Directory.GetFiles メソッド

定義

指定した条件を満たすファイルの名前を返します。

オーバーロード

GetFiles(String)

指定したディレクトリ内のファイルの名前 (パスを含む) を返します。

GetFiles(String, String)

指定したディレクトリ内の指定した検索パターンに一致するファイル名 (パスを含む) を返します。

GetFiles(String, String, EnumerationOptions)

指定したディレクトリ内にあり、指定した検索パターンと列挙オプションに一致するファイルの名前 (パスを含む) を返します。

GetFiles(String, String, SearchOption)

指定したディレクトリの中から、指定した検索パターンに一致し、サブディレクトリを検索するかどうかを決定する値を持つファイル名 (パスを含む) を返します。

GetFiles(String)

指定したディレクトリ内のファイルの名前 (パスを含む) を返します。

public:
 static cli::array <System::String ^> ^ GetFiles(System::String ^ path);
public static string[] GetFiles (string path);
static member GetFiles : string -> string[]
Public Shared Function GetFiles (path As String) As String()

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

戻り値

String[]

指定したディレクトリ内のファイルの完全名 (パスを含む) の配列。または、ファイルが見つからない場合は空の配列。

例外

path はファイル名です。

  • または - ネットワーク エラーが発生しました。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

.NET Frameworkおよび .NET Core バージョンが 2.1 より前の場合: path 長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字が 1 つ以上含まれています。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

pathnullです。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

指定されたパスが見つからないか正しくありません (たとえば、マップされていないドライブ上のパスなど)。

次の例では、このメソッドを使用 GetFiles して、ユーザーが指定した場所からファイル名を返す方法を示します。 この例は、このメソッドに共通するすべてのエラーをキャッチするように構成されています。

// For Directory::GetFiles and Directory::GetDirectories
// For File::Exists, Directory::Exists
using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Collections;

// Insert logic for processing found files here.
void ProcessFile( String^ path )
{
   Console::WriteLine( "Processed file '{0}'.", path );
}


// Process all files in the directory passed in, recurse on any directories 
// that are found, and process the files they contain.
void ProcessDirectory( String^ targetDirectory )
{
   
   // Process the list of files found in the directory.
   array<String^>^fileEntries = Directory::GetFiles( targetDirectory );
   IEnumerator^ files = fileEntries->GetEnumerator();
   while ( files->MoveNext() )
   {
      String^ fileName = safe_cast<String^>(files->Current);
      ProcessFile( fileName );
   }

   
   // Recurse into subdirectories of this directory.
   array<String^>^subdirectoryEntries = Directory::GetDirectories( targetDirectory );
   IEnumerator^ dirs = subdirectoryEntries->GetEnumerator();
   while ( dirs->MoveNext() )
   {
      String^ subdirectory = safe_cast<String^>(dirs->Current);
      ProcessDirectory( subdirectory );
   }
}

int main( int argc, char *argv[] )
{
   for ( int i = 1; i < argc; i++ )
   {
      String^ path = gcnew String(argv[ i ]);
      if ( File::Exists( path ) )
      {
         
         // This path is a file
         ProcessFile( path );
      }
      else
      if ( Directory::Exists( path ) )
      {
         
         // This path is a directory
         ProcessDirectory( path );
      }
      else
      {
         Console::WriteLine( "{0} is not a valid file or directory.", path );
      }

   }
}
// For Directory.GetFiles and Directory.GetDirectories
// For File.Exists, Directory.Exists
using System;
using System.IO;
using System.Collections;

public class RecursiveFileProcessor
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        foreach(string path in args)
        {
            if(File.Exists(path))
            {
                // This path is a file
                ProcessFile(path);
            }
            else if(Directory.Exists(path))
            {
                // This path is a directory
                ProcessDirectory(path);
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("{0} is not a valid file or directory.", path);
            }
        }
    }

    // Process all files in the directory passed in, recurse on any directories
    // that are found, and process the files they contain.
    public static void ProcessDirectory(string targetDirectory)
    {
        // Process the list of files found in the directory.
        string [] fileEntries = Directory.GetFiles(targetDirectory);
        foreach(string fileName in fileEntries)
            ProcessFile(fileName);

        // Recurse into subdirectories of this directory.
        string [] subdirectoryEntries = Directory.GetDirectories(targetDirectory);
        foreach(string subdirectory in subdirectoryEntries)
            ProcessDirectory(subdirectory);
    }

    // Insert logic for processing found files here.
    public static void ProcessFile(string path)
    {
        Console.WriteLine("Processed file '{0}'.", path);	
    }
}
module RecursiveFileProcessor

open System.IO

// Insert logic for processing found files here.
let processFile path =
    printfn $"Processed file '%s{path}'."

