EventLog EventLog EventLog EventLog Class

定義

Windows イベント ログとの相互作用を提供します。Provides interaction with Windows event logs.

public ref class EventLog : System::ComponentModel::Component, System::ComponentModel::ISupportInitialize
public class EventLog : System.ComponentModel.Component, System.ComponentModel.ISupportInitialize
type EventLog = class
    inherit Component
    interface ISupportInitialize
Public Class EventLog
Inherits Component
Implements ISupportInitialize
継承
実装

次の例では、イベントMySourceソースがまだ存在しない場合は作成し、イベントログMyNewLogにエントリを書き込みます。The following example creates the event source MySource if it doesn't already exist, and writes an entry to the event log MyNewLog.

注意

Windows Vista 以降では、このアプリケーションを管理者として実行する必要があります。Starting with Windows Vista, you must run this application as an administrator.

#using <System.dll>

using namespace System;
using namespace System::Diagnostics;
using namespace System::Threading;
int main()
{
   
   // Create the source, if it does not already exist.
   if (  !EventLog::SourceExists( "MySource" ) )
   {
      //An event log source should not be created and immediately used.
      //There is a latency time to enable the source, it should be created
      //prior to executing the application that uses the source.
      //Execute this sample a second time to use the new source.
      EventLog::CreateEventSource( "MySource", "MyNewLog" );
      Console::WriteLine( "CreatingEventSource" );
      // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
      return 0;
   }

   
   // Create an EventLog instance and assign its source.
   EventLog^ myLog = gcnew EventLog;
   myLog->Source = "MySource";
   
   // Write an informational entry to the event log.    
   myLog->WriteEntry( "Writing to event log." );
}

using System;
using System.Diagnostics;
using System.Threading;
              
class MySample{

    public static void Main(){
    
        // Create the source, if it does not already exist.
        if(!EventLog.SourceExists("MySource"))
        {
             //An event log source should not be created and immediately used.
             //There is a latency time to enable the source, it should be created
             //prior to executing the application that uses the source.
             //Execute this sample a second time to use the new source.
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "MyNewLog");
            Console.WriteLine("CreatedEventSource");
            Console.WriteLine("Exiting, execute the application a second time to use the source.");
            // The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
            return;
        }
                
        // Create an EventLog instance and assign its source.
        EventLog myLog = new EventLog();
        myLog.Source = "MySource";
        
        // Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing to event log.");
        
    }
}
   
Option Explicit
Option Strict

Imports System.Diagnostics
Imports System.Threading

Class MySample
    Public Shared Sub Main()
        
        If Not EventLog.SourceExists("MySource") Then
            ' Create the source, if it does not already exist.
            ' An event log source should not be created and immediately used.
            ' There is a latency time to enable the source, it should be created
            ' prior to executing the application that uses the source.
            ' Execute this sample a second time to use the new source.
            EventLog.CreateEventSource("MySource", "MyNewLog")
            Console.WriteLine("CreatingEventSource")
            'The source is created.  Exit the application to allow it to be registered.
            Return
        End If
        
        ' Create an EventLog instance and assign its source.
        Dim myLog As New EventLog()
        myLog.Source = "MySource"
        
        ' Write an informational entry to the event log.    
        myLog.WriteEntry("Writing to event log.")
    End Sub
End Class 'MySample

注釈

EventLog重要なソフトウェアまたはハードウェアイベントに関する情報を記録する Windows イベントログにアクセスしたり、カスタマイズしたりできます。EventLog lets you access or customize Windows event logs, which record information about important software or hardware events. EventLog使用すると、既存のログを読み取り、ログにエントリを書き込んだり、イベントソースを作成または削除したり、ログを削除したり、ログエントリに応答したりすることができます。Using EventLog, you can read from existing logs, write entries to logs, create or delete event sources, delete logs, and respond to log entries. また、イベントソースを作成するときに、新しいログを作成することもできます。You can also create new logs when creating an event source.

