OracleConnection.ConnectionString OracleConnection.ConnectionString OracleConnection.ConnectionString OracleConnection.ConnectionString Property

定義

Oracle データベースを開くために使用する文字列を取得または設定します。Gets or sets the string used to open an Oracle database.

public:
 virtual property System::String ^ ConnectionString { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.SettingsBindable(true)]
public override string ConnectionString { get; set; }
member this.ConnectionString : string with get, set
Public Overrides Property ConnectionString As String

プロパティ値

サーバー名など、初期接続を確立するために必要な設定を含んだ Oracle 接続文字列。The Oracle connection string that includes settings, such as the server name, needed to establish the initial connection. 既定値は、空の文字列 ("") です。The default value is an empty string ("").

次の例ではOracleConnection 、を作成し、そのプロパティの一部を接続文字列に設定します。The following example creates an OracleConnection and sets some of its properties in the connection string.

public void CreateOracleConnection()
{
    string connectionString = "Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes";
    using (OracleConnection connection = new OracleConnection(connectionString))
    {
        connection.Open();
        Console.WriteLine("ServerVersion: " + connection.ServerVersion
            + "\nDataSource: " + connection.DataSource);
    }
}
Public Sub CreateOracleConnection()
    Dim connectionString As String = _
       "Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes"

    Using connection As New OracleConnection(connectionString)
        connection.Open()
        Console.WriteLine("ServerVersion: " + connection.ServerVersion _
           + ControlChars.NewLine + "DataSource: " + connection.DataSource)
    End Using
End Sub

注釈

ConnectionString 、接続が閉じられている場合にのみ設定できます。The ConnectionString can be set only when the connection is closed.

プロパティを使用しConnectionStringてデータベースに接続できます。You can use the ConnectionString property to connect to a database. 一般的な接続文字列の例を次に示します。The following example illustrates a typical connection string.

"Data Source=Oracle8i;Integrated Security=yes"  

文字列に指定された設定の多くには、対応する読み取り専用プロパティがData Source=MyServerあります (たとえば、 DataSourceプロパティに対応する)。Many of the settings specified in the string have corresponding read-only properties (for example, Data Source=MyServer, which corresponds to the DataSource property). 接続文字列が設定されている場合、エラーが検出されない限り、これらのプロパティはすべて更新されます。この場合、プロパティは更新されません。When the connection string is set, all of these properties are updated, unless an error is detected, in which case none of the properties are updated. OracleConnectionプロパティは、 ConnectionString既定の設定またはで指定された設定のみを返します。OracleConnection properties return only default settings or those settings specified in the ConnectionString.

閉じたConnectionString接続でをリセットすると、パスワードを含め、すべての接続文字列の値 (および関連するプロパティ) がリセットされます。Resetting the ConnectionString on a closed connection resets all connection string values (and related properties), including the password.

接続文字列は、設定された直後に解析されます。The connection string is parsed immediately after being set. 解析によってArgumentException構文でエラーが判明した場合は、などの実行時例外が生成されます。If parsing reveals errors in syntax, a run-time exception, such as ArgumentException, is generated. その他のエラーが発生するのは、接続を開こうとしたときだけです。Other errors can be found only when an attempt is made to open the connection.

接続文字列の基本的な形式は、セミコロンで区切られた一連のキーワードと値のペアです。The basic format of a connection string is a series of keyword/value pairs separated by semicolons. それぞれのキーワードと値の関連付けには、等号 (=) が使用されます。The equal sign (=) connects each keyword and its value. セミコロン、単一引用符、または二重引用符文字を含む値を含めるには、値を二重引用符で囲む必要があります。To include values that contain a semicolon, single-quote character, or double-quote character, the value must be enclosed in double quotes. 値にセミコロンと二重引用符の両方が含まれている場合は、値を単一引用符で囲むことができます。If the value contains both a semicolon and a double-quote character, the value can be enclosed in single quotes. 単一引用符は、値が二重引用符で始まる場合にも役立ちます。The single quote is also useful if the value begins with a double-quote character. 逆に、値が単一引用符で始まる場合は、二重引用符を使用できます。Conversely, the double quote can be used if the value begins with a single quote. 値に単一引用符と二重引用符の両方の文字が含まれている場合、値を囲むために使用される引用符文字は、値内で出現するたびに2倍にする必要があります。If the value contains both single-quote and double-quote characters, the quote character used to enclose the value must be doubled each time it occurs within the value.

文字列値に先行または末尾のスペースを含めるには、値を単一引用符または二重引用符で囲む必要があります。To include preceding or trailing spaces in the string value, the value must be enclosed in either single quotes or double quotes. 整数、ブール値、または列挙値の前後の先頭または末尾のスペースは、引用符で囲まれていても無視されます。Any leading or trailing spaces around integer, Boolean, or enumerated values are ignored, even if enclosed in quotes. ただし、文字列リテラルキーワードまたは値内のスペースは保持されます。However, spaces within a string literal keyword or value are preserved. 引用符を使用しない接続文字列内では、一重引用符または二重引用符を使用できます。ただし、 Data Source= my'ServerまたはData Source= my"Serverのように、値の最初または最後の文字が引用符で囲まれている必要があります。Single or double quotes may be used within a connection string without using delimiters unless a quote character is the first or last character in the value, for example, Data Source= my'Server or Data Source= my"Server.

