OleDbTransaction クラス

定義

データ ソースで実行される SQL トランザクションを表します。Represents an SQL transaction to be made at a data source. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class OleDbTransaction sealed : System::Data::Common::DbTransaction
public sealed class OleDbTransaction : System.Data.Common.DbTransaction
type OleDbTransaction = class
    inherit DbTransaction
Public NotInheritable Class OleDbTransaction
Inherits DbTransaction
継承
OleDbTransaction

注釈

アプリケーションは、 OleDbTransaction BeginTransaction オブジェクトに対してを呼び出すことによってオブジェクトをOleDbConnection作成します。The application creates an OleDbTransaction object by calling BeginTransaction on the OleDbConnection object. トランザクションに関連付けられた後続のすべての操作 (たとえば、トランザクションのコミットまたは中止) OleDbTransactionは、オブジェクトに対して実行されます。All subsequent operations associated with the transaction (for example, committing or aborting the transaction), are performed on the OleDbTransaction object.

プロパティ

Connection

トランザクションに関連付けられた OleDbConnection オブジェクトを取得します。トランザクションが既に無効になっている場合は、null が返されます。Gets the OleDbConnection object associated with the transaction, or null if the transaction is no longer valid.

IsolationLevel

このトランザクションの IsolationLevel を指定します。Specifies the IsolationLevel for this transaction.

メソッド

Begin()

入れ子になったデータベース トランザクションを開始します。Initiates a nested database transaction.

Begin(IsolationLevel)

入れ子になったデータベース トランザクションを開始し、新しいトランザクションで使用する分離レベルを指定します。Initiates a nested database transaction and specifies the isolation level to use for the new transaction.

Commit()

データベース トランザクションをコミットします。Commits the database transaction.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。Allows an object to try to free resources and perform other cleanup operations before it is reclaimed by garbage collection.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Rollback()

トランザクションを保留状態からロールバックします。Rolls back a transaction from a pending state.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

適用対象

こちらもご覧ください