DateTimeFormatInfo.AMDesignator プロパティ

定義

"ante meridiem" (午前) の時間の文字列指定子を取得または設定します。Gets or sets the string designator for hours that are "ante meridiem" (before noon).

public:
 property System::String ^ AMDesignator { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
public string AMDesignator { get; set; }
member this.AMDesignator : string with get, set
Public Property AMDesignator As String

プロパティ値

"ante meridiem" の時間の文字列指定子。The string designator for hours that are ante meridiem. InvariantInfo の既定値は "AM" です。The default for InvariantInfo is "AM".

例外

プロパティが null に設定されています。The property is being set to null.

このプロパティが設定されていますが、DateTimeFormatInfo オブジェクトは読み取り専用です。The property is being set and the DateTimeFormatInfo object is read-only.

注釈

プロパティAMDesignatorは、0:00:00 (午前0時) から 11:59: 59.999 までまでのすべての時間に使用されます。The AMDesignator property is used for all times from 0:00:00 (midnight) to 11:59:59.999.

カスタム書式指定文字列に "tt" 書式指定子が含まれていて、時刻がDateTime.ToString正午ToStringより前の場合、メソッドAMDesignatorまたはメソッドには、結果文字列に "tt" の代わりにプロパティの値が含まれます。If a custom format string includes the "tt" format specifier and the time is before noon, the DateTime.ToString or ToString method includes the value of the AMDesignator property in place of "tt" in the result string. カスタム書式指定文字列に "t" カスタム書式指定子が含まれている場合は、 AMDesignatorプロパティ値の最初の文字のみが含まれます。If the custom format string includes the "t" custom format specifier, only the first character of the AMDesignator property value is included. Am の区別を維持するために必要な言語には、"tt" を使用する必要があります。You should use "tt" for languages for which it is necessary to maintain the distinction between A.M. および午後and P.M. 例として、「日本語」と指定します。An example is Japanese, in which the A.M. および午後and P.M. 最初の文字の代わりに、2番目の文字が区別されます。designators differ in the second character instead of the first character.

Am を使用しないカルチャの場合For cultures that do not use an A.M. 指定子,、このプロパティは空の文字列を返します。designator, this property returns an empty string.

適用対象

こちらもご覧ください