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 直接的に型を破棄するには、try / catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

EventLogクラスを使用すると、個々のイベントログとそのエントリにアクセスできるだけでなく、すべてのイベントログのコレクションにアクセスすることができます。In addition to providing access to individual event logs and their entries, the EventLog class lets you access the collection of all event logs. staticメンバーを使用してEventLog 、ログの削除、ログ一覧の取得、ソースの作成または削除、またはコンピューターに特定のソースが既に含まれているかどうかの確認を行うことができます。You can use the static members of EventLog to delete logs, get log lists, create or delete a source, or determine if a computer already contains a particular source.

既定のイベントログには次の3つがあります。アプリケーション、システム、およびセキュリティ。There are three default event logs: Application, System, and Security. セキュリティログは読み取り専用です。A Security log is read-only. Active Directory など、インストールするその他のアプリケーションやサービスには、追加のイベントログが含まれる場合があります。Other applications and services you install, such as Active Directory, might have additional event logs.

クラスを使用する場合は、 EventLogセキュリティ上の考慮事項があります。There are security considerations when using the EventLog class. EventLog.NET Framework EventLogPermission 2.0 以降のバージョンでは、特定のアクションに対するアクセス許可、.NET Framework 1.0 と1.1 では完全信頼が必要です。EventLog requires EventLogPermission permissions for specific actions in the .NET Framework 2.0 and later versions, or full trust in the .NET Framework 1.0 and 1.1. 部分的に信頼EventLogPermissionされたコードには許可しないことをお勧めします。We recommend that EventLogPermission not be granted to partially trusted code. オブジェクトやオブジェクトなどEventLogEntryCollectionのイベントログオブジェクトを、より信頼度の低いコードに渡すことは避けてEventLogEntryください。You should never pass any event log object, including EventLogEntryCollection and EventLogEntry objects, to less trusted code. たとえば、 EventLogオブジェクトを作成し、エントリを記述してから、そのEventLogオブジェクトを部分信頼コードに渡すと、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります。これは、イベントログに対して読み取りと書き込みを行う機能によって、コードが発行などのアクションを実行できるためです。別のアプリケーションの名前のイベントログメッセージ。For example, creating an EventLog object, writing an entry, and then passing the EventLog object to partially trusted code can create a security issue, because the ability to read and write to the event log allows code to perform actions such as issuing event log messages in the name of another application.

Windows Vista 以降では、ユーザーアカウント制御 (UAC) によってユーザーの資格情報が決定されます。Starting with Windows Vista, User Account Control (UAC) determines the credentials of a user. ユーザーが組み込みの Administrators グループのメンバーである場合、そのユーザーには標準ユーザー アクセス トークンおよび管理者アクセス トークンの 2 つのランタイム アクセス トークンが割り当てられています。If you are a member of the Built-in Administrators group, you are assigned two run-time access tokens: a standard user access token and an administrator access token. 既定では、ユーザーは標準ユーザー ロールに所属します。By default, you are in the standard user role. セキュリティログにアクセスするコードを実行するには、まず、資格情報を標準ユーザーから管理者に昇格させる必要があります。To run the code that accesses the Security log, you must first elevate your credentials from standard user to administrator. アプリケーションを起動するときに、アプリケーションのショートカットメニューを開き (マウスを使用している場合はアプリケーションアイコンを右クリックして)、管理者として実行することを指定します。You can do this when you start an application by opening the shortcut menu for the application (if you're using a mouse, right-click the application icon) and indicating that you want to run as an administrator.

を使用EventLogすると、サーバーのイベントビューアーを通じて表示できるカスタムイベントログを作成できます。You can use EventLog to create custom event logs that you can view through the server's Event Viewer. RegisterDisplayNameメソッドを使用して、イベントビューアーにイベントログのローカライズされた名前を表示します。Use the RegisterDisplayName method to display a localized name for your event log in the Event Viewer. ModifyOverflowPolicyメソッドを使用して、ログの最大サイズに達したときのイベントログの動作を構成します。Use the ModifyOverflowPolicy method to configure the behavior of your event log when it reaches its maximum log size.

イベントログから読み取るには、ログ名 (Logプロパティ) とサーバーコンピューター名 (MachineNameイベントログのプロパティ) を指定します。To read from an event log, specify the log name (Log property) and server computer name (MachineName property for the event log. サーバーコンピューター名を指定しない場合は、ローカルコンピューター "." が使用されます。If you don't specify the server computer name, the local computer, ".", is assumed. ソースはログに書き込むためにのみ必要でSourceあるため、イベントソース (プロパティ) を指定する必要はありません。It's not necessary to specify the event source (Source property), because a source is required only for writing to logs. Entriesプロパティには、イベントログのエントリの一覧が自動的に入力されます。The Entries property is automatically populated with the event log's list of entries.

