OraclePermission クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}

注意事項

OraclePermission has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260

.NET Framework Oracle 用データ プロバイダーで、Oracle データベースへのアクセスに関するセキュリティ レベルをユーザーに適切に割り当てることができるようにします。Enables the .NET Framework Data Provider for Oracle to help ensure that a user has a security level adequate to access an Oracle database.

public ref class OraclePermission sealed : System::Security::CodeAccessPermission, System::Security::Permissions::IUnrestrictedPermission
public sealed class OraclePermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public sealed class OraclePermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
[System.Serializable]
public sealed class OraclePermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
[System.Serializable]
[System.Obsolete("OraclePermission has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)]
public sealed class OraclePermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
type OraclePermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type OraclePermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
[<System.Serializable>]
type OraclePermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
[<System.Serializable>]
[<System.Obsolete("OraclePermission has been deprecated. http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=144260", false)>]
type OraclePermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
Public NotInheritable Class OraclePermission
Inherits CodeAccessPermission
Implements IUnrestrictedPermission
継承
OraclePermission
属性
実装

注釈

この型は非推奨です。今後のバージョンの .NET Framework では削除されます。This type is deprecated and will be removed in a future version of the .NET Framework. 詳細については、「 Oracle と ADO.NET」を参照してください。For more information, see Oracle and ADO.NET.

プロパティは IsUnrestricted 、プロパティよりも優先され AllowBlankPassword ます。The IsUnrestricted property takes precedence over the AllowBlankPassword property. したがって、をに設定した場合は、 AllowBlankPassword false IsUnrestricted をに設定して、 false ユーザーが空白のパスワードを使用して接続を確立できないようにする必要もあります。Therefore, if you set AllowBlankPassword to false, you must also set IsUnrestricted to false to prevent a user from making a connection using a blank password.

セキュリティ要求の使用方法を示す例については、「 コードアクセスセキュリティと ADO.NET」を参照してください。For an example demonstrating how to use security demands, see Code Access Security and ADO.NET.

コンストラクター

OraclePermission(PermissionState)

OraclePermission クラスの新しいインスタンスを PermissionState の値のいずれかで初期化します。Initializes a new instance of the OraclePermission class with one of the PermissionState values.

プロパティ

AllowBlankPassword

空白のパスワードを許可するかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a blank password is allowed.

メソッド

Add(String, String, KeyRestrictionBehavior)

新しい権限のセットを作成します。Creates a new set of permissions.

Assert()

呼び出し側コードが、このメソッドを呼び出すコードを通じて、アクセス許可要求によって保護されているリソースにアクセス可能であるということ、それも、スタックの中で上位に位置する呼び出し側にリソースへのアクセス許可が付与されていない場合でさえそれが可能であることを宣言します。Declares that the calling code can access the resource protected by a permission demand through the code that calls this method, even if callers higher in the stack have not been granted permission to access the resource. Assert() を使用すると、セキュリティ上の問題が発生することがあります。Using Assert() can create security issues.

(継承元 CodeAccessPermission)
Copy()

派生クラスにより実装されると、現在のアクセス許可オブジェクトの同一のコピーを作成して返します。When implemented by a derived class, creates and returns an identical copy of the current permission object.

Demand()

呼び出し履歴の上位にあるすべての呼び出し元に、現在のインスタンスによって指定されているアクセス許可が付与されていない場合、実行時に SecurityException を強制します。Forces a SecurityException at run time if all callers higher in the call stack have not been granted the permission specified by the current instance.

(継承元 CodeAccessPermission)
Deny()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードを使用して、現在のインスタンスで指定されたリソースにアクセスしないようにします。Prevents callers higher in the call stack from using the code that calls this method to access the resource specified by the current instance.

(継承元 CodeAccessPermission)
Equals(Object)

指定した CodeAccessPermission オブジェクトが、現在の CodeAccessPermission と等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified CodeAccessPermission object is equal to the current CodeAccessPermission.

(継承元 CodeAccessPermission)
FromXml(SecurityElement)

派生クラスでオーバーライドされると、XML エンコードから指定された状態で、セキュリティ オブジェクトを再構築します。When overridden in a derived class, reconstructs a security object with a specified state from an XML encoding.

GetHashCode()

ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適している、CodeAccessPermission オブジェクトのハッシュ コードを取得します。Gets a hash code for the CodeAccessPermission object that is suitable for use in hashing algorithms and data structures such as a hash table.

(継承元 CodeAccessPermission)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Intersect(IPermission)

派生クラスによって実装されるときに、現在のアクセス許可と、指定したアクセス許可の積集合で構成されるアクセス許可を作成して返します。When implemented by a derived class, creates and returns a permission that is the intersection of the current permission and the specified permission.

IsSubsetOf(IPermission)

派生クラスによって実装されるときに、現在のアクセス許可が、指定したアクセス許可のサブセットかどうかを判断します。When implemented by a derived class, determines whether the current permission is a subset of the specified permission.

IsUnrestricted()

アクセス許可のセマンティクスがわからなくてもアクセス許可を無制限として表すことができるかどうかを示す値を返します。Returns a value indicating whether the permission can be represented as unrestricted without any knowledge of the permission semantics.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
PermitOnly()

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードでは一切リソースにアクセスできないようにします。ただし、現在のインスタンスで指定されているリソースは例外です。Prevents callers higher in the call stack from using the code that calls this method to access all resources except for the resource specified by the current instance.

(継承元 CodeAccessPermission)
ToString()

現在のアクセス許可オブジェクトの文字列形式を作成して返します。Creates and returns a string representation of the current permission object.

(継承元 CodeAccessPermission)
ToXml()

セキュリティ オブジェクトとその現在の状態の XML エンコードを作成します。Creates an XML encoding of the security object and its current state.

Union(IPermission)

現在のアクセス許可と指定されたアクセス許可の和集合であるアクセス許可を作成します。Creates a permission that is the union of the current permission and the specified permission.

明示的なインターフェイスの実装

IPermission.Demand()

セキュリティ要件が満たされない場合、実行時に SecurityException をスローします。Throws a SecurityException at run time if the security requirement is not met.

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Assert()

スタック内の上位の呼び出し元がリソースへのアクセス許可を付与されていない場合であっても、呼び出し元のコードが現在のアクセス許可で識別されるリソースにアクセスできることをアサートします。Asserts that the calling code can access the resource identified by the current permission object, even if callers higher in the stack have not been granted permission to access the resource.

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Demand()

呼び出し履歴のすべての呼び出し元に、現在のアクセス許可オブジェクトで指定されたアクセス許可が付与されているかどうかを判断します。Determines at run time whether all callers in the call stack have been granted the permission specified by the current permission object.

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Deny()

呼び出し元のコードを通過する現在のオブジェクトのすべての Demand() が失敗します。Causes every Demand() for the current object that passes through the calling code to fail.

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.PermitOnly()

呼び出し側コードによってパススルーされる現在のものを除き、全オブジェクトのあらゆる Demand() を失敗させます。これは、呼び出しスタックの上位にあるコードに対して他のリソースにアクセスするためのアクセス権限が付与されている場合にも当てはまります。Causes every Demand() for all objects except the current one that pass through the calling code to fail, even if code higher in the call stack has been granted permission to access other resources.

(継承元 CodeAccessPermission)

適用対象