Process.LeaveDebugMode メソッド

定義

Process コンポーネントを、特殊なモードで実行されているオペレーティング システム プロセスと対話する状態から解放します。Takes a Process component out of the state that lets it interact with operating system processes that run in a special mode.

public:
 static void LeaveDebugMode();
public static void LeaveDebugMode ();
static member LeaveDebugMode : unit -> unit
Public Shared Sub LeaveDebugMode ()

注釈

一部のオペレーティングシステムプロセスは、特別なモードで実行されます。Some operating system processes run in a special mode. コンポーネントで EnterDebugMode を呼び出していない限り、これらのプロセスのプロパティを読み取ろうとしたり、これらのプロセスにアタッチしたりすることはできません。Attempting to read properties of or attach to these processes is not possible unless you have called EnterDebugMode on the component. 特殊モードで実行されるこれらのプロセスにアクセスする必要がなくなった場合は、LeaveDebugMode を呼び出します。Call LeaveDebugMode when you no longer need access to these processes that run in special mode.

セキュリティ

LinkDemand
直前の呼び出し元に対する完全な信頼の場合。for full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted code.

適用対象

こちらもご覧ください