イベントログに書き込むには、イベントソース (Sourceプロパティ) を指定または作成します。To write to an event log, specify or create an event source (Source property). 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者の資格情報が必要です。You must have administrative credentials on the computer to create a new event source. イベントソースは、アプリケーションを有効なエントリのソースとしてイベントログに登録します。The event source registers your application with the event log as a valid source of entries. イベントソースを使用すると、一度に1つのログにのみ書き込むことができます。You can use the event source to write to only one log at a time. プロパティSourceには任意のランダムな文字列を指定できますが、名前はコンピューター上の他のソースと区別する必要があります。The Source property can be any random string, but the name must be distinct from other sources on the computer. イベントソースは、通常、アプリケーションの名前、または別の識別文字列です。The event source is typically the name of the application or another identifying string. 重複Sourceする値を作成しようとすると、例外がスローされます。Trying to create a duplicate Source value throws an exception. ただし、1つのイベントログを複数のソースに関連付けることができます。However, a single event log can be associated with multiple sources.

EventLogインスタンスに関連付けられているイベントログのイベントソースが存在しない場合は、新しいイベントソースが作成されます。If the event source for the event log associated with the EventLog instance doesn't exist, a new event source is created. Windows Vista 以降または Windows Server 2003 でイベントソースを作成するには、管理者の資格情報が必要です。To create an event source in Windows Vista and later or Windows Server 2003, you must have administrative credentials.

この要件は、イベントソースが一意であるかどうかを確認するために、セキュリティログを含むすべてのイベントログを検索する必要があるためです。This requirement is because all event logs, including Security logs, must be searched to determine whether the event source is unique. Windows Vista 以降では、セキュリティログにアクセスするためのアクセス許可がユーザーに付与されていません。したがって、がスローされます。 SecurityExceptionStarting with Windows Vista, users do not have permission to access the Security log; therefore, a SecurityException is thrown.

重要

イベントソースを作成または削除するには、名前付きミューテックスを使用して、基になるコードを同期する必要があります。Creating or deleting an event source requires synchronization of the underlying code by using a named mutex. 高い特権を持つアプリケーションが名前付きミューテックスをロックした場合、イベントソースを作成または削除しようとすると、ロックが解除されるまでアプリケーションは応答を停止します。If a highly privileged application locks the named mutex, trying to create or delete an event source causes the application to stop responding until the lock is released. この問題を回避するには、 UnmanagedCode信頼されていないコードに権限を付与しないでください。To help prevent this problem, never grant UnmanagedCode permission to untrusted code. また、 UnmanagedCodeアクセス許可によって他のアクセス許可がバイパスされ、信頼性の高いコードにのみ付与される可能性があります。In addition, UnmanagedCode permission potentially allows other permissions to be bypassed and should only be granted to highly trusted code.

アプリケーションとサービスは、アプリケーションログまたはカスタムログに書き込む必要があります。Applications and services should write to the Application log or to a custom log. デバイスドライバーは、システムログに書き込む必要があります。Device drivers should write to the System log. Logプロパティを明示的に設定しない場合、イベントログの既定値はアプリケーションログになります。If you do not explicitly set the Log property, the event log defaults to the Application log.

注意

アプリケーションが登録されたソースとして書き込むことを保護することはできません。There is nothing to protect an application from writing as any registered source. アプリケーションにアクセス許可がWrite付与されている場合、コンピューターに登録されている有効なソースのイベントを書き込むことができます。If an application is granted Write permission, it can write events for any valid source registered on the computer.

イベントログWriteEventWriteEntryイベントを書き込むには、メソッドとメソッドを使用します。Use the WriteEvent and WriteEntry methods to write events to an event log. イベントを書き込むには、イベントソースを指定する必要があります。ソースとの最初のエントリを書き込む前に、イベントソースを作成して構成する必要があります。You must specify an event source to write events; you must create and configure the event source before writing the first entry with the source.

