AsyncCompletedEventHandler 代理人

定義

非同期操作の MethodName イベントを処理するメソッドを表し Completed ます。

public delegate void AsyncCompletedEventHandler(System::Object ^ sender, AsyncCompletedEventArgs ^ e);
public delegate void AsyncCompletedEventHandler(object sender, AsyncCompletedEventArgs e);
public delegate void AsyncCompletedEventHandler(object? sender, AsyncCompletedEventArgs e);
type AsyncCompletedEventHandler = delegate of obj * AsyncCompletedEventArgs -> unit
Public Delegate Sub AsyncCompletedEventHandler(sender As Object, e As AsyncCompletedEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベントのソース。

e
AsyncCompletedEventArgs

イベント データを格納している AsyncCompletedEventArgs

デリゲートのコード例につい AsyncCompletedEventHandler ては、クラスの例を参照してください System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs

注釈

AsyncCompletedEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを指定します。 イベント ハンドラーにイベントを関連付けるには、イベントにデリゲートのインスタンスを追加します。 イベントハンドラーメソッドは、デリゲートを削除しない限り、イベントが発生するたびに呼び出されます。 イベントハンドラーデリゲートの詳細については、「 イベントの処理と発生」を参照してください。

コンポーネント内の methodname という非同期メソッドの場合は、対応する methodname Completed イベントと、オプションの methodname クラスがあり CompletedEventArgs ます。

非同期メソッドの複数の同時呼び出しをサポートするコンポーネントの場合、クライアントは一意のトークン (タスク ID) を指定して、特定のイベントを発生させている非同期タスクを区別できます。 クライアントは、 AsyncCompletedEventHandler プロパティを読み取って、 AsyncCompletedEventArgs.UserState 完了を報告しているタスクを判断できます。 の実装では、を使用して、 System.ComponentModel.AsyncOperationManager System.ComponentModel.AsyncOperation クライアントのタスク id を保留中の非同期タスクに関連付けるを作成する必要があります。

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。

適用対象

こちらもご覧ください