// Process all files in the directory passed in, recurse on any directories
// that are found, and process the files they contain.
let rec processDirectory targetDirectory =
    // Process the list of files found in the directory.
    let fileEntries = Directory.GetFiles targetDirectory
    for fileName in fileEntries do
        processFile fileName

    // Recurse into subdirectories of this directory.
    let subdirectoryEntries = Directory.GetDirectories targetDirectory
    for subdirectory in subdirectoryEntries do
        processDirectory subdirectory

[<EntryPoint>]
let main args =
    for path in args do
        if File.Exists path then
            // This path is a file
            processFile path
        elif Directory.Exists path then
            // This path is a directory
            processDirectory path
        else
            printfn $"{path} is not a valid file or directory."
    0
' For Directory.GetFiles and Directory.GetDirectories
' For File.Exists, Directory.Exists 

Imports System.IO
Imports System.Collections

Public Class RecursiveFileProcessor

    Public Overloads Shared Sub Main(ByVal args() As String)
        Dim path As String
        For Each path In args
            If File.Exists(path) Then
                ' This path is a file.
                ProcessFile(path)
            Else
                If Directory.Exists(path) Then
                    ' This path is a directory.
                    ProcessDirectory(path)
                Else
                    Console.WriteLine("{0} is not a valid file or directory.", path)
                End If
            End If
        Next path
    End Sub


    ' Process all files in the directory passed in, recurse on any directories 
    ' that are found, and process the files they contain.
    Public Shared Sub ProcessDirectory(ByVal targetDirectory As String)
        Dim fileEntries As String() = Directory.GetFiles(targetDirectory)
        ' Process the list of files found in the directory.
        Dim fileName As String
        For Each fileName In fileEntries
            ProcessFile(fileName)

        Next fileName
        Dim subdirectoryEntries As String() = Directory.GetDirectories(targetDirectory)
        ' Recurse into subdirectories of this directory.
        Dim subdirectory As String
        For Each subdirectory In subdirectoryEntries
            ProcessDirectory(subdirectory)
        Next subdirectory

    End Sub

    ' Insert logic for processing found files here.
    Public Shared Sub ProcessFile(ByVal path As String)
        Console.WriteLine("Processed file '{0}'.", path)
    End Sub
End Class

注釈

メソッドとGetFilesメソッドはEnumerateFiles次のように異なります。使用EnumerateFilesすると、コレクション全体が返される前に名前のコレクションの列挙を開始できます。使用する場合GetFilesは、配列にアクセスする前に、名前の配列全体が返されるのを待つ必要があります。 そのため、多くのファイルやディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles より効率的な場合があります。

返されたファイル名は、指定されたパラメーターに追加されます path

このメソッドは、検索パターンとしてアスタリスク (*) を指定した場合と同じですGetFiles(String, String)

このパラメーターでは path 、相対パスまたは絶対パス情報を指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

返されるファイル名の順序は保証されません。特定の Sort 並べ替え順序が必要な場合は、メソッドを使用します。

パラメーターでは path 大文字と小文字は区別されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

GetFiles(String, String)

指定したディレクトリ内の指定した検索パターンに一致するファイル名 (パスを含む) を返します。

public:
 static cli::array <System::String ^> ^ GetFiles(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern);
public static string[] GetFiles (string path, string searchPattern);
static member GetFiles : string * string -> string[]
Public Shared Function GetFiles (path As String, searchPattern As String) As String()

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のファイル名と対応させる検索文字列。 このパラメーターには有効なリテラルのパスとワイルドカード (* と ?) 文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

戻り値

String[]

指定したディレクトリ内の指定した検索パターンに一致するファイルの完全名 (パスを含む) の配列。または、ファイルが見つからない場合は空の配列。

例外

path はファイル名です。

  • または - ネットワーク エラーが発生しました。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

.NET Frameworkおよび .NET Core バージョンが 2.1 より前の場合: path 長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字が 1 つ以上含まれています。 GetInvalidPathChars() を使用して、正しくない文字を検出するクエリを実行できます。

  • または - searchPattern には有効なパターンが含まれていません。

path または searchPatternnull です。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

指定されたパスが見つからないか正しくありません (たとえば、マップされていないドライブ上のパスなど)。

次の例では、指定した文字で始まるファイルの数をカウントします。

using namespace System;
using namespace System::IO;
int main()
{
   try
   {
      
      // Only get files that begin with the letter "c".
      array<String^>^dirs = Directory::GetFiles( "c:\\", "c*" );
      Console::WriteLine( "The number of files starting with c is {0}.", dirs->Length );
      Collections::IEnumerator^ myEnum = dirs->GetEnumerator();
      while ( myEnum->MoveNext() )
      {
         Console::WriteLine( myEnum->Current );
      }
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The process failed: {0}", e );
   }

