptions resulting from changes made by other threads.

こちらもご覧ください