OracleConnection クラス

定義

注意事項

OracleConnection has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260

データベースへの開いた接続を表します。Represents an open connection to a database. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class OracleConnection sealed : System::ComponentModel::Component, ICloneable, IDisposable, System::Data::IDbConnection
public ref class OracleConnection sealed : System::Data::Common::DbConnection, ICloneable
public sealed class OracleConnection : System.ComponentModel.Component, ICloneable, IDisposable, System.Data.IDbConnection
public sealed class OracleConnection : System.Data.Common.DbConnection, ICloneable
[System.Obsolete("OracleConnection has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)]
public sealed class OracleConnection : System.Data.Common.DbConnection, ICloneable
type OracleConnection = class
    inherit Component
    interface ICloneable
    interface IDbConnection
    interface IDisposable
type OracleConnection = class
    inherit DbConnection
    interface ICloneable
[<System.Obsolete("OracleConnection has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)>]
type OracleConnection = class
    inherit DbConnection
    interface ICloneable
Public NotInheritable Class OracleConnection
Inherits Component
Implements ICloneable, IDbConnection, IDisposable
Public NotInheritable Class OracleConnection
Inherits DbConnection
Implements ICloneable
継承
継承
属性
実装

次の例では、とを作成し OracleCommand OracleConnection ます。The following example creates an OracleCommand and an OracleConnection. OracleConnectionが開き、プロパティとして設定され OracleCommand.Connection ます。The OracleConnection is opened and set as the OracleCommand.Connection property. この例では ExecuteNonQuery 、を呼び出し、接続を閉じます。The example then calls ExecuteNonQuery, and closes the connection. これを実現するために、には、 ExecuteNonQuery 接続文字列と、SQL の INSERT ステートメントであるクエリ文字列が渡されます。To accomplish this, the ExecuteNonQuery is passed a connection string and a query string that is an SQL INSERT statement.

public void InsertRow(string connectionString)
{
    string queryString =
        "INSERT INTO Dept (DeptNo, Dname, Loc) values (50, 'TECHNOLOGY', 'DENVER')";
    using (OracleConnection connection = new OracleConnection(connectionString))
    {
        OracleCommand command = new OracleCommand(queryString);
        command.Connection = connection;
        try
        {
            connection.Open();
            command.ExecuteNonQuery();
        }
        catch (Exception ex)
        {
            Console.WriteLine(ex.Message);
        }
    }
}
Public Sub InsertRow(ByVal connectionString As String)
    Dim queryString As String = _
      "INSERT INTO Dept (DeptNo, Dname, Loc) values (50, 'TECHNOLOGY', 'DENVER')"

    Using connection As New OracleConnection(connectionString)
        Dim command As New OracleCommand(queryString)
        command.Connection = connection
        Try
            connection.Open()
            command.ExecuteNonQuery()
        Catch ex As Exception
            Console.WriteLine(ex.Message)
        End Try
    End Using
End Sub

注釈

この型は非推奨です。今後のバージョンの .NET Framework では削除されます。This type is deprecated and will be removed in a future version of the .NET Framework. 詳細については、「 Oracle と ADO.NET」を参照してください。For more information, see Oracle and ADO.NET.

オブジェクトは、 OracleConnection Oracle データベースへの一意の接続を表します。An OracleConnection object represents a unique connection to an Oracle database. クライアント/サーバーデータベースシステムの場合は、サーバーへのネットワーク接続に相当します。In the case of a client/server database system, it is equivalent to a network connection to the server.