}
using System;
using System.IO;

class Test
{
    public static void Main()
    {
        try
        {
            // Only get files that begin with the letter "c".
            string[] dirs = Directory.GetFiles(@"c:\", "c*");
            Console.WriteLine("The number of files starting with c is {0}.", dirs.Length);
            foreach (string dir in dirs)
            {
                Console.WriteLine(dir);
            }
        }
        catch (Exception e)
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}
open System.IO

try
    // Only get files that begin with the letter "c".
    let dirs = Directory.GetFiles(@"c:\", "c*")
    printfn $"The number of files starting with c is {dirs.Length}."
    for dir in dirs do
        printfn $"{dir}"
with e ->
    printfn $"The process failed: {e}"
Imports System.IO

Public Class Test
    Public Shared Sub Main()
        Try
            ' Only get files that begin with the letter "c".
            Dim dirs As String() = Directory.GetFiles("c:\", "c*")
            Console.WriteLine("The number of files starting with c is {0}.", dirs.Length)
            Dim dir As String
            For Each dir In dirs
                Console.WriteLine(dir)
            Next
        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString())
        End Try
    End Sub
End Class

注釈

返されたファイル名は指定された path パラメーターに追加され、返されるファイル名の順序は保証されません。特定の並べ替え順序が必要な場合は、メソッドを使用 Sort します。

searchPattern はリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせになりますが、正規表現はサポートされていません。 で次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置の 1 文字だけ。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "t" は文字 "*t" で path 終わるすべての名前を検索します。 文字列 "s" は searchPattern 、文字 "s*" で path 始まるすべての名前を検索します。

searchPatternは、2 つのピリオド (".." で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後にDirectorySeparatorCharAltDirectorySeparatorChar続くか、無効な文字を含めることはできません。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

注意

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字をsearchPattern使用する場合、指定した拡張子の文字数は、次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が 3 文字の場合、指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルが返されます。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合は、指定した拡張子と完全に一致するファイルが返されます。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用する場合、このメソッドは指定されたファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリに "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"ファイル.txt" の検索パターンは両方のファイル* を返します。

注意

このメソッドは、8.3 ファイル名形式と長いファイル名形式の両方を持つファイル名をチェックするため、"*1*.txt" のような検索パターンで予期しないファイル名が返される場合があります。 たとえば、"*1*.txt" の検索パターンを使用すると、同等の 8.3 ファイル名形式が "LONGFI~1.TXT" であるため、"longfilename.txt" が返されます。

メソッドとGetFilesメソッドはEnumerateFiles次のように異なります。使用EnumerateFilesすると、コレクション全体が返される前に名前のコレクションの列挙を開始できます。使用GetFilesする場合は、配列にアクセスする前に、名前の配列全体が返されるのを待つ必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles より効率的になります。

このパラメーターは path 、相対パス情報または絶対パス情報を指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

パラメーターでは path 、大文字と小文字は区別されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

GetFiles(String, String, EnumerationOptions)

指定したディレクトリ内にあり、指定した検索パターンと列挙オプションに一致するファイルの名前 (パスを含む) を返します。

public:
 static cli::array <System::String ^> ^ GetFiles(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern, System::IO::EnumerationOptions ^ enumerationOptions);
public static string[] GetFiles (string path, string searchPattern, System.IO.EnumerationOptions enumerationOptions);
static member GetFiles : string * string * System.IO.EnumerationOptions -> string[]
Public Shared Function GetFiles (path As String, searchPattern As String, enumerationOptions As EnumerationOptions) As String()

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のサブディレクトリの名前と照合する検索文字列。 このパラメーターに、有効なリテラルのパスとワイルドカード文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

enumerationOptions
EnumerationOptions

使用する検索と列挙の構成を記述するオブジェクト。

戻り値

String[]

指定したディレクトリ内にあり、指定した検索パターンおよび列挙オプションに一致するファイルの完全名 (パスを含む) の配列。または、ファイルが見つからない場合は空の配列。

例外

path はファイル名です。

  • または - ネットワーク エラーが発生しました。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

.NET Frameworkおよび .NET Core バージョンが 2.1 より前の場合: path 長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字が 1 つ以上含まれています。 GetInvalidPathChars() を使用して、正しくない文字を検出するクエリを実行できます。

  • または - searchPattern には有効なパターンが含まれていません。

path または searchPatternnull です。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

指定されたパスが見つからないか正しくありません (たとえば、マップされていないドライブ上のパスなど)。

注釈

返されたファイル名は指定された path パラメーターに追加され、返されるファイル名の順序は保証されません。特定の並べ替え順序が必要な場合は、メソッドを使用 Sort します。

searchPattern はリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせになりますが、正規表現はサポートされていません。 で次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置の 1 文字だけ。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "t" は文字 "*t" で path 終わるすべての名前を検索します。 文字列 "s" は searchPattern 、文字 "s*" で path 始まるすべての名前を検索します。

searchPatternは、2 つのピリオド (".." で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後にDirectorySeparatorCharAltDirectorySeparatorChar続くか、無効な文字を含めることはできません。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

