System.Diagnostics 名前空間

システム プロセス、イベント ログ、およびパフォーマンス カウンターと対話するためのクラスが用意されています。

クラス

Activity

ログ記録に使用されるコンテキストを使用して、操作を表します。

ActivityListener

アクティビティの開始イベントと停止イベントをリッスンできるようにし、サンプリング シナリオ用のアクティビティの作成を決定する機会を与えます。

ActivitySource

Activity オブジェクトを作成して開始し、Activity イベントをリッスンする ActivityListener オブジェクトを登録するための API を提供します。

ActivityTagsCollection

ActivityTagsCollection は、トレース タグを格納するために使用するコレクション クラスです。

このコレクションは、ActivityEventActivityLink などのクラスと共に使用されます。

このコレクションは次のように動作します: - コレクション項目は、追加された方法に従って並べ替えられます。

  • 同じキーを持つ項目の重複は許可されません。
  • インデクサーを使用してコレクションに項目を格納する場合: - 項目に、コレクション内に以前に存在していたキーが含まれていて、その値が null である場合、キーに一致するコレクション項目がコレクションから削除されます。
  • 項目に、コレクション内に以前に存在していたキーが含まれていて、その値が null でない場合、新しい項目の値によってコレクションに格納されている古い値が置き換えられます。
  • それ以外の場合は、項目がコレクションに追加されます。
  • Add メソッドでは、同じキーを持つ項目が既に存在していない場合に、新しい項目がコレクションに追加されます。 それ以外の場合は、例外がスローされます。
BooleanSwitch

デバッグとトレースの出力を制御する単純なオン/オフの切り替え機能を提供します。

ConditionalAttribute

指定した条件付きコンパイル シンボルが定義されていない場合、メソッド呼び出しまたは属性を無視するようコンパイラに指示します。

ConsoleTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を、標準出力と標準エラー出力ストリームのいずれかに転送します。

CorrelationManager

論理トランザクションの一部であるトレースを相互に関連付けます。

CounterCreationData

カスタム カウンターのカウンター タイプ、名前、およびヘルプ文字列を定義します。

CounterCreationDataCollection

厳密に型指定された CounterCreationData オブジェクトのコレクションを提供します。

CounterSampleCalculator

パフォーマンス カウンターのデータを解釈するユーティリティ関数のセットを提供します。

DataReceivedEventArgs

OutputDataReceived イベントおよび ErrorDataReceived イベントのデータを提供します。

Debug

コードのデバッグを支援するメソッドとプロパティのセットを提供します。

DebuggableAttribute

ランタイム ジャスト イン タイム (JIT: just-in-time) デバッグ用のコード生成を変更します。 このクラスは継承できません。

Debugger

デバッガーとの通信を有効にします。 このクラスは継承できません。

DebuggerBrowsableAttribute

デバッガーの変数ウィンドウにメンバーを表示するかどうかと、表示方法を決定します。 このクラスは継承できません。

DebuggerDisplayAttribute

デバッガーの変数ウィンドウでクラスやフィールドを表示する方法を決定します。

DebuggerHiddenAttribute

DebuggerHiddenAttribute を指定します。 このクラスは継承できません。

DebuggerNonUserCodeAttribute

型またはメンバーが、アプリケーションのユーザー コードの一部でないことを識別します。

DebuggerStepperBoundaryAttribute

属性の後に続くコードがステップ モードではなく実行モードで実行されることを示します。

DebuggerStepThroughAttribute

デバッガーに対してコードのステップ インではなくステップ実行を指示します。 このクラスは継承できません。

DebuggerTypeProxyAttribute

型の表示プロキシを指定します。

DebuggerVisualizerAttribute

型がビジュアライザーを持つことを指定します。 このクラスは継承できません。

DefaultTraceListener

トレースの動作と既定の出力メソッドを提供します。

DelimitedListTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力をストリーム ライターなどのテキスト ライターや、ファイル ストリームなどのストリームに転送します。

DiagnosticListener

ソースがその情報を送信する (イベント) 名前付きの場所を表す抽象 DiagnosticSource クラスの実装を提供します。

DiagnosticListenerExtensions
DiagnosticsConfigurationHandler

構成ファイルの診断セクションを処理します。

DiagnosticSource

コードが、インストルメント化されたプロセスで使用されるために、リッチ データのペイロードの生産時間のログ記録に使用されるのをインストルメント化する抽象クラスです。

DistributedContextPropagator

の実装は、分散コンテキスト情報がネットワークを通過する場合にエンコードおよびデコードされるかどうかを DistributedContextPropagator 決定します。 エンコードは、文字列のキーと値のペアをサポートする任意のネットワーク プロトコルを使用して転送できます。 たとえば、HTTP を使用する場合、各キーと値のペアは HTTP ヘッダーです。 DistributedContextPropagator は に値を挿入し、文字列のキーと値のペアとしてキャリアから値を抽出します。