キーワードまたは値に等号 (=) を含めるには、その前に別の等号を付ける必要があります。To include an equal sign (=) in a keyword or value, it must be preceded by another equal sign. たとえば、仮定の接続文字列でFor example, in the hypothetical connection string

"key==word=value"  

キーワードは "key = word" で、値は "value" です。the keyword is "key=word" and the value is "value".

キーワード/値ペア内の特定のキーワードが接続文字列内で複数回出現する場合は、最後に出現した値が設定されます。If a specific keyword in a keyword/value pair occurs more than once in a connection string, the last occurrence is used in the value set.

キーワードは大文字と小文字を区別しません。Keywords are case insensitive.

次の表に、 ConnectionString内の値の有効な名前を示します。The following table lists the valid names for values within the ConnectionString.

nameName 既定値Default 説明Description
データ ソースData Source

または-or-

サーバーServer
接続先となる Oracle のインスタンスの名前またはネットワークアドレス。The name or network address of the instance of Oracle to which to connect.
Integrated SecurityIntegrated Security 'false''false' 接続がセキュリティで保護された接続であるかどうか。Whether the connection is to be a secure connection or not.

認識されるtrue値は (強く推奨false) yes、、 no、およびです。Recognized values are true (strongly recommended), false, yes, and no.
パスワードPassword Oracle アカウントのログオンに使用するパスワードです。The password for the Oracle account logging on. 高いレベルのセキュリティを維持するには、代わりに統合セキュリティキーワードを使用することを強くお勧めします。To maintain a high level of security, we strongly recommend that you use the Integrated Security keyword instead.
Persist Security InfoPersist Security Info 'false''false' またはfalse no (強くお勧めします) に設定すると、接続が開いている場合や開いStateていたことがある場合に、パスワードなどのセキュリティを重視する情報が接続の一部として返されません。When set to false or no (strongly recommended), security-sensitive information such as the password is not returned as part of the connection if the connection is open or has ever been in an open State. 接続文字列をリセットすると、パスワードを含むすべての接続文字列の値がリセットされます。Resetting the connection string resets all connection string values, including the password.

認識される値は truefalseyes および no です。Recognized values are true, false, yes, and no.
UnicodeUnicode 'false''false' Oracle 用の .NET Framework Data Provider が UTF16 モード API 呼び出しを使用するかどうかを指定します。Specifies whether the .NET Framework Data Provider for Oracle uses UTF16 mode API calls. このキーワードは、Oracle9i クライアントソフトウェアを使用する場合を除き、無視されます。This keyword is ignored except when using Oracle9i client software.
User IDUser ID Oracle ログインアカウント。The Oracle login account. 高いレベルのセキュリティを維持するには、代わりに統合セキュリティキーワードを使用することを強くお勧めします。To maintain a high level of security, we strongly recommend that you use the Integrated Security keyword instead.

次の表に、内のConnectionString接続プール値の有効な名前を示します。The following table lists the valid names for connection pooling values within the ConnectionString.

nameName 既定値Default 説明Description
接続の有効期間Connection Lifetime 00 接続がプールに返された時点で、その接続の作成時刻と現在の時刻を比較し、その時間の長さ (秒) が Connection Lifetime で指定した値を超えている場合は、その接続が破棄されます。When a connection is returned to the pool, its creation time is compared with the current time, and the connection is destroyed if that time span (in seconds) exceeds the value specified by Connection Lifetime. これは、クラスター構成を採用している状況で、実行中のサーバーと、オンラインになったばかりのサーバーの間での、負荷を強制的に分散するのに便利です。This is useful in clustered configurations to force load balancing between a running server and a server just brought online.

値を0に設定すると、プールされた接続の最大接続タイムアウトが発生します。A value of zero causes pooled connections to have the maximum connection time-out.
EnlistEnlist 'true''true' またtrueyesの場合、プーラーは作成スレッドの現在のトランザクションコンテキストに接続を自動的に参加させます。When true or yes, the pooler automatically enlists the connection in the creation thread's current transaction context.

認識される値は truefalseyes および no です。Recognized values are true, false, yes, and no.
Max Pool SizeMax Pool Size 100100 プールに格納できる最大接続数。The maximum number of connections allowed in the pool. の値を設定するConnectionStringと、パフォーマンスに影響する可能性があります。 Max Pool SizeSetting the Max Pool Size value of the ConnectionString can affect performance. 100を超える接続を作成してアクティブに使用する予定がある場合Max Pool Sizeは、アプリケーションの定常状態の接続の使用量を近似する値を増やす必要があります。If you plan to create and actively use more than 100 connections, you should increase Max Pool Size to a value that approximates the steady-state connection usage for the application.
Min Pool SizeMin Pool Size 00 プールで許可される接続の最小数。The minimum number of connections allowed in the pool.
PoolingPooling 'true''true' またtrueyesOracleConnection場合、オブジェクトは適切なプールから描画されるか、必要に応じて、適切なプールに追加されます。When true or yes, the OracleConnection object is drawn from the appropriate pool, or if necessary, is created and added to the appropriate pool.

認識される値は truefalseyes および no です。Recognized values are true, false, yes, and no.

ブール値を必要とするキーワードまたは接続プーリングの値を設定する場合は、' true ' ではなく ' yes '、' false ' の代わりに ' no ' を使用できます。When setting keyword or connection pooling values that require a Boolean value, you can use 'yes' instead of 'true', and 'no' instead of 'false'. 整数値は文字列として表されます。Integer values are represented as strings.

適用対象