PerformanceCounter.Increment メソッド

定義

有効な分割不可能な操作を通じて、関連付けられたパフォーマンス カウンターを 1 ずつインクリメントします。

public:
 long Increment();
public long Increment ();
member this.Increment : unit -> int64
Public Function Increment () As Long

戻り値

Int64

インクリメントされたカウンター値。

例外

カウンターは読み取り専用です。そのため、アプリケーションによるインクリメントができません。

  • または - インスタンスがパフォーマンス カウンターに正しく関連付けられていません。

  • または - グローバル共有メモリを使用する場合、InstanceLifetime プロパティは Process に設定されます。

システム API にアクセス中にエラーが発生しました。

注釈

カスタム カウンターにのみ書き込むことができます。 すべてのシステム カウンターは読み取り専用です。

注意

IncrementBy、およびDecrementメソッドはIncrement、インターロックを使用してカウンター値を更新します。 これは、マルチスレッドまたはマルチプロセスのシナリオでカウンター値を正確に保つのに役立ちますが、パフォーマンスの低下も生じます。 インターロックされた操作によって提供される精度が必要ない場合は、最大 5 倍の RawValue パフォーマンス向上のためにプロパティを直接更新できます。 ただし、マルチスレッドのシナリオでは、カウンター値の一部の更新が無視され、データが不正確になる可能性があります。

注意

プロパティの値InstanceLifetimeProcess、.NET Framework バージョン 1.0 または 1.1 でパフォーマンス カウンター カテゴリが作成された場合は、an InvalidOperationException がスローされます。 以前のバージョンで作成されたパフォーマンス カウンター カテゴリはグローバル共有メモリを使用し、値 InstanceLifetimeGlobal. バージョン 1.0 または 1.1 の.NET Frameworkで実行されているアプリケーションでカテゴリが使用されていない場合は、カテゴリを削除して再作成します。

適用対象

スレッド セーフ

このメソッドはスレッド セーフです。