EntryWrittenEventArgs

EntryWritten イベントのデータを提供します。

EventInstance

イベント ログ エントリの言語に中立的な情報を表します。

EventLog

Windows イベント ログとの相互作用を提供します。

EventLogEntry

イベント ログの単一レコードをカプセル化します。 このクラスは継承できません。

EventLogEntryCollection

EventLogEntry インスタンスのコレクションのサイズと列挙子を定義します。

EventLogInstaller

アプリケーションが実行時に読み書きするイベント ログをインストールおよび構成できます。

EventLogPermission

イベント ログに対するコード アクセス許可を制御します。

EventLogPermissionAttribute

イベント ログに対する宣言アクセス許可チェックを可能にします。

EventLogPermissionEntry

EventLog に対して設定するコード アクセス セキュリティ許可の最小単位を定義します。

EventLogPermissionEntryCollection

EventLogPermissionEntry オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを格納します。

EventLogTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を EventLog に転送する簡単なリスナーを提供します。

EventSchemaTraceListener

エンド ツー エンド イベントのトレース出力またはデバッグ出力を、XML エンコードされたスキーマ互換のログ ファイルに転送します。

EventSourceCreationData

ローカル コンピューターまたはリモート コンピューターでイベント ログ ソースを作成するために使用される構成設定を表します。

EventTypeFilter

リスナーがイベントの種類に基づいてトレースする必要があるかどうかを示します。

FileVersionInfo

ディスク上の物理ファイルのバージョン情報を提供します。

InstanceData

パフォーマンス カウンターのサンプルに関連付けられたインスタンス データを保持します。

InstanceDataCollection

厳密に型指定された InstanceData オブジェクトのコレクションを提供します。

InstanceDataCollectionCollection

厳密に型指定された InstanceDataCollection オブジェクトのコレクションを提供します。

MonitoringDescriptionAttribute

プロパティまたはイベントの説明文を指定します。

PerformanceCounter

Windows NT パフォーマンス カウンター コンポーネントを表します。

PerformanceCounterCategory

パフォーマンス カウンターのカテゴリを定義するパフォーマンス オブジェクトを表します。

PerformanceCounterInstaller

PerformanceCounter コンポーネントのインストーラーを指定します。

PerformanceCounterManager

パフォーマンス カウンターを使用するときにシステムに読み込まれる performance.dll のパフォーマンス データを用意します。

PerformanceCounterPermission

PerformanceCounter に対するコード アクセス権の制御を可能にします。

PerformanceCounterPermissionAttribute

宣言パフォーマンス カウンターのアクセス許可チェックを可能にします。

PerformanceCounterPermissionEntry

PerformanceCounter に対して設定するコード アクセス セキュリティ アクセス許可の最小単位を定義します。

PerformanceCounterPermissionEntryCollection

PerformanceCounterPermissionEntry オブジェクトの厳密に型指定されたコレクションを格納します。

PresentationTraceSources

デバッグ トレースのサポートを、特に Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーション向けに提供します。

Process

ローカル プロセスやリモート プロセスへのアクセスを提供し、ローカル システム プロセスの起動と停止ができるようにします。

ProcessModule

特定のプロセスに読み込まれる .dll ファイルまたは .exe ファイルを表します。

ProcessModuleCollection

厳密に型指定された ProcessModule オブジェクトのコレクションを提供します。

ProcessStartInfo

プロセスを起動するときに使用する値のセットを指定します。

ProcessThread

オペレーティング システムのプロセス スレッドを表します。

ProcessThreadCollection

厳密に型指定された ProcessThread オブジェクトのコレクションを提供します。

SourceFilter

トレースのソースに基づいてリスナーでメッセージをトレースする必要があるかどうかを示します。

SourceSwitch

コードの再コンパイルなしでトレース出力およびデバッグ出力を制御するための複数レベルのスイッチを提供します。

StackFrame

現在のスレッドのコール スタック上での関数呼び出しを表す、StackFrame に関する情報を提供します。

StackFrameExtensions

現在のスレッドのコール スタック上での関数呼び出しを表す、StackFrame クラスの拡張メソッドを提供します。

StackTrace

スタック トレースを表します。スタック トレースは、順番に並べられた 1 つまたは複数のスタック フレームのコレクションです。

StackTraceHiddenAttribute

StackTraceHidden で属性付けされた型とメソッドは、StackTrace.ToString() と Exception.StackTrace に表示されるスタック トレース テキストから省略されます

Stopwatch

経過時間を正確に計測するために使用できる一連のメソッドとプロパティを提供します。

Switch

新しいデバッグ スイッチおよびトレース スイッチを作成するための抽象基本クラスを提供します。

SwitchAttribute

アセンブリ、クラス、またはメンバーで使用されるスイッチを識別します。

SwitchLevelAttribute

スイッチ レベルの型を識別します。

TextWriterTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を TextWriter または Stream (FileStream など) に転送します。

