TypeConverter.ConvertFrom メソッド

定義

指定した値をコンバーターの型に変換します。

オーバーロード

ConvertFrom(Object)

指定した値をコンバーターの型に変換します。

ConvertFrom(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定したオブジェクトをこのコンバーターの型に変換します。

ConvertFrom(Object)

指定した値をコンバーターの型に変換します。

public:
 System::Object ^ ConvertFrom(System::Object ^ value);
public object ConvertFrom (object value);
public object? ConvertFrom (object value);
member this.ConvertFrom : obj -> obj
Public Function ConvertFrom (value As Object) As Object

パラメーター

value
Object

変換対象の Object

戻り値

Object

変換後の値を表す Object

例外

変換を実行できません。

適用対象

ConvertFrom(ITypeDescriptorContext, CultureInfo, Object)

指定したコンテキストとカルチャ情報を使用して、指定したオブジェクトをこのコンバーターの型に変換します。

public:
 virtual System::Object ^ ConvertFrom(System::ComponentModel::ITypeDescriptorContext ^ context, System::Globalization::CultureInfo ^ culture, System::Object ^ value);
public virtual object ConvertFrom (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext context, System.Globalization.CultureInfo culture, object value);
public virtual object? ConvertFrom (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext? context, System.Globalization.CultureInfo? culture, object value);
abstract member ConvertFrom : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * System.Globalization.CultureInfo * obj -> obj
override this.ConvertFrom : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * System.Globalization.CultureInfo * obj -> obj
Public Overridable Function ConvertFrom (context As ITypeDescriptorContext, culture As CultureInfo, value As Object) As Object

パラメーター

context
ITypeDescriptorContext

書式指定コンテキストを提供する ITypeDescriptorContext

culture
CultureInfo

現在のカルチャとして使用する CultureInfo

value
Object

変換対象の Object

戻り値

Object

変換後の値を表す Object

例外

変換を実行できません。

注釈

XAML の型変換動作をサポートするカスタム型の作成者は、通常、 TypeConverter ConvertFrom 文字列からの動作をサポートするクラスを実装します。 この動作により、XAML 属性値として指定された文字列からの型変換が可能になり、文字列からオブジェクトを作成するために必要なサポートを XAML プロセッサに提供できるようになります。これにより、解析されたオブジェクトグラフでオブジェクトが生成されるようになります。 カスタム型のカスタム型またはカスタムメンバーは、カスタム TypeConverterAttribute 実装を参照する属性を使用して、定義にを適用することによって示され TypeConverter ます。

XAML の目的では、通常、に基づいて分岐の実装を提供することはありません culture 。 これは、XAML が開発環境のコンテキストでプリコンパイルされており、xaml の型変換には、ランタイム XAML のカルチャ固有の情報が関係しないためです。 詳細については、「 XAML の型コンバーターの概要」を参照してください。

注意 (継承者)

独自の変換要件を指定するには、このメソッドをオーバーライドします。

コンバーターが呼び出される環境に関する追加情報を抽出するには、context パラメーターを使用します。 このパラメーターはにすることができる null ため、常に確認してください。 また、コンテキスト オブジェクトのプロパティも null を返す場合があります。

XAML およびカスタム型のサポートに使用される型コンバーターの実装パターンについては、「 xaml の型コンバーターの概要」を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象