オブジェクトのインスタンスを作成するアプリケーションは、 OracleConnection すべての直接および間接呼び出し元に対して、コードに対する適切なアクセス許可を必要とする宣言型または命令型のセキュリティ要求を設定できます。An application that creates an instance of the OracleConnection object can set declarative or imperative security demands that require all direct and indirect callers to have adequate permission to the code. OracleConnection オブジェクトを使用して、セキュリティ要求を作成し OraclePermission ます。OracleConnection creates security demands by using the OraclePermission object. ユーザーは、オブジェクトを使用して、コードに適切なアクセス許可があることを確認でき OraclePermissionAttribute ます。Users can verify that their code has adequate permissions by using the OraclePermissionAttribute object. また、ユーザーと管理者は、コードアクセスセキュリティポリシーツール (Caspol.exe) を使用して、コンピューター、ユーザー、およびエンタープライズレベルのセキュリティポリシーを変更することもできます。Users and administrators can also use the Code Access Security Policy Tool (Caspol.exe) to modify security policy at the machine, user, and enterprise levels. 詳細については、セキュリティに関するページをご覧ください。For more information, see Security.

注意

他の .NET Framework データプロバイダー (SQL Server、OLE DB、および ODBC) の Connection オブジェクトとは異なり、 OracleConnection はプロパティをサポートしていません ConnectionTimeoutUnlike the Connection object in the other .NET Framework data providers (SQL Server, OLE DB, and ODBC), OracleConnection does not support a ConnectionTimeout property. 接続タイムアウトをプロパティまたは接続文字列として設定しても効果はありません。返される値は常に0です。Setting a connection time-out either as a property or in the connection string has no effect, and the value returned is always zero. OracleConnection また、は、プロパティまたはメソッドをサポートしていません Database ChangeDatabaseOracleConnection also does not support a Database property or a ChangeDatabase method.

オブジェクトが OracleConnection スコープ外に出ると、オブジェクトは開いたままになります。If the OracleConnection object goes out of scope, it remains open. したがって、常にオブジェクトを閉じるに OracleConnection Close は、または Disposeを呼び出すか、 OracleConnection ステートメント内でオブジェクトを使用し Using ます。Therefore, you should always close OracleConnection objects by calling Close or Dispose, or by using the OracleConnection object within a Using statement. それ以外の場合、ガベージコレクションはすぐに解放しない可能性があります。Otherwise, the garbage collection might not free them immediately. 多くの接続がガベージコレクターによって削除されるのを待機している間に最大接続数に達した場合、このような遅延が発生する可能性があります。Such delays can cause errors if the maximum number of connections is reached while a number of connections are waiting to be deleted by the garbage collector. これに対して、を呼び出すことによって接続を閉じる Close と、ネイティブリソースがより効率的に使用され、スケーラビリティが向上し、アプリケーション全体のパフォーマンスが向上します。By contrast, closing the connections by calling Close uses native resources more efficiently, enhancing scalability and improving overall application performance. 接続が常に閉じられるようにするには、ブロック内で接続を開き Using ます。To ensure that connections are always closed, open the connection inside of a Using block.

注意

高パフォーマンスのアプリケーションを展開するには、多くの場合、接続プールを使用する必要があります。To deploy high-performance applications, you often need to use connection pooling. ただし、Oracle の .NET Framework Data Provider を使用する場合は、プロバイダーがこれを自動的に管理するため、接続プールを有効にする必要はありません。However, when you use the .NET Framework Data Provider for Oracle, you do not need to enable connection pooling because the provider manages this automatically.

コンストラクター

OracleConnection()

OracleConnectionの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleConnection.

OracleConnection(String)

接続文字列を指定して、OracleConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the OracleConnection class with the specified connection string.

プロパティ

CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component can raise an event.

(継承元 Component)
ConnectionString

Oracle データベースを開くために使用する文字列を取得または設定します。Gets or sets the string used to open an Oracle database.

ConnectionTimeout

試行を中断してエラーを生成する前に、接続の確立時に待機する時間を取得します。Gets the time to wait to establish a connection before terminating the attempt and generating an error.

Container

IContainer を含む Component を取得します。Gets the IContainer that contains the Component.

(継承元 Component)
Database

現在のデータベース、または接続が開いてから使用するデータベースの名前を取得します。Gets the name of the current database or the database to be used after a connection is opened.

DataSource

接続する Oracle サーバーの名前を取得します。Gets the name of the Oracle server to which to connect.

DbProviderFactory

この DbProviderFactoryDbConnection を取得します。Gets the DbProviderFactory for this DbConnection.