アプリケーションのインストール時に新しいイベントソースを作成します。Create the new event source during the installation of your application. これにより、オペレーティングシステムが登録済みのイベントソースとその構成の一覧を更新できるようになります。This allows time for the operating system to refresh its list of registered event sources and their configuration. オペレーティングシステムがイベントソースの一覧を更新していない状態で、新しいソースでイベントを作成しようとすると、書き込み操作は失敗します。If the operating system hasn't refreshed its list of event sources, and you try to write an event with the new source, the write operation will fail. EventLogInstaller オブジェクトCreateEventSourceまたはメソッドを使用して、新しいソースを構成できます。You can configure a new source by using an EventLogInstaller object or the CreateEventSource method. 新しいイベントソースを作成するには、コンピューターの管理者の資格情報が必要です。You must have administrative credentials on the computer to create a new event source.

各ソースは一度に1つのイベントログにのみ書き込むことができます。ただし、アプリケーションで複数のソースを使用して複数のイベントログに書き込むことができます。Each source can write to only one event log at a time; however, your application can use multiple sources to write to multiple event logs. たとえば、アプリケーションによっては、異なるイベントログまたは異なるリソースファイル用に複数のソースが構成されている必要があります。For example, your application might require multiple sources configured for different event logs or different resource files. 既存のソースの構成の詳細を変更するには、ソースを削除してから、新しい構成を使用して作成する必要があります。To change the configuration details of an existing source, you must delete the source and then create it with the new configuration. 他のアプリケーションまたはコンポーネントが既存のソースを使用する場合は、既存のソースを削除するのではなく、更新された構成で新しいソースを作成します。If other applications or components use the existing source, create a new source with the updated configuration instead of deleting the existing source.

イベントソースは、イベントカテゴリとメッセージ文字列のローカライズされたリソースに登録できます。You can register the event source with localized resources for your event category and message strings. アプリケーションでは、実際の文字列値を指定する代わりに、リソース識別子を使用してイベントログエントリを書き込むことができます。Your application can write event log entries by using resource identifiers instead of specifying the actual string values. リソースファイルをEventLogInstaller使用EventSourceCreationDataしたソースの構成の詳細については、クラスおよびクラスを参照してください。Refer to the EventLogInstaller and EventSourceCreationData classes for more information about configuring your source with resource files.

アプリケーションが文字列値をイベントログに直接書き込む場合は、ソースのリソースファイルプロパティを設定する必要はありません。If your application writes string values directly to the event log, you do not have to set the resource file properties for the source. ソースは、ローカライズされたエントリを書き込むか、または直接文字列を書き込むために構成する必要があります。The source must be configured either for writing localized entries or for writing direct strings. アプリケーションがリソース識別子と文字列値の両方を使用してエントリを書き込む場合は、2つの異なるソースを登録する必要があります。If your application writes entries using both resource identifiers and string values, you must register two separate sources. たとえば、リソースファイルを使用して1つのソースを構成し、そのWriteEventソースをメソッドで使用して、リソース識別子を使用してエントリをイベントログに書き込みます。For example, configure one source with resource files, and then use that source in the WriteEvent method to write entries using resource identifiers to the event log. 次に、リソースファイルを含まない別のソースを作成し、 WriteEntryそのソースをメソッドで使用して、そのソースを使用して、イベントログに直接文字列を書き込みます。Then create a different source without resource files, and use that source in the WriteEntry method to write strings directly to the event log using that source.

イベントを作成する場合は、少なくともメッセージ文字列のメッセージ文字列またはリソース識別子を指定する必要があります。When writing events, you must at least specify either a message string or the resource identifier for a message string. その他のイベントプロパティは省略可能です。Other event properties are optional. オプションのイベント設定の例を次に示します。Examples of optional event settings include the following:

  • を設定EventLogEntryTypeして、イベントビューアーがエントリに表示するアイコンを指定できます。You can set the EventLogEntryType to specify the icon that the Event Viewer displays for the entry.

  • アプリケーションでカテゴリを使用してイベントをフィルター処理する場合は、イベントのカテゴリ識別子を指定できます。You can specify a category identifier for the event, if your application uses categories for filtering the events.

  • 指定したイベントに追加情報を関連付ける場合は、イベントエントリにバイナリデータを添付できます。You can attach binary data to your event entry if you want to associate additional information with a given event.

