Process.MinWorkingSet プロパティ

定義

関連付けられたプロセスに許可されるワーキング セットの最小サイズ (バイト単位) を取得または設定します。Gets or sets the minimum allowable working set size, in bytes, for the associated process.

public:
 property IntPtr MinWorkingSet { IntPtr get(); void set(IntPtr value); };
public IntPtr MinWorkingSet { get; set; }
member this.MinWorkingSet : nativeint with get, set
Public Property MinWorkingSet As IntPtr

プロパティ値

プロセスに必要なメモリ上のワーキング セットの最小サイズ (バイト単位)。The minimum working set size that is required in memory for the process, in bytes.

例外

ワーキング セットの最小サイズが正しくありません。The minimum working set size is invalid. この値は、ワーキング セットの最大サイズ以下にする必要があります。It must be less than or equal to the maximum working set size.

関連付けられているプロセス リソースからワーキング セット情報を取得できません。Working set information cannot be retrieved from the associated process resource.

- または --or-

プロセスが開始されていないので、プロセス識別子またはプロセス ハンドルが 0 です。The process identifier or process handle is zero because the process has not been started.

リモート コンピューターで実行中のプロセスの MinWorkingSet プロパティにアクセスしようとしています。You are trying to access the MinWorkingSet property for a process that is running on a remote computer. このプロパティはローカル コンピューターで実行中のプロセスに対してのみ使用可能です。This property is available only for processes that are running on the local computer.

プロセス Id が使用できません。The process Id is not available.

- または --or- プロセスが終了しています。The process has exited.

注釈

プロセスのワーキングセットは、物理 RAM メモリ内のプロセスに現在表示されているメモリページのセットです。The working set of a process is the set of memory pages currently visible to the process in physical RAM memory. これらのページは常駐し、アプリケーションがページフォールトをトリガーすることなく使用できます。These pages are resident and available for an application to use without triggering a page fault.

ワーキングセットには、共有データとプライベートデータの両方が含まれます。The working set includes both shared and private data. 共有データには、アプリケーションによって実行されるすべての命令を含むページが含まれます。これには、.dll ファイル内のページとシステム .dll ファイルも含まれます。The shared data includes the pages that contain all the instructions that your application executes, including the pages in your .dll files and the system.dll files. ワーキングセットのサイズが増加するにつれて、メモリの需要が増加します。As the working set size increases, memory demand increases.

プロセスのワーキングセットのサイズは、最小値と最大値です。A process has minimum and maximum working set sizes. プロセスリソースが作成されるたびに、プロセスのワーキングセットの最小サイズと同じ量のメモリがシステムによって予約されます。Each time a process resource is created, the system reserves an amount of memory equal to the minimum working set size for the process. 仮想メモリマネージャーは、プロセスがアクティブなときに少なくとも最小メモリ容量を維持しようとしますが、最大サイズを超えることはありません。The virtual memory manager attempts to keep at least the minimum amount of memory resident when the process is active, but it never keeps more than the maximum size.

既定のワーキングセットのサイズは、システムによって設定されます。The system sets the default working set sizes. これらのサイズを変更するには、MaxWorkingSetMinWorkingSet メンバーを使用します。You can modify these sizes using the MaxWorkingSet and MinWorkingSet members. ただし、これらの値を設定しても、メモリが予約されているか常駐しているかは保証されません。However, setting these values does not guarantee that the memory will be reserved or resident.

注意

プロセスのワーキングセットのサイズを大きくすると、システムの他の部分から物理メモリを離れた場所に移動します。When you increase the working set size of a process, you take physical memory away from the rest of the system. ワーキングセットのサイズの最小値または最大値を要求しないようにしてください。そうしないと、システムのパフォーマンスが低下する可能性があります。Ensure that you do not request a minimum or maximum working set size that is too large, because doing so can degrade system performance.

セキュリティ

LinkDemand
直前の呼び出し元に対する完全な信頼の場合。for full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードから使用することはできません。This member cannot be used by partially trusted code.

適用対象

こちらもご覧ください