(継承元 DbConnection)
DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the Component is currently in design mode.

(継承元 Component)
Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this Component.

(継承元 Component)
ServerVersion

クライアントが接続しているサーバーのバージョンが示された文字列を取得します。Gets a string containing the version of the server to which the client is connected.

Site

ComponentISite を取得または設定します。Gets or sets the ISite of the Component.

(継承元 Component)
State

現在の接続の状態を取得します。Gets the current state of the connection.

メソッド

BeginDbTransaction(IsolationLevel)

派生クラスでオーバーライドされた場合、データベース トランザクションを開始します。When overridden in a derived class, starts a database transaction.

(継承元 DbConnection)
BeginDbTransactionAsync(IsolationLevel, CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。Asynchronously starts a database transaction.

(継承元 DbConnection)
BeginTransaction()

データベースでトランザクションを開始します。Begins a transaction at the database.

BeginTransaction(IsolationLevel)

指定した IsolationLevel 値を使用して、データベースでトランザクションを開始します。Begins a transaction at the database with the specified IsolationLevel value.

BeginTransactionAsync(CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。Asynchronously begins a database transaction.

(継承元 DbConnection)
BeginTransactionAsync(IsolationLevel, CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。Asynchronously begins a database transaction.

(継承元 DbConnection)
ChangeDatabase(String)

開いている OracleConnection の現在のデータベースを変更します。Changes the current database for an open OracleConnection.

ChangeDatabaseAsync(String, CancellationToken)

開いている接続の現在のデータベースを非同期に変更します。Asynchronously changes the current database for an open connection.

(継承元 DbConnection)
ClearAllPools()

接続プールを空にします。Empties the connection pool.

ClearPool(OracleConnection)

指定した接続に関連付けられている接続プールを空にします。Empties the connection pool associated with the specified connection.

Close()

データベースへの接続を閉じます。Closes the connection to the database.

CloseAsync()

データベースへの接続を非同期に閉じます。Asynchronously closes the connection to the database.

(継承元 DbConnection)
CreateCommand()

OracleCommand に関連付けられている OracleConnection オブジェクトを作成し、返します。Creates and returns an OracleCommand object associated with the OracleConnection.

CreateDbCommand()

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の接続に関連付けられている DbCommand オブジェクトを作成して返します。When overridden in a derived class, creates and returns a DbCommand object associated with the current connection.

(継承元 DbConnection)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Component.

(継承元 Component)
Dispose()

アンマネージ リソースの解放またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。Performs application-defined tasks associated with freeing, releasing, or resetting unmanaged resources.

(継承元 DbConnection)
Dispose(Boolean)

Component によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Component and optionally releases the managed resources.

(継承元 Component)
Dispose(Boolean)

DbConnection によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the DbConnection and optionally releases the managed resources.

(継承元 DbConnection)
DisposeAsync()

接続オブジェクトを非同期に破棄します。Asynchronously diposes the connection object.

(継承元 DbConnection)
EnlistDistributedTransaction(ITransaction)

分散トランザクションとして指定したトランザクションに参加します。Enlists in the specified transaction as a distributed transaction.

EnlistTransaction(Transaction)

分散トランザクションとして指定したトランザクションに参加します。Enlists in the specified transaction as a distributed transaction.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetSchema()

この OracleConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OracleConnection.

GetSchema(String)

スキーマ名として指定した文字列を使用して、この OracleConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OracleConnection using the specified string for the schema name.

GetSchema(String, String[])

スキーマ名に指定した文字列と制限値に指定した文字列配列を使用して、この OracleConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。Returns schema information for the data source of this OracleConnection using the specified string for the schema name and the specified string array for the restriction values.

GetSchemaAsync(CancellationToken)

これは GetSchema() の非同期バージョンです。This is an asynchronous version of GetSchema(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。The cancellationToken can optionally be honored. 既定の実装は同期 GetSchema() コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous GetSchema() call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. GetSchema() によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by GetSchema() will be communicated via the returned Task Exception property.

