DeflateStream クラス

定義

Deflate アルゴリズムを使用してストリームを圧縮および圧縮解除するためのメソッドとプロパティを提供します。

public ref class DeflateStream : System::IO::Stream
public class DeflateStream : System.IO.Stream
type DeflateStream = class
    inherit Stream
Public Class DeflateStream
Inherits Stream
継承
DeflateStream
継承

注釈

このクラスは、可逆ファイル圧縮および展開を行う業界標準のアルゴリズムである Deflate アルゴリズムを表します。 .NET Framework 4.5 以降、DeflateStreamクラスは zlib ライブラリを使用します。 その結果、より優れた圧縮アルゴリズムを利用でき、ほとんどの場合、.NET Framework の以前のバージョンのものに比べて、より小さく圧縮されたファイルになります。

このクラスは、zip アーカイブにファイルを追加したり、ファイルを展開したりする機能をもともと提供していません。 Zip アーカイブを操作するには、ZipArchiveZipArchiveEntry クラスを使用してください。

DeflateStream クラスは、GZipStream クラスで使用されている gzip データ形式と同じ圧縮アルゴリズムを使用します。

DeflateStreamGZipStream の圧縮機能は、ストリームとして公開されます。 データはバイト単位で読み取られます。そのため、ファイル全体または大量のデータを圧縮する場合、複数のパスを実行して、圧縮に最適な方法を決定することはできません。 DeflateStreamGZipStream クラスは、圧縮されていないデータ ソースで最もよく使用されます。 ソース データが既に圧縮されている場合、これらのクラスを使用すると、実際にはストリームのサイズが大きくなります。

次の例は、クラスを使用してファイルを DeflateStream 圧縮および展開する方法を示しています。

using System;
using System.IO;
using System.IO.Compression;

public static class FileCompressionModeExample
{
    private const string Message = "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.";
    private const string OriginalFileName = "original.txt";
    private const string CompressedFileName = "compressed.dfl";
    private const string DecompressedFileName = "decompressed.txt";

    public static void Main()
    {
        CreateFileToCompress();
        CompressFile();
        DecompressFile();
        PrintResults();
        DeleteFiles();

        /*
         Output:

            The original file 'original.txt' weighs 445 bytes. Contents: "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum."

            The compressed file 'compressed.dfl' weighs 265 bytes.

            The decompressed file 'decompressed.txt' weighs 445 bytes. Contents: "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum."
         */
    }

    private static void CreateFileToCompress() => File.WriteAllText(OriginalFileName, Message);

    private static void CompressFile()
    {
        using FileStream originalFileStream = File.Open(OriginalFileName, FileMode.Open);
        using FileStream compressedFileStream = File.Create(CompressedFileName);
        using var compressor = new DeflateStream(compressedFileStream, CompressionMode.Compress);
        originalFileStream.CopyTo(compressor);
    }

    private static void DecompressFile()
    {
        using FileStream compressedFileStream = File.Open(CompressedFileName, FileMode.Open);
        using FileStream outputFileStream = File.Create(DecompressedFileName);
        using var decompressor = new DeflateStream(compressedFileStream, CompressionMode.Decompress);
        decompressor.CopyTo(outputFileStream);
    }

    private static void PrintResults()
    {
        long originalSize = new FileInfo(OriginalFileName).Length;
        long compressedSize = new FileInfo(CompressedFileName).Length;
        long decompressedSize = new FileInfo(DecompressedFileName).Length;
        
        Console.WriteLine($"The original file '{OriginalFileName}' weighs {originalSize} bytes. Contents: \"{File.ReadAllText(OriginalFileName)}\"");
        Console.WriteLine($"The compressed file '{CompressedFileName}' weighs {compressedSize} bytes.");
        Console.WriteLine($"The decompressed file '{DecompressedFileName}' weighs {decompressedSize} bytes. Contents: \"{File.ReadAllText(DecompressedFileName)}\"");
    }

    private static void DeleteFiles()
    {
        File.Delete(OriginalFileName);
        File.Delete(CompressedFileName);
        File.Delete(DecompressedFileName);
    }
}
Imports System.IO
Imports System.IO.Compression

Module FileCompressionModeExample
    Private Const Message As String = "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum."
    Private Const OriginalFileName As String = "original.txt"
    Private Const CompressedFileName As String = "compressed.dfl"
    Private Const DecompressedFileName As String = "decompressed.txt"

    Sub Main()
        CreateFileToCompress()
        CompressFile()
        DecompressFile()
        PrintResults()
        DeleteFiles()

        'Output:

        '   The original file 'original.txt' weighs 445 bytes. Contents: "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum."

        '   The compressed file 'compressed.dfl' weighs 265 bytes.

        '   The decompressed file 'decompressed.txt' weighs 445 bytes. Contents: "Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum."

    End Sub

    Private Sub CreateFileToCompress()
        File.WriteAllText(OriginalFileName, Message)
    End Sub

    Private Sub CompressFile()
        Using originalFileStream As FileStream = File.Open(OriginalFileName, FileMode.Open)
            Using compressedFileStream As FileStream = File.Create(CompressedFileName)
                Using compressor = New DeflateStream(compressedFileStream, CompressionMode.Compress)
                    originalFileStream.CopyTo(compressor)
                End Using
            End Using
        End Using
    End Sub

    Private Sub DecompressFile()
        Using compressedFileStream As FileStream = File.Open(CompressedFileName, FileMode.Open)
            Using outputFileStream As FileStream = File.Create(DecompressedFileName)
                Using decompressor = New DeflateStream(compressedFileStream, CompressionMode.Decompress)
                    decompressor.CopyTo(outputFileStream)
                End Using
            End Using
        End Using
    End Sub