注意

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字をsearchPattern使用する場合、指定した拡張子の文字数は、次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が 3 文字の場合、指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルが返されます。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合は、指定した拡張子と完全に一致するファイルが返されます。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用する場合、このメソッドは指定されたファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリに "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"ファイル.txt" の検索パターンは両方のファイル* を返します。

注意

このメソッドは、8.3 ファイル名形式と長いファイル名形式の両方を持つファイル名をチェックするため、"*1*.txt" のような検索パターンで予期しないファイル名が返される場合があります。 たとえば、"*1*.txt" の検索パターンを使用すると、同等の 8.3 ファイル名形式が "LONGFI~1.TXT" であるため、"longfilename.txt" が返されます。

メソッドとGetFilesメソッドはEnumerateFiles次のように異なります。使用EnumerateFilesすると、コレクション全体が返される前に名前のコレクションの列挙を開始できます。使用GetFilesする場合は、配列にアクセスする前に、名前の配列全体が返されるのを待つ必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles より効率的になります。

このパラメーターは path 、相対パス情報または絶対パス情報を指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

パラメーターでは path 、大文字と小文字は区別されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

適用対象

GetFiles(String, String, SearchOption)

指定したディレクトリの中から、指定した検索パターンに一致し、サブディレクトリを検索するかどうかを決定する値を持つファイル名 (パスを含む) を返します。

public:
 static cli::array <System::String ^> ^ GetFiles(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern, System::IO::SearchOption searchOption);
public static string[] GetFiles (string path, string searchPattern, System.IO.SearchOption searchOption);
static member GetFiles : string * string * System.IO.SearchOption -> string[]
Public Shared Function GetFiles (path As String, searchPattern As String, searchOption As SearchOption) As String()

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のファイル名と対応させる検索文字列。 このパラメーターには有効なリテラルのパスとワイルドカード (* と ?) 文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

searchOption
SearchOption

検索操作にすべてのサブディレクトリを含めるのか、または現在のディレクトリのみを含めるのかを指定する列挙値の 1 つ。

戻り値

String[]

指定したディレクトリ内の指定した検索パターンおよびオプションに一致するファイルの完全名 (パスを含む) の配列。または、ファイルが見つからない場合は空の配列。

例外

.NET Frameworkおよび .NET Core バージョンが 2.1 より前の場合: path 長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字が 1 つ以上含まれています。 GetInvalidPathChars() メソッドを使用して、正しくない文字に対するクエリを実行できます。

  • または - searchPattern には有効なパターンが含まれません。

path または searchpatternnull です。

searchOption は正しい SearchOption 値ではありません。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

指定されたパスが見つからないか正しくありません (たとえば、マップされていないドライブ上のパスなど)。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

path はファイル名です。

  • または - ネットワーク エラーが発生しました。

注釈

返されたファイル名は指定されたパラメーター path に追加され、返されるファイル名の順序は保証されません。特定の並べ替え順序が必要な場合は、メソッドを使用 Sort します。

searchPattern はリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせになりますが、正規表現はサポートされていません。 で次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置の 1 文字だけ。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "t" は文字 "*t" で path 終わるすべての名前を検索します。 文字列 "s" は searchPattern 、文字 "s*" で path 始まるすべての名前を検索します。

searchPatternは、2 つのピリオド (".." で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後にDirectorySeparatorCharAltDirectorySeparatorChar続くか、無効な文字を含めることはできません。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

注意

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字をsearchPattern使用する場合、指定した拡張子の文字数は、次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が 3 文字の場合、指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルが返されます。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合は、指定した拡張子と完全に一致するファイルが返されます。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用する場合、このメソッドは指定されたファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリに "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"file*.txt" の検索パターンは両方のファイルを返します。

注意

このメソッドは、8.3 ファイル名形式と長いファイル名形式の両方を持つファイル名をチェックするため、"*1*.txt" のような検索パターンで予期しないファイル名が返される場合があります。 たとえば、"*1*.txt" の検索パターンを使用すると、同等の 8.3 ファイル名形式が "LONGFI~1.TXT" であるため、"longfilename.txt" が返されます。

メソッドとGetFilesメソッドはEnumerateFiles次のように異なります。使用EnumerateFilesすると、コレクション全体が返される前に名前のコレクションの列挙を開始できます。使用GetFilesする場合は、配列にアクセスする前に、名前の配列全体が返されるのを待つ必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles より効率的になります。

ファイル名には、完全なパスが含まれます。

このパラメーターは path 、相対パス情報または絶対パス情報を指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

パラメーターでは path 、大文字と小文字は区別されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象