重要

イベントログは、ディスク領域、プロセッサ時間、およびその他のシステムリソースを消費します。Event logging consumes disk space, processor time, and other system resources. 重要な情報のみをログに記録することが重要です。It is important to log only essential information. イベントログの呼び出しは、メインコードパスではなくエラーパスに配置することをお勧めします。これにより、パフォーマンスに悪影響を与えません。We recommend that you place event log calls in an error path, rather than in the main code path, so they don't adversely affect performance.

EventLogインスタンスの初期プロパティ値の一覧についEventLogては、コンストラクターを参照してください。For a list of initial property values for an instance of EventLog, see the EventLog constructor.

コンストラクター

EventLog() EventLog() EventLog() EventLog()

EventLog クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLog class. このインスタンスは、ログとは関連付けられません。Does not associate the instance with any log.

EventLog(String) EventLog(String) EventLog(String) EventLog(String)

EventLog クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLog class. ローカル コンピューター上のログにインスタンスを関連付けます。Associates the instance with a log on the local computer.

EventLog(String, String) EventLog(String, String) EventLog(String, String) EventLog(String, String)

EventLog クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLog class. 指定したコンピューター上のログにインスタンスを関連付けます。Associates the instance with a log on the specified computer.

EventLog(String, String, String) EventLog(String, String, String) EventLog(String, String, String) EventLog(String, String, String)

EventLog クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the EventLog class. 指定したコンピューター上のログにインスタンスを関連付け、指定したソースを作成するか、または EventLog に割り当てます。Associates the instance with a log on the specified computer and creates or assigns the specified source to the EventLog.

プロパティ

CanRaiseEvents CanRaiseEvents CanRaiseEvents CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the component can raise an event.

(Inherited from Component)
Container Container Container Container

IContainer を格納している Component を取得します。Gets the IContainer that contains the Component.

(Inherited from Component)
DesignMode DesignMode DesignMode DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the Component is currently in design mode.

(Inherited from Component)
EnableRaisingEvents EnableRaisingEvents EnableRaisingEvents EnableRaisingEvents

EventLogEntryWritten イベント通知を受信するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the EventLog receives EntryWritten event notifications.

Entries Entries Entries Entries

イベント ログの内容を取得します。Gets the contents of the event log.

Events Events Events Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。Gets the list of event handlers that are attached to this Component.

(Inherited from Component)
Log Log Log Log

読み取るログまたは書き込むログの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the log to read from or write to.

LogDisplayName LogDisplayName LogDisplayName LogDisplayName

イベント ログの表示名を取得します。Gets the event log's friendly name.

MachineName MachineName MachineName MachineName

イベントを読み取るコンピューターまたは書き込むコンピューターの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the computer on which to read or write events.

MaximumKilobytes MaximumKilobytes MaximumKilobytes MaximumKilobytes

イベント ログの最大サイズを KB 単位で取得または設定します。Gets or sets the maximum event log size in kilobytes.

MinimumRetentionDays MinimumRetentionDays MinimumRetentionDays MinimumRetentionDays

イベント ログ内のエントリを保持する日数を取得します。Gets the number of days to retain entries in the event log.

OverflowAction OverflowAction OverflowAction OverflowAction

イベント ログが最大ファイル サイズに達した場合に、新しいエントリを格納するように構成された動作を取得します。Gets the configured behavior for storing new entries when the event log reaches its maximum log file size.

Site Site Site Site

ComponentISite を取得または設定します。Gets or sets the ISite of the Component.

(Inherited from Component)
Source Source Source Source

イベント ログを書き込むときに登録して使用するソース名を取得または設定します。Gets or sets the source name to register and use when writing to the event log.

SynchronizingObject SynchronizingObject SynchronizingObject SynchronizingObject

EventLog エントリ書き込みイベントの結果として発行されるイベント ハンドラー呼び出しをマーシャリングするために使用するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object used to marshal the event handler calls issued as a result of an EventLog entry written event.

メソッド

BeginInit() BeginInit() BeginInit() BeginInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用される EventLog の初期化を開始します。Begins the initialization of an EventLog used on a form or used by another component. 初期化は実行時に発生します。The initialization occurs at runtime.

