System.Diagnostics Namespace

System.Diagnostics 名前空間には、システム プロセス、イベント ログ、およびパフォーマンス カウンターと対話するためのクラスが用意されています。 The System.Diagnostics namespace provides classes that allow you to interact with system processes, event logs, and performance counters.

クラス

Activity
BooleanSwitch

デバッグ出力およびトレース出力を制御する単純なオン/オフ スイッチを提供します。Provides a simple on/off switch that controls debugging and tracing output.

ConditionalAttribute

指定した条件付きコンパイル シンボルが定義されていない場合、メソッド呼び出しまたは属性を無視するようコンパイラに指示します。Indicates to compilers that a method call or attribute should be ignored unless a specified conditional compilation symbol is defined.

ConsoleTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を、標準出力と標準エラー出力ストリームのいずれかに転送します。Directs tracing or debugging output to either the standard output or the standard error stream.

CorrelationManager

論理トランザクションの一部であるトレースを相互に関連付けます。Correlates traces that are part of a logical transaction.

CounterCreationData

カスタム カウンターのカウンター タイプ、名前、およびヘルプ文字列を定義します。Defines the counter type, name, and Help string for a custom counter.

CounterCreationDataCollection

CounterCreationData オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを提供します。Provides a strongly typed collection of CounterCreationData objects.

CounterSampleCalculator

パフォーマンス カウンターのデータを解釈するユーティリティ関数のセットを提供します。Provides a set of utility functions for interpreting performance counter data.

DataReceivedEventArgs

OutputDataReceived イベントおよび ErrorDataReceived イベントのデータを提供します。Provides data for the OutputDataReceived and ErrorDataReceived events.

Debug

コードのデバッグを支援するメソッドとプロパティのセットを提供します。Provides a set of methods and properties that help debug your code.

DebuggableAttribute

ランタイム ジャスト イン タイム (JIT: just-in-time) デバッグ用のコード生成を変更します。Modifies code generation for runtime just-in-time (JIT) debugging. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

Debugger

デバッガーとの通信を有効にします。Enables communication with a debugger. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

DebuggerBrowsableAttribute

デバッガー変数ウィンドウ内でメンバーを表示するかどうかと、表示方法を決定します。Determines if and how a member is displayed in the debugger variable windows. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

DebuggerDisplayAttribute

デバッガー変数ウィンドウ内でクラスまたはフィールドを表示する方法を決定します。Determines how a class or field is displayed in the debugger variable windows.

DebuggerHiddenAttribute

DebuggerHiddenAttribute を指定します。Specifies the DebuggerHiddenAttribute. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

DebuggerNonUserCodeAttribute

アプリケーションのユーザー コードの一部ではない型またはメンバーを識別します。Identifies a type or member that is not part of the user code for an application.

DebuggerStepperBoundaryAttribute

属性の後に続くコードがステップ モードではなく実行モードで実行されることを示します。Indicates the code following the attribute is to be executed in run, not step, mode.

DebuggerStepThroughAttribute

デバッガーに対してコードのステップ インではなくステップ実行を指示します。Instructs the debugger to step through the code instead of stepping into the code. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

DebuggerTypeProxyAttribute

型の表示プロキシを指定します。Specifies the display proxy for a type.

DebuggerVisualizerAttribute

型がビジュアライザーを持つことを指定します。Specifies that the type has a visualizer. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

DefaultTraceListener

トレースの動作と既定の出力メソッドを提供します。Provides the default output methods and behavior for tracing.

DelimitedListTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力をストリーム ライターなどのテキスト ライターや、ファイル ストリームなどのストリームに転送します。Directs tracing or debugging output to a text writer, such as a stream writer, or to a stream, such as a file stream.

DiagnosticListener
DiagnosticsConfigurationHandler

構成ファイルの診断セクションを処理します。Handles the diagnostics section of configuration files.

DiagnosticSource
EntryWrittenEventArgs

EntryWritten イベントのデータを提供します。Provides data for the EntryWritten event.

EventInstance

イベント ログ エントリの言語に中立的な情報を表します。Represents language-neutral information for an event log entry.

