ServiceDomain.Enter(ServiceConfig) メソッド

定義

ServiceConfig オブジェクトで指定されたコンテキストを作成し、それをコンテキスト スタックにプッシュして現在のコンテキストにします。Creates the context specified by the ServiceConfig object and pushes it onto the context stack to become the current context.

public:
 static void Enter(System::EnterpriseServices::ServiceConfig ^ cfg);
public static void Enter (System.EnterpriseServices.ServiceConfig cfg);
static member Enter : System.EnterpriseServices.ServiceConfig -> unit
Public Shared Sub Enter (cfg As ServiceConfig)

パラメーター

cfg
ServiceConfig

囲まれたコード内で使用するサービスの構成情報を格納した ServiceConfigA ServiceConfig that contains the configuration information for the services to be used within the enclosed code.

例外

ServiceConfig は、現在のプラットフォームではサポートされていません。ServiceConfig is not supported on the current platform.

注釈

Enterは、 ServiceConfig cfgパラメーターとして渡されるオブジェクトによって指定されたとおりに構成されたコンテキストを作成します。Enter first creates a context configured as specified by the ServiceConfig object that is passed as the cfg parameter. クライアント側とサーバー側の両方のポリシーは、メソッドの呼び出しが発生したかのようにトリガーされます。Policies on both the client and server sides are then triggered as if a method call had occurred. 次に、新しいコンテキストがコンテキストスタックにプッシュされ、現在のコンテキストになります。The new context is then pushed onto a context stack and becomes the current context. これは効率的な設計であり、スレッドのマーシャリングは関係しEnterないLeaveため、とを使用すると、同等のメソッド呼び出しと比較してオーバーヘッドが大幅に削減されます。Because of their efficient design and because no thread marshaling is involved, using Enter and Leave involves significantly reduced overhead compared to an equivalent method call.

適用対象