Clear() Clear() Clear() Clear()

イベント ログからすべてのエントリを削除します。Removes all entries from the event log.

Close() Close() Close() Close()

イベント ログを閉じ、読み取りハンドルと書き込みハンドルを解放します。Closes the event log and releases read and write handles.

CreateEventSource(EventSourceCreationData) CreateEventSource(EventSourceCreationData) CreateEventSource(EventSourceCreationData) CreateEventSource(EventSourceCreationData)

イベント ソースおよび対応するイベント ログに指定された構成プロパティを使用して、ローカライズされたイベント メッセージを書き込むための有効なイベント ソースを設定します。Establishes a valid event source for writing localized event messages, using the specified configuration properties for the event source and the corresponding event log.

CreateEventSource(String, String) CreateEventSource(String, String) CreateEventSource(String, String) CreateEventSource(String, String)

ローカル コンピューター上のログにエントリを書き込むための有効なイベント ソースとして指定したソース名を設定します。Establishes the specified source name as a valid event source for writing entries to a log on the local computer. また、このメソッドによってローカル コンピューター上に新しいカスタム ログを作成することもできます。This method can also create a new custom log on the local computer.

CreateEventSource(String, String, String) CreateEventSource(String, String, String) CreateEventSource(String, String, String) CreateEventSource(String, String, String)

指定したコンピューター上のログにエントリを書き込むための有効なイベント ソースとして指定したソース名を設定します。Establishes the specified source name as a valid event source for writing entries to a log on the specified computer. このメソッドを使用して、指定したコンピューター上に新しいカスタム ログを作成することもできます。This method can also be used to create a new custom log on the specified computer.

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
Delete(String) Delete(String) Delete(String) Delete(String)

ローカル コンピューターからイベント ログを削除します。Removes an event log from the local computer.

Delete(String, String) Delete(String, String) Delete(String, String) Delete(String, String)

指定したコンピューターからイベント ログを削除します。Removes an event log from the specified computer.

DeleteEventSource(String) DeleteEventSource(String) DeleteEventSource(String) DeleteEventSource(String)

ローカル コンピューターのイベント ログからイベント ソースの登録を削除します。Removes the event source registration from the event log of the local computer.

DeleteEventSource(String, String) DeleteEventSource(String, String) DeleteEventSource(String, String) DeleteEventSource(String, String)

指定したコンピューターからアプリケーションのイベント ソース登録を削除します。Removes the application's event source registration from the specified computer.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Component.

(Inherited from Component)
Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

EventLog が使用しているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを解放することもできます。Releases the unmanaged resources used by the EventLog, and optionally releases the managed resources.

EndInit() EndInit() EndInit() EndInit()

フォームまたは別のコンポーネントで使用される EventLog の初期化を終了します。Ends the initialization of an EventLog used on a form or by another component. 初期化は実行時に発生します。The initialization occurs at runtime.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
Exists(String) Exists(String) Exists(String) Exists(String)

ローカル コンピューター上にログが存在するかどうかを確認します。Determines whether the log exists on the local computer.

Exists(String, String) Exists(String, String) Exists(String, String) Exists(String, String)

指定したコンピューター上にログが存在するかどうかを確認します。Determines whether the log exists on the specified computer.

GetEventLogs() GetEventLogs() GetEventLogs() GetEventLogs()

ローカル コンピューター上のすべてのイベント ログを検索し、リストを格納する EventLog オブジェクトの配列を作成します。Searches for all event logs on the local computer and creates an array of EventLog objects that contain the list.

GetEventLogs(String) GetEventLogs(String) GetEventLogs(String) GetEventLogs(String)

指定したコンピューター上のすべてのイベント ログを検索し、リストを格納する EventLog オブジェクトの配列を作成します。Searches for all event logs on the given computer and creates an array of EventLog objects that contain the list.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetService(Type) GetService(Type) GetService(Type) GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。Returns an object that represents a service provided by the Component or by its Container.

(Inherited from Component)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
LogNameFromSourceName(String, String) LogNameFromSourceName(String, String) LogNameFromSourceName(String, String) LogNameFromSourceName(String, String)

指定したソースが登録されているログの名前を取得します。Gets the name of the log to which the specified source is registered.

MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
ModifyOverflowPolicy(OverflowAction, Int32) ModifyOverflowPolicy(OverflowAction, Int32) ModifyOverflowPolicy(OverflowAction, Int32) ModifyOverflowPolicy(OverflowAction, Int32)

イベント ログが最大ファイル サイズに達した場合に、新しいエントリを書き込むように構成された動作を変更します。Changes the configured behavior for writing new entries when the event log reaches its maximum file size.

RegisterDisplayName(String, Int64) RegisterDisplayName(String, Int64) RegisterDisplayName(String, Int64) RegisterDisplayName(String, Int64)

イベント ログのローカライズされた名前を指定します。これは、サーバーのイベント ビューアーに表示されます。Specifies the localized name of the event log, which is displayed in the server Event Viewer.

SourceExists(String) SourceExists(String) SourceExists(String) SourceExists(String)

ローカル コンピューターにイベント ソースが登録されているかどうかを確認します。Determines whether an event source is registered on the local computer.

SourceExists(String, String) SourceExists(String, String) SourceExists(String, String) SourceExists(String, String)

指定したコンピューターにイベント ソースが登録されているかどうかを確認します。Determines whether an event source is registered on a specified computer.

ToString() ToString() ToString() ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。Returns a String containing the name of the Component, if any. このメソッドはオーバーライドできません。This method should not be overridden.

(Inherited from Component)
WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String) WriteEntry(String)

種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry, with the given message text, to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, EventLogEntryType)

エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32)

エントリを、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log.

WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, and appends binary data to the message.

WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String) WriteEntry(String, String)

指定した登録イベント ソースを使用して、種類が Information のエントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an information type entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType)

指定した登録イベント ソースを使用して、エラー、警告、情報、監査正常終了、または監査エラー エントリを、指定したメッセージ テキストと共にイベント ログに書き込みます。Writes an error, warning, information, success audit, or failure audit entry with the given message text to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32)

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキストおよびアプリケーション定義のイベント識別子と共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text and application-defined event identifier to the event log, using the specified registered event source.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16)

指定した登録イベント ソースを使用して、メッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込みます。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log, using the specified registered event source. category は、イベント ビューアーでログ内のイベントをフィルター処理するときに使用できます。The category can be used by the Event Viewer to filter events in the log.

WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[]) WriteEntry(String, String, EventLogEntryType, Int32, Int16, Byte[])

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したメッセージ テキスト、アプリケーション定義のイベント識別子、およびアプリケーション定義のカテゴリと共にエントリをイベント ログに書き込み、メッセージにバイナリ データを付加します。Writes an entry with the given message text, application-defined event identifier, and application-defined category to the event log (using the specified registered event source) and appends binary data to the message.

WriteEvent(EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(EventInstance, Byte[], Object[])

指定したイベント データ、メッセージ置換文字列、および関連するバイナリ データと共にイベント ログ エントリを書き込みます。Writes an event log entry with the given event data, message replacement strings, and associated binary data.

WriteEvent(EventInstance, Object[]) WriteEvent(EventInstance, Object[]) WriteEvent(EventInstance, Object[]) WriteEvent(EventInstance, Object[])

ローカライズされたエントリをイベント ログに書き込みます。Writes a localized entry to the event log.

WriteEvent(String, EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Byte[], Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Byte[], Object[])

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したイベント データ、メッセージ置換文字列、および関連するバイナリ データと共にイベント ログ エントリを書き込みます。Writes an event log entry with the given event data, message replacement strings, and associated binary data, and using the specified registered event source.

WriteEvent(String, EventInstance, Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Object[]) WriteEvent(String, EventInstance, Object[])

指定した登録イベント ソースを使用して、指定したイベント データとメッセージ置換文字列と共にイベント ログ エントリを書き込みます。Writes an event log entry with the given event data and message replacement strings, using the specified registered event source.

イベント

Disposed Disposed Disposed Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されると発生します。Occurs when the component is disposed by a call to the Dispose() method.

(Inherited from Component)
EntryWritten EntryWritten EntryWritten EntryWritten

ローカル コンピューター上のイベント ログにエントリが書き込まれたときに発生します。Occurs when an entry is written to an event log on the local computer.

適用対象

こちらもご覧ください