EventLog

Windows イベント ログとの相互作用を提供します。Provides interaction with Windows event logs.

EventLogEntry

イベント ログの単一レコードをカプセル化します。Encapsulates a single record in the event log. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

EventLogEntryCollection

EventLogEntry インスタンスのコレクションのサイズと列挙子を定義します。Defines size and enumerators for a collection of EventLogEntry instances.

EventLogInstaller

アプリケーションが実行時に読み書きするイベント ログをインストールおよび構成できます。Allows you to install and configure an event log that your application reads from or writes to when running.

EventLogPermission

イベント ログに対するコード アクセス許可を制御します。Controls code access permissions for event logging.

EventLogPermissionAttribute

イベント ログに対する宣言アクセス許可チェックを可能にします。Allows declarative permission checks for event logging.

EventLogPermissionEntry

EventLog に対して設定するコード アクセス セキュリティ許可の最小単位を定義します。Defines the smallest unit of a code access security permission that is set for an EventLog.

EventLogPermissionEntryCollection

厳密に型指定された EventLogPermissionEntry オブジェクトのコレクションを格納します。Contains a strongly typed collection of EventLogPermissionEntry objects.

EventLogTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を転送する簡単なリスナーを提供するEventLogします。Provides a simple listener that directs tracing or debugging output to an EventLog.

EventSchemaTraceListener

エンド ツー エンド イベントのトレース出力またはデバッグ出力を XML エンコードされたスキーマ互換のログ ファイルに転送します。Directs tracing or debugging output of end-to-end events to an XML-encoded, schema-compliant log file.

EventSourceCreationData

ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターでイベント ログ ソースを作成するために使用される構成設定を表します。Represents the configuration settings used to create an event log source on the local computer or a remote computer.

EventTypeFilter

リスナーがイベントの種類に基づいてトレースする必要があるかどうかを示します。Indicates whether a listener should trace based on the event type.

FileVersionInfo

ディスク上の物理ファイルのバージョン情報を提供します。Provides version information for a physical file on disk.

InstanceData

パフォーマンス カウンターのサンプルに関連付けられたインスタンス データを保持します。Holds instance data associated with a performance counter sample.

InstanceDataCollection

InstanceData オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを提供します。Provides a strongly typed collection of InstanceData objects.

InstanceDataCollectionCollection

InstanceDataCollection オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを提供します。Provides a strongly typed collection of InstanceDataCollection objects.

MonitoringDescriptionAttribute

プロパティまたはイベントの説明文を指定します。Specifies a description for a property or event.

PerformanceCounter

Windows NT パフォーマンス カウンター コンポーネントを表します。Represents a Windows NT performance counter component.

PerformanceCounterCategory

パフォーマンス カウンターのカテゴリを定義するパフォーマンス オブジェクトを表します。Represents a performance object, which defines a category of performance counters.

PerformanceCounterInstaller

PerformanceCounter コンポーネントのインストーラーを指定します。Specifies an installer for the PerformanceCounter component.

PerformanceCounterManager

パフォーマンス カウンターを使用するときにシステムに読み込まれる performance.dll のパフォーマンス データを用意します。Prepares performance data for the performance.dll the system loads when working with performance counters.

PerformanceCounterPermission

PerformanceCounter に対するコード アクセス権の制御を可能にします。Allows control of code access permissions for PerformanceCounter.

PerformanceCounterPermissionAttribute

宣言パフォーマンス カウンターのアクセス許可チェックを可能にします。Allows declarative performance counter permission checks.

PerformanceCounterPermissionEntry

PerformanceCounter に対して設定するコード アクセス セキュリティ アクセス許可の最小単位を定義します。Defines the smallest unit of a code access security permission that is set for a PerformanceCounter.

PerformanceCounterPermissionEntryCollection

厳密に型指定された PerformanceCounterPermissionEntry オブジェクトのコレクションを格納します。Contains a strongly typed collection of PerformanceCounterPermissionEntry objects.

PresentationTraceSources

デバッグ トレースのサポートを、特に Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーション向けに提供します。Provides debug tracing support that is specifically targeted for Windows Presentation Foundation (WPF) applications.

