Trace.Flush メソッド

定義

出力バッファーをフラッシュします。また、バッファー内のデータが Listeners に書き込まれるようにします。

public:
 static void Flush();
[System.Diagnostics.Conditional("TRACE")]
public static void Flush ();
[<System.Diagnostics.Conditional("TRACE")>]
static member Flush : unit -> unit
Public Shared Sub Flush ()
属性

次の例では、という名前のを作成し TextWriterTraceListener myTextListener ます。 myTextListener 呼び出されたを使用して、 StreamWriter myOutputWriter という名前のファイルに書き込み TestFile.txt ます。 この例では、ファイル、ストリーム、テキストライターを作成し、1行のテキストをファイルに書き込んでから、出力をフラッシュして閉じます。

// Specify /DTRACE when compiling.

#using <System.dll>
using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Diagnostics;

void main()
{
     #if defined(TRACE)
    // Create a file for output named TestFile.txt.
    FileStream^ myFileStream = 
        gcnew FileStream( "TestFile.txt", FileMode::Append );
   
    // Create a new text writer using the output stream 
    // and add it to the trace listeners.
    TextWriterTraceListener^ myTextListener = 
        gcnew TextWriterTraceListener( myFileStream );
    Trace::Listeners->Add( myTextListener );
   
    // Write output to the file.
    Trace::WriteLine( "Test output" );
   
    // Flush and close the output stream.
    Trace::Flush();
    Trace::Close();
    #endif
}
// Specify /d:TRACE when compiling.

using System;
using System.IO;
using System.Diagnostics;

class Test
{
    static void Main()
    {
        // Create a file for output named TestFile.txt.
        using (FileStream myFileStream =
            new FileStream("TestFile.txt", FileMode.Append))
        {
            // Create a new text writer using the output stream
            // and add it to the trace listeners.
            TextWriterTraceListener myTextListener =
                new TextWriterTraceListener(myFileStream);
            Trace.Listeners.Add(myTextListener);

            // Write output to the file.
            Trace.WriteLine("Test output");

            // Flush and close the output stream.
            Trace.Flush();
            Trace.Close();
        }
    }
}
' Specify /d:TRACE=True when compiling.

Imports System.IO
Imports System.Diagnostics

Class Test
    
    Shared Sub Main()
    
        ' Create a file for output named TestFile.txt.
        Using myFileStream As New FileStream("TestFile.txt", FileMode.Append)
        
            ' Create a new text writer using the output stream
            ' and add it to the trace listeners. 
            Dim myTextListener As New TextWriterTraceListener(myFileStream)
            Trace.Listeners.Add(myTextListener)
            
            ' Write output to the file.
            Trace.WriteLine("Test output")
            
            ' Flush and close the output stream.
            Trace.Flush()
            Trace.Close()
        
        End Using
        
    End Sub

End Class

注釈

またはを明示的に呼び出す場合を除き、ストリームをフラッシュしても、基になるエンコーダーはフラッシュされません Flush CloseAutoFlushをに設定すると、 true バッファーからストリームにデータがフラッシュされますが、エンコーダーの状態はフラッシュされません。 これにより、エンコーダーは次の文字ブロックを正しくエンコードできるように、その状態 (部分文字) を保持できます。 このシナリオは、エンコーダーが隣接する文字を受け取ると、特定の文字のみをエンコードできる UTF8 と UTF7 に影響します。

適用対象

こちらもご覧ください