Trace

コードの実行をトレースするための一連のメソッドとプロパティを提供します。 このクラスは継承できません。

TraceEventCache

スレッドおよびプロセスに固有のトレース イベント データを提供します。

TraceFilter

トレース フィルター実装の基本クラスを提供します。

TraceListener

トレース出力およびデバッグ出力を監視するリスナーの abstract 基本クラスを提供します。

TraceListenerCollection

TraceListener オブジェクトのスレッド セーフ リストを提供します。

TraceSource

アプリケーションでコードの実行をトレースしてトレース メッセージをソースに関連付けることができるようにする、メソッドおよびプロパティのセットを提供します。

TraceSwitch

コードの再コンパイルなしでトレース出力およびデバッグ出力を制御するための複数レベルのスイッチを提供します。

UnescapedXmlDiagnosticData

エスケープされない XML データをユーザーが指定したトレース データのログに提供します。

XmlWriterTraceListener

トレース出力またはデバッグ出力を XML エンコードされたデータとして TextWriter または Stream (FileStream など) に転送します。

構造体

ActivityContext

W3C TraceContext 仕様に準拠する表現。 TraceId、SpanId という 2 つの識別子と、共通する TraceFlags のセット、およびシステム固有の TraceState 値が含まれます。

ActivityCreationOptions<T>

アクティビティ リスナーに送信されるすべての情報をカプセル化し、アクティビティ インスタンスの作成と、その状態に関する意思決定を行います。

可能なジェネリック型パラメーターは ActivityContext または String です。

ActivityEvent

名前とタイムスタンプに加え、必要に応じてタグのリストを含むイベントを表します。

ActivityLink

アクティビティは、因果関係のある 0 個以上のアクティビティ コンテキスト インスタンスにリンクすることができます。

アクティビティ リンクによって、1 つのトレース内または複数のトレースにわたるアクティビティ コンテキストを指すことができます。

アクティビティ リンクを使用して、アクティビティが複数の開始アクティビティによって開始されたバッチ操作を表すことができます。それぞれがバッチ内で処理される 1 つの受信項目を表します。

ActivitySpanId

W3C 標準に基づいて書式設定された SpanId を表します。

ActivityTagsCollection.Enumerator

ActivityTagsCollection の要素を列挙します。

ActivityTraceId

形式が W3C 標準に基づく TraceId を表します。

CounterSample

パフォーマンス カウンター用の生データを保持する構造体を定義します。

Debug.AssertInterpolatedStringHandler

アサートが失敗した場合にのみ Assert(Boolean) 書式設定を実行する の挿入文字列ハンドラーを提供します。

Debug.WriteIfInterpolatedStringHandler

条件が適用された場合にのみ書式設定を実行する および の挿入 WriteIf(Boolean, String) WriteLineIf(Boolean, Object) 文字列ハンドラーを提供します。

TagList

インデックスによってアクセスできるタグの一覧を表します。 リストの検索、並べ替え、および操作のためのメソッドを提供します。

TagList.Enumerator

タグ リスト コレクションを走査する列挙子。

インターフェイス

ICollectData

パフォーマンス カウンターを使用するときにシステムに読み込まれるパフォーマンス DLL のパフォーマンス データを用意します。

列挙型

ActivityIdFormat

Id プロパティの形式を指定します。

ActivityKind

トレースにおける、アクティビティ、その親、およびその子の間のリレーションシップについて説明します。

ActivitySamplingResult

ActivityListener によって使用される列挙値であり、関連する Activity について収集するデータの量を示します。 より多くのデータを要求すると、それだけパフォーマンスのオーバーヘッドが大きくなります。

