OleDbPermissionAttribute クラス

定義

セキュリティ アクションをカスタム セキュリティ属性に関連付けます。Associates a security action with a custom security attribute.

public ref class OleDbPermissionAttribute sealed : System::Data::Common::DBDataPermissionAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Serializable]
public sealed class OleDbPermissionAttribute : System.Data.Common.DBDataPermissionAttribute
type OleDbPermissionAttribute = class
    inherit DBDataPermissionAttribute
Public NotInheritable Class OleDbPermissionAttribute
Inherits DBDataPermissionAttribute
継承
属性

注釈

このクラスは、OLE DB の .NET Framework Data Provider が部分信頼シナリオで有効になっている場合に将来使用することを目的としています。This class is intended for future use when the .NET Framework Data Provider for OLE DB is enabled for partial trust scenarios. 現在、OLE DB の .NET Framework Data Provider には、FullTrust アクセス許可が必要です。The .NET Framework Data Provider for OLE DB currently requires FullTrust permission. 現時点では、OleDbPermissionAttribute クラスを使用しても効果はありません。Currently, using the OleDbPermissionAttribute class has no effect. 詳細については、「 Code Access Security and ADO.NET」を参照してください。For more information, see Code Access Security and ADO.NET.

コンストラクター

OleDbPermissionAttribute(SecurityAction)

OleDbPermissionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OleDbPermissionAttribute class.

プロパティ

Action

セキュリティ アクションを取得または設定します。Gets or sets a security action.

(継承元 SecurityAttribute)
AllowBlankPassword

空白のパスワードを許可するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether a blank password is allowed.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
ConnectionString

許可された接続文字列を取得または設定します。Gets or sets a permitted connection string.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
KeyRestrictionBehavior

KeyRestrictions プロパティで指定された接続文字列パラメーターのリストだけが、接続文字列パラメーターとして許可されるかどうかを指定します。Identifies whether the list of connection string parameters identified by the KeyRestrictions property are the only connection string parameters allowed.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
KeyRestrictions

許可されている、または許可されていない接続文字列を取得または設定します。Gets or sets connection string parameters that are allowed or disallowed.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
Provider

サポートされるプロバイダーのリストを示すコンマ区切り文字列を取得または設定します。Gets or sets a comma-delimited string that contains a list of supported providers.

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。When implemented in a derived class, gets a unique identifier for this Attribute.

(継承元 Attribute)
Unrestricted

属性によって保護されているリソースに対して完全な (無制限の) アクセス許可が宣言されているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether full (unrestricted) permission to the resource protected by the attribute is declared.

(継承元 SecurityAttribute)

メソッド

CreatePermission()

属性プロパティに従って設定された OleDbPermission オブジェクトを返します。Returns an OleDbPermission object that is configured according to the attribute properties.

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。Returns a value that indicates whether this instance is equal to a specified object.

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。Returns the hash code for this instance.

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。When overridden in a derived class, indicates whether the value of this instance is the default value for the derived class.

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。When overridden in a derived class, returns a value that indicates whether this instance equals a specified object.

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ShouldSerializeConnectionString()

属性が接続文字列をシリアル化する必要があるかどうかを指定します。Identifies whether the attribute should serialize the connection string.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
ShouldSerializeKeyRestrictions()

属性がキーの制限のセットをシリアル化する必要があるかどうかを指定します。Identifies whether the attribute should serialize the set of key restrictions.

(継承元 DBDataPermissionAttribute)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。Maps a set of names to a corresponding set of dispatch identifiers.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。Retrieves the type information for an object, which can be used to get the type information for an interface.

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。Retrieves the number of type information interfaces that an object provides (either 0 or 1).

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。Provides access to properties and methods exposed by an object.

(継承元 Attribute)

適用対象