(継承元 DbConnection)
GetSchemaAsync(String, CancellationToken)

これは GetSchema(String) の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of GetSchema(String). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。The cancellationToken can optionally be honored. 既定の実装は同期 GetSchema(String) コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous GetSchema(String) call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. GetSchema(String) によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by GetSchema(String) will be communicated via the returned Task Exception property.

(継承元 DbConnection)
GetSchemaAsync(String, String[], CancellationToken)

これは GetSchema(String, String[]) の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of GetSchema(String, String[]). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。The cancellationToken can optionally be honored. 既定の実装は同期 GetSchema(String, String[]) コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous GetSchema(String, String[]) call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. GetSchema(String, String[]) によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by GetSchema(String, String[]) will be communicated via the returned Task Exception property.

(継承元 DbConnection)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。Returns an object that represents a service provided by the Component or by its Container.

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
OnStateChange(StateChangeEventArgs)

StateChange イベントを発生させます。Raises the StateChange event.

(継承元 DbConnection)
Open()

ConnectionString で指定したプロパティ設定を使用して、データベース接続を開きます。Opens a connection to a database with the property settings specified by the ConnectionString.

OpenAsync()

Open() で指定した設定を使用してデータベース接続を開く ConnectionString の非同期バージョン。An asynchronous version of Open(), which opens a database connection with the settings specified by the ConnectionString. このメソッドは、CancellationToken.None で仮想メソッド OpenAsync(CancellationToken) を呼び出します。This method invokes the virtual method OpenAsync(CancellationToken) with CancellationToken.None.

(継承元 DbConnection)
OpenAsync(CancellationToken)

これは Open() の非同期バージョンです。This is the asynchronous version of Open(). プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。Providers should override with an appropriate implementation. オプションで、キャンセル トークン優先できます。The cancellation token can optionally be honored.

既定の実装は同期 Open() コールを呼び出し、完了したタスクを返します。The default implementation invokes the synchronous Open() call and returns a completed task. 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。The default implementation will return a cancelled task if passed an already cancelled cancellationToken. Open によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。Exceptions thrown by Open will be communicated via the returned Task Exception property.

返されたタスクが完了するまで DbConnection オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。Do not invoke other methods and properties of the DbConnection object until the returned Task is complete.

(継承元 DbConnection)
ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。Returns a String containing the name of the Component, if any. このメソッドはオーバーライドできません。This method should not be overridden.

(継承元 Component)

イベント

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。Occurs when the component is disposed by a call to the Dispose() method.

(継承元 Component)
InfoMessage

Oracle が警告メッセージまたは情報メッセージを送信したときに発生します。Occurs when Oracle sends a warning or an informational message.

StateChange

接続の状態が変化したときに発生します。Occurs when the state of the connection changes.

StateChange

接続の状態が変化したときに発生します。Occurs when the state of the connection changes.

(継承元 DbConnection)

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current instance.

IDbConnection.BeginTransaction()

データベース トランザクションを開始します。Begins a database transaction.

IDbConnection.BeginTransaction()

データベース トランザクションを開始します。Begins a database transaction.

(継承元 DbConnection)
IDbConnection.BeginTransaction(IsolationLevel)

指定した IsolationLevel 値を使用して、データベース トランザクションを開始します。Begins a database transaction with the specified IsolationLevel value.

IDbConnection.BeginTransaction(IsolationLevel)

分離レベルを指定して、データベース トランザクションを開始します。Begins a database transaction with the specified isolation level.

(継承元 DbConnection)
IDbConnection.ChangeDatabase(String)

開いている Connection オブジェクトの現在のデータベースを変更します。Changes the current database for an open Connection object.

IDbConnection.CreateCommand()

接続に関連付けられた Command オブジェクトを作成し、返します。Creates and returns a Command object that is associated with the connection.

IDbConnection.CreateCommand()

現在の接続に関連付けられた DbCommand オブジェクトを作成し、返します。Creates and returns a DbCommand object that is associated with the current connection.

(継承元 DbConnection)

適用対象

こちらもご覧ください