CultureNotFoundException.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) メソッド

定義

パラメーター名と追加の例外情報を使用して SerializationInfo オブジェクトを設定します。Sets the SerializationInfo object with the parameter name and additional exception information.

public:
 override void GetObjectData(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
[System.Security.SecurityCritical]
public override void GetObjectData (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
override this.GetObjectData : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> unit
Public Overrides Sub GetObjectData (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

シリアル化されたオブジェクト データを保持するオブジェクト。The object that holds the serialized object data.

context
StreamingContext

転送元または転送先に関するコンテキスト情報。The contextual information about the source or destination.

実装

属性

例外

infonull です。info is null.

注釈

GetObjectData は、シリアル化する対象のすべての例外オブジェクト データを使用して、SerializationInfo を設定します。GetObjectData sets a SerializationInfo with all the exception object data targeted for serialization. 逆シリアル化中に、例外オブジェクトはストリームを介して送信された SerializationInfo から再構成されます。During deserialization, the exception object is reconstituted from the SerializationInfo transmitted over the stream.

詳細については、「 SerializationInfo」を参照してください。For more information, see SerializationInfo.

セキュリティ

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に完全信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードまたは透過的なコードでは使用できません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

適用対象