Graphics.DrawPath(Pen, GraphicsPath) メソッド

定義

GraphicsPath を描画します。

public:
 void DrawPath(System::Drawing::Pen ^ pen, System::Drawing::Drawing2D::GraphicsPath ^ path);
public void DrawPath (System.Drawing.Pen pen, System.Drawing.Drawing2D.GraphicsPath path);
member this.DrawPath : System.Drawing.Pen * System.Drawing.Drawing2D.GraphicsPath -> unit
Public Sub DrawPath (pen As Pen, path As GraphicsPath)

パラメーター

pen
Pen

パスの色、幅、およびスタイルを決定する Pen

path
GraphicsPath

描画する GraphicsPath

例外

pennullです。

または pathnullです。

次のコード例は、Windows Forms で使用するように設計され、イベント ハンドラーのパラメーターである が PaintEventArgs e Paint 必要です。 コードは、次のアクションを実行します。

  • グラフィックス パス オブジェクトを作成し、楕円を追加します。

  • 黒いペンを作成します。

  • グラフィックス パスを画面に描画します。

public:
   void DrawPathEllipse( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create graphics path object and add ellipse.
      GraphicsPath^ graphPath = gcnew GraphicsPath;
      graphPath->AddEllipse( 0, 0, 200, 100 );

      // Create pen.
      Pen^ blackPen = gcnew Pen( Color::Black,3.0f );

      // Draw graphics path to screen.
      e->Graphics->DrawPath( blackPen, graphPath );
   }
public void DrawPathEllipse(PaintEventArgs e)
{
             
    // Create graphics path object and add ellipse.
    GraphicsPath graphPath = new GraphicsPath();
    graphPath.AddEllipse(0, 0, 200, 100);
             
    // Create pen.
    Pen blackPen = new Pen(Color.Black, 3);
             
    // Draw graphics path to screen.
    e.Graphics.DrawPath(blackPen, graphPath);
}
Public Sub DrawPathEllipse(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create graphics path object and add ellipse.
    Dim graphPath As New GraphicsPath
    graphPath.AddEllipse(0, 0, 200, 100)

    ' Create pen.
    Dim blackPen As New Pen(Color.Black, 3)

    ' Draw graphics path to screen.
    e.Graphics.DrawPath(blackPen, graphPath)
End Sub

注釈

グラフィック コンテキスト内の現在の変換は、描画前に GraphicsPath に適用されます。

適用対象