Process

ローカル プロセスやリモート プロセスへのアクセスを提供し、ローカル システム プロセスの起動と停止ができるようにします。Provides access to local and remote processes and enables you to start and stop local system processes.

ProcessModule

特定のプロセスに読み込まれた .dll ファイルまたは実行可能ファイル (.exe) を表します。Represents a.dll or .exe file that is loaded into a particular process.

ProcessModuleCollection

ProcessModule オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを提供します。Provides a strongly typed collection of ProcessModule objects.

ProcessStartInfo

プロセスを起動するときに使用する値のセットを指定します。Specifies a set of values that are used when you start a process.

ProcessThread

オペレーティング システムのプロセス スレッドを表します。Represents an operating system process thread.

ProcessThreadCollection

ProcessThread オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを提供します。Provides a strongly typed collection of ProcessThread objects.

SourceFilter

トレースのソースに基づいてリスナーでメッセージをトレースする必要があるかどうかを示します。Indicates whether a listener should trace a message based on the source of a trace.

SourceSwitch

コードの再コンパイルなしでトレース出力およびデバッグ出力を制御するための複数レベルのスイッチを提供します。Provides a multilevel switch to control tracing and debug output without recompiling your code.

StackFrame

現在のスレッドのコール スタック上での関数呼び出しを表す、StackFrame に関する情報を提供します。Provides information about a StackFrame, which represents a function call on the call stack for the current thread.

StackFrameExtensions

現在のスレッドのコール スタック上での関数呼び出しを表す、StackFrame クラスの拡張メソッドを提供します。Provides extension methods for the StackFrame class, which represents a function call on the call stack for the current thread.

StackTrace

スタック トレースを表します。スタック トレースは、順番に並べられた 1 つまたは複数のスタック フレームのコレクションです。Represents a stack trace, which is an ordered collection of one or more stack frames.

Stopwatch

経過時間を正確に計測するために使用できる一連のメソッドとプロパティを提供します。Provides a set of methods and properties that you can use to accurately measure elapsed time.

Switch

新しいデバッグ スイッチおよびトレース スイッチを作成するための抽象基本クラスを提供します。Provides an abstract base class to create new debugging and tracing switches.

SwitchAttribute

アセンブリ、クラス、またはメンバーで使用されるスイッチを識別します。Identifies a switch used in an assembly, class, or member.

SwitchLevelAttribute

スイッチ レベルの型を識別します。Identifies the level type for a switch.

TextWriterTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を TextWriter または Stream (FileStream など) に転送します。Directs tracing or debugging output to a TextWriter or to a Stream, such as FileStream.

Trace

コードの実行をトレースするための一連のメソッドとプロパティを提供します。Provides a set of methods and properties that help you trace the execution of your code. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

TraceEventCache

スレッドおよびプロセスに固有のトレース イベント データを提供します。Provides trace event data specific to a thread and a process.

TraceFilter

トレース フィルター実装の基本クラスを提供します。Provides the base class for trace filter implementations.

TraceListener

トレース出力およびデバッグ出力を監視するリスナーの abstract 基本クラスを提供します。Provides the abstract base class for the listeners who monitor trace and debug output.

TraceListenerCollection

TraceListener オブジェクトのスレッド セーフ リストを提供します。Provides a thread-safe list of TraceListener objects.

TraceSource

アプリケーションでコードの実行をトレースしてトレース メッセージをソースに関連付けることができるようにする、メソッドおよびプロパティのセットを提供します。Provides a set of methods and properties that enable applications to trace the execution of code and associate trace messages with their source.

TraceSwitch

コードの再コンパイルなしでトレース出力およびデバッグ出力を制御するための複数レベルのスイッチを提供します。Provides a multilevel switch to control tracing and debug output without recompiling your code.

UnescapedXmlDiagnosticData

エスケープされない XML データをユーザーが指定したトレース データのログに提供します。Provides unescaped XML data for the logging of user-provided trace data.

XmlWriterTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を XML エンコードされたデータとして TextWriter または Stream (FileStream など) に転送します。Directs tracing or debugging output as XML-encoded data to a TextWriter or to a Stream, such as a FileStream.