    Private Sub PrintResults()
        Dim originalSize As Long = New FileInfo(OriginalFileName).Length
        Dim compressedSize As Long = New FileInfo(CompressedFileName).Length
        Dim decompressedSize As Long = New FileInfo(DecompressedFileName).Length

        Console.WriteLine($"The original file '{OriginalFileName}' weighs {originalSize} bytes. Contents: ""{File.ReadAllText(OriginalFileName)}""")
        Console.WriteLine($"The compressed file '{CompressedFileName}' weighs {compressedSize} bytes.")
        Console.WriteLine($"The decompressed file '{DecompressedFileName}' weighs {decompressedSize} bytes. Contents: ""{File.ReadAllText(DecompressedFileName)}""")
    End Sub

    Private Sub DeleteFiles()
        File.Delete(OriginalFileName)
        File.Delete(CompressedFileName)
        File.Delete(DecompressedFileName)
    End Sub
End Module

コンストラクター

DeflateStream(Stream, CompressionLevel)

指定したストリームと圧縮レベルを使用して、DeflateStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DeflateStream(Stream, CompressionLevel, Boolean)

指定したストリームと圧縮レベルを使用して DeflateStream クラスの新しいインスタンスを初期化し、必要に応じて、ストリームを開いたままにします。

DeflateStream(Stream, CompressionMode)

指定したストリームと圧縮モードを使用して、DeflateStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DeflateStream(Stream, CompressionMode, Boolean)

指定したストリームと圧縮モードを使用して DeflateStream クラスの新しいインスタンスを初期化し、必要に応じて、ストリームを開いたままにします。

プロパティ

BaseStream

基になるストリームへの参照を取得します。

CanRead

ファイルの圧縮解除中にストリームが読み取りをサポートするかどうかを示す値を取得します。

CanSeek

ストリームがシークをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。

(継承元 Stream)
CanWrite

ストリームが書き込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

Length

このプロパティはサポートされていないため、常に NotSupportedException をスローします。

Position

このプロパティはサポートされていないため、常に NotSupportedException をスローします。

ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)
WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) メソッドの使用を検討します)。

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) メソッドの使用を検討します)。

BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。 このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定したバッファー サイズを使用して、現在の Deflate ストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。

CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定のバッファー サイズを使用して、現在の Deflate ストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。

CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。 両方のストリーム位置は、コピーされたバイト数だけ進みます。

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

DeflateStream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

DisposeAsync()

DeflateStream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。

DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。

(継承元 Stream)
EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) メソッドの使用を検討します)。

EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。 (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) メソッドの使用を検討します)。

EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。 (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)

(継承元 Stream)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Flush()

現在実装されているこのメソッドは、何の機能も提供しません。

FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken)

この Deflate ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。

FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()
互換性のために残されています。

Contract のサポートを提供します。

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

圧縮解除されたバイト数を、指定したバイト配列に読み取ります。

Read(Span<Byte>)

現在の Deflate ストリームからバイト スパンにバイト シーケンスを読み取り、読み取られたバイト数だけ Deflate ストリーム内の位置を進めます。

Read(Span<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在の Deflate ストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、バイト配列に書き込んで、読み取られたバイト数だけ Deflate ストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在の Deflate ストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、バイト メモリの範囲に書き込んで、読み取られたバイト数だけ Deflate ストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadAtLeast(Span<Byte>, Int32, Boolean)

現在のストリームから少なくとも最小バイト数を読み取り、ストリーム内の位置を読み取ったバイト数だけ進めます。

(継承元 Stream)
ReadAtLeastAsync(Memory<Byte>, Int32, Boolean, CancellationToken)

現在のストリームから少なくとも最小バイト数を非同期に読み取り、読み取ったバイト数でストリーム内の位置を進め、取り消し要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadByte()

ストリームから 1 バイトを読み取り、Deflate ストリーム内の位置を 1 バイト進めます。Deflate ストリームの末尾の場合は -1 を返します。

ReadByte()

ストリームから 1 バイトを読み取り、ストリーム内の位置を 1 バイト進めます。ストリームの末尾の場合は -1 を返します。

(継承元 Stream)
ReadExactly(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト数を読み取 count り、ストリーム内の位置を進めます。

(継承元 Stream)
ReadExactly(Span<Byte>)

現在のストリームからバイトを読み取り、入力されるまでストリーム内の位置を buffer 進めます。

(継承元 Stream)
ReadExactlyAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト数を非同期に読み取り count 、ストリーム内の位置を進め、取り消し要求を監視します。

(継承元 Stream)
ReadExactlyAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、入力されるまでストリーム内の位置を buffer 進め、取り消し要求を監視します。

(継承元 Stream)
Seek(Int64, SeekOrigin)

この操作はサポートされていないため、常に NotSupportedException をスローします。

SetLength(Int64)

この操作はサポートされていないため、常に NotSupportedException をスローします。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Write(Byte[], Int32, Int32)

圧縮されたバイトを、指定したバイト配列から基になるストリームに書き込みます。

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

現在の Deflate ストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数だけ Deflate ストリーム内の現在位置を進めます。

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定されたバイト配列から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定された読み取り専用メモリ領域から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。

(継承元 Stream)
WriteByte(Byte)

現在の Deflate ストリームにバイトを書き込み、この Deflate ストリーム内の現在位置を 1 ずつ進めます。

WriteByte(Byte)

ストリームの現在位置にバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。

(継承元 Stream)

拡張メソッド

AsInputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの入力ストリームに変換します。

AsOutputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの出力ストリームに変換します。

AsRandomAccessStream(Stream)

特定のストリームをランダム アクセス ストリームに変換します。

ConfigureAwait(IAsyncDisposable, Boolean)

非同期の破棄可能から返されるタスク上での待機がどのように実行されるかを構成します。

適用対象