ProcessPriorityClass ProcessPriorityClass ProcessPriorityClass ProcessPriorityClass Enum

定義

システムがプロセスに関連付ける優先順位を示します。 この値は、プロセスの各スレッドの優先順位値と組み合わされ、各スレッドの基本優先順位を決定します。This value, together with the priority value of each thread of the process, determines each thread's base priority level.

public enum class ProcessPriorityClass
public enum ProcessPriorityClass
type ProcessPriorityClass = 
Public Enum ProcessPriorityClass
継承
ProcessPriorityClassProcessPriorityClassProcessPriorityClassProcessPriorityClass

フィールド

AboveNormal AboveNormal AboveNormal AboveNormal 32768

プロセスの優先順位を Normal より高く、High より低く指定します。Specifies that the process has priority higher than Normal but lower than High.

BelowNormal BelowNormal BelowNormal BelowNormal 16384

プロセスの優先順位を Idle より高く Normal より低く指定します。Specifies that the process has priority above Idle but below Normal.

High High High High 128

Task List ダイアログ ボックスなどの、ユーザーから呼び出されたらオペレーティング システムの負荷にかかわらずすぐに応答する必要のある、即時実行を要求される重要なタスクに対して、プロセス実行時間を指定します。Specifies that the process performs time-critical tasks that must be executed immediately, such as the Task List dialog, which must respond quickly when called by the user, regardless of the load on the operating system. このプロセスのスレッドは、Normal または Idle 優先順位クラスのプロセスのスレッドよりも優先します。The threads of the process preempt the threads of normal or idle priority class processes.
プロセスの優先順位クラスに High を指定するときには細心の注意が必要です。High 優先順位クラスのアプリケーションは、使用可能なプロセッサ時間をほぼすべて使用する可能性があるためです。Use extreme care when specifying High for the process's priority class, because a high priority class application can use nearly all available processor time.

Idle Idle Idle Idle 64

このプロセスのスレッドが、スクリーン セーバーなど、システムがアイドル状態のときにだけ実行されるよう指定します。Specifies that the threads of this process run only when the system is idle, such as a screen saver. このプロセスのスレッドよりも、より高い優先順位クラスで実行されているあらゆるプロセスのスレッドの方が優先します。The threads of the process are preempted by the threads of any process running in a higher priority class. この優先順位クラスは子プロセスに継承されます。This priority class is inherited by child processes.

Normal Normal Normal Normal 32

プロセスが特別なスケジューリングを必要としないよう指定します。Specifies that the process has no special scheduling needs.

RealTime RealTime RealTime RealTime 256

プロセスの優先順位をできるだけ高く指定します。Specifies that the process has the highest possible priority.
優先順位が RealTime のプロセスのスレッドは、重要なタスクを実行するオペレーティング システム プロセスも含め、他のすべてのプロセスのスレッドよりも優先されます。The threads of a process with RealTime priority preempt the threads of all other processes, including operating system processes performing important tasks. そのため、優先順位が RealTime のプロセスが非常に短い間隔で実行されると、ディスク キャッシュがフラッシュされなくなったり、マウスが応答しなくなったりする可能性があります。Thus, a RealTime priority process that executes for more than a very brief interval can cause disk caches not to flush or cause the mouse to be unresponsive.

注釈

プロセスの優先度クラスには、さまざまなスレッド優先度レベルが含まれます。A process priority class encompasses a range of thread priority levels. プロセスの優先度クラスを基準とした優先順位が異なるプロセスで実行されているスレッドを実行します。Threads with different priorities running in the process run relative to the process's priority class. オペレーティング システムでは、スレッドは、次のプロセッサ時間のスライスを取得します。 を決定するのに実行可能ファイルのすべてのスレッドの基本優先度レベルを使用します。The operating system uses the base-priority level of all executable threads to determine which thread gets the next slice of processor time.

Win32 では、クラスごとに 7 つの基本優先度レベルの 4 つの優先度クラスを使用します。Win32 uses four priority classes with seven base priority levels per class. 時間の経過時間、またはその他の要因、オペレーティング システムは基本優先度レベルを変更できますプロセスがプロセッサにアクセスの他のユーザーを事前設定する必要がある場合に基づいています。Based on time elapsed or other boosts, the operating system can change the base priority level when a process needs to be put ahead of others for access to the processor. さらに、設定PriorityBoostEnabledを一時的に待機状態から作成されたスレッドの優先度レベルを上げます。In addition, you can set PriorityBoostEnabled to temporarily boost the priority level of threads that have been taken out of the wait state. 優先順位は、プロセスが待機状態に戻ったときにリセットされます。The priority is reset when the process returns to the wait state.

適用対象

こちらもご覧ください