構造体

ActivitySpanId
ActivityTraceId
CounterSample

パフォーマンス カウンターの生データを保持する構造体を定義します。Defines a structure that holds the raw data for a performance counter.

インターフェイス

ICollectData

パフォーマンス カウンターを使用するときにシステムに読み込まれるパフォーマンス DLL のパフォーマンス データを用意します。Prepares performance data for the performance DLL the system loads when working with performance counters.

列挙型

ActivityIdFormat
ActivityTraceFlags
DebuggableAttribute.DebuggingModes

Just-In-Time (JIT) コンパイラ用のデバッグ モードを指定します。Specifies the debugging mode for the just-in-time (JIT) compiler.

DebuggerBrowsableState

デバッガーに対する表示命令を提供します。Provides display instructions for the debugger.

EventLogEntryType

イベント ログ エントリのイベントの種類を指定します。Specifies the event type of an event log entry.

EventLogPermissionAccess

EventLog アクセス許可クラスによって使用されるアクセス レベルを定義します。Defines access levels used by EventLog permission classes.

OverflowAction

最大ファイル サイズに達したイベント ログ内のエントリの処理方法を指定します。Specifies how to handle entries in an event log that has reached its maximum file size.

PerformanceCounterCategoryType

パフォーマンス カウンターのカテゴリに複数インスタンスを設定できるかどうかを指定します。Indicates whether the performance counter category can have multiple instances.

PerformanceCounterInstanceLifetime

パフォーマンス カウンター インスタンスの有効期間を指定します。Specifies the lifetime of a performance counter instance.

PerformanceCounterPermissionAccess

PerformanceCounter アクセス許可クラスによって使用されるアクセス レベルを定義します。Defines access levels used by PerformanceCounter permission classes.

PerformanceCounterType

NextValue() インスタンスの PerformanceCounter メソッドを計算するために使用する数式を指定します。Specifies the formula used to calculate the NextValue() method for a PerformanceCounter instance.

PresentationTraceLevel

特定のオブジェクトに関するトレースの詳細レベルをについて説明します。Describes the level of detail to trace about a particular object.

ProcessPriorityClass

システムがプロセスに関連付ける優先順位を示します。 この値は、プロセスの各スレッドの優先順位値と組み合わされ、各スレッドの基本優先順位を決定します。This value, together with the priority value of each thread of the process, determines each thread's base priority level.

ProcessWindowStyle

プロセスを起動するときに新しいウィンドウを表示する方法を指定します。Specified how a new window should appear when the system starts a process.

SourceLevels

ソース スイッチおよびイベントの種類のフィルターによってフィルター処理されるトレース メッセージのレベルを指定します。Specifies the levels of trace messages filtered by the source switch and event type filter.

ThreadPriorityLevel

スレッドの優先順位を指定します。Specifies the priority level of a thread.

ThreadState

スレッドの現在の実行状態を指定します。Specifies the current execution state of the thread.

ThreadWaitReason

スレッドが待機している理由を示します。Specifies the reason a thread is waiting.

TraceEventType

トレースを発生させたイベントの種類を識別します。Identifies the type of event that has caused the trace.

TraceLevel

DebugTraceTraceSwitch の各クラスでどのメッセージを出力するかを指定します。Specifies what messages to output for the Debug, Trace and TraceSwitch classes.

TraceLogRetentionOption

EventSchemaTraceListener のログに使用するファイル構造を指定します。Specifies the file structure that will be used for the EventSchemaTraceListener log.

TraceOptions

トレース出力に書き込むトレース データ オプションを指定します。Specifies trace data options to be written to the trace output.

代理人

DataReceivedEventHandler

OutputDataReceivedErrorDataReceived イベントまたは Process イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the OutputDataReceived event or ErrorDataReceived event of a Process.

EntryWrittenEventHandler

EventLogEntryWritten イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the EntryWritten event of an EventLog.

