SourceSwitch クラス

定義

コードの再コンパイルなしでトレース出力およびデバッグ出力を制御するための複数レベルのスイッチを提供します。Provides a multilevel switch to control tracing and debug output without recompiling your code.

public ref class SourceSwitch : System::Diagnostics::Switch
public class SourceSwitch : System.Diagnostics.Switch
type SourceSwitch = class
    inherit Switch
Public Class SourceSwitch
Inherits Switch
継承
SourceSwitch

注釈

Switchクラスのプロパティ TraceSourceSourceSwitch オブジェクトです。The Switch property of the TraceSource class is a SourceSwitch object. クラスには、 SourceSwitch Level スイッチのイベントレベルをテストするためのプロパティが用意されています。The SourceSwitch class provides a Level property to test the event level of the switch. プロパティは、 Level スイッチの値を取得または設定し TraceLevel ます。The Level property gets or sets the switch's TraceLevel value.

アプリケーション構成ファイルを使用してのイベントレベルを設定し、 SourceSwitch アプリケーションで構成されたレベルを使用することができ SourceSwitch ます。You can set the event level of a SourceSwitch through the application configuration file and then use the configured SourceSwitch level in your application. または、 SourceSwitch コード内にを作成し、そのレベルを直接設定して、コードの特定のセクションをインストルメント化することもできます。Alternatively, you can create a SourceSwitch in your code and set the level directly, to instrument a specific section of code.

を構成するには SourceSwitch 、アプリケーションの名前に対応する構成ファイルを編集します。To configure a SourceSwitch, edit the configuration file that corresponds to the name of your application. このファイル内では、スイッチの値を設定するか、アプリケーションによって以前に設定されたすべてのスイッチをオフにすることができます。Within this file, you can set a switch's value or clear all the switches previously set by the application. 構成ファイルは、次の例に示すように書式設定する必要があります。The configuration file should be formatted as shown in the following example.

<switches>  
  <add name="SourceSwitch" value="Verbose"></add>  
</switches>  

スイッチは、トレースを反映するか無視するかを確認するために使用されます。The switch is used to check whether a trace should be propagated or ignored. TraceSource トレースメソッドは、 ShouldTrace リスナーを呼び出す前にメソッドを呼び出します。Each TraceSource trace method calls the ShouldTrace method before calling the listeners. メソッドが ShouldTrace を返す場合 false 、トレースは無視され、trace メソッドは終了します。If the ShouldTrace method returns false, the trace is ignored and the trace method exits. メソッドが ShouldTrace を返す場合 true 、トレースはリスナーに渡されます。If the ShouldTrace method returns true, the trace is passed to the listeners.

コンストラクター

SourceSwitch(String)

ソースの名前を指定して、SourceSwitch クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SourceSwitch class, specifying the name of the source.

SourceSwitch(String, String)

ソース スイッチの表示名および既定値を指定して、SourceSwitch クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the SourceSwitch class, specifying the display name and the default value for the source switch.

プロパティ

Attributes

アプリケーション構成ファイルに定義されているカスタム スイッチ属性を取得します。Gets the custom switch attributes defined in the application configuration file.

(継承元 Switch)
Description

スイッチの説明を取得します。Gets a description of the switch.

(継承元 Switch)
DisplayName

スイッチを識別するための名前を取得します。Gets a name used to identify the switch.

(継承元 Switch)
Level

スイッチのレベルを取得または設定します。Gets or sets the level of the switch.

SwitchSetting

このスイッチの現在の設定を取得または設定します。Gets or sets the current setting for this switch.

(継承元 Switch)
Value

スイッチの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the switch.

(継承元 Switch)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetSupportedAttributes()

スイッチによってサポートされるカスタム属性を取得します。Gets the custom attributes supported by the switch.

(継承元 Switch)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnSwitchSettingChanged()

SwitchSetting プロパティが変更されると発生します。Invoked when the SwitchSetting property is changed.

(継承元 Switch)
OnValueChanged()

Value プロパティが変更された場合に発生します。Invoked when the value of the Value property changes.

ShouldTrace(TraceEventType)

トレース イベントの種類に基づいて、トレース リスナーを呼び出すかどうかを決定します。Determines if trace listeners should be called, based on the trace event type.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象