ActivityStatusCode

インストルメント化された操作の状態を示すアクティビティの状態コードを定義します。

ActivityTraceFlags

アクティビティに関連付けられている、W3C 標準で定義されたフラグを指定します。

DebuggableAttribute.DebuggingModes

Just-In-Time (JIT) コンパイラ用のデバッグ モードを指定します。

DebuggerBrowsableState

デバッガーの表示についての指示を提供します。

EventLogEntryType

イベント ログ エントリのイベントの種類を指定します。

EventLogPermissionAccess

EventLog アクセス許可クラスによって使用されるアクセス レベルを定義します。

OverflowAction

最大ファイル サイズに達したイベント ログ内のエントリの処理方法を指定します。

PerformanceCounterCategoryType

パフォーマンス カウンターのカテゴリに複数インスタンスを設定できるかどうかを指定します。

PerformanceCounterInstanceLifetime

パフォーマンス カウンター インスタンスの有効期間を指定します。

PerformanceCounterPermissionAccess

PerformanceCounter アクセス許可クラスによって使用されるアクセス レベルを定義します。

PerformanceCounterType

ネイティブ型に直接マップされるパフォーマンス カウンターの種類を指定します。

PresentationTraceLevel

特定のオブジェクトに関するトレースの詳細レベルについて説明します。

ProcessPriorityClass

システムがプロセスに関連付ける優先順位を示します。 この値は、プロセスの各スレッドの優先順位値と組み合わされ、各スレッドの基本優先順位を決定します。

ProcessWindowStyle

プロセスを起動するときに新しいウィンドウを表示する方法を指定します。

SourceLevels

ソース スイッチおよびイベントの種類のフィルターによってフィルター処理されるトレース メッセージのレベルを指定します。

ThreadPriorityLevel

スレッドの優先順位を指定します。

ThreadState

スレッドの現在の実行状態を指定します。

ThreadWaitReason

スレッドが待機している理由を示します。

TraceEventType

トレースを発生させたイベントの種類を識別します。

TraceLevel

DebugTraceTraceSwitch の各クラスでどのメッセージを出力するかを指定します。

TraceLogRetentionOption

EventSchemaTraceListener のログに使用するファイル構造を指定します。

TraceOptions

トレース出力に書き込むトレース データ オプションを指定します。

代理人

DataReceivedEventHandler

OutputDataReceivedErrorDataReceived イベントまたは Process イベントを処理するメソッドを表します。

DistributedContextPropagator.PropagatorGetterCallback

プロパゲーターの抽出メソッドで使用されるコールバック メソッドを表します。 コールバックが呼び出され、名前付きフィールドの値が参照されます。

DistributedContextPropagator.PropagatorSetterCallback

Propagators の挿入メソッドで使用されるコールバックメソッドを表します。 このコールバックは、名前付きフィールドの値を設定するために呼び出されます。 Propagators は複数のフィールドを設定するために複数回呼び出すことができます。

EntryWrittenEventHandler

EventLogEntryWritten イベントを処理するメソッドを表します。

SampleActivity<T>

サンプリング プロセスで使用される ActivityListener コールバックのシグネチャを定義するデリゲート。

注釈

  • コンポーネントには、イベントログ EventLog への書き込み、イベントログエントリの読み取り、およびネットワーク上のイベントログとイベントソースの作成と削除を行う機能が用意されています。 は、 EntryWrittenEventHandler イベントログと非同期でやり取りする手段を提供します。 サポートクラスを使用すると、権限の制限、イベントログの種類を指定する機能 (イベントログエントリで記述された既定のデータの種類を制御する)、イベントログエントリのコレクションの反復処理など、より詳細な制御が可能になります。 これらのタスクの詳細については、「」、「」、および「」を参照してください EventLogPermission EventLogEntryType EventLogEntryCollection

  • クラスは、 Process ネットワーク上のシステムプロセスを監視し、ローカルシステムプロセスを開始および停止する機能を提供します。 実行中のプロセスのリスト (コンピューター、プロセス名、またはプロセス id を指定することによって) を取得したり、現在プロセッサへのアクセスが許可されているプロセスに関する情報を表示したりすることに加えて、 Process クラス自体を通じて、 ProcessThread およびクラスと対話することにより、プロセスのスレッドとモジュールに関する詳細な知識を ProcessModule クラスを使用すると、 ProcessStartInfo 入力、出力、エラーストリーム、作業ディレクトリ、コマンドライン動詞、引数など、新しいプロセスを開始するためのさまざまな要素を指定できます。 これらを使用すると、プロセスの動作を細かく制御できます。 他の関連クラスを使用すると、ウィンドウスタイル、プロセスとスレッドの優先順位を指定し、スレッドとモジュールのコレクションを操作できます。

  • PerformanceCounterクラスを使用すると、システムのパフォーマンスを監視することができ、クラスは PerformanceCounterCategory 新しいカスタムカウンターおよびカテゴリを作成する方法を提供します。 ローカルのカスタムカウンターに書き込み、ローカルとリモートの両方のカウンターから読み取ることができます (システムおよびカスタム)。 クラスを使用してカウンターをサンプリング PerformanceCounter し、クラスを使用して、パフォーマンスカウンターのサンプルの結果を継続的に計算することができ CounterSample ます。 CounterCreationDataクラスを使用すると、1つのカテゴリに複数のカウンターを作成し、その型を指定することができます。 パフォーマンスカウンターコンポーネントに関連付けられている他のクラスは、カウンター、カウンターのアクセス許可、およびカウンターの種類のコレクションへのアクセスを提供します。

名前空間には、 System.Diagnostics アプリケーションをデバッグしたり、コードの実行をトレースしたりするためのクラスも用意されています。 詳細については、Trace クラスおよび Debug クラスを参照してください。