注釈

  • EventLogコンポーネント イベント ログに書き込む、イベント ログのエントリの読み取りと作成、およびイベント ログとネットワーク上のイベント ソースを削除する機能を提供します。The EventLog component provides functionality to write to event logs, read event log entries, and create and delete event logs and event sources on the network. EntryWrittenEventHandlerイベント ログを非同期的にやり取りする方法を提供します。The EntryWrittenEventHandler provides a way to interact with event logs asynchronously. 、より詳細に制御へのアクセスを提供するサポート クラスを含む: アクセス許可の制限、(イベント ログのエントリが書き込まれる既定のデータの種類コントロールを)、イベント ログの種類を指定し、イベント ログのコレクションを反復処理する機能エントリ。Supporting classes provide access to more detailed control, including: permission restrictions, the ability to specify event log types (which controls the type of default data that is written with an event log entry), and iterate through collections of event log entries. これらのタスクの詳細については、次を参照してください。、 EventLogPermissionEventLogEntryType、およびEventLogEntryCollectionクラス。For more information about these tasks, see the EventLogPermission, EventLogEntryType, and EventLogEntryCollection classes.

  • Processクラスには、ネットワーク経由でシステム プロセスを監視およびを起動し、ローカル システム プロセスを停止する機能が用意されています。The Process class provides functionality to monitor system processes across the network, and to start and stop local system processes. プロセスのスレッドの詳細な知識を取得できます (によって、コンピューター、プロセス名、またはプロセス id のいずれかを指定する) プロセスを実行しているまたはプロセッサへのアクセスを現在保持しているプロセスに関する情報の表示の一覧を取得するだけでなく、を通じてモジュール両方、Processクラス自体との相互作用によって、ProcessThreadProcessModuleクラス。In addition to retrieving lists of running processes (by specifying either the computer, the process name, or the process id) or viewing information about the process that currently has access to the processor, you can get detailed knowledge of process threads and modules both through the Process class itself, and by interacting with the ProcessThread and ProcessModule classes. ProcessStartInfoクラスでは、さまざまな入力、出力、およびエラー ストリーム、作業ディレクトリ、およびコマンド ライン動詞および引数など、新しいプロセスの最初の要素を指定することができます。The ProcessStartInfo class enables you to specify a variety of elements with which to start a new process, such as input, output, and error streams, working directories, and command line verbs and arguments. これらのプロセスの動作をより細かく制御を提供します。These give you fine control over the behavior of your processes. その他の関連するクラスでは、プロセスのウィンドウ スタイルを指定できます。 スレッドの優先順位、およびスレッドとモジュールのコレクションと対話します。Other related classes let you specify window styles, process and thread priorities, and interact with collections of threads and modules.

  • PerformanceCounterクラスを使用すると、システムのパフォーマンスの監視中に、PerformanceCounterCategoryクラスには、新しいカスタム カウンターおよびカテゴリを作成する方法が用意されています。The PerformanceCounter class enables you to monitor system performance, while the PerformanceCounterCategory class provides a way to create new custom counters and categories. カスタム カウンターをローカルに作成でき、ローカルとリモートの両方のカウンター (システムとカスタム) からの読み取り。You can write to local custom counters and read from both local and remote counters (system as well as custom). 使用してカウンターをサンプリングすることができます、PerformanceCounterクラスし、連続するパフォーマンス カウンターのサンプルを使用してから結果の計算、CounterSampleクラス。You can sample counters using the PerformanceCounter class, and calculate results from successive performance counter samples using the CounterSample class. CounterCreationDataクラスでは、カテゴリで複数のカウンターを作成し、その型を指定することができます。The CounterCreationData class enables you to create multiple counters in a category and specify their types. パフォーマンス カウンターのコンポーネントに関連付けられているその他のクラスは、カウンター、カウンターのアクセス許可、およびカウンターの種類のコレクションへのアクセスを提供します。Other classes associated with the performance counter component provide access to collections of counters, counter permission, and counter types.

System.Diagnostics名前空間には、アプリケーションをデバッグして、コードの実行をトレースできるようにするクラスも用意されています。The System.Diagnostics namespace also provides classes that allow you to debug your application and to trace the execution of your code. 詳細については、Trace クラスおよび Debug クラスを参照してください。For more information, see the Trace and Debug classes.